« 星組「桜花に舞え」と「ロマンス」の千秋楽の映像より。 | トップページ | 花組「雪華抄」のナウオンを観て。 »

2016年11月22日 (火)

宙組・全ツ「バレンシアの熱い花」ナウオンステージを観ました。

宙組・全ツ「バレンシアの熱い花」ナウオンステージを観て。  11月18日~12月11日まで

先ずは役名と自己紹介から

朝夏まなと…フェルナンド・デルバレス(前領主の息子であり、復讐に燃える男)
真風涼帆…ラモン・カルドス(エルパティオの歌い手)
澄輝 さやと…ロドリーゴ・グラナドス(前領主の甥)
伶美 うらら…イサベラ(エルパティオの歌い手)
星風まどか…マルガリータ(レオン将軍の孫娘)



主なキャストはこちら   舞台解説などはこちら 

「バレンシアの熱い花」は…19世紀初頭のスペインの一地方バレンシアを舞台に、領主であった父を殺された青年が、仲間と共に復讐を果たす姿を、様々な愛の形と共に描き出します。多彩な登場人物達が紡ぎ出す、激しくも切ない大人の恋物語。
最初にこの作品の印象や、上演するにあたっての気持ちなど。

まぁ様からは…色んな登場人物がいて、それぞれに人生のある話だな~と言う印象だったそうですが、やってみてもそれぞれにみんな深い思いがあってそれが交錯してすごく深みがあるし、セリフも柴田先生の美しいセリフの数々で、名曲がいっぱいあって、とても宝塚らしい作品だな~と思ったそうです。



真風さんは下級生の頃生で観たそうですがプロローグからスペインの香りとカッコいいナンバーが楽しみだったけど実際やって見ると大変で~と。



澄輝さんは宙組で再演の時に下級生で出て居て初めてセリフを頂いた嬉しい公演だったそうです。役替わり公演だったのでやる方が違うと見え方とか捉え方と、こんなにも違うんだな~と下級生ながらに観ていて感じたそうです。見所が沢山で役もいただいて嬉しかった作品で、柴田先生の作品らしくて~楽しいです。


うららちゃんは、DVDで観たそうですが、プロローグのフラメンコがザ・スパニッシュって感じでわくわくして観ていたそうですが、本場のエルパティオの場面とかも踊れるようになったら楽しくなるのかなと思いながらお稽古しているそうです。やって見るとすごく大変だったとか。

まどかちゃんは、やった事が無いお嬢さんの役なので綺麗なセリフに乗せてやれたらと~




役作りの苦労など
朝夏さん…難しい役で、何処に重きを置くかによっても全然違って見えてくるので、復讐と、婚約者がいながらイサベラを愛してしまうという所と、自分が持つ顔がいっぱいあって、一つ一つを埋めないと、ほんとに浅はかな嫌な人に見えちゃうと思う。全ての行動に信念があって本能のまま突き進むというスペインの男の激しさみたいなものが出せたらと思ってやっているそうですが、まだ今一だそうです。
前回はトートでずっとクールでそこから情熱を滾らせるという所に持ってくるのが大変で~と。でも絡む人が多く~それぞれに対する思いがあって~楽しくやって居るそうです。男の友情もあり、恋愛もあり~人間らしい役だなと思う。


客観的に観てると、みんなぴったりだそうですよ!真風さんからは、まぁ様もぴったり!と言われていました。苦悩しているまぁ様は好きと言われていましたよ!(*^-^*)



澄輝さんは最後のイサベラさんとのシーンが好きだそうですよ!どっちの気持ちもわかるから辛い!のがあるそうで…


まぁ様うららちゃんとお芝居して居る時、うららちゃんがみるみる目に涙が溜まって行くそうです。あの別れのシーンは観ていてほんとに切ないですね!うららちゃんは色んな感情が増えてきて、居てもたってもいられなくなるそうです。




真風さんと二人の場面も良いよね~と言われていました。
ラモンの真風さんは…ずっとイサベラの事を視て来て、相手が幸せなことが幸せと言うしーんをどう見せるかがやってる役者の魅力の出るところだと柴田先生に言って頂き、友情からの恋に~持って行くのがどれくらい出すのか、思いがすれ違って難しい!悩んでる感じが役に反映されてるし、そこがいいんだろうね~とまぁ様。

エルパテォの女子たちが激しく踊る様子がすごいらしい。

澄輝さんは相手役が居る役は、やった事が無くて~とか。アッキーのキスシーンがすごい新鮮で~とまぁ様。本公演で初めてのチュウは朝夏さんだった(*^-^*)最初に怒ってる場面からだから余り良い過ぎても出し言わなさ過ぎてもだから難しい。シルヴィアと愛を育み~初めてなので照れながらだそうです。

3人で♪バレンシアの~と歌う場面が好きで、振りは覚えられなくて~セリフも覚えられなくて~苦労した分楽しい!とまぁ様。
うららちゃんは手を交差するところが好きと言えば、真風さんもそこ好きとか嬉しそうでがんばろう!ですって!



マルガリータちゃんは、出る場面は3場面位あるそうですが、会話を感情に載せるのが難しくて~役として気持ちよく言えたらと。お嬢様だけど芯の強い女の子らしい。まぁ様は一緒にやってて申し訳無く~良心が痛むそうでうが~両手に花で申し訳ない!と。(*^-^*)


出席者以外の稽古場でのエピソードについて…松風さんがレオン将軍と言う重鎮役とか、下級生でも目上の役をやってくれてるそうですごい褒められていました。シルヴィアは息の抜き方が人妻っぽいとか、お顔は可愛いが大人っぽいそうです。


純矢 ちとせ…説得力のあるお母さんで楽しいそうです。
敵のルカノール役をされるスッシーさん(寿つかさ)に着いて、あそこまで悪いスッシーさんも久々だそうで、威圧感がすごくて3人でかからないと~と言う気持ちになる~と仰っていました。
最後の大立ち回りがすごいらしいです!感情をこめて立ち回りをして下さるから、復讐の爆発が全て剣に篭められて~緊張感で、スッシーさんの大きさを感じるそうです!




参加したまぁ君・真風さん・澄輝さんの3人は最終的には一致団結して復讐を果たす仲間なので、お話も弾んで楽しそうでした!

私も今週観に行きますが、神奈川県民ホールでの舞台を楽しみにしています。



長くなるのでショーについては省きます。




« 星組「桜花に舞え」と「ロマンス」の千秋楽の映像より。 | トップページ | 花組「雪華抄」のナウオンを観て。 »

スカイステージ2016年5月以後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 星組「桜花に舞え」と「ロマンス」の千秋楽の映像より。 | トップページ | 花組「雪華抄」のナウオンを観て。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ