« 星組「スカーレットピンパーネル」終演直後の突撃レポートを観て。 | トップページ | 午後放送の2011年星組「ノバ・ボサ・ノバ」を観て。 »

2017年3月22日 (水)

瀬戸かずやさん主演の「アイラブ・アインシュタイン」を観ました。

瀬戸さん主演の「アイラブ・アインシュタイン」を観ました。


花組バウ「アイラブ・アインシュタイン」は、作・演出が谷貴矢先生の宝塚バウホールデビュー作品で、瀬戸かずやさんのバウ初主演の舞台でした。


録画はして居ながら観るのが遅くなってしまいましたが、昨日と今日の2日間でやっと最後まで観ることが出来ましたが、アインシュタイン?の名前から受けるイメージから冷たい舞台かなと思ったら、決してそんな事は無く、アンドロイドが心を持ち~こんなにも愛を感じる舞台だったとは驚きで~その優しさが瀬戸さんのイメージとリンクして最後はほのぼのとした感動があり、素敵な舞台でした!



舞台は、人間とアンドロイドの世界を描いた舞台でしたが、アンドロイドによって人間社会が脅かされる事態が起こるのでは~と言う懸念から争いが起こり始めていて、なるほど実社会でも近未来は起こる問題だろうと思いながら観入りましたが、




一方そんな争いの中でもアルバート(瀬戸かずや)は、アンドロイドが心を持つ事が出来るか~とか、心と愛はどう違うのか~とか問われながら~どうしたらアンドロイドに心を感じてもらえるかを実験していたり~智恵の実は何処にあるか等、複雑になって行きましたが、最後は、あのエルザはアルバートの親友のトーマスが、ミレーヴァの面影を持つアンドロイドに苦労して創り上げたことが分かり~これ又びっくりでしたが、

あの国家人間主義労働者党の総督閣下(亜蓮 冬馬)も、実はヨーゼフ/レオ(英真なおき)によって作られたアンドロイドだったとは~(@_@)

いつか人間もアンドロイドも手を取り合って歩み寄った世界を形成しつつあると言う最後が良いですね~!


フィナーレは水美舞斗さん中心に若手4人のダンスから、瀬戸さんが現れ~男役全員の黒燕尾のダンスとなり初めて瀬戸さんの掛け声で、揃ったダンスが観れました!


その後瀬戸さんと城妃さんが組んで踊り、次に桜咲さんとのダンス、最後は3人で踊ると言うスタイルでしたが、皆さん上手かったです!

バウ初主演の瀬戸さんは、アンドロイドの接し方や、様々な愛の形が描かれていて、役の上で沢山の愛に包まれたように、自分も沢山の愛に包まれて、こんなに幸せな事は無いと、ご挨拶されていましたが、沢山の愛をしっかり胸に刻み、邁進しますとご挨拶され~誠実さを感じました。


最後に折角ですから~と谷貴矢先生をお呼びしていました。


亜蓮さんは最初、すごくありちゃんに似ていて~びっくりでしたが、今回初めてお名前を知りました。上手かったです!


主な配役はこちら  

« 星組「スカーレットピンパーネル」終演直後の突撃レポートを観て。 | トップページ | 午後放送の2011年星組「ノバ・ボサ・ノバ」を観て。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 星組「スカーレットピンパーネル」終演直後の突撃レポートを観て。 | トップページ | 午後放送の2011年星組「ノバ・ボサ・ノバ」を観て。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ