« 雪組「星逢一夜」2度目観てきます。 | トップページ | '97年雪組バウ「嵐が丘」を観ました。 »

2015年10月 2日 (金)

雪組「星逢一夜」2度目を観てきました。

昨日、雪組「星逢一夜」2度目を観てきました…美しいホタルの里の風景と、子供たちのリアルなやり取りに、直ぐにストーリーに惹きこまれて、観れば観るほど細かい所が理解でき~素晴らしい作品と思えて、2度目なのに何度も涙を誘われました。




日本人特有の義理人情の世界に押し潰された幼馴染との愛は切なく~幼馴染との友情も引き裂かれて~哀しく切ない物語でしたが、そこには義理人情の世界とは別に地域愛・家族愛・友情などが風土色豊かに描かれていて~




台詞には無駄が無く、演出も細やかに~しかもスピーディで、主演3人の感情も細やかに描かれていて~これが上田久美子先生の大劇場お披露目公演とは思えないほど素晴らしい舞台で、溢れ出る涙は抑えられませんでした。




哀しく切ないストーリーのラストは、櫓に乗った紀之助・泉・源太の3人が、楽しそうに夜空を眺める場面で終わった事にも、
先生のお客様に対する優しさを感じました。




主演の3人が役に成り切り~子供達のやりとりもリアルで~徳川吉宗をはじめ、三日月藩のお城の人たちも役になりきって~
皆が一つになって創り上げた作品を感じました。



主演3人の心境を振り返れば~↓



ちぎちゃん(早霧せいな)の晴興は、自分に手を差し伸べてくれた吉宗に対して恩を感じ、その人の為に尽くそうと心に誓った事で、
泉を愛しながらも~藩での決まり事を覆すことはできなかったのでしょう。




だから何とか源太を説得して一揆を止めさせようとしたが、源太も又若い者達のやる気満々の気持ちを抑える事は出来ずに~





結局一揆は晴興の考えから
村人を巻き込まず、晴興と源太の一騎打ちの勝負となり~この場面は最初は手加減しながらだったが、打たれても打たれても傷つきながらも尚も向かってくる源太を、最後は刀で一気に斬ったのはこれ以上源太を苦しめたくないと言う晴興の優しさからだろうと感じました。




そして源太は晴興との一騎打ちに敗れ~若い命を落としてしまったが、晴興の約束通り、民への咎めは無く~村人を助けることが出来た。



それは
泉に対して源太を死なせてしまった申し訳なさからだろうし、晴興の村人を護りたい気持ち、すなわち泉を護りたかったからに違いない。



その反面晴興は陸奥盛岡藩に流しとなり、永蟄居に処されて~大きな代償を受けてしまった。




最後に櫓の上で泉から短刀を突きつけられた時、止めもせず、その短刀を自分に向けて恨みを果たすよう促すが、泉は晴興を刺すことが出来ず、恨みを果たせない泉は何で果たせない?と自分に問うていたが、それぞれの想いが痛いほど感じられて~涙無くしては観れませんでした!



正に愛は憎しみを超えた場面でした!





それにしても源太の人の良さにも驚きでした!

泉がいくら晴興をずっと思って居たからと言って、「その姫さん断って、
泉を嫁に貰ってやってくれ~おれはこいつを幸せにしてやりたいんだ!」と土下座までして~懇願するシーンは、何と人の良いやつなんだろうと、胸に込み上げてきました!





一人一人については


ちぎちゃん(早霧せいな)…子供の頃は自由奔放さ・そして三日月藩の晴興となってからは、吉宗に対する忠実心・泉に対しての誠実さを感じた。
ショーはキラキラと輝き~ダンス場面は圧倒し燃えて居ました!



咲妃みゆちゃん…子供の頃は男勝りの女の子を演じ・成長してからは紀之助を愛しながらも殺された父親への恨みから紀之助を許せず~源太への優しさ
に揺らぎ苦しむ姿をリアルに演じて上手かった!お芝居も上手いが全て上手い人ですね~!




だいもん君(望海風斗)…優しい子供でつねに泉を思う心を感じた。そして成長してからは、ほたるの里の仲間の気持ちを思い、先頭に立って一揆を遂行して居て男らしかった!

ショーは歌もダンスも上手いし~しっかり2番手としての活躍が目立ちました。




徳川吉宗役の英真なおきさん…圧倒的な貫録で舞台を引き締めていたと思いました。ゆっくりの台詞に説得力を感じます。
すごいキンキラのお衣裳にびっくりしました。




大湖せしるさん…傲慢な貴姫でしたが、晴興の愛は得られず寂しそうでした。



子供達は皆上手かった!特にちょび康の彩風咲奈さんの泣き虫ぶりが目立っていました。



彩風咲奈さん…この人のルックスが好きです!ショーはダンスはいつ観ても完璧なポーズをされてて~良いですね~!
階段降りは翔ちゃんよりも後から降りられて~いつも2個1だったので、お~っ!と思いましたが競争の世界なので、ついにやったね!とちょっと嬉しかったですヽ(^o^)丿(翔ちゃんファンの方ごめん!)




紀之介の養育係の鈴虫膳右衛門の香綾 しずるさんは、神妙なシーンで笑わせてくれて和まされました。ショーは歌で活躍が目立っていました。ダンスも上手いのに上背が無いからな~残念!でも個人的にはすごく買っています。




月城かなとさん…常に晴興に反感をもって居たようですが、ショーでは上背もあり目立って素敵でした!ルックスは良いし~将来性を感じますね!



長い感想になってしまいましたが、最後まで読んで頂き有難うございましたm(__)m


ほんとに素敵な日本物作品で2度観て良かった~と思いました。



« 雪組「星逢一夜」2度目観てきます。 | トップページ | '97年雪組バウ「嵐が丘」を観ました。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

め-れ さんおはようございます。
ご覧に成られたそうで、貴重な感想を沢山にありがとうございました。
ほんとに思いやりと本心と運命との三人三様の辛さを感じますね!
晴興さんの告白後の「からかっただけじゃ」に涙されたそうで、分かりますね~!
私も後でパンフ見て余韻を感じて居ました。
ショーの「エスメラルダ」は仰る通り息つく暇のないショーでしたね!
ほんとに急行で駆け抜けたショーでしたが、ラテンはやっぱり良かったですね!
私も帰ってからも♪エスメラルダ~の曲が頭をぐるぐる回って居ました(*^-^*)
感想は違う面があったり同じ感動をしたり~色々なご意見が楽しいです!
沢山の感想を下さり有難うございましたm(__)m
数少ない日本物の舞台が楽しみでなりません。
又色んな感想をお待ちしています!
今後もどうぞよろしくね!(@^^)/~~~

いの 様

こんばんは。
私も同じ日に雪組の夜公演観劇しました。
「星遭一夜」苦しい話で、呼吸が苦しくなりました。
思いやりと本心と運命との間で三人三様の辛さが、星の研ぎ澄まされた煌めき、美しさと相まり、辛く心が締め付けられました。
鈴虫がおりちゃんの「立場」のセリフと晴興さんの告白後の「からかっただけじゃ」に涙しました。
芝居上手の主人公3人は勿論、雪組生みんな良い芝居してましたね。
観劇後、パンフレット読み返してじんわり余韻味わっています。
毎年めぐってくる星遭の日に晴興・泉は何を想うのでしょうかね。。。

ら・エスメラルダ!!これも息付つく暇のないショ-でしたね(笑)。
星遭一夜のお芝居で感情が揺さぶられている所、急行で駆け抜けるラテンショ-!
あっという間に終わってしまいましたが、エスメラルダ~♪の曲が頭から離れませんっ(*^_^*)!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪組「星逢一夜」2度目を観てきました。:

« 雪組「星逢一夜」2度目観てきます。 | トップページ | '97年雪組バウ「嵐が丘」を観ました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

  • Cimg0556
無料ブログはココログ