« 星組「スカーレット ピンパーネル」ナウオンを観て。 | トップページ | 星組「スカーレットピンパーネル」終演直後の突撃レポートを観て。 »

2017年3月20日 (月)

「スカーレットピンパーネル」ナウオンの続きです。

★皆さん以外の出演者について

英真なおきさんの出演について…紅さん本当に心強いそうで、紅さんが初舞台で星組に配属された時は組長さんだったとか~英真さんのどんどん出る引き出し~何でも勉強なんだなと思うそうで、一幕最後とⅡ幕の頭ですがすごい存在感で場面数ではないと改めて感じているそうです。
恋人の娘役さん達について、
ケイト(アントニー・デュハーストの恋人)を演じる音波 みのりさんと、シュザンヌ(アンドリュー・フォークスの恋人)を演じる夢妃 杏瑠さんについて…壱城さんと天寿さんは自分の彼女が一番可愛いと自画自賛されていましたが、皆さん袖ではデレデレしているそうです。
紅さんは、我が家のシーンは小池先生の宝塚愛による場面だそうですが、パーシーが帰って来て椅子の場面では女性たちがみんな自分の彼氏を自慢をしてキャピキャピしているそうで、紅さんとしてはちょっと切なくなるそうです。
パーシーから観た党員の皆については、心許せる9人だと思う。機密を護るには9人で十分だというのはこの9人だからこそ
9人で大丈夫なんだという事なので、アルマンは機密を言っちゃうけど~又こういう人が居ないと物語にはならないから~と。
ルイ・シャルル(ルイ十六世の遺児)を演じる星蘭さんについて…紅さんはあの学年でシャルルをやれと言われたら、足振るえるそうです…だって
彼女を救うための物語だからと。
シモン(靴屋。ロベスピエールの崇拝者)を演じる如月 蓮さんと、ジャンヌ(シモンの妻)を演じる音咲 いつきさんについて、
七海さんはシモンが細いので、髭をふっくらとするようにしたらしい。
グラパンはパンチ効いてますよね~と七海さん。



★楽曲について聞かれて~
一番難しい曲は?と聞かれて…

真琴さんは、♪君はどこに~と思うそうで、ショーブランなのに静かな曲が難しいと。
七海さんは、今回ロペスピェールの焦燥と言う新しい曲を歌うそうですが、歌詞の中にすべての思いが込められているので、あの歌を唄うとロベスピエールの人物像が分かるそうです。
紅さんはが難しいと感じる曲は♪ひとかけらの勇気だそうで、パーシーの本音や神髄を冒頭から表しているそうですが、後ろで行われているギロチンの事とパーシーが唄って居る歌は反比例しているので、それを表すのが難しかった。
★好きなナンバーについて
紅さんは、♪目の前の君~だそうで、今まで悩んでいたことが全て晴れるマルグリットだけを思って歌う歌で好きだそうです。
綺咲さんは、最後の結婚式の場面が好きだそうで、幸せすぎて稽古場では泣いちゃったそうです。
真琴ちゃんは、舞台に立って観て♪マダムギロチンだそうです…ギロチンのセットと、パリの街並と、民衆の皆が顔も汚して兵士が立って居る中で貴族が助けを求めている場面は、ゾクゾクするそうです。
七海さんは♪栄光の日々~で、あの歌詞が素晴らしいと真琴ちゃんと合致。
壱城さんは最後の場面が好きとか。
レスキューの投げ縄は今のところノーミスとか、このまま千秋楽まで行こうと天寿さんに話していました。
天寿さんは、♪ひとかけらの勇気、リプだそうで、
瀬央さんは、我が家のナンバーが好きで、一組だけフランス人カップルだそうで、パリへ帰る時の歌だから目的に向かって
闘志を持って、唄うよう言われたそうで、そのエネルギーを出していきたい。




★フィナーレナンバーについて…
真琴ちゃんは、やっと笑っていいんだと思うそうで、ちえさんを観て居た時の事感想を話しながら笑えるんだよ!私もと言う感じでキラキラ笑顔をお届けしたそうで、やっと皆さんと気持ちが通じ合えるような気がして嬉しい!
紅さんと娘役さんのシーンは、全員マルグリットの幻想で、マルグリットを追い求めるシーンで、再gにジュテームで終るそうですが会えずに終わるとか。
男役大階段は3曲メドレーになってるそうで、真琴ちゃんは、ピンパーネル団の気分になったようだとか、こっちは猛獣側になったような気持ちで~とか熱く語って居ましたが、皆さんに良い顔して踊ってるよ~!と注目を浴びていました。
デュェットは、皆さんが眩しいと仰ってて、紅さんは、ビーズと細かい刺繍とで素晴らしいお衣裳だそうで、愛の重さを感じながらやって居るそうです。
お互いのビーズがパラパラしないように気を付けてやっているそうです。映像が観れましたが、紅さん良い笑顔で踊られていますね!




★一言づつまとめの言葉を語られていました。
瀬央さん、情熱的な血気盛んなアルマンを演じられるよう日々進化して行きたい。
天寿さん、新生星組一つ目の作品をスカーレットピンパーネルでさせて頂けて今のこのメンバーで今の星組でこの作品をやる事にはすごく意味ある事と思うので、日々責任を感じながらしっかりとえんじ、しっかりシュザンヌを愛してイギリス貴族を全うしたい。
壱城さん…パーシーの片腕として、どんな時も支えて一緒に戦っていきたいと思う。この作品を見たら皆さんにきっとひとかけらの勇気をお伝えできると思いますので、是非観にいらしてください。
七海さん…スカーレットピンパーネルと言う作品の中で孤独に生きますが、革命を愛して自分の正義を信じて生きて行きたい。
礼さんは…スカーレットピンパーネル・紅さんとあーちゃんのお披露目に、星組の一員として出させて頂ける喜びを実際舞台に立って拍手などで感じたら、
ほんとにすごい事なんだなと思っているのと、舞台ではもっともっと自分のショーブランを作って行けたらと思っています。
綺咲さんは、マルグリットの役を通して自分も成長していきたい。毎日違うお芝居で、その時の感情で動いて行って、視聴して行きたい。
紅さん…民衆が主役だと言われるくらい民衆の役者さん達が大切なキーポイントだそうですが、組の一人一人の力が本当に大切で、一人一人が舞台上で息づいて、本当の時代にタイムスリップしたかのような舞台がお届けできたらと思って居るそうです。
そして紅さん自身は、縦横無尽に舞台を駆け回り~舞台が狭いと思われる位、もっと自由に表現できたら~と、東京の千秋楽まで追求し続けて、大好きなスカーレットピンパーネルをパーシーブレークニーの役を、全うしたいと仰っていました。




トークの中で、礼真琴さんがすごく熱く沢山喋って居てびっくりしましたが、紅さんも他の方も皆さんが納得して頷いて居られて~嬉しかったのと、紅さんが2番手としての真琴ちゃんに一目置いて居られる様な気がして~嬉しく~紅さんありがとう!と言う気持ちでした!



« 星組「スカーレット ピンパーネル」ナウオンを観て。 | トップページ | 星組「スカーレットピンパーネル」終演直後の突撃レポートを観て。 »

スカイステージ2016年5月以後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「スカーレットピンパーネル」ナウオンの続きです。:

« 星組「スカーレット ピンパーネル」ナウオンを観て。 | トップページ | 星組「スカーレットピンパーネル」終演直後の突撃レポートを観て。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ