« 花組・鳳月杏・桜咲彩花・紅羽真希の3人のトークより。 | トップページ | 水さんのカッコいいダンスと良い女ぶりに惹きこまれました! »

2016年3月 8日 (火)

ダウントン・アビー8回「胸騒ぎ」を観て。

NHKの海外ドラマダウントンアビー8回「胸騒ぎ」を観て…拡大枠の番組で内容もたっぷりで見応えがあり面白かったですよ~!




伯爵家当主のブランサム伯爵が留守なのに、伯爵主催のバザーが合って、お屋敷内は忙しそうでしたが、そんな中でも、メアリーや、イーディス嬢・ローズの問題などが少しづつ前へ進んで行った回でした。



メアリーは、ここへきてギリンガム卿や、政府の役人のチャールズ・ブレイクさんにも見直されて~二人共メアリーを諦めないとまで言ってくれてはいるが、
今後どうなるのでしょう~!



自分としては、何となく豚事件以来、お互いの良い所を知ったブレイクさんに傾いて行くのかな~と言う印象は持ちましたが…



イーディス嬢はロザムンド叔母様の計らいでスイスで子供を産み、子供の事はすっかり忘れるよう言われていたが、やっぱり自分が関わって行きたい気持ちの様で、農場の運営と豚の飼育を快く引き受けてくれた小作人に笑顔で接して居て、何となく気になった。


メアリーは自分の事も大変なのに、ローズが黒人歌手と会っている事を知り、しかもローズ自身が結婚する強い気持ちで居る事を知り、相手の気持ちを聞きに行ったり~何とか相手が諦める方向で居る事を知り一ほっと一安心という所だろう。




アンナの事も心配し、ギリンガム卿に従者を解雇してくれるよう頼んだり~結構いろいろ大変そうだった。(アンナの演技が光って居ますね~!)


しかしメアリーの心配も届かぬうちにギリンガム卿から従者は死んだと知らされて~この段階ではまだ犯人がベイツさんかどうかははっきりしないが、その日丁度留守にしていたベイツさんを誰もが疑っているに違いないだろう。





アンナは夫ベイツが報復することを恐れて居たが~
起こってしまったようだ!
又使用人の間では、アルフレッドの事でデイジーとアイビーの間で揉めて居て、パットモアさんは気を使って大変だったようだが、このお屋敷では結構使用人の事も大切にする風潮が伺える。


ダウントンの公式サイトを見ると、ドラマは後2回で終わりの様だが、次が「社交界」で最終回が「恩返し」とか…恩返しって?



もしかしてイーディス嬢の子供を農場の小作人だった人が引き受けると言う事なんだろうか?全く分からないが、
自分的にはそれしか思いつかない。



そしてこのドラマ現在の状況になるまで色々紆余曲折があったでしょうけど、今では経営も何とか回っているそうで、ずっと今の状況になるまでを観てみたい気がします。

« 花組・鳳月杏・桜咲彩花・紅羽真希の3人のトークより。 | トップページ | 水さんのカッコいいダンスと良い女ぶりに惹きこまれました! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダウントン・アビー8回「胸騒ぎ」を観て。:

« 花組・鳳月杏・桜咲彩花・紅羽真希の3人のトークより。 | トップページ | 水さんのカッコいいダンスと良い女ぶりに惹きこまれました! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ