« 星組・「桜華に舞え」新人公演の映像を観て。 | トップページ | 2007年の「エリザベート」ゆかりの地を訪ねてを観ました。 »

2016年9月26日 (月)

WOWOW「沈まぬ太陽」最終回を観て。

最終回を観て…国見会長の辞職は予告で観ていたので、それほどびっくりではなかったが、恩地さん(上川隆也)が再びアフリカ勤務をさせられるとは~もうびっくり仰天で、あの行天さんとの場面は恩地さんの悔しさが伝わって来て、嘘だろう!という思いでした。

まさかこれでドラマが終息?ではないよね。その後動き始めた東京地検特捜部…あの自殺した細井(温水洋一)という人の手帳には、誰に何時、いくら渡したか等など~事細やかに記していた…細井さんは正に身を投じて訴えたかったのだろう!



最後の最後に東京地検特捜部・検事の渡里(片岡愛之助)がやってきて、行天とジャパンエアーツーリストの轟が連行された様だ。


展開が早く、早くもアフリカでジープを乗り回す恩地さん…奥さんとの会話でもう一度アフリカに行きたかったという言葉を聞いて、ほっとした(*^-^*)


会社を改革するという最終目的は、恩地さんも行天さんも同じだったのに、まさか最後にこんな運命が待って居るとは~驚きでした!(@_@)


恩地さんは今の君の立場だから手紙を書く気になったと言い、あんなにひどい目に遭いながらも刑期を終えた暁にはアフリカへ来ないか?ですって!


同期と言うだけで、あんなにも心を広く優しい言葉がかけられる内容に思わず熱く込み上げ~涙が溢れた!

何という幕切れ~感動は最後の最後にやって来たのでした!



このドラマを観て思った事は、日本は韓国や中国などよりも賄賂の横行も少なくなって来ていて良い傾向に感じていたが、ドラマを通して利権に群がる人達を観て、それが政治の世界にまで及んでいて~政治の世界もさぞ~の想いを強くした。

出る杭は打たれるし~、これじゃ正義感が強いだけじゃ~改革なんてとても無理の気持ちを強くしましたね!

そういう中で行天さんのやり方は、国内線を増やすためにやり過ぎの感はあるけれど、社長に登りつめて改革をしたい~最後まで観ればこの気持ちも分かるような気がする…でも二人共改革は出来ずに終わった!


ドラマは社会風刺の観点からも見応えがあり、回を重ねる毎に複雑に悪事が絡まって居て、正に泥船状態の国民航空を改革するには、地検の力を借りなければ改革できない結果を観れば、国見さんの仰った通りだったな~と思いました。


でも最後の最後に留置場内の行天さんを慰める恩地さんの言葉で、素晴らしいラストが迎えられて感動しましたヽ(^o^)丿


海外ロケも沢山有り、上川さんもスタッフさんも大変だったと思いますが、改革派も悪役派も、それぞれが役に成りきって重厚なドラマを創り上げていて見応えがあり、20話どっぷりと浸かり楽しむことが出来ました。






本当に素晴らしいドラマを有難うございました。又WOWOWさんに期待しています。






« 星組・「桜華に舞え」新人公演の映像を観て。 | トップページ | 2007年の「エリザベート」ゆかりの地を訪ねてを観ました。 »

WOWOW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WOWOW「沈まぬ太陽」最終回を観て。:

« 星組・「桜華に舞え」新人公演の映像を観て。 | トップページ | 2007年の「エリザベート」ゆかりの地を訪ねてを観ました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ