« 貴城けいさんの宝塚退団10周年記念ディナーショーを観ました。 | トップページ | 美-Star に鳳月杏さん。 »

2017年5月15日 (月)

'13年雪組「春雷」を観ました。

雪組「春雷」を観ました。


2013年のバウ公演ですが、全部通して観たのは初めてでした。


この舞台は公式にも書かれている様に、文豪ゲーテの代表作であり、彼の半自伝的小説とも言われる「若きウェルテルの悩み」を題材に書かれているようですが、法律学を学んだ主人公のウェルテル(彩凪翔)が、叔母の遺産整理の為、赴いた地で心惹かれる女性ロッテ(大湖せしる)に出会い、フィアンセ・アルベルト(鳳翔大)が居る身と知り別れようとしますが、二人共想いは募るばかりで~



結婚式が間近に迫った時、ロッテ(大湖せしる)は、結婚式の前までに一緒に逃げて~と言う手紙をウェルテルに出すが届かず~、

 

そんな中、ウェルテルの親友・ロルフ(真那春人)は、周囲が収穫祭で楽しんでいる時に、恋人・サビーネ(沙月愛奈)と一緒に逃げようと計画し実行しますが、

山越えの道を封鎖されて逃げまどううちに、サビーネ(沙月愛奈)が崖から落ちてしまって~



殺人罪で裁判に賭けられたロルフは、裁判では弁護人も不要とまで言われながらもロルフを助けようと、ウェルテルは弁護を買って出ますが、身分の差と言う大きな壁に屈して~遂に死刑を宣告されてしまうのでした。


ロッテとも別れ~ロルフの弁護も空しく彼を死刑に追い込んでしまったウェルテルは、生きるすべを失い、死を選ぼうとして


アルベルトに手切れ金代わりに貰ったピストルで撃とうと試みるが、手が震えて打てず~そんな時、過って書いていた小説が認められ~最新作を持ってくるように言われて物書きとして自分の可能性に賭けて生きる希望を見出していくという~舞台で、



原田諒さんの脚本・演出も素晴らしかったし~出演された彩凪さん・大湖せしるさん・鳳翔大さんの三者三様の役に成りきった演技が素晴らしく~愛しながらも別れなければならなかったウェルテルの悩みが痛いほど伝わって来る舞台で感動しました!



ウェルテル役の彩凪さん、ビジュアルも素的でロッテを強く愛する気持ちを感じました。
本来なら自分こそが一緒に逃げたかったのでしょうけど、いつも理性が働き~それも出来ないもどかしさを感じた。手切れ金代わりに貰った銃でアルベルトを撃つ事も出来ず~最後はもう少しで命を絶つところだったが、ほんとに最後に明るい兆しが見えて良かった!



ロッテ役の大湖せしるさん、美しく品の良い女性を演じて素敵でしたね~!



ロッテのフィアンセ役の鳳翔大さん・貴族らしい貫録を感じました。


公式はこちら


主な配役はこちら

 

 

« 貴城けいさんの宝塚退団10周年記念ディナーショーを観ました。 | トップページ | 美-Star に鳳月杏さん。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: '13年雪組「春雷」を観ました。:

« 貴城けいさんの宝塚退団10周年記念ディナーショーを観ました。 | トップページ | 美-Star に鳳月杏さん。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

  • Cimg0556
無料ブログはココログ