« 神奈川芸術劇場で「シカゴ」を観てきました。 | トップページ | 花組「ME AND MY GIRL」2度目を観てきました。 »

2016年7月11日 (月)

WOWOWで「沈まぬ太陽」9話を観ました。

WOWOWの「沈まぬ太陽」9話を観ました。


初っ端からスチャーデス(舞羽美海)さんは親御さんに少年の一人旅をサポートすることを約束して居た。

一方ホテルでは、堂本社長が大勢の人を前に演説が始まって居た…事故はそんな時に起きた。


機内では甲斐甲斐しく少年の世話をするスチャーデス(舞羽美海)の姿があった。

パーンと言う大きな音と同時に機内は大騒ぎになる。


酸素マスクを着ける人たち、機長室では管制官とは連絡が取れず~ジャンボ123便はレーダーから消えた。


乾杯をしていた堂本常務や、行天さん達は血相を欠き、対応に追われる様子。何処に落ちたのか?場所は何処なのか?死者は?生存者は?と対応に追われる。

何と言う事でしょう!524名乗せた乗客の内4名しか生存者は居なく~あとは全滅とか~。

恩地さんは、独自の判断で事故現場の山林へ行くべく用意をするよう家族に指示…しかし折角用意したのに、行天からの指示は、事故に遭った人たちへのお世話係だった。


多分一番大変な係だったのではないかと…不満は隠せない様子だったが、未曽有の事故に遭った今、そんな不満も言って居られず~その場はお世話係に付き、被災した家族からは非難の嵐を浴びていた…恩地さんは謝りながら難しい対応に追われていたようだった。



そんな時行天さん等は生存者の一人に社員がいることを知り、こっそり事故発生時の状況を聞くために全治6カ月で入院して居る集中治療室で10分間という約束で井出に逢って話を聞いて居た。

しかしその後、警察に呼ばれて事情聴取を受け、証拠隠滅に相当すると言われて居た…行天さん等はそんなつもりは全くなく配慮に欠けて居た事を誤って居たが~

一方では、こそこそと遺体を運び出す人たち~沢山の柩が並べられて~恩地さんは悲痛な思いでその様子を見ていた。


ドラマは日航機事故の事だと分かったが、山崎さんはきっと何度も取材をされてドラマを創られたのだろうと、丁寧にリアルに描かれたドラマを観て感じました。



事故が山奥の山中で起こった為、被災された家族はもちろんその後の会社側も大変だったんだろうと思いました。


総理大臣と運輸大臣のやり取りでは、単なる人を入れ替えただけでは済まされない問題であり、政権をも揺るがしかねない事・そして大臣の首も危ない事を示唆して居た。

今日は第2部の1話(9話)だったが、これからは多くの大スターが登場する様だし~


予告を観れば、残された家族への想い~組織にはびこる不正!…未曽有の航空機事故を期に、改革派がどう活躍して行くのか?当時の様子を克明に描いた山崎豊子さんのフィクションドラマが面白い!

« 神奈川芸術劇場で「シカゴ」を観てきました。 | トップページ | 花組「ME AND MY GIRL」2度目を観てきました。 »

WOWOW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WOWOWで「沈まぬ太陽」9話を観ました。:

« 神奈川芸術劇場で「シカゴ」を観てきました。 | トップページ | 花組「ME AND MY GIRL」2度目を観てきました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

  • Cimg0556
無料ブログはココログ