« 雪組「星逢一夜」東京・千秋楽の様子を観て。 | トップページ | 星組「ガイズ~」「ぽっぷあっぷTime」より。 »

2015年10月15日 (木)

花組「新源氏物語」ナウオンを観て。

花組「新源氏物語」ナウオンを観ました。




花組で日本物は久しぶりで大変そうですが、華麗な平安の宮廷を背景に源氏の君の愛と苦悩を描くこの舞台は柴田先生の脚本演出でもあり、音楽も素晴らしく~その舞台で明日海さんが、光源氏の
愛と苦悩をどう演じるのか?とても興味深い舞台ですね!



トーク出席者は、光源氏の明日海りおさん・藤壺の女御を演じる花乃まりあさん・惟光を演じる芹香斗亜さん・頭中将を演じる瀬戸かずやさん・六条御息所と柏木の2役をされる柚香光さん、皆さんお着物での参加でした。






みりおちゃんは(
明日海りお)、平安物をやってから7年位経つとか~不安な時は、京ミサさんや、汝鳥玲さんにお聞きするそうです。





みりおちゃんは、かなりのプレッシャーだそうですが、色々な見方があるので、
どう見えるのか?どれが正解なのかが分からないので、考えれば考えるほど遠ざかって行くような気がするので、初日が開いてもまだまだ深めて~と仰っていました。
みりおちゃんや芹香さんの話し方がゆっくりですね~!




先ずは華やかな幕開けに客席からはどよめきが聞こえるそうです!





初演と再演では使われていなかった大階段があり、女性たちがまるでひな壇の様に並んでいるそうです。




平安の高貴な
女性たちが居並ぶ大階段って~ほんとに美しく豪華な舞台だろうな~とわくわくしますが、こんな舞台は宝塚しか観れない舞台だろうな~と思いますね!




大階段で惟光の芹香さんが唄っていますが、着物で大階段を降りるのが怖いらしい。







♪恋の曼荼羅が名曲で~良い曲と異口同音に話していました。





それぞれの役に付いて。







藤壺(花乃 まりあ)…最初のシーンから濃厚で、衝撃的な場面で、花乃ちゃんは「死んでしまいそうです」と言ってる時、
愛しさで涙が溢れるそうです。(しっかり会うのはその場面だけとか)



この場面は、舞台いっぱいがお部屋で盆が回って、すごい綺麗だそうで、「
大野先生は天才!」とみりおちゃん。密室間で透けて見えるらしい。





惟光(芹香 斗亜)…唯ひたすら源氏の君に従って~ずっとお傍で一緒に居て、一度も裏切りませんと。(*^-^*)




惟光自身にはあまりドラマティックな展開は無いので、この役を美味しくするのも腐らせるのも自分次第と思ったそうで、
舞台の方がやり易いとか~みりおちゃんは惟光が出て来ると安心するそうです。





頭中将(瀬戸 かずや)…何処に向かおうかと悩む。研2さんに思い切りぶつかっていく事で共に競い合い、存在し合いたいそうで、そう言う人でありたいと。?と一緒に踊れるのが嬉しい!(4人で舞う場面の事かな?)




みりおちゃんは老懸(武官の冠の左右につけた飾り)が好きだとか。







六条御息所/柏木(柚香 光)…先生からは、つまづく事はあるかも知れないけど、
もし宝塚でなく役者として演じるとしたらどうするかで演じる様やりなさいと言われたそうで
す。






れいちゃんは
(柚香 光)車争いの場面がすごく好きだそうで、今回は先生の演出も変わって、怖さだけじゃなく、切なさとか恥ずかしさだとか~共感して頂けるようやりたいそうです。







掛けと長袴で地回りをするのがすごいと!と皆さん驚かれていましたが、あの掛けがリバーシブルになって居てすごく重いそうで、結構な筋トレとか~(*^-^*)







六条御息所も好きなんですが、やっぱり柏木になると嬉しいとか…開放感が。




明日海さんご自身は光源氏をどういうタイプに演じようと思いましたか?と聞かれて…光源氏(明日海 りお)は…





寂しいと思って続けるのも違うし~色んな女性に逢って、満たされるものも沢山あって、
色んな葛藤が渦巻く中で、一貫して感じるのはやっぱり藤壺への想いで~母を求めて居たのか?どうなのか?おごる部分を積み重ねていかなければならない。






ゆうちゃんさん(汝鳥 伶)が「子供はお前にそっくりだ!」と言う時、最後知ってたと言う時のお顔が全然違うそうです。






女性陣では、葵の上(花野じゅりあ)に対して、六条御息所のれいちゃんは、(柚香 光)目が合ったときにこてんぱで、
悔しいやら屈辱やら勝ち誇った顔をされるので~
皆さんが、あの高笑いがすごいとか。





紫の上(桜咲 彩花)…心が広いと言われていました。





朧月夜(仙名 彩世)…みりおちゃんは、ゆきちゃん(仙名 彩世)の役だな~と思ったとか、身のこなしとか艶やかで~






夕霧(鳳月 杏)…若い世代は激しい!らしい。雲井の雁の城妃 美伶ちゃんとやるそうですが、初々しいそうです。





女三の宮を朝月 希和さんがやってて、濃厚なラブシーン…れいちゃんは、与えられた振りをちゃんとして感情に載せて希和ちゃんとのシーンを楽しんで行けたらと。






七夕の場面も良いそうですよ!



どの場面も美しく~どの曲も美しく煌びやかな世界を感じて頂けるように~と仰っていました。




少しの映像が観れましたが、何分にも細切れの映像だけですので、観てのお楽しみと言ったところです!


« 雪組「星逢一夜」東京・千秋楽の様子を観て。 | トップページ | 星組「ガイズ~」「ぽっぷあっぷTime」より。 »

スカイステージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花組「新源氏物語」ナウオンを観て。:

« 雪組「星逢一夜」東京・千秋楽の様子を観て。 | トップページ | 星組「ガイズ~」「ぽっぷあっぷTime」より。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ