« 宙組「王妃の館」影ツアートークPart3 | トップページ | キャトルでトークは礼真琴×綺咲 愛里×瀬央ゆりあ×(写真を追加)。 »

2017年4月 8日 (土)

月組「舞音~」新人公演を観て。

録画してあった月組「舞音~」新人公演を今頃になって観ましたが、朝美さんと叶羽 時さんの役に成りきった姿に惹きこまれ~お昼寝を返上して最後までどっぷり浸かって観てしまいました。

アーサがマノンの魅力にどんどん惹きこまれて~友達や周囲からマノンから離れるよう言われながらもそれが出来ず、後半は遂に海軍までも辞める羽目になって~観ていて辛いものがありますが~マノンへの愛の強さを感じます!




一方、マノンはシャルルを愛しながらも独立を目指す一員に自由奔放の生き方を妬まれ~独立運動の罪まで着せられ~フランス軍に捕まり~シャルルはマノンを助けようと銃を持って先頭に立ちますが…



マノンはフランス兵の弾に倒れながらもやっとの事、船で逃れられたのに、最後船の上で息絶える場面は、何もかもを失ったシャルルの、これからどこへ向かえばいいのだろう~の言葉が身に染みて切ないラストで~胸にこみ上げて来ました。



この時後ろにいたもう一人のシャルルの「どこへでも~己の心が求める場所へ~」の言葉に救われた気持ちがしました…何もかもを失ったがやっと自由に成れたシャルルでしたね。


新人公演とは思えない舞台で、主演のシャルル朝美絢さんとマノンの叶羽 時さんのお芝居が自然で上手かったですね~!


私は実は初めてこの舞台で叶羽 時さんの存在を知りましたが、歌もお芝居も上手いし~後半、シャルルへの愛が健気でシャルル一人のマノンになって居て可愛かったです!


そして各場面に散りばめられた奥深い台詞に植田 景子先生の演出家としての力量のほどを感じました。



スカイステージ番組表の解説はこちら

本公演を観た時の感想ですが良かったら見て下さい…こちら


月組「舞音~」初日の映像を観た時のかんそうです…こちら



« 宙組「王妃の館」影ツアートークPart3 | トップページ | キャトルでトークは礼真琴×綺咲 愛里×瀬央ゆりあ×(写真を追加)。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月組「舞音~」新人公演を観て。:

« 宙組「王妃の館」影ツアートークPart3 | トップページ | キャトルでトークは礼真琴×綺咲 愛里×瀬央ゆりあ×(写真を追加)。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ