« 月組「NOBUNAGA~」大劇場初日の映像を観ました | トップページ | WOWOWで「沈まぬ太陽」第6話を観ました。 »

2016年6月13日 (月)

WOWOWで「グーグーだって猫である」を観ました。

最近は良くWOWOWを観ることが有る…以前は、WOWOWでは宝塚しか観て居なかったが、最近は映画やドラマも観ているが面白い!


昨日はお昼寝の時間を返上して宮沢りえさん主演の「グーグーだって猫である」と言う奇妙な題名のドラマを観ました。

このドラマは猫をこよなく愛する主人公の宮沢りえ扮する小島麻子が、病気の子猫を引き取り育てながら、漫画作家として生活しながら物語が広がって行くのですが、老人との出会いから猫を引き取るまでの進行状況が余りにもゆったりまったりで~最初は2回ぐらいは観るのよそうかなと思ったほどでした。



昨日は3話まで観続けましたが、落ち込んだ時に出版社の担当編集者の大森(長塚圭史)が、食事を作ってくれたり~兎に角何処までも優しくて~それはもう恋人以下、仕事関係以上で、でもその関係は仲の良さの中にもしっかりと線引きされた私生活で、大森(長塚圭史)の優しさからは大きな心を感じました。



占い師に言われるがまま行動したり~時に高校生の頃の思い出に浸ったり~ゆったりと進む時間の流れの中で広がって行くドラマは、まるでファンタジーの様で~観ていて癒され~午後の一時、それは一服の清涼剤の様な~正に精神安定剤の様なドラマでした。

昨日は3話までしか観れませんでしたが、まだまだ続く様で物語がどう広がって行くのか楽しみです!


宮沢さんの麻子は、演じていると言うよりも、まるで宮沢さんの私生活の様に思えるほど自然で、優しい雰囲気は宮沢さんそのままで~役を自然体で生きて居てやっぱり役者だな~と思いました。
公式はこちら

« 月組「NOBUNAGA~」大劇場初日の映像を観ました | トップページ | WOWOWで「沈まぬ太陽」第6話を観ました。 »

WOWOW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WOWOWで「グーグーだって猫である」を観ました。:

« 月組「NOBUNAGA~」大劇場初日の映像を観ました | トップページ | WOWOWで「沈まぬ太陽」第6話を観ました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ