« 星組「桜花に舞え」3度目の観劇行ってきました。(写真を追加) | トップページ | 星組「オーム・シャンティ・オーム~」のチケットを購入 »

2016年11月11日 (金)

星組「ロマンス」を観て来ました。

星組「ロマンス」を観て。


幕が開くと豪華なお衣裳を着た風ちゃんが可愛いバレェダンサー達に囲まれて本を読み~ロマンスの世界へと誘ってくれます。



さらに幕が開くと、大階段で北翔さんを真ん中に薄いピンクや水色など岡田先生ご自慢のカラフルで美しい世界が広がり~そのシーンから続いて男役さん・女役さん達が全員揃って華やかなプロローグとなります。

4組の男女が踊るデュェットはあっちもこっちも観たくて忙しかったです!



そして小鳥のさえずりと共に流れるピアノ曲に乗って「初恋」は貴族の北翔さんと令嬢・妃海風ちゃんの一時の恋…一時の優雅なシーンでしたが、北翔さんは、書面を見せられて未練を感じながら別れるシーンが辛そうでしたね!この場面短かったですが、ほんとに胸キュンのシーンでした!

若手男役が勢ぞろいする「ロックンロール・エイジ」は、紅さん・礼真琴さん・七海ひろきさん・を中心に、十碧 れいやさん・麻央 侑希さん・瀬央 ゆりあさん・紫藤 りゅうさん達が切磋琢磨しながら我こそは~!とアピールし、楽しそうに弾けて男役の楽しさここにあり!と言う感じで、このシーンもあっち観たりこっち観たりで忙しかったです!




「ロックンロール・エイジ」からドリーミングエイジは、真っ赤なお衣裳を着た風ちゃんが懐かしい♪私の大好きな~と唄い、すごく可愛かったです!



「シークレット・ラブ」は美城れんさんが銀橋を渡りながら思い出の恋を唄いますが、歌が上手くて癒されますね~!すごい拍手でしたヽ(^o^)丿


ドンドンドンと太鼓の響きと共に赤いターバンを巻いたみっちゃんが現れ~真っ赤な薔薇の花を背景に次々と全員のダンスとなり、みっちゃんは担がれたりして踊り、情熱的なシーンですね!


全員の「裸足の伯爵夫人のボレロでは真琴ちゃんとカイチャンが女役に扮して、北翔さん真琴ちゃんのデュェット・紅さん七海さんのデュェットに目が奪われました。


真琴ちゃんはスカート捌きが重そうで、でもお顔は女ぽく優しいお顔で、意外と大変そうでしたが、かいちゃんは何故か慣れた感じで似合っていて、でも笑顔は男役のお顔でした(*^-^*)


「友情」の場面は、バックに扉があり、みっちゃんを中心に次々と出たり入ったりしながら~仲間たちの友情・永遠の絆・を描き、北翔さんは友人たちに感謝の想いを告げて明日への希望の扉を開こう!と唄い挙げます。


この場面もほんとに星組が一つになって迫力を感じますね~!ヽ(^o^)丿



フィナーレは、ロケット・男役ダンスと続き、みっちゃん風ちゃんのデュェット・そして時期トップを発表された紅さん綺咲 愛里さんが仲良く唄いながら銀橋を渡り~華やかなパレードへと続きます。


エトワールは、華鳥礼良さん(存じ上げませんでしたが)高い声も悠々に堂々と歌われていました。



最後、銀橋での並びは、左から天寿さん・美稀さん綺咲さん七海さん・紅さん・北翔さん・妃海風ちゃん礼真琴さん・美城れんさん万里さん壱城さんでした。



私的には真琴ちゃんが良い位置に居て頑張って居られて嬉しい!



お芝居も最高の舞台でしたが、ショーも好きな人が大勢いて、歌もダンスも上手い北翔さんを筆頭に、礼真琴さんや七海さんを比較したり若手のダンスを観たりできて楽しい一日でしたヽ(^o^)丿



お席が6列のセンターでしたので、やっぱり生の舞台は身近で好きな人が観れて良いな~!と改めて感じた舞台でした!



帰りに手帳を買って来ましたが、スターカレンダーは荷物になるので、後日TCAオンラインショップにてみっちゃんのDVDと一緒に買おうと思っています。



長くなってしまいましたが、最後まで見て下さり有難うございましたm(__)m



« 星組「桜花に舞え」3度目の観劇行ってきました。(写真を追加) | トップページ | 星組「オーム・シャンティ・オーム~」のチケットを購入 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

  • Cimg0556
無料ブログはココログ