« 雪組「Shall we ダンス?」は、 | トップページ | 星組「太陽王」は »

2017年2月 2日 (木)

星組「花の業平」は

昨夜観た「花の業平」は’02年の中日劇場公演の舞台で、主演は香寿たつきさんの在原業平、高子(たかいこ)に渚あきさんが演じた舞台でしたが、

最初は偶然に出会った二人が、高子は父や兄の権力に屈したくなく~業平も又高子を護りたい気持ちが強く~会う毎に次第に熱く燃え上がって~二人だけの愛を育んでいきますが~




兄の非情なやり方で二人が引き離されても~今度は周囲が二人の為に作戦を立て~最後は、二人から目を離すなと言う兄たちの厳しい目をくらまして逃げ切り、自由な身になる最後が痛快だった!


幕開けは平安・王朝の格式高いお衣裳で踊るプロローグは、宝塚ならではの絢爛豪華な王朝絵巻の舞台で、兎に角、音楽が素晴らしく~何てピッタリな曲なんだろうと思えましたが、
香寿たつきさんも渚さんもトップさんらしく歌が上手く、感情を上手く表現して~逢瀬を重ねる度に燃え上がって行く様子を感じましたが、二人が最後まで父や兄の言うがままにはならないと言う強い意志を感じました!

今回は、前回香寿さんが演じた兄の役を汐風幸さんが演じ、ぶんちゃんが演じた役を彩輝直さんがそれぞれ演じていましたが、汐風さんは、憎々しげに威厳も感じさせて~彩輝さんは元貴族らしい品格の良さと、人の良さを感じてぴったりでした。





過去の感想ですが良かったら見て下さい↓

星組「花の業平」を観(2011年9月10日)

スカイステージ番組詳細はこちら


公式はこちら(香寿たつき主演)


公式はこちら稔幸主演

« 雪組「Shall we ダンス?」は、 | トップページ | 星組「太陽王」は »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星組「花の業平」は:

« 雪組「Shall we ダンス?」は、 | トップページ | 星組「太陽王」は »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

  • Cimg0556
無料ブログはココログ