« TBSドラマ「下町ロケット」5話を観て。 | トップページ | 何でこうなるの? »

2015年11月18日 (水)

雪組「雪景色」より

解説によれば
『愛ふたつ』は上方落語「小間物屋小四郎」をベースに、一つの勘違いに翻弄される人々の姿を描く抱腹絶倒の人情喜劇。
『花かんざし』は愛する人のために、自己を犠牲にしてまでも生きようとする若者たちの姿を描く人情劇。

『夢のなごり』
は同じ女性を愛した平家の落人兄弟の苦悩を描く舞踊劇。
3部構成の舞台でしたが、昨日は「愛ふたつ」のラストから観ましたが、ベテランの汝鳥玲さんに交じって、こまちゃん(沙央くらま)もちぎちゃん(早霧せいな)も・そして舞羽美海さんも若いのにみんな上手かったですね~!
過去に何度も感想を書いているので今回は感想は書きませんが、こまちゃんとちぎちゃんは、6役も制覇してほんとにこれ以上大変な役替わりは無かったのでは?と思いました!
同時に谷先生のご苦労も如何ばかりだったかを感じた舞台でした。




« TBSドラマ「下町ロケット」5話を観て。 | トップページ | 何でこうなるの? »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪組「雪景色」より:

« TBSドラマ「下町ロケット」5話を観て。 | トップページ | 何でこうなるの? »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ