« TBSドラマ「下町ロケット」を観て。 | トップページ | 花組「愛と革命の詩」を観て。 »

2015年11月 4日 (水)

「Brilliant Dreamus 鳳真由(stage)を観ました。

「Brilliant Dreamus 鳳真由(stage)」は、視聴者アンケートによる鳳真由を表す漢字一文字や色・芝居や歌・ダンス、鳳真由自身が選ぶ思い出のシーン等をキーワードに舞台人、鳳真由の魅力を紹介する番組でした。



視聴者から多く寄せられた漢字一文字は、“真”で舞台は「ヴィクトリアン・ジャズ」…鳳さんはお名前の真由の一文字を選んで頂いて嬉しそうに、想像して居たとおりで、満足そうでした。真由と言うお名前は真っ直ぐ・自由に~と言う意味が込められているそうです。



「ヴィクトリアン・ジャズ」は観ていますが、とても下級生とは思えない演技で、だいもん君を助けて素晴らしい舞台でした。




望海さん・桜さん・桜咲さんなど、ぶつかっても絶対に大丈夫だと言うメンバーが必ず両手を広げて迎えてくれていて、
あっという間に過ぎてしまった日々で、催眠術にかかる場面はほんとに催眠術にかかったような公演だったそうです。





視聴者から多く寄せられた色は“青”で「虞美人」の新人公演だそうです…鳳さんは意外と仰りながらも、
ピンクや赤よりも青とか紺とかグリーンを選ぶ傾向にあるので、青で納得だそうです。




今思えば大好きな真飛さんにいろいろ教えて頂き、ビシバシ言って頂いたお蔭と~感謝の言葉が聞けました。…落ち着いた演技で良かったですよ!





鳳さんは歌もダンスも上手く~色々な新人公演をされて居ますが、過去の舞台に付いてや役に付いてもその時々に感じた心の内を
沢山語ってくださって~本当にこの人宝塚が好きなんだな~とか誠実さを感じました。





視聴者から頂いた最も印象に強く残って居る役は、「ヴィクトリアン・ジャズ」のアーサ―・コナン・ドイルと「オーシャンズ11」のリビングストーン・デルだそうです。




前者も後者も多分にお笑いの要素が多く感じられる役でしたが、どちらもエネルギッシュ
に溢れて居て素晴らしかったです!



ギャグもその場で生まれたモノを大事に~結構調子に乗ってやって居たようで望海さんだからやれたとか~(*^-^*)



リビングストーンの時は、小道具さんに本物のパソコンを使和せて頂いたそうで、色んな技術を教えて頂たそうです。




「ファントム」の新人公演は難しかったけれど、実咲さんが歌を得意とする子だったので、引っ張ってもらい、
銀橋では真瀬さんの父親が本当の父親のように感じたり、





印象に残って居る歌やダンスでは、「宝塚幻想曲」と「オーシャンズ11」だそうで、
「宝塚幻想曲」はプロローグから激しく踊って居て、最後の最後に黒燕尾で大ナンバーになるので、この場面は息は切れるし~で大変だったようですが、ずっと振りを覚えておきたいような場面だったそうです。





「オーシャンズ11」には素敵なナンバーが沢山有って、鳳さんが頂いた曲のラップも♪ネバーギブアップや、♪ジャンプ等、無条件に元気になれた曲だそうで、台湾の楽屋ではみんなでよく聞いていたそうです。



他にも「風の次郎吉」や全ツ「ル・ポワゾン愛の媚薬Ⅱ」など…
映像が流れて居ましたが、悪の役がすごい楽しそうでした!北翔さんがどれも完ぺきにこなす人なので、ハードルは高かったそうですが、便乗してお正月から華やかで楽しい一年になりそうだなと思いながらやってたそうです。







「ル・ポワゾン愛の媚薬Ⅱ」は、ちょっとファンタジーなところもあり、レトロな部分もあり~美味しい所を取った舞台だったようで楽しかったそうです。3組で♪ジュテームと言う曲を踊らせて頂いたのが嬉しくて~





鳳真由自身が思い出に残って居る舞台は…「BUND・NEON 上海」と「愛のプレリュード」そして「全ツの「小さな花が開いた」だそうです。



「BUND・NEON 上海」は台本を頂いたとき、凄く好きな世界観に感じたとか~あんな下級生が初の悪役で、台本頂いたときから
少しづつみんなの意見を聞いたりしてみんなで作り上げて行った舞台で勉強になったそうです。




壮さんのジョセフバークレーをさせて頂いた時、東日本大震災が起こってしまって、公演出来る事が幸せと思ったり、難しい役だったそうです。





又全ツ「小さな花が開いた」では初めて子供の役の没頭したそうですが、千秋楽にはこの役とこの作品から離れるのが辛くて~寂しくて~だったそうで、貴重な経験をした作品だそうです。





役なのか本人なのか?だったそうですが、ほんとにこの時のPちゃんはすごいガキ大将ブリでしたね(*^-^*)





鳳さんに今後やって欲しい役を視聴者に聞きました…もっとも多かったのは「ME AND MY GIRL」のビルで、他にも「エリザベート」のルドルフや、「ロミオと~」のロミオ等でした。




ミーマイは明るい舞台でハッピーな空間が大好きとか、ビルも大好きとか、ルドルフと言う人物もロミオも好きとか~興味津々だそうです。



鳳さんはショーでもお芝居でも女役はやった事が無いそうですが、ここまで来たら一度やって見たい~と仰っていました。



Pちゃんの女役良いですね~!結構色っぽく出来そう!(*^-^*)



みりおさんを中心とした花組の色んな花の咲かせ方が日々きっと違うと思うので、これからもお楽しみに!と。



Pちゃんは、歌もダンスも上手く~お芝居はいつも全力投球で魅せてくれるので、好きです!下級生に押され気味の今日ですが頑張って欲しいです!今後の舞台を楽しみにしています。


« TBSドラマ「下町ロケット」を観て。 | トップページ | 花組「愛と革命の詩」を観て。 »

スカイステージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Brilliant Dreamus 鳳真由(stage)を観ました。:

« TBSドラマ「下町ロケット」を観て。 | トップページ | 花組「愛と革命の詩」を観て。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

  • Cimg0556
無料ブログはココログ