« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

一路真輝さん主演の「JFK」を観ました。

この作品は、先日NHKBSで「メモリーズ宝塚」としても放送がありましたが、今日午後、家事も終わってテレビを点けると丁度‘95年・雪組「JFK」が始まった所だったので、お昼寝を返上して最後まで観ました。

 

 

ジョン・フィッツジェラルド・ケネディに扮した一路真輝さんは、家族からは尊敬され~大統領に推されてマリリンモンローにまで愛されて~彼の多くの人を幸せにする義務がある~と言う言葉を考えれば、分け隔てなく誰からも愛されたい~気持ちが強かったのでしょうけど、その事が結局反感を買う事になって~敵を作ってしまったのかも知れませんね!

 

 

ケネディ大統領を演じられた一路真輝さんは、誠実さが感じられて~大統領としての貫録もあり、ぴったりの役でしたね!

 

それにしてもケネディ家の家訓が「常に一番でなければだめ」とはびっくりでしたが~(@_@)

 

ジャッキー(花總まり)は、記者だった頃から考えると、「ファーストレディじゃなくて良いから自分だけの愛がほしい!」とかマスコミやシークレットサービスが居ないところに行きたいとか~お金の使いすぎとか~随分変わってしまったように感じましたが…

 

 

大統領の誕生パーティにマリリン・モンローが来る事になって~そこら辺から

 

ジャクリーン夫人は嫉妬で大変でしたね!大統領を置いて一人でクルーザーで静養に出かけたり~弟は司法長官を引き受けたりして彼の言う事を聞いてくれていたようですが、

 

 

モンローが何度も大統領に電話をしてくるので、弟(高嶺ふぶき)が説得しようとしたが、逆にモンローの虜になって仕舞ったそうで~( ◠‿◠ ) 相手がモンローじゃそうなるでしょうね!

 

ケネディ大統領のジャクリーン夫人という方は髪型が外巻きで全体敵に四角いイメージがあった方ですが、品がありましたね!

 

そう言う意味では花總さんは、美しく品もあり、歌も上手く役にぴったりだったように思いますが、

役としては、彼の元に戻って来たのはテキサスに向かう前で、それからは今までとはまるで違う優しさで接していましたが、今まで一体何だったの?という感じはしました。

 

 

結局、FBIのフーバ長官(香寿たつき)からは、山の様に脅迫状が届いている~とか、大統領が指名手配されているとか~酷い報告があっても、

 

大統領は何も恐れていない所を見せなければ~と、パレードを実行して~

その結果、狙撃され~結局そのまま帰らぬ人となって仕舞って~。

 

 

ジャクリーン夫人としては短い時間しか一緒に居なかったわけだから、それは悲しく~

後悔が大きかったのでは?と思いました。

 

 

喪服を着たジャクリーン夫人が、ケネディの弟に肩を抱かれて~このシーン胸にグッときました!

 

それにしてもあれほど大統領に対して反逆心を露わにしていたフーバー長官が、大統領が亡くなったと聞くや「もう少し生きていて欲しかった!」と言ったのは何故だろう!この人も自分たちが阻害されている事に対して、ある意味嫉妬していたのかな~と思いました。

 

身体が弱かったジョンケネディが推されて大統領になり、これから2期目に入ろうとする矢先の出来事だった様で、

 

昔、ケネディ大統領が銃弾に倒れる~と言うニュースを聞いてびっくりしましたが、今頃になってその一端を知ることが出来~、なるほど~そうだったのか~と興味深く観ることが出来ました。

 

 

オナシスのクルーザーのオーナーに飛鳥裕さんや、キング牧師に轟悠さん・矢吹翔さん等のお顔も見えました。

 

何とこの舞台も小池先生の作品だったのですね~小池先生の作品にしてはちょっと異色に感じましたが、面白かったですヽ(^o^)丿





宙組 『神々の土地』新人公演・その他の配役決定

宙組公演 『神々の土地』新人公演・その他の配役決定!…こちら

2002年の「ガイズ&ドールズ」は

昨夜放送された2002年の「ガイズ&ドールズ」は、劇場でも観ていますが、その後DVDに録ってあった舞台を観て感想を書いていますので、良かったら見て下さい。

 

 

今観ると、スカイの紫吹さんも、ネイサンの大和悠河さんもすっかり美しい女優さんに成られて、とてもあのギャンブラーたちが同一人物とは思えないですね!( ◠‿◠ )

 

 

星組の琴ちゃんアデレイドも歌もダンスも上手くてまるで琴ちゃんに宛書したようにぴったりの役で可愛いアデレイドでしたが、きりやんも歌上手いし~ダンスも上手いし~ちょっと大人っぽいアデレイドでしたが、上手かったですね!

 

 

星組で公演されると聞いてから観た時の感想ですが、良かったら見て下さい。

 

当時の写真を色々アップしてます↓

2002年の『ガイズ&ドールズ』を観て(2015626)

 

今日、放送していた礼真琴主演の「鈴蘭」は

お掃除を始めようとしてテレビを点けると琴ちゃん主演の「鈴蘭」を放送中で、しばしそのまま観入ってしまいました。

 

この「鈴蘭」については何度か映像で観ていますが、「マイスターの教え」などの角度からも感想を書いていますので、良かったら見て下さいそれぞれ沢山リンクでお知らせしています。



星組「鈴蘭~」千秋楽の映像を観て

 

マイスターの教え、星組『鈴蘭 -思い出の淵から見えるものは-』を観ました。

 

礼真琴さんの歌が聞きたくて~「鈴蘭~」を観ました。

 

桐生園加さん情報です。

桐生園加 OfficialBlogより、「ビリーエリオット」を観て、


泣きっぱなしだったと言う園加ちゃん!…こちら

花総さん、さすが良いお声ですね~!

花総まりさんのブログよりYouTubeを観たのですが、今でも美しくて~さすが娘役の女王ですねヽ(^o^)丿

「宝塚プルミェール」は花組は明日海さん・芹香さん・柚香さん

WOWOW「宝塚プルミェール」は、花組「邪馬台国の風」主要メンバーによる宝塚のオススメ…今回のテーマは男役の群舞に付いて、ステージはもちろん階段を使って表現

 

 

みりおちゃん(明日海りお)…大階段って下級生は慣れてなければ慣れてないほど上なので、下級生の時は、身の毛よだちながら踊っていたそうです。

 

ききちゃん(芹香斗亜)…自分が落ちると前はもれなく上級生だしね!

 

ゆずかさん(柚香光)…これだけ出させて頂いてても初めてその振りを舞台上でやって見ますとなるとやっぱり~(聞こえなかったです)

 

 

みりおちゃん…大階段で踊っているならでは~のゾクゾク感と言うのは、下りる足音とか~それがみんながザっ!と揃った時とか、大階段に座った時は空気がピタッ!と止まる感じで、あ~タカラジェンヌになって良かったな!って思ったり~

 

ビシッとそれが揃っているとお~気持ちいいな~って思いますねとききちゃん。

 

 

群舞の様子も観れて楽しめましたヽ(^o^)丿

 

…………………………∞…………………………

 

花組「ハンナのお花屋さん」について

 

みりおちゃんは、ハンナのお花屋さんについて…どうやらお花屋さんになりそうだとプロヂューサーさんに伺った時は、ほんとにびっくりしてしまったとか

 

色んな取材の度にお花を飾るのが趣味だ!お花屋に行くのが大好きだと~申しておりましたら、まさか舞台の上でお花屋さんに成れるなんて

 

今まで宣伝して来て良かったな~と思ったそうです。

 

 

いい大学を出て、お花屋さんを持ちたいと思って目指してきて~今求めてるもの、幸せってなんだろって考える時期にあるお花屋さんの彼で、私もタカラジャンヌになりたいと家を飛び出して、新人公演の主役がしたいとか~良いお芝居がしたい~とか言って男役10年が過ぎ花組を組替えして~にリンクするところも生かせて行けたらいいな~と思う。

 

 

ほんとに宝塚で公演する舞台にしては珍しい題材ですね~でも優しいみりおちゃんにはぴったりかも知れませんね。

 

この後相手を5・7・5で表す無茶振りコーナーがありましたが、仙名さんさんの俳句が5・7・5になって居なくて~みりちゃん大笑いしてて終わりました。

 

ナレーションの壮一帆さんの声がちょっと今までの壮さんの声ではないような気がしました。

 

Cimg3573  Cimg3582  Cimg3583

Cimg3584  Cimg3585

 

「宝塚プルミェール」は珠城・美弥・月城の3人のトーク(写真を追加)

WOWOWの「宝塚プルミェール」を観ました。


今回は、月組珠城りゅう主演の宝塚大劇場公演「ALL FOR ONE~」より珠城りょうさん・美弥るりかさん・月城かなとさんの3人によるトークで、ナレーションは壮一帆さんでした。

 

皆さんが壮さんにご挨拶されていましたがれいこちゃんは、一番に壮さんに組替えを報告されたんだそうです。

 

珠城さん・ちゃぴさん・みやちゃん・れいこちゃん・トシちゃん・ありちゃんらのピックアップ映像が流れて~

 

先ずは意外だったと言う作品の印象から

 珠城さん…実際お稽古が始まってから、こんなにコメディ要素が強い作品とは思って居なかったそうな。

 美弥ちゃん…笑い、時々真面目だよね!と。

 たまきさん…月組的にすごい新鮮で~コメディは初めてだったと言う。ドタバタしてる感じがやりたかったそうで、でも同時に難しさも感じているそうで、

れいこちゃん…誰も笑ってくれなかったとしても。、大まじめにやってるとか~

 みやちゃん…ちょっと愛されキャラで、悪役なのにちょっと可愛いと言うか~

 

ダルタニアン役に付いてたまきさんは…ガスコーニ地方から出てきてパリの都会的雰囲気に馴染めてない感じを出してほしいと言われ無骨さや粗暴さがもうちょっと出せたらな~と。王宮に行くところとか~異色感がだせたら~と。あと、三銃士達のキャラクターが居るだけで違うと言う事が見えるようになりたいと仰っていました。

 

みやちゃんアラミス役について…剣の腕はもちろん、あらゆる女性を虜にする色男~とナレーションの声…美弥ちゃんは、色男とか、酒のみとか、真面目とか3人のキャラクターはあるけれども、そのキャラクターを通してストーリーに沿って行けば、自分たちが何をすべきかとか、何に向かってエネルギーが向いているのか~の方が、もっともっと大切なので、女子たちにキャーキャー言って頂けるところがあるので、そういう所だけはキャラクターを前面に出したいと。

 

みやちゃんが持ててる映像を観てれいこちゃんは、女役として出たいそうです( ◠‿◠ ) 娘役さんを観て、私がされたらもっとできるって!

 

ベルナルド役の月城かなとさんは…宮廷を牛耳る為、裏工作を画策!でも意外とお茶目なシーンも~と壮さんの説明。月城さんは…面白い役ではあるが、初めからそれをにおわせない様意識しているそうで、まさかこんなキャラだったのと言うギャップを感じて貰えたら~と。ある事がきっかけで崩れていくと言うのと、その結果四銃士の方をもっと濃く見せれる役割になれたらいいなと。

 

 ルイ14世役の愛希れいかについて…太陽王と呼ばれるのは~女役さんで男役を演じると言う事は無いと思うそうで~大股広げて座っている所をみて面白いとか~結構コミカルのシーンもあり、楽しんでやってそう!と話していましたが、でも実は、女性だったと言う~

チャピがズボン履いてると言うのがキュンキュンすると美弥ちゃん。
男性の女性と、男らしい男性の不思議な違和感が結構萌え萌えしたと言う。

 それこそリボンの騎士とか、オスカルとかだから宝塚ファンは好きかも知れないと珠城さん。

 

モンパルシェ侯爵夫人の沙央くらまについて…映像が流れると「あらコマ素的ね~と壮さん!

 

見所はふんだんに盛り込まれた立ち廻りだそうで、

立ち廻りに付いて…

たまきさん…個人的にはすごい好きだそうですが、

「似合う!とみやちゃんに言われて、ほんとですか~と嬉しそう!

仁王立ちで足を曲げずに剣を向けてる姿が好きだそうで。

 

珠城さん、階段はあるし、上ったり降りたりは結構大変だったらしい。結構体力勝負だったようです。

 

みやちゃんは、もっと早く階段上がって!と言われてもこれ以上は無理~と。

ラストはダルタニアンとベルナルドの直接対決!の映像が観れました。

 

それぞれのキャラクターについて詳しく聞けて、それぞれが苦労されてることが分かったりで、これから観る者に取っては大変興味深く観れました。

 

美弥るりか&珠城りょう&月城かなとの〇と×!!は。

みやちゃん・りょうちゃん・れいこちゃん

「みやちゃん、結構探し物してますね!」と珠城さん。

 

クェスチョンは、

●ショックな落とし物をしたことが有る(美弥ちゃん〇珠城さん×月城さん〇)

●大成功したイタズラがある。(〇〇×)

●モノマネが得意(×××)

●虫が苦手(〇〇〇)

●思わず宝塚の歌を口ずさむ(〇〇〇)

●子供の頃憧れたヒーローが居た。(〇〇×)

●夏休みの宿題はぎりぎりにやった(〇〇〇)

●稽古中小池先生の面白名言があった(〇〇〇)

 

小池先生の名言じゃなく、行動がいっぱいあるそうです。

たまきさんは、香咲蘭さんが顔を洗って居る時に蛇口を動かし、3回くらいそれをやったそうで~可笑しかったそうです。

コミュニケーションを取るためのいたずらだったのかな?と思いました( ◠‿◠ )

 

美弥ちゃんは、紅さんの誕生日をサプライズで祝おうと言うのが合ってディズニーランドの社長と食事をするからと伝えていて、

ホテルの部屋のベットの下に隠れたりしてて、皆で大掛かりな悪だくみをされ紅さんを驚かせたそうです。

 

夏休みの宿題に付いて、れいこちゃんのお父様が学校の先生で、自由研究とかがいつも本格的だったそうで…顕微鏡とかあったのでお父様に手伝ってもらったそうです。え~?大人がやったとすぐにばれるよ!( ◠‿◠ )

 

たまきさんとれいこちゃんは最近すごい嵌っちゃった芸人さんが居て、そのネタを稽古中に真似していて~もし聖徳太子がOLだったらとか、観て観てといったらもう泣くぐらい可笑しかったようで、笑いのツボ、浅さが一緒なんだとおもったとか~

れいこちゃんすっかり月組に馴染んでいるようで、良かったですね!

 

ダルタニアンと3銃士たちについて、それぞれのキャラクターの事が詳しく分かり、苦労した点なども色々わかって、大変興味深く聞けました。

Cimg3566  Cimg3567  Cimg3574  Cimg3569

Cimg3568    Cimg3576  Cimg3577

Cimg3570_2   Cimg3578  Cimg3571_2   Cimg3572_2

ちぎちゃんの今後を予想妄想!

ちぎちゃんの今後を予想妄想!

 

終演後の会見で、早霧さんは注目の今後について「軍の機密です。

”の機密事項なので、私の口からは申し上げられません。

 

一歩一歩、しっかり景色を見ながら踏み出していきたい」と明言を避けた。

「軍」とした表現に、大きなプロジェクトへの参加をにおわせた。と書いてあり~

 

他のインタビューでは、「愛し続けた宝塚を、観る側になって、応援する側になっても力を発揮できると思っています」という言葉とか~


男役が好きで出来ればずっと宝塚に関わって居たいのではないかなと思うので、


今後は、もしかして、劇団の演劇指導などをされるのではないかな~と予想且つ妄想していますが…みなさんはどう予想されたでしょう?





わぁ~まぁ様、足なが~!

サンスポより

新人公演ステージトークの永久輝せあさんを観て。

新人公演ステージトークの永久輝せあさんを観て。

月組『るろうに剣心』の新人公演で、緋村剣心役を演じた永久輝せあさんと、神谷薫役を演じた彩みちるさんの新人公演トークをお掃除しながら偶然に観たのですが…

 

 

お互いの相手を一言で表現するで~彩さんは、永久輝さんのことを、“輝く”と仰っていましたが、普段は取っても優しい人だけど~近寄りがたいそうで~ひとこさんは「そんなことない!」と盛んに否定していましたが~

 

 

確かに話し方や受け応えが優しそうに感じるし~舞台映像を観れば新人公演の剣心役も、本公演の剣心の影役も立ち廻りは上手いし~気張らずに演じていて、頑張ってるな~の印象でした!

 

 

ご挨拶でもあの頬に受けた傷をこのまま残すようになるのか、それとも自分の身の一部としてこれから成長して行けるのか、これからの自分による~」とご挨拶されてて~中々上手いご挨拶だな~と思いました。

 

最近オリジナル番組でも「幕末太陽傳」の品川宿について探索するなど活躍が観られる永久輝さんですが、

 

ちぎちゃん・ゆうみちゃんが卒業され、一時は寂しい気持ちになりますが、望海風斗さんと真彩希帆さんがトップに就任された後は、彩風咲奈さんや彩凪翔さん・月組から組替えで来られた朝美絢さんと共に、永久輝さんも路線の一人として頑張って欲しいです!

 

 

すごいな~!琴ちゃん!リーダーとしてもお褒めの言葉!

日刊スポーツ・芸能コラムより

 

 

「笑」「率」「歌」魅力あふれる三個の礼/礼真琴

 

 

連日の様にネットを賑わしている琴ちゃん…「阿弖流為」ではリーダーシップがすごいらしいし、兎に角お褒め満載のコラムが誇らしくて~嬉しい( ◠‿◠ )

 

月組「ALL FOR ONE~」のチケット

月組「ALL FOR ONE~ダルタニアンと太陽王~」のチケットを今頃になって購入した。

最初は行かなくてもいいかな~と言う気持ちだったが、小池先生だし~珠城りょうさんだし~後で後悔すると嫌だから一応観ようか~と言う思いに駆られて買う事にした。
お席はいつも大体同じで6列センター、まぁ安いとは言えないけれど~チケ流だと1分くらいで自分の好みのお席が買えるから、自分の様な高齢者にとっては、楽で助かる。
これからステージドアとか観て、どんな作品なのか?観てみたいと思う。

「ミュージカルの世界!」琴ちゃんとソニンさんをより詳しく(追加)

「宝塚歌劇 ミュージカルの世界!」を観ましたが、ほとんど小池修一郎先生の世界でした。

 

最初は、涼風真世さん・天海祐希さん・真矢みきさん・一路真紀さん・紫吹淳さん・柚希礼音さん等、有名な卒業生の過去の舞台などを紹介しながら宝塚歌劇を紹介。

 

ヨーロッパで人気だった「エリザベート」を宝塚で公演するようになった経緯や、紅ゆずるさんのお披露目公演だった「スカーレットピンパーネル」が宝塚のミュージカルとして人気を得た要因などが説明されていましたが、最初は王太子を救出すると言うストーリーなど含まれて居なかったのだとか~それをファンが喜ぶ設定にされたとか~を紅さんが丁寧に説明されていてトップとしての重要な役目を果たされていました。

 

「紫吹淳さんが主演の「ガイズ&ドールズ」や北翔さん主演の「ガイズ&ドールズ」が流され8月に上映される宣伝などされて居ましたが、

 

今外部の舞台で活躍されてるソニンさんは「スカーレットピンパーネル」を観劇された様で、礼真琴さんと東京宝塚劇場の2階で初対面!お話しする様子が観れました。

 

 

初めて真琴ちゃんと顔を合わせたソニンさんは、「メチャクチャ綺麗!」と仰って~即否定する真琴ちゃん!( ◠‿◠ )

ショーブランが唄うシーンを観終わって、「わぁーかっこいい!めちゃくちゃ楽しかった!」と


ソニンさんは、男役は声が低いけど、女の声帯で生まれてきているから唄うと声が潜るけど、それが潜らない!と褒められて~

第一印象はすごい聞こえる。低い声が響いてるし~言葉も聞こえるし~すごい!と思ったそうです。

まこっちゃんは「ほんとですかー?嬉しいです!」と素直に~( ◠‿◠ )

アデレイドでは高い声も出して居た事を話すとびっくりされて~

今回は特に低い声を使っていて、アデレイドをやって居た頃とは声も変わっていくのだそうです。

今はどんどん低くなる一方だそうだとか~


普段の喋る声も低いそうで、基本的にこのトーンと言って、普通にカフェに行ってコーヒー頼む時も?に


琴ちゃん「じゃ~アイス一つで~」の低音に、ソニンさん身をよじりながら「店員いちいちキュンキュンしちゃう~」と言いながら、ご自分もキュンキュンされて居た様な~( ◠‿◠ )


ソニンさんは男役燕尾のダンスを観て「これ全員女性なんだ!すごい!宝塚マジックなんだな!」と思われたとか~。

娘役もやりつつ、男役もやりつつ~でどうでした?と聞かれて~

基本的に男役をやりたくて入って来たので、最初に女役をやるとなった時は、「う~ん、女か~女のはずなのに、遠回りして、男が染みついてるから~女ってどうやるんだっけ?」と複雑に考えてしまうとか~

 

でも女役を極めてやって来たら、その次の公演で男に戻った時の歓びが倍増するんですよ~!」にソニンさん大笑い!


こんなに楽しいものだとは思わない!くらいだそうで、なので、さらに男役愛が深まるそうです!


今はメンズの服しか入らないとか~も聞けましたよ( ◠‿◠ )


歌ウマ同士での声談義や、まこっちゃんの男役と女役の話が興味深く聞けて面白かったですヽ(^o^)丿


又小池先生に付いて~真琴ちゃんはロミジュリの時、コテンパンに怒られたことが有るとか~その時葉どんどん貝になって行ったそうですが~でも最近は何とか理解できるようになり、前は怖くて目も合わせられなかったそうですが、最近ちょっとづつ心を開けるようになったそうです。(成長したんですね~( ◠‿◠ ))

 

ソニンさんはモーツアルトで初めてご一緒されたそうですが、やはり怒られたことが有るそうで~最初は分からなかったが、見え方で意見が一致したようで、小池談義で話が盛り上がって居ました。

 


小池先生のここすごいな~の話もされて居ましたが、観ていない様で、全てわかってるとか~琴ちゃんは驚いていました。


その後真琴ちゃんに男役の動きを教えてとか~手の動きなど教えて貰っていました。

 

ソニンさんの稽古場の様子も潜入してみることが出来ました。

 

ソニンさんは「1789~」や「嵐が丘」で何度か観ていますが、ちょっと歌っただけでも抜群な歌唱力ですごい人ですね!

 

月組の「オールフォーワン」の稽古の様子なども少し観れました。

 

先生は、読んで貰うための戯曲を書いて居るのではなく、このメンバー全部を使ってなんぼ?だそうで、チーム全体のこれからも考えて創らなければならないのだそうです。

 

作品に対して妥協しない。絶対に成功させなくては~と言う思いがあると思うとか。もし3日間無人島に行ったら多分2日で戻って来るとかいう話も聞けましたが、本当に心から脚本を書くことが好きなんでしょうね!でもあっちもこっちも小池先生の作品と聞くと寝る時間はあるのかしら?とか心配してしまいますが、今後も宝塚の為に頑張って欲しいです。

 

 

真琴ちゃんは先生に怒られて~とか言いながらも、ソニンさんと対面させて貰えて嬉しかったでしょうね!これからもトップ目指して~星組の為に頑張って欲しいです!

BSスカパーはこちら

雪組 『琥珀色の雨にぬれて』主な配役決定。

雪組公演 『琥珀色の雨にぬれて』の主な配役が決定しました。

詳しくはこちら

雪組 『CAPTAIN NEMO』主な配役決定。

雪組公演 『CAPTAIN NEMO』主な配役決定…こちら

宙組『神々の土地』の人物相関図

公式に宙組『神々の土地』~ロマノフたちの黄昏~の人物相関図がアップされて居ます…こちら

朝夏まなとさんと、真風涼帆さんの厳しい表情が素的ですね!

宙組『神々の土地』稽古場 キャストボイスを更新

公式より



宙組『神々の土地』稽古場 キャストボイスを更新

 

 

プロローグからKAZUMI-BOY先生の振り付けで、皆さんワクワクして居るよですね。

 

そして凛城きらが、何と初めての女役に挑戦するそうです…綺麗だから色々やって見るのも良いですよね。

妃海風ちゃん情報です。

デイリースポーツより
スポーツ報知より

月組『All for One』のナウオンを観ました。

月組『All for One』のナウオンを観ました。

 

メンバーは↓

ダルタニアン、無敵のヒーロー…珠城りょう

踊る王14世…愛希れいか

世紀の色男・アラミス…美弥るりか

冷血非道な剣士ベルナルド…月城かなと

大酒飲みの力持ちポルトス…暁千成

 

ポスター撮影や制作発表会について。

 

躍動感あふれるポスターにしたかったとか、ちゃぴさん金色のデニム生地だそうです。

ちゃぴさんは、コミカルに~と言われたそうです。

 

今回の作品は一本物であり、冒険活劇とか。

 

三銃士について…現代版でもできるんだ~と感じた。みんなが揃った時は、わくわく感がある。立ち廻りとか、アクションが多いので~

 

月城さんは、今回から月組ですが、やることがいっぱいでお芝居も立ち廻りもなので、やってたら自然に居られるようになったそうです

 

ありちゃん(暁千成)…年齢を高めに~とか、声は低めに~着ぐるみの人気スターになったつもりになったそうです。

 

月城かなとさんは、完全オリジナルで、キーワード作って下さって~やり易くなった。

 

アラミス美弥ちゃんは、…この時間はこのキャラクターと一瞬でも分かって貰えるかな~と呼吸するのと同じくらいに女性を口説いてロマンを感じて、貰えれば~と。客席降りでは是非恥ずかしがらずに~だそうです。

 

チャピさん(愛希れいか)…声を低くしてほしい。女性関係が多い人なので、稽古場では媚を売っているんだなと思いながらやってる。

 

珠城りょうさん…素朴で田舎者で、如何に素朴でシンプルに~いるかと。結構熱血な部分を出せれば~。自分に正直で~立ち廻りは大変だったそうです。

 

 

出席者以外のひとについて。

HIROさん(一樹千尋)…言葉の重みがすごいそうです。出る前に一樹さんと月城さんと紫門 ゆりやさんと3人で集まり、エンジン組んで気合いを入れてくれて、ファミリー感がある。

 

沙央くらまさん…毎回違って演じられていて、チャピさんは、良く笑わずに出来るかと耐えているそうですが、もう限界なほどらしい。

 

すーさん(憧花 ゆりの)…チャピさんは母とぎくしゃくするそうで、すーさんとなつこさん(夏月 都)の居方とチャピさんを見守ってる感じがすごいとか。

 

 

アトスのトシさん(宇月 颯)は、かかせない人で、素晴らしく沈着冷静に、常に先陣を切って引っ張るシーンが多い。ビジュアルも含めて新しい。

立ち廻りの安定感、切れも良い。

 

輝月ゆうまさんは、食いしん坊担当なので~とご本人の言葉らしい。

 

美弥ちゃんフィナーレで唄わせて頂くのが、明るくてハッピーな作品と。

 

見どころ、苦労点など…立ち廻り。コメディであること。

 

フィナーレ…るりさんの銀橋の歌が、歌詞がアラミスとしての心の部分でもあり、暖かい。

 

美弥ちゃんは、小池先生の作品で、唄うのが3回目なので、成長して見えないと。

紫が似合うと言われていました。

 

ロケットは、レベルが高くて元気が貰える。

 

珠城さん…女役さんを引き連れてのダンスは珍しいそうで、コマさん(沙央 くらま)をちょっとだけリフトするとか、女役としてもすごい綺麗だそうです。

 

他の女役さんも大人っぽいとか。

 

男役の階段上の振りが、カウント取りにくくて~。

 

月城さんは、振りが難しくて~それを月組の人が不通に受けているのが信じられない。

 

美弥ちゃんは後半ずっと踊っているそうです。

 

珠城さんとチャピさんのデュェットは、グリーンのお衣裳で、斬新だけど伝統的なお芝居の余韻に浸って貰いながら~と。

 

一言づつ抱負が聞けましたが、

 

ありちゃん(暁千成)…舞台で自由な男らしく叔父さんを極めて~と。●月城さん、毎回新鮮に、真剣に~と。

●楽しんで頂けるわくわくな舞台に~。●笑いあり、感動あり、ドキドキ感あり、色んな要素を感じる舞台だそうですが、月組の皆が、すごく生き生きしていて充実していて、色んな世代の人に楽しんで頂けるよう、汗を掻きながら熱演して行きたいと抱負を語って居られました。



皆さん楽しそうで~わくわく感を感じるトークでしたヽ(^o^)丿

 

大雑把でまとまりが無く見難かったと思いますが、最後まで読んで下さり有難うございましたm(__)m

 

 

春野寿美礼主演の花組「アデュー・マルセイユ」の映像を観て。

おささん主演の花組「アデュー・マルセイユ」の映像を途中まで観ました。

 

 

しかし今観るとほとんどの人がOGとなられて居てほんとに懐かしさを感じますが、

 

 

子供時代と交錯させながら~ストーリーも分かり易く、♪アデュー・マルセイユの曲も素的で~さすが小池先生の作品を感じましたね!

 

 

後半を又後で観たい気持ちになりました( ◠‿◠ )

 

 

以前観た時の感想を載せていますので良かったら見て下さい…こちら

 

月組『鳳凰伝』一部の配役

公式に 月組『鳳凰伝』一部の配役が掲載されました…こちら


以前、宙組の和央ようかさんと花總まりさんを中心に上演した作品の様ですが、懐かしいですね~!水さんも出てましたね。

月組『Arkadia -アルカディア-』一部の配役

公式に 月組『Arkadia -アルカディア-』一部の配役が掲載されました…こちら

礼真琴さん情報です。

スポーツ報知より

 

礼真琴、外部劇場初主演に心躍る

 

地元・東京への“凱旋公演”も控える95期生・男役の旗頭は「真ん中に立ってドン!とぶつかる覚悟が生まれた」と明るく言葉を弾ませる…こっちゃん自信に溢れた言葉ですね!嬉しい!

 

 

悪役が続いた後の凛々しい姿が待ち遠しいですヽ(^o^)丿

 

雪組千秋楽よりご挨拶の様子など(訂正)

千秋楽からの続きです。

普通、ご挨拶を載せるのはトップさんだけなのですが、今回は気になってきた香綾しずるさんや人気の大ちゃんも一緒に載せる事にしました。

ご挨拶は略してのあっぷです。

 

香綾しずるさん…男役香綾しずるとして生きた14年間、辛い事・苦しい事・悩んだこと沢山有ったはずなのに、今は唯、「楽しかった!」それだけです。



鳳翔大さん…
16年間当たり前に過ごしてきた日々が無くなるのは正直寂しいです。でも今すごく幸せで、とてつもない温もりに包まれています。
そして雪組の皆様と舞台に立つこと、同じ作品を作ることが何よりの幸せだったそうです。



咲妃みゆさん…
8年間、唯ただ舞台が好きで~、唯ただ娘役が好きで歩み続けて一人では、到底歩むことが出来なかった道のりを沢山の方々に巡り合い~支えて頂いた事・そして心から尊敬してやまない早霧せいなさんに対して~お隣で観続けた美しい景色を、私は一生忘れません。


羽織はかま姿で大階段を降りられた
早霧せいなさん。組からのお花は、望海風斗さんから、同期生からのお花は夢乃聖夏さんからでした…ともみん黒い衣装で素敵でしたヽ(^o^)丿

送られた大きな胡蝶蘭の花束を抱えて早霧せいなさん最後の舞台を噛みしめて居たらお客様の仲間の熱気と思いが伝わって来て、ショーの絆の場面では思わず涙が溢れてしまいました。

中学生の時に宝塚を知り、3度目の受験、ラストのチャンスで夢が叶い、宝塚の男役になって17年間、命を懸けて舞台に立ってきました…叶う事なら永遠に宝塚の男役をやって居たい!そんな風に思える宝塚の世界に出会えたことが軌跡だったそうです。



ご挨拶された皆さんが、今とっても幸せだそうで、一緒に舞台を創ってきた組の皆さんや同期・ファンの皆さん・お客様に対して異口同音に感謝の気持ちが伝えられて~皆様への深い愛と絆を感じました。

そして皆さんが一応に宝塚人生に悔いがありませんと言う言葉が印象的でした!


卒業される皆さんに取っても、ファンの方にとっても熱い一日が終わりました。

卒業される皆様、長い間本当にお疲れ様でした。そして素的な舞台を沢山魅せて下って有難うございました。

 

 

アンコールでは望海率いる雪組もどうぞどうぞよろしくお願いいたしますm(__)mと、後への言葉もそえて気遣いが感じられました。

 

早霧せいなさん退団・千秋楽より

公式より

 

雪組東京宝塚劇場公演【早霧せいな 退団】千秋楽

 

 

723日(日)、雪組東京宝塚劇場公演 かんぽ生命 ドリームシアター ミュージカル・コメディ『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』、かんぽ生命 ドリームシアター Show SpiritDramatic S!』が千秋楽を迎えました。

 

雪組トップスター早霧せいなが、東京宝塚劇場での最後の舞台に立ち、客席からの熱い拍手に包まれながらラストステージを終えた後、引き続き、退団記者会見を行いました。  

 

一問一答がアップされて居ます。 

雪組「幕末太陽傳」千秋楽の映像を観ました。

雪組「幕末太陽傳」千秋楽の映像を観ました。

 

舞台映像からはちぎちゃんは、お餞別を貰ったり~面白いシーンはより大胆に演じていて~さすが余裕の舞台で~卒業する人のアップシーンも観れるなど、他の皆さんも千秋楽らしく楽しそうで~でもお芝居は皆が身体を張って演じていて、

 

ショーの映像からはちぎちゃんへの愛が感じられて、黒燕尾も良かったし~デュエットも二人の愛が感じられて素的でしたヽ(^o^)丿

 

又サヨナラショーは過去の舞台の色々な曲が聞けて~少しの映像でしたが懐かしく感じたり~雪組が一つになって皆さんの絆が感じられて~ルパンや、コルドバ~や大階段のだんす・デュェットなど、又香綾しずるさんや鳳翔大ちゃんのピックアップ場面も観れて最後の舞台を飾って下さってさすがちぎちゃんの集大成を感じた暖かい舞台でした!

 

蒼井美樹・星乃あんり・桃花ひな・鳳翔大・香綾しずる・咲妃みゆ・早霧せいなさん等退団者7名のご挨拶が聞けました。

 

早霧さん・咲妃さん沢山の素的な舞台を有難うございましたm(__)m

ご挨拶の様子を追加しました…こちら

 

早霧せいなさん情報です。

スポーツ報知より

DVDで「タカラヅカスペシャル2016」を観ました。

梅田劇場にて行われた、年に一度の夢の祭典「タカラヅカスペシャル2016」を観ました。

 

映画も観に行って居なかったのでDVDを買って観ましたが、専科、花組、月組、星組、宙組のトップコンビを初め2番手・3番手他、各組の路線スターを一堂に集めて~それはそれは豪華な舞台でした。

 

 

今回は、小林公平先生の7回忌であり、「宝塚のモーツァルト」との異名も持つ寺田瀧雄先生の17回忌に当たるので、各組によるパロディコーナーはなく、宝塚の主題歌の他、ジャズ・スタンダード・シャンソンなど広く~沢山の曲が聞けました。

 

 

第一部では各組のコーナーに分かれ過去の舞台からピックアップした曲をトップコンビや組子がそれぞれ華やかに唄い~

 

Memories of TAKARAZUKAでは小林先生と寺田先生を偲び寺田瀧雄メドレーで、♪セマニフィクなど~や、♪アマール・アマール~♪そして今~♪愛の宝石~♪雨の凱旋門~等の曲で、歌は専科の人によるメドレーでしたが、そのバックでは通常ではありえない意外な組み合わせでデュェットされてて~びっくりしながら楽しませて頂きました。

 

 

最初のカップルは柚香さんと朝美さんのデュェットでしたが、朝美さんは結構女も似合っていましたね!

 

沙央さんの歌の時に踊るはありちゃんとせおっちのデュェット…大きな女役で誰かと思ったらせおっちで~その大きなせおっちをありちゃんはリフトでぐるぐる回していてこれ又びっくりでした!せおっちは身体が硬く~ダンスも緊張して居たようです。

でも意外性があって楽しめましたヽ(^o^)丿

 

 

♪そして今を星条さんが唄われ~愛月ひかるさんとマイティのデュェットは、水美さんが美しくて~笑顔も見れて楽しんで踊られて居るようで、余裕を感じました。

 

 

華形さんの歌によるデュェットは、華形さんの歌が下手すぎて~男役としては魅力的な方なのですが~。

デュェットは七海ひろきさんと女役に桜木みなとさんのデュェットが観れました。

かいちゃんはリフトが慣れないのかやっと回していて~桜木さんは女も似合っていましたが、大変そうでした!

 

 

2部では、エリザベート20thを記念してでしたが、客席から登場したいしちゃんが♪キッチュ~を唄われていましたが、その唄いっぷりは水を得た魚の様に生き生きとして~さすがルキーニ経験者を感じましたヽ(^o^)丿

 

 

真風さんと芹香さんによる♪愛と死の輪舞~や、♪私だけに~を花乃さん・愛希さん・きさきさん・実咲さんで唄い~最後に実咲さんがあの高い声の私だけに~のパーツを唄われていましたが、綺麗に声が出て上手かったです!

 

♪闇が広がる~は紅さんと美弥ちゃん・そして珠城さんと礼真琴さんが唄って居ましたが、わが愛する真琴ちゃんの順番にドキドキしながら観入りました。

珠城さんのトートは男らしく素的でしたが、真琴ちゃんも目を丸くして恐怖感で怯える様子のルドルフが素晴らしかった!ヽ(^o^)丿

真琴ちゃんは上背の事色々言われていますが、全く気にならなかったですよ!

 

♪最後のダンス~は、明日海さんと朝夏さんが長いトートブーツを履いて唄われていましたがさすがトップさんでした!

 

 

2場でのスタンダード&ポップスメドレーでは、若手が次々とトリオで唄われて、皆さん上手いな~と思いながら観ていましたが、

七海さんは、桜咲さん・華雅さんと唄われていましたが、娘役の方は美しい声で唄われていましたが、七海さんは今回大きな声は出ていましたが~もう少し腹から声が出せると良いと思いました。

 

 

カチャさんの声がキーキー声で、男役なのか?女役なのか?という感じでした。

 

珠城さんが♪アンチェンマイハート~を唄っていましたが、やはり歌は上手いし~ビジュアルも素的で~カッコ良かったです!

 

 

 

我が贔屓の礼真琴さんは、真風さんと一緒に♪インシャラーを唄っていて上手かったですが、余りに呆気なく終わってしまって~もっとポピュラーな曲を沢山聞きたかったな~の気持ちでした。

 

 

真琴さんは、芹香さん・真風さん美弥るりかさん等といつも出ていましたが、2番手さんの出番は、少なかったようです。

 

でもこのタカスペを観ると翌年の活躍が分かって面白いですね!今回は雪組さんが東京公演の為、不参加でしたが、やはり路線のメンバーだけあり~皆さん歌もダンスも上手くて、未来のスターを感じさせてくれて~豪華で楽しい舞台でしたヽ(^o^)丿

 

TCAに沢山の写真がアップされて居ます…こちら


監修・構成・演出:石田昌也
構成・演出:中村一徳、藤井大介

主な出演者(公演プログラム記載順)
【専科】轟悠・華形ひかる・星条海斗・沙央くらま ・凪七瑠海
【花組】 明日海りお・瀬戸かずや・鳳月杏・芹香斗亜・桜咲彩花・仙名彩世・華雅りりか・水美舞斗・柚香光・朝月希和・花乃まりあ・城妃美伶
【月組】 光月るう・美弥るりか・宇月颯・紫門ゆりや・珠城りょう・早乙女わかば・愛希れいか・朝美絢・海乃美月・暁千星
【星組】 紅ゆずる・壱城あずさ・七海ひろき・天寿光希・音波みのり・十碧れいや・麻央侑希・礼真琴・瀬央ゆりあ・綺咲愛里・紫藤りゅう・真彩希帆
【宙組】 朝夏まなと・純矢ちとせ・澄輝さやと・真風涼帆・愛月ひかる・蒼羽りく・実咲凜音・桜木みなと・伶美うらら・和希そら・遥羽らら・瑠風輝・星風まどか
【コーラス(宙組)】 真名瀬みら・鷹翔千空・湖々さくら・花宮沙羅・湖風珀・春乃さくら



星組「阿弖流為」突撃インタビューを観て.(写真を追加)

今日のニュースで星組「阿弖流為」突撃インタビューが観れました…レポーターは輝咲玲央さんと夢妃杏瑠さん。

 

初日から3日間が経ち、5回公演が終えたところだそうですが、

 

琴ちゃんは「本当に熱く熱く、実際暑いんですけど~さらにさらに心からも熱く~30名の皆様が熱く魂籠めて演じて下さって居るので、ほんとに私も気持ちよく毎日させて頂いています」

 

佳奈の有沙 瞳さんは、「客席の皆様が笑って下さったり~泣いて下さったり~その空気をすごく感じるので、毎回新鮮にお客様も一つになって素的な公演に成れたらいいなと思って頑張ります」

 

輝咲さん「そうですよね!お客様が入ることによって、又違う空気感を楽しむことが出来ました。

 

田丸麻呂様は「お客様が入ってからどんどん深みが増して~お客様の拍手や笑い声!泣き声!(泣きそう~」

 

真琴ちゃん「そうなんです。お客様のすすり泣く声が実際聞こえてくるので、それにつられて、自分ももらい泣きそうになる~」

 

瀬央さん「駄目だ駄目だと思いながら~

 

真琴ちゃん「暖かいお客様の心に感動しております。」

 

輝咲さん「そしてそして、衣装も今回素的で~色んなアイテムがいっぱい盛り込まれていますが、動きが激しいし~衣装が素的だからちょっと動くと、色んなものが落ちると言う事が一騎打ちの時に起きましたね。」

 

真琴ちゃん「戦って居る時に頭は取れるは~毛皮は取れるは~

 

輝咲さん「琴ちゃんの髪の毛が絡まるは~こんな衣裳着ているけれども、それに負けない身のこなしで~」

 

 

輝咲さん「今回同期で友情の~出来るのってすごい素的だよね~と言われて、敵なのに、心底で分かりあっているものが~素敵~と言われていました。

 

 

実際会う場面は少ないそうで、一幕の最後、次に会うのが一騎打ちの場面で~だけど深い部分で繋がり分かりあってるのが作品の見どころだよね!と言われて~

 

今回はこっちゃんは、映像とも戦ったりしていますけども、あれカッコいいね~!と言われて

 

お稽古場では映像が無いから~どうなるんだろうと思っていたそうですが、輝咲さんは、こういう事だったのかと映像とこっちゃんをガン見しちゃったそうです。

 

映像とマッチしてると言われていましたが、こっちゃんは、毎日終演後にずれていないかを確認しているそうです。

 

難しいそうです!なにせ人間よりも何倍も俊敏な動きなので~と。

 

 

輝咲さんは、有沙ちゃんとこっちゃんのラブシーンはほんとにきゅんきゅん!しますけど~こっちゃんが佳奈の手をがッ!と摑む所は、いつもドキドキしながら近見しに行ってるそうで、大興奮してるそうです!琴ちゃん恥ずかしそう!(あそこ良いよね!)

 

 

真琴ちゃんは、この二人の関係が原作とは違って~、元々結婚してると言う過去があっての恋愛なので、そのステージングは大野先生・峰先生の素晴らしいステージングになって居るそうで、大変だったけどすごく気持ちよく出来ているそうです!

 

佳奈は「優しさに包まれ~佳奈は~(周りからほんとに良い男という声でした!)

 

フィナーレナンバーもほんとに素的なナンバーを着けて下さって~盛りだくさんだそうです!12分くらいあるそうで、こっちゃんは、日本物のお芝居でフィナーレナンバーが着くと言うのも中々経験できない事と思うので、

 

 

 

ガッツリ盛り込まれているそうですが、こっちゃんのリフトがとっても素敵だとか、お稽古場から失敗したところを見た事が無いと言われていました。

 

そんなにムチャクチャ練習したわけでもなく、やる時に息で合わせて~と言う感じだそうです。

とても安定していると輝咲さんに言われていました。相性ばっちりですね!に照れていましたが、

 

瀬央さんは、突然のジャズでお客様もびっくりされた方が多いと思いますが、あの場面は蝦夷の皆さんと一緒に踊れているので、すごく夢が叶った幸せな場面だそうです。

そこで阿弖流為との約束は果たしたと自分では思っているとか~

 

 

ここ絶対観て欲しいと言う所と今後の抱負を~と言われて~

 

瀬央さんは、同期ならではの一騎打ちはもちろんのこと、韃靼の場面ですかね、16場の瀧に撃たれその後、朝廷軍の皆さんと踊る場面は峰先生のとても男らしく勇ましい振りが付いていますので、注目して頂けたら~と仰っていました。輝咲さんも一緒に踊って居られるそうです。

 

杏瑠さんまでも勇ましい男役と一緒に踊られているようです。

 

佳奈自信最初のシーンから最後のシーンまで、人間自身も、移り替わりがあると思うので、皆さんの影響や阿弖流為さんの影響で変わっていく佳奈の姿を観て頂けたら~と仰っていました。

 

 

最後に琴ちゃんは、ほんとに素的な場面があるんですが、本当に30名全員が見せどころがありまして~一人一人見逃さず観て頂きたい気持ちがあります。

その中で自分が真ん中に立たせて頂けると言う事が充分に重く重く受け止め、阿弖流為の男気・そしてカッコいい生き方!それを礼真琴が魂を受け次いで

お客様にお届けしたいと仰っていました。

 

小さい写真をクリックすると大きな写真が見れます。

琴ちゃんもせおっちも素的ですね~!

Cimg3552 Cimg3553 Cimg3555 Cimg3557

 Cimg3556 Cimg3557_2 Cimg3558 Cimg3559

Cimg3561  Cimg3562  Cimg3563  Cimg3565

月組・珠城さん・愛希さん情報です。

日刊スポーツより

早霧せいなさんと咲妃みゆさんの特集日です。

今日と明日のスカイステージは、早霧せいなさんと咲妃みゆさんの特集日です。


夢々人生(宝塚そのまんまつぶやき)」サイトでも過去に沢山載せていますので、



右上の サイト内検索に 早霧せいな 咲妃みゆ と打ち込んで検索して見て下さい。



それぞれ沢山でてきますので、良かったら見て下さい。

久しぶりに霧矢さん主演の「ジプシー男爵」を観て。

昨夜放送された霧矢さん主演の「ジプシー男爵」は、過去に何度か観ていて、昨日も途中まで観ましたが、兎に角オープニングの霧矢さんと蒼乃さんのデュェットが圧巻で~見惚れてしまいましたね!

 

 

霧矢さんのダンスの上手さは、すでに定評があり~大好きですが、蒼乃さんのしなやかで~ダイナミックで~切れの良い男前のダンスも素晴らしくて~もう目が釘付けでしたヽ(^o^)丿

 

 

このデュェットダンスを観て、過去の女性ダンサーの中で一番好きになった人かもしれないです。

 

霧矢さんのジプシーで、ハチャメチャな男爵ぶりにもびっくりさせられますね!


久しぶりにもりえちゃんの素的なホモナイ伯爵が観れて嬉しかったです!

 

過去の感想でよろしければ見て下さい。

 

 

月組初日を観てきました。

 

 

「ジプシー男爵」を観て

 

 

月組ナウオンは

 

水夏希さん主演「タンゴアルゼンチーノ」花組・新人公演は。

今日放送の1999年 「タンゴアルゼンチーノ」花組・新人公演は、ずっと以前に何度か観ていますので、過去の感想で良かったら見て下さい…こちら

礼真琴さん情報です。

産経WESTより


次のページもありますよ!


すごいお褒めの言葉満載で嬉しいヽ(^o^)丿

月組 『All for One』ギャラリーを公開

月組公演 『All for One』ギャラリーを公開…こちら

開局15周年特別番組「輝ける15周年、夢のときめきステージ~続きです

夢の顔合わせトークの続きです…正直長いですが良かったら見て下さい。

 

 

雪組の早霧せいなさんと望海風斗さん。

 

〇✖トークでは

●スカイステージが開局すると聞いて驚いた。

●初出演の時の事を覚えている。(カメラに向かって話すことが慣れていなかった)(スカイフェリーズの時の経験が後々の役に立った)

●中でも好きな番組がある。(樹里さんの番組)(旅写美とか)(止められた各組のトップさんと話せたのが貴重な経験だった)

●お互いに観てみたい番組(イケメンで魅せる)(悩みを相談に来た生徒に熱血先生が指導)

●スカイステージが15周年とは驚いた。

このトークが最後になって仕舞うかもしれないと思う中で、大門は、ちぎさんのどうやってお客様に喜んでもらえるか~の姿勢が

幕が開いても全く変わらないので、それを近くで3年弱観て来れた事が今の大きな財産になって居ると話していて~

又ちぎさんは、自分がトップ時代に一番近くで2番手として一緒に作って来れたことが感謝で~だいもんだったからこそ今の自分があると、

助け合いの精神が美しく~お互いの存在に感謝されてて~短い間ながらも二人の絆を感じたトークでした。

 

 

檀れいちゃんからのメッセージ…新しい分野に挑戦するんだと言う事を感じた。彩輝直さんと、分からないながらも手探りで番組を作って行ったそうです。

いろんな角度から宝塚を観て頂きたい。

 

咲妃みゆさん…スカイステージの一番の思い出は回数が多かったナウオンステージを上げていました。

印象に残っている番組はスカイステージトークドリームタイムで、

望むことは…お稽古場密着ドキュメンタリーなどがあったら、舞台以外のタカラジェンヌの皆さんの素顔を観れるのでは~と。

 

 

礼真琴さん…寮のテレビで暇さえあればずっとスカイステージを観ていたそうです。初演の星組のスカーレットピンパーネルのプロダクション・ノートをビデオに録画して永遠にそのプルダクションノートを観ていたそうです。舞台に上がるまでの皆さんの努力が観れてすごく感動したそうです。

 

印象に残っているのはナウオンステージで、下級生の時にもの凄く緊張して自分の役をどう皆さんにお伝えしたらいいのか、ドキドキする番組だったが、今は、役に対して自分に言い聞かせる意味でもあり、役を深めるきっかけになり良い番組だとか。盛り上がる番組が好きなので、同期でゲームをしたり~あひるすくいをしたり~それにご褒美や×ゲームが用意されててさすがと思うそうです。

望むことは…舞台が掃けてからの事など(この意見多いですね!)

 

 

 

沙央くらまさん…初めての仕事が、ちぎちゃんと開演前に劇場にインタビューに良く生放送番組で、すごく印象に残っている。

同期トークは中々思い出深くファンの方からも好評だったとか。

望むことは…スカイステージでしか観れない突撃のインタビュー等で、自主稽古って?とか、頑張ってる裏側の姿とか~スカイステージに入るとこんなことが、こんな一面が観れるのか~と言う番組を望むそうです。(すごく良い考えですね!)

 

 

スカイナビゲーターズや、スカイレポーターズの歴代の変遷が映されて~Pちゃんがいる~とか、ほんとに沢山の面々が観れました。

 

 

宙組コーナー…早押しクイズ、テーマは朝夏さんに関するクイズです。

 

メンバーは、澄輝さやと、凛城きら、愛月ひかる、蒼羽りく、桜木みなと、和希そらです。

 

Q1:朝夏さんは第何期スカイフェアリーズ? A4

Q2:スカイステージ開局10周年記念の時の司会は朝夏さんと実咲さんと後もう一人は誰? A:真琴つばささん

Q3:朝夏さんの「Brilliant DreamsNEXT」で朝夏さん以外でレギュラー出演して居たのは誰? A和希そらさん。

Q$:昨年の九州談義で、ここに入りたいと思ったのは真琴つばささん主演の何の演目? A「うたかたの恋 

 

愛月さんが優勝で盛り上がって居ました。

 

印象的だった番組では、七海さんとの料理番組でかぼちゃのスープを作ったとか~、クイズで柚香光さんに負けてしまって悔しかったとか~、まぁ様の番組に出ていて外でやってた澄輝さん・スカイフェアリーズの蒼羽りくさん・犬の調教をやった和樹そらさんは挑戦できて良かった

望むこと…同期トークを希望の凛城きらさん・他組の人と夢のコラボを希望の桜木みなとさん(勉強になるし、刺激になる。)

 

過去5年間を振り返って~でしたが、すごく懐かしい番組がいっぱいでした。

 

Brilliant Dreamus」の色々な映像が映されて、「今回この15周年の為に特別に組まれた特別編「Brilliant Dreamus」のメンバーは朝夏さん・紅さん・美弥ちゃん・七海さんでしたが、最初に上がったのは七海さん!2位は朝夏さん・そして美弥ちゃん最下位は紅さんでしたが、

ジョーカーの行く先行く先をカメラが追ってて、ジョーカーを取った人のお顔を映して居たりで面白かったです!

 

 

この後七海さん中心の「Brilliant Dreamus」では、七海さん・朝美絢さん・紫藤りゅうさん・桜木みなとさんのメンバーで、年上の女性がキュンとする台詞を披露するで作るミニドラマです。

 

 

紫藤りゅう…好きだった先輩が結婚…自分の気持ちを抑えて一言。裏ではしっかり映像をチェックしながら爆笑して居ました。

 

朝美絢…年下の彼氏は女の子にモテモテ。年上の彼女は自分に自信が無くて気持ちが引き気味。そんな彼女に愛の一言。

 

七海ひろき…気になる先輩が失恋して落ち込んでいる様子。そんな女性に励ましの一言。

 

桜木みなと…姉弟の様に育った幼馴染の2人。彼女が留学の為、しばらく離れる事に。旅立つ彼女に一言。

 

明日海さんと七海さんで…友情を描いたミニドラマに挑戦。二人が幼い頃から一緒に音楽をやって来たと言う設定で~二人で音楽性の違いに付いて喧嘩をします。

その後仲直りをすると言う感動的な青春ドラマ。

 

紅さんの罰ゲームは、視聴者への愛のメッセージで、紅さんはワレワレハ宇宙人とか言っちゃって大笑いして居ました。

朝夏さんもとばっちり受けてご挨拶…テレを隠しながらもカッコイイこと!

 

打ち合わせ中のを公開して七海さんと美弥ちゃんが取り方の違いで喧嘩が始まる(もちろんおふざけ)

 

おまけは、失敗映像や、練習風景でしたが、裏で爆笑している人の方が面白かった!でもみんな照れずによくやるわ!さすがでした!正直観ていて恥ずかしかったわ!

 

 

真風さんからのメッセージ…美沙のえるさんとトークした番組が印象に残っているとか、芹香さんと礼真琴さんと3人でアヒルすくいをした時が楽しかったそうです。

望むこと…街を歩く~みたいなのをやって見たいそうです(真面目~!)

 

凪七瑠海さんのメッセージ…憧れだったスカイ・フェアリーズに研3の時に成れて嬉しかった!夢だった子供たちに囲まれて楽しい時間を過ごした番組や、同期対談が楽しかったそうです。
望むことは…お悩み相談だそうです。

 

スペシャルトークのラストは、専科の轟悠さんと、スーパーバイザーを務められたOGの真琴つばささん。

 

二人はこれから出すとしたらオフの番組がポイント~と仰っていましたね。

 

轟さんは独自の局を持つと言う事は何をさせられるんだろうと思ったとか~

稽古場の素の姿が観たいと思うでしょうけど余り見せすぎても~秘密のベールに包まれている所が良いと言う考えもあるし~難しい問題。

カメラに向かっての経験がないから~たいへんだったとか~

轟さんが、思い出に残っているのは、やはり同期の対談だそうですよ!

これからはオープンにしなければならない番組を要求される中で、石ちゃんの言う小林公平先生の最後のベールだけは守って下さいと言う言葉が気になりましたね。

真琴さんは辞められてから宝塚を観劇する機会が少なくなっているそうですが、このスカイステージがあるお蔭で、宝塚と繋がっている気がするそうです。

望むことは…他局の真似だけは止めたいと。

命かけてぶつかり合ってこそ~お客様を楽しませる番組が創れるのではと思います。

さすがに15周年だけあり私などは懐かしく~とても豪華な番組でした。

 

総合司会の朝実絢さんと柚香光さん…とても展開が早く、態度にも自信が感じられて良かったですよ!お疲れ様でした!

 


長い記事を、最後まで見て下さりありがとうござ会いましたm(__)m



主な出演者【専科】轟悠、華形ひかる、星条海斗、沙央くらま、凪七瑠海

【花組】明日海りお、仙名彩世、芹香斗亜、瀬戸かずや、鳳月杏、水美舞斗、柚香光

【月組】珠城りょう、愛希れいか、美弥るりか、宇月颯、紫門ゆりや、月城かなと、暁千星

【雪組】早霧せいな、咲妃みゆ、望海風斗、彩凪翔、彩風咲奈、朝美絢、永久輝せあ

【星組】紅ゆずる、綺咲愛里、礼真琴、壱城あずさ、七海ひろき、天寿光希、十碧れいや、麻央侑希、瀬央ゆりあ、紫藤りゅう

【宙組】朝夏まなと、真風涼帆、澄輝さやと、凛城きら、愛月ひかる、蒼羽りく、桜木みなと、和希そら

【OG】真琴つばさ、彩輝なお、檀れい


 

 

 

宙組 『神々の土地』 稽古場 キャストボイス

宙組 『神々の土地』『クラシカル ビジュー』 稽古場 キャストボイスを更新…こちら

星組「オームシャンティ・オーム」振付レクチャー動画

公演のラストに新たな“アンコールフィナーレ”が加わり、星組出演者による振付レクチャー後、1階席客席に降り、お客様のそばで一緒に歌って踊ります★



振付ご担当の野火杏子先生と星組出演者による「振付レクチャー動画」はこちら

NHK BSプレミアム8月放送のお知らせ

NHK BSプレミアムにおいて「宝塚歌劇雪組公演」の下記作品が8月に放送されますのでお知らせ致します。  



 
◆宝塚歌劇 雪組 『星逢一夜』『La Esmeralda』(2015年)
出演:早霧 せいな、咲妃 みゆ ほか
放送日:2017年8月8日(火) 午前0:45~3:25 ※8月7日(月)深夜
放送チャンネル:NHK BSプレミアム

「TAKARAZUKA CAFE BREAK」放送予定

「TAKARAZUKA CAFE BREAK」放送予定のお知らせです。
MXテレビ
〔問合せ TOKYO MXテレビパブリックセンター TEL:0570-070-009〕   
放送日時
毎週金曜 11:00~11:30
<出演>
6月23日 特別編
6月30日(雪組)望海 風斗
7月7日(雪組)咲妃 みゆ
7月14日(雪組)彩風 咲奈
7月21日(雪組)彩凪 翔
7月28日(雪組)永久輝 せあ
8月4日 特別編
8月11日(花組)芹香 斗亜
8月18日(花組)柚香 光
 
その他のテレビ局はこちら

「宝塚プルミエール」の放送予定。

WOWOWより
「宝塚プルミエール」が放送されます。
 
放送日時:7月29日(土)14:00~14:30(初回放送)
「月組『All for One』」

蘭寿さん情報です。

蘭寿さんのアメブロが更新されていました…こちら



うわ~まゆさんもえりたんも綺麗ですね~ヽ(^o^)丿



まゆさん髪伸びてすごく素的!

星組「阿弖流為」ナウオンを観ました。 (追加補足しました)

星組「阿弖流為」ナウオンを観ました…一度録画したディスクが破損してしまった為、カメになって仕舞いましたが、良かったら見て下さい。


暖かい雰囲気の中で、皆さんの役に対する熱い想いと、それぞれの関係性が詳しく聞けて~これからの舞台を観る者に取ってはとても参考になり~とても興味深く観れ、舞台を観るのが一層楽しみになりました。

 

出席は、 真琴…阿弖流為●有沙 瞳…佳奈●瀬央 ゆりあ…坂上田村麻呂壱城 あずさ…伊治公鮮麻呂●ひろ香 祐…伊佐西古● 凰華…母礼●天華 えま…飛良手

 主なキャストはこちら

役創りや役創りの苦労点について~。

 

礼真琴さん…原作に忠実に創って下さっている部分と、役が発表されて阿弖流為の周りを囲む友達の皆が、若い皆さんがいっぱいいて~原作では阿弖流為が一番年下で、一番若くて~自由にやってるものを皆さんのおかげで成長していく~宝塚版の阿弖流為になって行ってるそうです。

阿弖流為自身はすごく共感できる部分と、すごく胸を打たれる部分と、佳奈ちゃんに対してもすごく男らしくて~ほんとにカッコいい男の人に想うそうで、鮮麻呂さんが居て~田丸麻呂さんが居て敵なんだけど分かりあえるものがあると言う、今の礼真琴にすごくリンクする部分が沢山有る。

 

 

瀬央ゆりあさん…蝦夷の皆さんが芝居しているとどうしても感情移入してしまうが、感情移入し過ぎてもダメなので~そこは切り替えつつ、惡玉[しらたま]とか~みそのとか~女を傍に侍らせているのは、女の方が情報を取りやすく探り易いのだそうで、

 

最後、残された田丸麻呂はぽっかりと抜け殻の様になるそうで、蝦夷に生まれたらよかったとか~言われていました。阿弖流為と母礼が死ぬの分かって居てもすごいキラキラしてるのを観ると辛い!そうです。

 

有沙瞳さんは…佳奈は、嫁いだ里が焼かれてしまって~夫の弟であるうほなと二人だけを逃がしてくれて、女を捨てて復讐を果たす事だけを意識して生きているそうですが、阿弖流為さんが救ってくださって、生きて行けると思うそうで~

 

 

真琴ちゃん…原作には佳奈と阿弖流為のラブストーリーは、ほとんど描かれて居なくて~佳奈にも悲劇があって、それを背負っているからこそ佳奈を守りたい気持ちから戦いに行ける流れに作ってくださって居て~佳奈が居るから戦いに行けると言う作品に仕上げて行けたら~と。

 

鮮麻呂を演じる壱城あずささん…最初は朝廷の格好をしてるんですけど、心は蝦夷で朝廷に行って蝦夷を守るために朝廷に上手い事行くように~の気持ちだったようですが、蝦夷側からみたら裏切り者で、ちゃっかり位を貰っちゃって~と思われてても黙って居て、朝廷側が蝦夷を人間とは思わない扱いだったり、発言だったりが耐えきれなくなって爆発して反乱を起こすのだそうです。


反乱の時に阿弖流為にお願いして協力してくれと頼んで、でもそれは鮮麻呂一人の判断だった事にしたり~

鮮麻呂中心に描かれている本では、自害してこのままここへ埋めてくれと、そして誰にも言うなとか~それで鮮麻呂は風になったと言われたそうです。(カッコ良すぎますよ!と言われていました)

 

 

朝廷側の人達に付いて…自分の為に位が欲しいとか、蝦夷は、国を守る為に~自然を守る為に~妻の為、息子たちの為~であって、そこが朝廷とは違うと力説する壱城さん。

 

真琴ちゃんは、阿弖流為は、自分の命はどうでも良いと思っている。鮮麻呂さん自身のお話はこれで終ってしまうんですけど、鮮麻呂さんの事は下巻の最後までずっと語られて居て、最後の最後まで鮮麻呂さんの事を口にするので、最後には鮮麻呂さんの様な立場を背負って、同じように果てるんだと言う事を鮮麻呂参から学んだようです。

 

 

江差の長のいさしこという役のひろ香 祐さんは…同期の礼真琴と熱いシーンもあるそうで、ちょっとお調子者ではあるが力はすごくあって~ちょっと抜けてて~でも気持ちはストレートにぶつけると言う役で、舞台上で張っちゃっける事は無い。

 

母礼の 凰華さんは、策士と言うイメージが強いそうで、一番の年長者なので、もっとどんどん逞しくなって行けたら~と。母礼は、阿弖流為を長とする以上に蝦夷を思っていないと~。刀は使えるそうですが頭で勝負の人らしい。周囲からの信頼がすごいそうです。



真琴ちゃん…最後みんなと別れる場面があるそうですが、阿弖流為が説得して~と思うけどこいつ(母礼)にだけは敵わない存在なんだそうです。

一緒に死んで行くし、石碑も並んでいるので、この人なしでは居られなかったんだと思うと。

 

 

飛良手の天華えまさんは、登場シーンがぐれて登場なのですが、蝦夷の為にもですが、阿弖流為様に命を捧げている人だそうです。

 

元々阿弖流為の父親阿久斗に仕えていた側近で、それが耐えられなくなり、何もかもが嫌になって居たところを阿弖流為様に説得して頂き、ついて行くのはこの人しかいないと思って、自分の命よりも阿弖流為様の命を守ると言う事に徹するようです。

 ぐれた後は更生し、最後お二人の牢獄のシーンもきっと何処からか飛良手は観ているだろうとその後田丸麻呂さんとお話をさせて頂くそうですが、

阿弖流為様の死を見届けた後は自分も死ぬと決めていたようです。

田丸麻呂の瀬央さんは「お前もこんなに熱いのか!」と言ってましたね!

 

 

朝廷側の人はみんな自分の事しか考えず、蝦夷の事は人とも思わず~イノシシとか言ったりですが、田丸麻呂だけがちがうそうです。

 

 

ここに出席されてる以外の皆さんについて…諸絞[もろしま]を演じてる音咲いつきさんが熱くて~でも阿弖流為とはウマが合わない人だそうです。

 

阿奴志己[あぬしこ]の天飛 華音さんもこんなに台詞を言う舞台は初めてで、目力がすごいとか。

 

佳奈の義弟・菟穂名(うほな)天彩 峰里さん~は阿弖流為に焼きもちを焼いてる位、佳奈の事を大切に思っている。子供だけど、蝦夷の心を持っている。

 

紀広純を演じる輝咲 玲央さんは、欲に溺れた人で、鮮麻呂が殺すそうですが、身体だけじゃなく存在が大きいので刺すのに刺せなくて大変らしい!

 

大伴真綱(おおとものまつな)を演じている蒼舞 咲歩君は、紀広純とは180度違ういやらしさが前面に出ているとか。

紀古佐美(きのこさみ)役の夏樹 れいさんについても、何ともいやらしい生き方をしているとか~

 

組長さんが、今回男役としてされてるし、今回は下級生全員に台詞があるので勉強になると思う。それぞれの生き様があるそうです。

 

立廻りやセットなどの見どころについて…パネルから出る映像が4枚あって~場面ごとに色んな映像が流れるそうです。映像と闘う場面は題して早乙女太一君の場面だそうです( ◠‿◠ )

 

鮮麻呂さんが紹介する場面では一人づつ名前が出るそうです。

兵士が少ないので女役さんも頑張ってくれてるそうですが100人とか1000人の兵士が写ってるそうです。

ダンスナンバーと立ち廻りと、今回はかなり身体を動かしているそうですが、一幕に蝦夷のナンバーが詰まって居て、2幕に朝廷軍のナンバーが詰まって居て、30人しかいないので、蝦夷もやるし朝廷もやるし~で出演者は忙しいようです。

 

平沢先生と峰先生とお二人のテイストが全く違って振り付けられるそうで~ダンスの話で盛り上がって居ました!

 

一騎打ちの前に大勢で大立ち回りが合って~遂に出てきた長二人~となるそうです。

 

日本物でこれだけのフィナーレが付くのが初めてなので、役の衣装でそのまま行くから、ちょっと平和の世の中になったような感じになってて

 

最初は 凰華が唄って~ボレロ調になって宝塚と阿弖流為が上手い事コラボしてるそうで~その後は朝廷服でジャズで~ほんとにカッコいいですわ~!と琴ちゃん!


そして万里柚美さんが女性に戻るそうでが、キャプテンのオーラがすごくて桓武天皇にしか見えないとしーらん
( ◠‿◠ )

 

もう言いたい放題です( ◠‿◠ ) その後でデュェットダンスで、有紗さんが、すごく幸せオーラを出してくれるので~と琴ちゃん。

 

 

この公演が終えられたら 凰華さんは雪組へ~と言ったとたんに涙ポロポロの綾 凰華さん。

 

毎日幸せだなって思ってやってるそうですが、阿弖流為チームでは一日一日大事に~と思って頑張るので、まだ星組生なので~と 凰華さん。

 

 

真琴ちゃんは、そう言うの経験していない身としては、全然分からないと言うか、私達にはまだ理解できない辛かったりとか~戸惑いだったり~不安だったり~沢山有ると思うんですけど~星組でちゃんと育ってきたから違う組に行っても大丈夫だっていう星組の誇りと蝦夷の誇りと一緒で胸に最後まで頑張りましょうと勇気づけていました。

 

一人づつ抱負を述べていましたが、みんな熱く~男っぽいですね~!

 

色々仰っていましたが、真琴ちゃんは、その中で阿弖流為自身も、最初は何も分からず~唯がむしゃらに生きていた者が、廻りの皆の影響によって自分自身も成長して来て、立派な男になって~果てて行く~と言う一人の男の生きざまをお届けできたら~と思っています。ドラマシティも青年館も初めてなので不安はありますが頑張りたいと抱負を述べていらっしゃいました。



若い人たちの多い今回の舞台ですが、ナウオンを観て皆さんのやる気と一致団結感が感じられて~又真琴ちゃんは下級生ながらまとめ役として補足したり、責任感も感じられて~役目を果たして居たり~沢山の事が聞けて、観る前に凄く参考になりました。観劇を楽しみにしています。



皆さんお疲れ様でしたm(__)m

長くなりましたが、最後まで見て下さり有難うございましたm(__)m

 

開局15周年特別番組「輝ける15周年、夢のときめきステージ~を観て。

柚香光さんと朝美絢さんの司会で始まった「夢のときめきステージ」を観て…二人共、息がぴったりで、活舌も良く進行も早くて上手かったですね!

 

 

スカイステージが15周年を迎えた記念番組でしたが、組を超えてのトークや、トップと2番手のトーク・又各組のトップさんが集結してトランプでババ抜きをするなど、又各組別コーナーは色々で、ブリドリでミニドラマ等、普段は観れない豪華な顔ぶれでさすが豪華で楽しい番組でしたヽ(^o^)丿

 

 

各組のコーナーでは最初に放送されたこともあって花組の内容が一番面白かったかな。

 

 

夢の顔合わせトークは、花組の明日海りおさんと、月組の珠城りょうさん…一緒に舞台に出て居た頃を懐かしく振り返っていましたが、りょうちゃんは明日海さんの舞台が大好きでかなり影響を受けてるとか~好きな番組では、こだわりセレクションで、良いモノを纏めてくれているとか勉強になる等。

ブリドリでキャトルでお買い物を一緒にやりたいと話していましたが、内容は別として、明日海さんって舞台では素的なのにこういうトークになると活舌が悪くてちょっと幼稚っぽく感じたのは私だけかな~。りょうちゃんの方がお姉さんぽく見えました。

 

 

花組コーナーのスカイステージゲームは、メンバーは、瀬戸かずや、鳳月杏、水美舞斗、柚香光でしたが、新しい花組ポーズを作って!とかスカイステージの新しいロゴを作ってとかキャッチフレーズだとか~結構大変な問題に挑戦して~皆さんのセンスの良さが伺えました。

 

その他それぞれのキャッチフレーズも凝って居て素的でしたよ!

(リビングから宝塚へ夢のボタンでひとっ飛び!)上手いな~!瀬戸かずやさん!

 

 

OGの方からのコメントでは彩輝直さん…開局当時、檀れいちゃんと司会をされた時の事等語って居ましたが、w足しも開局の番組を観ていたので、懐かしかったです!

 

歴代のスカイフェアリーズを一挙アップされて居ましたが、まぁ様やだいもん・ききちゃん・真風さんらのお顔も観れましたが、皆さん初々しかったですね!

 

 

月組のコーナーは、宇月颯、紫門ゆりや、月城かなと、暁千星の皆さんでしたが、カードで引いた内容を応えるコーナー

スカイステージ爆笑秘話…撮影の時寝ていたら赤ちゃんみたいになったというありちゃん達。又ありちゃんが声が小さくて落ち込んじゃった話・(観てたわ!)

スカイステージこんな番組が観てみたい…組を超えて朝ドラ・秘蔵映像を観てみたい!…楽屋とか~一日密着とか観てみたい(同感!)

スカイステージ爆笑秘話…宇月颯さんは、過去の番組を良く観るとか。

月城かなとさんは、組替えするにあたって、ナウオンステージなどを観てイメージを掴んだそうです。(なるほど~!)

ナウオンなどは組によって違うので、比較して観ていた。テレビを観て知った人の舞台を観てみようと思わせる。

 

まぁ様…ブリドリを始めた頃は何て大変な事を始めちゃったんだろうと思ったけど、最初はスタッフの皆さんも手探り状態だったけれど、回数を重ねる毎に密になって~お互いを分かりあえて、こんなにダンスすきなんだ~と自分も触発されてすごく良い時間だったとか。又組を超えて九州談義をさせてもらった時の事等が聞けました。

 

 

芹香さんも初々しい!番組で印象に残っている事は、…ロケ番組やナウオンステージで、役に付いて語れて楽しいそうです。遠くて観れない人にも旬な情報をお届けできる。

 

 

雪組コーナーはのサイコロトークは、メンバーは彩凪翔、彩風咲奈、朝美絢、永久輝せあ…こんな番組に出てみたい・レギュラー番組をするとしたら~徹子の部屋みたいなアーサの部屋へようこそをやりたいとか~で盛り上がって居ましたね。

彩風さんは、ショーを自分なりに創作?(大変そう!)

とっておきのエピソードは…外部の人とお話させて頂くスペシャル番組・ちょっとオフが見える稽古場の番組等でした。

 

 

娘役さんならではの番組・すごい細かい小間物沢山有ってそれらを使ってネックレスやイヤリングを創るんだそうです。

ソリオでのティータイムでは相手役さんの色々なお話で盛り上がって居ました。

 

紅さん・美弥ちゃん・星条さん等それぞれのメッセージが聞けましたが、紅さんは…紅ファイブが楽しい番組だった。美弥ちゃんは自分が上級生になって自分のブリドリが創れて嬉しかった!星条さんは、開局当時毎日出来る限りテレビにかじりついていたとか、旅番組が楽しかった!又ジャズ番組に出てジャズをもっと勉強しようと思い習いに行ったとか。

星組コーナーは、誰がぴったり?のゲーム…壱城あずさ、七海ひろき、天寿光希、十碧れいや、麻央侑希、瀬央ゆりあ、紫藤りゅう

 

お笑い番組に代表で出演するなら誰?瀬央ゆりあさんでした。

スポーツ番組…天寿さんが一番多かった。

お料理番組…紫藤りゅうさんでした。(和食が得意だそうです)(かいちゃんは、私は悪いけど台所には立ちません!)

天気予報…十碧さん?七海さん?結局誰なの?

通販・ショッピング番組…壱城さんと瀬央さん。

秘境・ロケ番組…天寿さん。

動物園の裏側レポ…紫藤さん。

お悩み相談番組…壱城さん。

プロデュースするとしたら?…七海さん圧倒的!

名前を挙げるだけで~大して面白くなかった!

 

 

この後思い出に残っている番組では、思い出に残っている番組では、十碧れいやさんは、旅番組で京都と神戸と名古屋で~悔いが残っているのは食レポだとか。

瀬央さんは双六の中にお芝居が含まれてて、即興のお芝居で面白かった!

しどりゅうさんは、瀬央さんと司会をしてゲストをお招きする番組のドリームタイムはお話した事が無かった人とお話しでき、番組を通して勉強になった。

この先どういう番組に出たいとか~では稽古場で出来る過程とか~選抜で組対抗お料理対決とか~ジェスチャーゲームとか沢山アイディアが出されていました。


 

後半はこちらに書きました。

月組 『All for One』 ムービー

公式に、月組 『All for One』 ムービーが掲載されています…こちら
わぁ~沢山アップされましたね~!
ノーカット版のみんなカッコいいですね~!

星組 『ベルリン、わが愛』他ムービー

公式に
星組 『ベルリン、わが愛』『Bouquet de TAKARAZUKA』 ムービーが掲載されています…こちら
わぁ~まだ紅さんと綺咲 さんだけですね~。

礼真琴さん主演の星組「鈴蘭~」は

昨夜、放送された星組「鈴蘭~」は以前にも観ていますので、過去の感想で良ろしければ見て下さい。


礼真琴さんの歌が聞きたくて~「鈴蘭~」を観ました。(2016年12月20日)(色々リンクでお知らせしています)

星組「阿弖流為」初日の映像を観ました。

星組シアタードラマ公演「阿弖流為」初日の映像を観ました…全体的としては、激しいダンスからは蝦夷の仲間の団結感を感じたり~飛良手(天華えま)を仲間に引き入れる経緯や、母礼(綾凰華)が年下の阿弖流為(礼真琴)を指導する様子や、強い信頼感!佳奈との出会い~敵ながら田丸麻呂との交流など~を感じました。

 

阿弖流為(礼真琴)を中心にプロローグからバンバンに踊って~カッコいいだけじゃなく、すごい迫力で~団結心を感じるシーンですね!

 

すでにツィッターでも色々な阿弖流為・琴ちゃんのビジュアルが出ていますが、貧しい蝦夷たちではあるが、さすが宝塚でカッコいいですね~!

 

 

踊った後すぐに唄う琴ちゃんがすごい!

 

 

紀広純の首を取ると硬い決心の鮮麻呂!(壱城あずさ)

 

飛良手(天華えま)は、里が襲われた時お前らは何もせず見捨てた~と恨み節で阿弖流為に向かっていくが阿弖流為には叶わ無かったようで~阿弖流為に蝦夷たちが己の心を捨てずに生きて行けるよう見てみたくはないのか?と誘われ~仲間に入るする飛良手。

 

 

この時バックでは山が燃えてて~悲惨な様子~映像が活きて使われていますね~!

 

母礼(綾 凰華)に「おぬしが兵を引き、怯える兵士たちの心に灯を点けるのだ!」と言われ~

母礼に信頼され誘導される阿弖流為。こうして年下の阿弖流為が徐々に自信を着けて行くのですね。

 

 

鮮麻呂(壱城あずさ)と紀広純(輝咲玲央)の一騎打ちがあり~鮮麻呂が刺殺す。

 

蝦夷を烏合の衆と思って~は稽古場でも出ていましたね。

 

桓武天皇の万里柚美さんは、お髭を着けて「朕に力が足りぬ故」と

 

田村麻呂の瀬央ゆりあさん…多賀城で父と過ごしたあの日々の事は忘れない」と、せおっち品がありますね~!

 

阿弖流為がバックの映像の炎の塊と、戦って居ます。

 

阿弖流為は、「お前が率先して戦い撃たれでもしたら兵が総崩れになるぞ!」とか「お前以外の男の為に策を講じるつもりはない!」と~母礼(綾 凰華に言われて~阿弖流為(礼真琴)が母礼に如何に信用されているかを感じますね!

 

 

佳奈(有沙 瞳)を「俺が送って行く!」と言う阿弖流為。

 

佳奈…「この夢ある里を朝廷の軍勢が埋め尽くして~あなた一人きりで敵の大将と~」

 

我らが再び都へ参る時は~このような都人のなりでは無く、蝦夷の姿とともに蝦夷の心で正々堂々と入る所存」と言う阿弖流為。

 

 

真っ直ぐな武人の心を持って相対することを約束いたそう」と坂上田村麻呂(瀬央ゆりあ)

 

敵とは言え、阿弖流為も田丸麻呂からもお互いに敬う気持ちや信頼が伺える。

 

佳奈の腕を取り「俺では不足か!」と言う阿弖流為に男らしさを感じますね!

 

貴女の命の炎が、もうこの身に燃え移っている」と佳奈。

 

阿弖流為は、佳奈の身体を持ち上げて~たくさん着てるから重そう( ◠‿◠ )

 

まだ母礼には言っていないのだ!」「佳奈殿のことをか?」「「みんな知ってる事だぞ!」に、

客席からは笑いが起こって居ましたね。

 

そして手を添えて~優しく弓を射る事を教える阿弖流為。

 

帝より「節刀が下された」と田村麻呂の瀬央ゆりあ…いよいよ天皇の代理として命が下されたと言う事ですね!

 

瀬央さん…高貴なお衣裳で胡坐をかいて~ビジュアルが素的ですね!

 

「お前と共に抱く蝦夷の心は俺の誇りだった!」

 

「相手が田村麻呂であれば、話は別だ!」と阿弖流為。「少なくても我らは人として扱われている。」と。

 

「あやつのこの後にこの身で挑まん」…瀬央さんすごい出で立ち!

 

一騎打ちが始まるが怪我しないかと冷や冷やするが、同期の戦いが楽しみ~!ヽ(^o^)丿

 

阿弖流為(礼真琴)中心のダンスと、田丸麻呂(瀬央ゆりあ)中心の剣舞が楽しみヽ(^o^)丿

 

琴ちゃんは有沙 瞳さんをリフトでぐるぐる回し~

 

最後は琴ちゃんとせおっち、仲良く肩組んで~( ◠‿◠ )

 

主な配役はこちら


万里柚美さんのご挨拶…ふるさとを守るために立ち上がった、若き指導者阿弖流為とその仲間たちとの絆・大和朝廷との戦いをダイナミックな立ち廻りの映像を交えて、皆様に心に残る舞台をお届けしたい~と、30名一丸となって~」とご挨拶されていました。

 

シアタードラマ公演初主演の真琴ちゃんのご挨拶は…ちょうど一か月前からお稽古がスタートしたそうですが、気が付けば今日で、それだけ充実した日々だったそうで、何度も原作本を読んで涙した事や、この素晴らしい作品を、宝塚で星組で、30名でさせて頂けるこんな幸せな事は無いと心に刻みながら~毎日鏡と向き合い~自分と闘いながらお稽古を重ねてきたそうですが、今日からはお客様と共に共有しこの阿弖流為の作品をさらにさらに深めて参りたい~etc」緊張の様子でご挨拶されていました。

初日を終えることが出来ほっとしているそうで、最後にやっと役から離れた可愛い笑顔が見れました。今回は下級生に至るまで責任のある役所を任されて、健康だけには気を付けて走り抜けたいとチームを纏める長としての言葉も聞けて頼もしさを感じましたヽ(^o^)丿

 

怪我無く頑張って東京に来てほしいと思います…楽しみにしています( ◠‿◠ )



七海ひろきさん主演のバウ『燃ゆる風~」を観ました。

七海ひろきさん主演のバウ『燃ゆる風 -軍師・竹中半兵衛-』を観ました。

 

作・演出/鈴木 圭先生の作品でしたが、戦国の世を背景に、涙あり~男の友情あり~夫婦愛もしっかりと描かれて居て~見応えがありました。

 

 

作品は戦国の乱世において、圧倒的な支配力を見せる信長・そこに仕える秀吉(サルと呼ばれていた時代)の逆らえない姿・秀吉こそが天下を取る人と確信しての行動をとる軍師竹中半兵衛・半兵衛を尊敬しながらも逆らう黒田官兵衛の姿・

半兵衛(七海ひろき)と、妻いね(真彩 希帆)との夫婦愛・濃姫【織田信長の正室】(音波 みのり)といねの関係などが観れましたが、男と男の絆や、男の友情・夫婦愛も親子の情もしっかりと描かれ感動場面ありで~涙に誘われました!

 

 

主演の七海ひろきさんは、信長の命に背いて官兵衛の息子松寿丸(天彩峰里)を匿ったり~人間としても優しく~軍師としても才能を買われ~多くの人に尊敬される半兵衛を演じていましたが、良い役をされましたね~!



しかし、軍師としてはお顔が優しすぎる所為か笑顔がきになり~それほど厳しさは感じられず~歌は聞いてても恥ずかしいほどだったのですが、いねに対しての優しさは強く感じて~今生の別れのシーンは感動で涙が溢れました!

 

 

木下藤吉郎/羽柴秀吉【織田信長の家臣】の悠真 倫さんは、熱演で、落ち着きが無く、喜怒哀楽の激しい所が如何にも猿らしく~圧倒的な演技で熱演され~さすがでした!

 

 

黒田官兵衛を演じた天寿光希さんは…半兵衛様を尊敬する気持ちに溢れて居ましたが、途中半兵衛に逆らう激しさも観れ~しかし半兵衛が亡くなり残念がる姿には、強い絆と友情が感じられて~息子・松寿が帰ってきた時の半兵衛への感謝の気持ちは、如何ばかりだったかと感動で、このシーンも涙!涙!でした!

 

 

織田信長を演じた麻央侑希さんは…役が役だけに強い天下人を演じてちょっと見直しましたが、それほどの荒々しさは感じられなかった様な気がします。

 

 

いねを演じた真彩希帆さんは、歌が抜群に上手く、綺麗な声で~妻としても良妻を感じましたが、さすがあの今生の別れのシーンは辛そうでしたね~!

 

濃姫(音波みのり)とのやり取りも軍師半兵衛との約束をも盛らなければ~と言う決死さが感じられて良かった!

 

織田信長の正室・濃姫を演じた音波みのりさんは、気品と信長の妻と言う貫録を感じました。

いねが自分が生んだ娘だったと、初めて知る場面では目が潤んで居たようで親子の情を感じました。

 

竹中半兵衛の幼馴染・三郎太を演じた天華えまさんは、子供ながらに半兵衛の傍にいて守りたい気持ちが現れ~健気な少年で既に武将としての気持ちを備えていたが、最後は哀れでしたね~!

 

 

竹中半兵衛に関しては色々観ていますので、過去の感想ですが良かったら見て下さい。

 

星組・バウ「燃ゆる風」千秋楽の映像を観ました。

星組バウ『燃ゆる風~」のナウオンを観ました。


竹中半兵衛(山本耕史)と黒田官兵衛(高橋克典)


二人の軍士の山本耕史さん。


山本耕史さんの竹中半兵衛

礼真琴さん情報です

YAHOOニュースより

柚希さん情報です。

くらし・ウーマンエキサイトより

礼真琴さん阿弖流為フォト

神戸新聞よりスターフォト…こちら

デイリー・スポーツより礼真琴さんの阿弖流為フォト5枚が観れます…こちら

礼真琴さん主演のバウ「かもめ」を初めて最後まで通して観ました。

礼真琴さん主演のバウ「かもめ」を初めて最後まで通して観ました。

 

ロシアの文豪チェーホフの「かもめ」を舞台化した作品らしいですが、これまで原作も公式の作品詳細も読んで居なかったので、観終わって観れば何と愛する人には愛されず~皆が不幸な結果に、驚きましたが、


チェーホフの「かもめ」のウィキペディアを見れば、チェーホフの4大戯曲とも言われているとか~なるほど~そうだったのか~やっぱりな~と言う思いを強くしました。

 

 

礼真琴さん扮するコンスタンチン・ガヴリーロヴィチ・トレープレフ=作家志望の青年、コスチャは、女優を目指す少女ニーナ(城妃 美伶)を強く愛し、一緒に舞台を作ろうと夢見て居たのに~

 

 

釣り三昧で脚本も書かずにいたコスチャ(礼真琴)に愛想尽かしをしたニーナは、コスチャ―の母で大女優アルカージナ(音花 ゆり)の愛人トリゴーリン(天寿光希)を好きになってしまって~その後色々あった様ですが、ニーナは女優になり、でもトリゴーリンからは相手にされなくなって~

 

 

ある嵐の日に湖畔のコスチャの居る屋敷にニーナは戻って来て、ニーナに相手にされなくなったコスチャではあったがニーナを暖かく迎え~、

 

しかしニーナは、トリゴーリン(天寿光希)をまだ愛して居ると告げ、帰って行くのでした。ストーリーを知らずに観ていたので観ている方もびっくりでしたが、

 

 

コスチャはすっかり自分の所に戻って来たとばかり思っていたらしく、驚きと落胆で目を見開いたまま動こうともせず~

 

しばらくたってからドン!という音がして、皆がゲームを楽しんでいる時だったので一瞬みんな驚いていたが、エーテルの入ったビンが破裂したとドールン(鶴見舞夕)は説明していたが、何とトレープレフ(礼真琴)は自分で銃で自殺したのだと言う。

コスチャは心の奥底ではまだニーナを愛して居たんでしょうね!一筋の光も失い失望したのでしょう!

 

コスチャ(礼真琴)とニーナ(城妃 美伶)の恋も最悪な結果となっただけではなく、マーシャ(音波 みのり)とメドヴェジェンコ瀬央 ゆりあ)もお互いに意見が合わない様でしたが、結婚して子供が居て~瀬央さんはマーシャ(音波みのり)が好きなのに、マーシャ(音波みのり)はコスチャ(礼真琴)が好きで、何時もコスチャの傍に居たくて~家へ帰らず、瀬央さんはいつも子供がかわいそうだから早く家へ帰ろうよと言ってて~惨めな男を演じていました。

 

 

と言う事で誰一人愛する人に愛されないと言う究極の悲劇でした。

 

 

でも、琴ちゃんを初め、音花 ゆりさん美城れんさん・天寿さん等が皆さん歌の上手い方ばかりで、驚きました。

 

琴ちゃんの色んな顔が観れましたが、お芝居も自然で上手かったですよ~!それだけでも見た甲斐がありましたヽ(^o^)丿

瀬央さんは優しい男がぴったりでしたが、あれじゃ余りにも惨めすぎるわ~(-.-)

 

千秋楽の琴ちゃんの挨拶は、「本当に難しい作品ですが、お稽古場からもの凄く充実して毎日が楽しくて~これがお客様に伝わるのかと初日が開くまで不安な気持ちでいっぱいでしたが、毎日お客様に足を運んで頂き、暖かい拍手を頂き、本当に幸せな気持ちでいっぱいです。20人と言う少ない人数でしたが、あっという間の10日間で~短い期間でしたが、中味はすごく詰まって居て、一生の財産になりましたetc~」とご挨拶されていました。

 

 

アンコールでは、幸せで、終わってしまいたくない気持ちだったそうですが、この作品に出会って本当に幸せだったそうです。


涙声だったのに次はと言いかけて笑ってしまって~どうやら次は歌とダンスがいっぱいだから自然と笑みがこぼれたのでしょう!正直な琴ちゃん!

 

琴ちゃんはバウホールで挨拶するのは、音楽学校以来と言ってましたが、落ち着いてしっかりしたご挨拶でした!




皆さんに囲まれて幸せそうな琴ちゃんの挨拶でした。

お昼寝の時間を返上して観たので眠いですが、今晩「阿弖流為」のナウオンもあるので、しっかり見ようと思います。


礼真琴さん情報です。

スポニチより

月組『All for One』初日レビューレポート掲載

公式にて
宝塚大劇場月組『All for One』初日レビューレポート掲載されています…こちら

花組「ME AND MY GIRL」ぽっぷあっぷを観て

花組「ME AND MY GIRL」のぽっぷあっぷを観ました。

 

先日、花組「ME AND MY GIRL」をリンクでお知らせしたばかりでしたが、その後、最後まで観ていたので、少し書くとすれば、ビルもサリーもお互いに想う気持ちがぶれずに一本気を感じたし~下町育ちの品の悪さから~上流社会へ~が自然で良かった!

又、マリア侯爵夫人が常に凛とした姿で~如何にも侯爵夫人らしく威厳や品の良さを感じて良かった!パーチェスターさんが以前と変わって居た事等を感じた舞台でしたが、

 

 

今回録画した花組ぽっぷあっぷを観て、パーチェスターやビルのお芝居が毎日変わって居る事や、好きな曲は?とか話していて、良く分かり面白かった!

 

 

又この公演が最後の舞台だったPちゃんに対しては、マイティーは寂しいと言って涙を流して居たり~皆の言葉が暖かくて~優しくて嬉しかった!

 

でも以前にもこのぽっぷあっぷ観て感想を書いて居たな~と思って探したらありました。同じこと書いてあったようで~( ◠‿◠ )

 

花組ミーマイ・ポップアップタイムにPちゃん他

花組『ハンナのお花屋さん~」制作発表会

花組 TBS赤坂ACTシアター公演『ハンナのお花屋さん —Hannas Florist—』制作発表会の様子が載っています…こちら

 

スカイステージのニュースで放送されているのに公式のHPニュースにアップされてないので、変だな~と思っていましたが、やっと載りましたね!


ポスターも素的ですね…こちら

植田景子先生・明日海りおさん・仙名彩世さんのコメントが載っています。

 

 

みりおちゃん自然体で素的ですね!

 

 

仙名さん可愛い~!

 

星組「宝塚巴里祭2016 」を観ました。

'16年・ホテル阪急インターナショナルで行われた「宝塚巴里祭2016 」を観ました。

 

星組の紅ゆずるさんを中心に七海ひろき、天寿光希、音波みのり、愛水せれ奈、夢妃杏瑠、十碧れいや、天華えま、小桜ほのかさん等、人気の生徒さんが顔を揃えて~の舞台でしたが、

 

舞台が始まる前のトークから観ていて、皆さんが紅さんと一緒に出られることがほんとに幸せでいっぱいの様子で話されてて暖かい雰囲気を感じましたが、中でも小桜ほのかちゃんの紅さんに対する言葉が熱くて~笑いに包まれていました。

 

 

曲名は分からなかったがパリの歌や、ベルサイユのばらメドレーなど沢山唄って下さって~又紅さんは西城秀樹の♪傷だらけのローラ等~懐かしい曲も唄われて~歌は上手いと言うほどでもないが熱く唄われて~良かったですよ!

 

MCではベルばらに出た人とか、どんな役をされたとか~の話をされて~七海さんがベルばらで、オスカルとジュローデルとアランをされた話にびっくりしたり~一人ベルばらが出来るね!とかはなしていてさすが~と思ったり~

 

 

どんな夏休みを過ごしたか?では、皆の事が沢山聞けましたが、宿題を先にやってしまう人や後でやる人など色々で楽しく聞かせて頂きました。

 

丁度お昼寝の時間だった事もあり、途中うとうとしながら聞いたり~していて~至福の一時でしたヽ(^o^)丿

 

 

以前にも観ていて少し詳しく感想を載せていますので良かったら見て下さい…こちら

 

 

「スターの歴史展 花組編」開催

公式よりお知らせ
宝塚歌劇の殿堂 第10回企画展「スターの歴史展 花組編」開催について(追)…こちら

宙組 『神々の土地』他、朝夏まなと メモリアル

公式に

宙組 『神々の土地』『クラシカル ビジュー』 朝夏まなと メモリアルが公開されています…こちら

宙組 『神々の土地』新人公演・その他の配役

公式より
宙組 『神々の土地』『クラシカル ビジュー』新人公演・その他の配役決定…こちら

珠城りょうさん主演の「Bandito~」は

過去の感想ですが良かったら見て下さい。珠城さんは好きですが、残念ながら作品については、ネガティブです。



珠城りょうさん。情報です

日刊スポーツ・紙面より


早霧さん主演、雪組「哀しみのコルドバ」をリンクで

過去の感想ですが良かったら見て下さい。


星組「阿弖流為」稽古場風景を観ました。

星組・梅田芸術劇場・シアタードラマ公演「阿弖流為」稽古場風景を観ました。

 

初っ端から琴ちゃんの男声とすごい迫力で踊るみんなのエネルギーが炸裂して~迫力ありますね~!さすが琴ちゃん率いる男組ですね~!

 

「おれはあの人が好きだった~道しるべとなす人は他にいない~」と一人鮮麻呂様を偲ぶ~阿弖流為。

 

 

「朝廷軍の手薄な内に、新たな城を築かれる前に、私はこの手で紀広純(輝咲 玲央)の首を取る。」と鮮麻呂(壱城 あずさ)

 

「刀を持たずに追って来るとは~如何にも蝦夷よ」と言う飛良手【胆沢の長に仕える蝦夷】(天華 えま)

 

「俺の心は定まった!俺は鮮麻呂殿と共に戦いを挑む」と阿弖流為。

 

「佳奈殿(有沙 瞳)か!確かにお出でになられたとは聞いたが…」

 

「策も既に引いたが~」と母礼(綾 凰華)【黒石の蝦夷の長の跡継ぎ】

「策も~?」

「我らの役目は兵を外におびき出すだけだ!」と母礼(綾 凰華)

 

「我々蝦夷が立ち上がる時だ~!」琴ちゃんのドスの利いた低い声がすごい!

 

 

(蝦夷軍と朝廷軍との戦いのシーンは、怪我をしないかとハラハラするが、それくらい激しく戦って居ますね!)

 

 

蝦夷が烏合の衆(規律も統制も無い群衆)を持ってると言う、朝廷軍はさず肝を冷やす事だろうよ!」と

 

「やはり都は移さなくてはならぬ」と桓武天皇[かんむてんのう]【第五十代天皇】の万里 柚美さん。(男役ですよ)

 

この後、紀古佐美[きのこさみ]【蝦夷討伐を目論む朝廷の高官】夏樹 れいと、阿弖流為(礼真琴)との激しい一騎打ち!

 

「長となるべきはお前だ~!」と母礼。(阿弖流為は最初積極的に上に立とうとは思って居なかったが、信頼厚く~皆に推されて~)

 

都で何か企てをするつもりならば容赦はせぬぞ!」と坂上田村麻呂(瀬央 ゆりあ)【朝廷の威信を懸け立ちはだかる智将】

 


佳奈!俺では不足か?」と阿弖流為。


「私はもう女であることを捨てようと思った!」と佳奈(有紗瞳)【阿弖流為の盟友 母礼の妹】(戦いに明け暮れる阿弖流為たちは、好きな女も構っている居る状況では無く~寂しかったんでしょうね)

 

阿弖流為と佳奈が二人で唄う~ほっこりの場面。


 

帝より“節刀”が下された。(天皇が将軍や遣唐使の長官に授けた刀。天皇の権限を代行する意味を持つ)

「なれば武人として取るべき道は一つしかない。」と田村麻呂

 

いよいよ朝廷軍の攻めが始まる踊り(少しづつ片膝で進むシーンがカッコいい!)


センターの田村麻呂の瀬央さんも素的だろうな~!


過って鮮麻呂様(壱城あずさ)が全うされた役割を誰かが果たさなくては~!」と阿弖流為(礼真琴)。

 

阿弖流為(礼真琴)のソロダンス(カッコいいだろうな~!)


すごいね~琴ちゃん唄って踊ってお芝居して~ヽ(^o^)丿

 

最後、瀬央さんの肩に腕を乗せて嬉しそうな琴ちゃん!( ◠‿◠ )早くも絶頂期だわね~!

 

待ってましたのお稽古風景だったけど~阿弖流為の男らしい生き様がいよいよ観れますね!楽しみ~!ヽ(^o^)丿

 

主な配役は…こちら

             

月組「PUCK」は、過去の感想をリンクで

昨日放送された月組「PUCK」は、劇場でも何度か観ていますし、感想も書いていますので、過去の感想で良ろしければ見て下さい。

 

 

昨日月組「PUCK」を観てきました。(20141127日)

 

 

月組の「PUCK」2度目を観てきました20141212日 )

 

 

月組「PUCK」ナウオンを観ました。(201410 6日)

 

 

月組「PUCK」新人公演の映像を観ました。20163 2日)


 

すごい変身!龍真咲さん!

★(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース より
★アーティストニュース・レポートより

早霧せいな・咲妃みゆ Part2

キャトルでトークPart2は早霧せいなさんと、咲妃みゆさんです。

 

お互いの一番の思い出?…二人でやった中での一番の思い出だそうです。

トップコンビと言うのはオンもオフも常に一緒なので、その中で舞台やオフに付いて、毎日あそこがどうだったとか~反省し合うのが一番の思い出の様でした。

 

 

ゆうみちゃんは、毎日沢山有り過ぎて~覚えてないそうですが、初日の舞台始まる前に、ちぎちゃんがふら~といらっしゃって下さって~力強い握手をして下さったとか~その時のちぎちゃんのアクションが面白いですね~!

 

 

初日に握手して下さるって初めてだったそうで、嬉しかったんだそうですが、ちぎちゃんは全然覚えて居なくて~暇つぶしだったなんてひどいよね~!もちろんふざけての様でしたが、ゆうみちゃんは、笑いながら悔しそうでした。

 

 

雪組自慢…暖かいし~雪組はみんながみんなの事を考えているそうで、言葉だけじゃなくて行動で支え合ってる所が素的だなと思うし~上級生下級生関係なく、その子の初日から千秋楽までみんなが見守っているんだそうです。

 

だから一人じゃないと言う安心感があり~心強さを感じるし、空間・環境・空気感として自然に生まれてるそうです。

 

ゆうみちゃん…お稽古も皆さんが寸暇を惜しんでなさるので、お稽古しようよ!と言う空気が心地いいし~雪組のステータスだそうです。

 

ちぎちゃんは、一つの話題をみんなで共有するそうで、面白い事や変な事が起こった時も陰でコソコソじゃなくていい意味で、わ~と広がるので、舞台を通じてもお客様に伝わっているんじゃないかと、舞台上も楽屋も良い空気感があって~充実しているそうです。

 

お互いにプレゼントを贈るなら~ちぎさんは空気のプレゼントとか言ってましたが、ゆうみちゃんはその空気を食べるふりしてて~

 

ゆうみちゃんは、ちぎさんにプレゼントですか~?と言ってましたが、ちぎちゃんに寄れば今までいっぱい貰ってるそうです。

 

ゆうみちゃんは、準備段階は楽しかったそうですが、ちぎちゃんが一番気に入ってるのは、ストレッチポールを入れる長いカバーを作って下さったそうで、良く使っているそうでゆうみちゃんは使って貰えてて嬉しいと。

 

 

ぱさぱさしたクッキーを手作りしてプレゼントしたいと言ってました。

 

キャトルレーブで何かを買って欲しいと言うスタッフさんからの願いだそうで~次回はキャトルでデートでお買い物風景の様ですよ!

 

お二人のちょっと噛み合わない面白さを感じながらも仲良しぶりが感じられて素的なお二人が観れました!




瀬奈じゅんさん主演の「グレート・ギャッツビー」の感想は、

昨日は、WOWOWを観ていたので、ギャッツビーは観れてないのですが、過去の感想で良かったら見て下さい。

 

 

日生月組を観てきました。20089 6日)(最初に観た時の感想です)

 

 

日生「グレート・ギャッツビー」を観て2008年9月16日)(2度目の感想です

 

北翔さん情報です。

カンパネラ・トピックスより

 

愚痴っていても何も始まらない 元宝塚歌劇団星組トップスター・北翔海莉

どんな環境でも自分を成長させる、“北翔流”思考法

 

すごいな~!みっちゃん!最終的には「世のため人のため・北翔海莉」だそうですよ!

 

親の背中を見ての様ですが~

 

大きな夢だけど公表してこそ頑張れると言う事もあるからね!

 

“なせばなる なさねばならぬ 何事も~なさぬは人のなさぬ成りけり”

 

北翔さん主演の「宝塚巴里祭2012」を観ました。

「宝塚巴里祭2012」を観ました。

久しぶりに録画してあった北翔海莉さんが主演の「宝塚巴里祭2012」をお昼寝を返上して今観終わった所です。

 

出演は出演者は、専科の北翔海莉を中心に、宙組の花音舞・夢莉みこ・星吹彩翔・風馬翔・桜木みなと・彩花まり・和希そら・瀬戸花まりの9人でした。

 

何度か観たパリ祭ですが、女役に扮したり習われたフラメンコをたっぷり踊られるなど、みっちゃんの多才ぶりと、最後は宴会芸まで見せて下さって~お客様へのサービス精神が旺盛で~さすがでした!

 

懐かしいシャンソンの曲もたっぷり楽しませて頂きましたが中でも黒い革ジャンにソフト帽をかぶって~客席周りをしたり素的な北翔さんが見れました。

 

書こうと思っていたことが全て過去の感想に書いてありましたので、良かったら見て下さい。

「宝塚巴里祭2012」を観るのは2度目です。(2014年7月13日)

ニュースにちぎちゃんとゆうみちゃんのトーク。

キャトルでトーは、ちぎちゃん(早霧せいな)と、ゆうみちゃん(咲妃みゆ)

 

最初のカードで「卒業してから一緒にやりたい事は?」と聞かれ、即答で「ないです。」と答えて居たちぎちゃんですが、

 

でも、二人でお茶するのが夢だとか~二人で気軽に話せる間柄に成ったら嬉しいそうですよ!徒歩圏内とは言ってましたが、

そうか~嬉しいこと言ってくれますね~!

 

次のカードの質問は?…コンビを組んだ作品で一番のお気に入りは?

ゆうみちゃん…思い入れはありますが、お気に入りの作品は一つもないそうです。

思い入れのある作品は再演をさせて頂いた「星逢一夜」だそうで、心を砕いて取り組んだ作品ですので~と答えていましたね。

 

ちぎちゃんは、好きな作品と自分がやったうえでの感想とはまた違って~劇場が違うと比べられないし~おもいだすと「ローマの休日」が生み出す苦労があったり~公演期間が長くて半年回ったと言う事もあるし、退団を意識した上での作品だったからこそなのか?

 

 

星逢一夜で泉を演じた咲妃みゆちゃんについて…ちぎちゃんは、子供時代から30年間を演じる説得力があったと褒めていましたね!

 

ゆうみちゃんは、ちぎさんの役は沢山有り過ぎて~変幻自在なので~と選ぶの大変そうでしたが、

 

結局、ケイレブ~を選んでいましたが、正塚先生がちぎさんをイメージして本を書かれたので、納得がいくほど役とちぎさんご自身がリンクし過ぎずリンクしていたそうで~ちぎさんは、舞台に立って居ても、とてもリラックスしていて~力が抜けている状態で~

こういう日が訪れる日が来るんだ~と言う事を実感したそうです。

 

 

下級生時代は男役になるんだ~とか男なんだ~と気張って居たけど、それが時を経て、ほんとに肩の力が抜ける瞬間が舞台上であるんだ~と言う、正塚先生がそう導いて下さったからなのでしょうけど~楽しかったそうです!

 

 

相手役さんと二人で、出演した過去の作品に付いて真面目に語り合っていて、苦労を共にしてきた二人だからこその本音が聞けて素敵なトークでしたヽ(^o^)丿

 

 

 

Part2へ続くそうです。

 

NHK BSプレミアムでの宝塚歌劇・8月放送のお知らせ

公式より~NHK BSプレミアムでの宝塚歌劇公演8月放送のお知らせです。

 

NHK BSプレミアムにおいて「宝塚歌劇雪組公演」の下記作品が8月に放送されますのでお知らせ致します。  

 

◆宝塚歌劇 雪組公演

『星逢一夜』『La Esmeralda』(2015年)

出演:早霧 せいな、咲妃 みゆ ほか

 

 

放送日:201788日(火) 午前0:453:25 ※87日(月)深夜

放送チャンネル:NHK BSプレミアム

 

 

番組に関するお問合せ先

NHK大阪放送局内 視聴者ふれあいセンター TEL06-6949-5500

応対時間(月~金 9:0021:00/土日祝日 9:0020:00)  




雪組『ひかりふる路~」ポスターが

雪組『ひかりふる路(みち) 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』『SUPER VOYAGER!』ポスターがアップされて居ます…こちら
お~!だいもんカッコいいね!

NHK「ダウントン・アビー」「誠意の告白」を観て

NHK「ダウントン・アビー」「誠意の告白」を観て…前回イーディスは不幸のどん底?かに見えたが、バーティーさんは、再び求婚して、それならあの時、もっと違う別れ方があったでしょうに!と思った。でもきっと最終回までには~結ばれると予想していたが、再会出来たのは、何とメアリーの計らいだったとは~(@_@)



イーディスは折角婚約発表の日を迎えたのに~パーティ・プラムさんがローズマリーの事を母親にはずっと内緒にしておくと言っていたことが嫌だったようで、婚約を発表する前に母親と二人になって居ましたが、きっとローズマリーの事を話したのでしょうね!

きっと最終回に向けて上手く行くと思っていますよ( ◠‿◠ )

 

 

メアリーと結婚したヘンリーは、レーサーを辞め何か仕事をしなくては~と思っていて~トムと相談してダウントンを支えるための事を始めるのでは?と思いましたわ。

 

バローさんはアンナやバクスターさんのお蔭ですっかり体調を取り戻したようで良かったですね~!就職先も決まってお屋敷を離れる事になって、皆さんとお別れの握手をしたりしていて、何だかぐっ!と来てしまった!

 

 

デイジーは下僕のアンディーが気がありそうで話しかけても素っ気ない態度で~すっかり諦めたアンディが、メイソンさん宅で手伝いをしていて、メイソンさんは、貴重なボランティアのアンディが気に入った様で、デイジーに「この辺りで手を打ちな!」とか言ってましたが、ディジーはどう出るのでしょう?

 

 

それにしてもカーソンさんは、手が震えて途中から執事の仕事をモールズリーさんに変わって貰ったのに~、モールズリーさんの親切な言葉も無視してしまって~お屋敷に迷惑がかかるだろうに、何を強がり言ってるのだろうと思いましたね~!

 

 

マシューの母・イザベル様は、マートン卿から悪性の貧血と聞いて、自分の気持ちがはっきりし、色々してやりたい気持ちだったようだけど、娘に相手にされず~バイオレット様が見るに見かねて助けに出るようだけど~どうなるのでしょう?

 

 

何がどうなってもあと一回で最終回だから~きっと最後はみんな納得のいくラストになる事と期待していますよ!



礼真琴さんの活躍が嬉しい!

昨日も今日も、星組の『THE ENTERTAINER!』と、WOWOWで録画しておいた「Amoreそれは・・・」を見ましたが、みっちゃんのエンターティナーぶりと、琴ちゃんがすでに男役さんの中心で踊って居たり~歌にダンスにすごい活躍されてて頼もしい限りで~何度見ても飽きない舞台ですわ!

 

 

それにしてもあのみっちゃんのミッチェルの106歳ジョンソン先生には驚きですね~!



お爺さんらしく、ずっと手と足を震わせていて~話し方もおじいさんぽくて~又言ってる内容も面白くて~( ◠‿◠ )

 

あの結構長いアドリブの様なシーンを106回やったそうで、全部まとめたら4時間くらいになるとか~それ纏めてDVDで観たかったな~!ヽ(^o^)丿

 

又ミッチェルの先生役で琴ちゃんが北翔さんと一緒にスパニッシュを踊っているけど~北翔さんと踊って居ても引けを取らない琴ちゃんがすごい!

 

唄って~踊って~男役さんを引っ張って~すごい活躍をされてて~観ているだけで幸せな気持ちでいっぱいでしたヽ(^o^)丿

 

今度は阿弖流為で瀬央さんと一緒の舞台で嬉しい!

 

これからの舞台に果てしない夢が広がります!

 

月組公演 『All for One』 人物相関図

公式に月組 『All for One』人物相関図がアップされて居ます…こちら

月組 『All for One』新人公演・その他の配役決定

公式に、月組 『All for One』新人公演・その他の配役が掲載されています…こちら

明日海りおさん主演「ME AND MY GIRL」の感想をリンクで~

明日実りおさん主演・花組「ME AND MY GIRL」が今晩放送されます。

 

この公演は役替わりだったので私も何度か劇場に足を運んで観ていますので、過去の感想で良かったら見て下さい。↓最後に、公式のフォトギャラリーにもリンクしています。

 

花組「ミーマイ~」Bパターンを観てきました。(2016630日)

 

花組「ME AND MY GIRL」2度目を観てきました。2016712日)


花組「ME AND MY GIRL」3度目観てきました2016729日)


花組「ME AND MY GIRL」千秋楽の映像を観て。20168 2日)

 

花組ミーマイ大劇場・千秋楽の様子です。20166 7日)

 

花組『ME AND MY GIRL』フォトギャラリーが観れます。(20165 9日)

朝夏まなとさんと望海風斗さんのトークデラックスを観て。

朝夏まなとさんと望海風斗さんのトークデラックスを観て。

 

朝夏さんが望海さんをリクェストされた理由は、まぁ様が望海さんのブリドリに出演したり、紙面でも色々とご一緒だったので~でした。

 

下級生時代の事から始まり~花組時代の懐かしい話に花を咲かせながらも、今当時を振り返ると怖かったり~厳しかった事が全て愛だったんだと気付いたとか~成長した姿が見れましたが、二人はお互いに話せる人が居て良かったと( ◠‿◠ )

 

又お披露目の舞台を観て大泣きした事等、お互いの存在を身内の様に感じて居られたり~ずっとまぁ様の後を追いかけてきただいもんさんは、役創りに付いて、まぁ様の話を真剣に聞き~とても感心し~勉強になった様子でした。

 

出会いは音楽学校で、だいもん君は委員をされてたことで目立つ予科生だったとか~一方まぁ様は隠れ本科生でミステリアスな本科生だったとか~だいもんさんは、文化祭でピアノと洋舞で、本科生になるとこんな事も出来るのかと思って見ていたそうですが、因みにだいもんさんたちは、三味線と日舞だったそうです。( ◠‿◠ )

 

二人のプロフィールが紹介されていましたが、

 

花組時代濃い絡みは花組へ行ってからだったそうで、だいもんさんは、一こ上を観て学ばせてもらったと言う。

まぁ様は、だいもんさんの事を何でもできるし、舞台人としてすごいな~と思っていて、羨ましくもあったそうです。

 

「くらわんか」でも勉強になったし、ショーのパンドラも嬉しかったとか~下級生の頃から夢を語り合っていたそうですが、お互いにそう言う事を話せる相手が居て良かったと振り返って居ました。

 

「蒼いくちづけ」では小池先生の話だったり、鳳真由さんの名前も出てきていましたが、下級生の頃一緒だった人たちは、辞めても、組が違っても会えばすぐに当時の感覚に戻れるそうで、離れていたからこそ、偶に会うと変わらない部分があったり~懐かしくかんじたりで良いらしい。

 

思い出の舞台は、二人共口をそろえて「BUND/NEON上海」で、生田先生もデビューでみんな若かった!と、熱っぽく異口同音で話していましたが、その時「タカラヅカ・スペシャル」に出させて頂いた事が意外と気分転換になったそうです。

 

続いて「コードヒーロー」の時、ポスターの事を言われて悔しい思いをした事や、エネルギーが必要だった事等、今この立場に成って分かることは、あの頃は先生方も色々種をまいて居て下さっていたんだな~とかその時は、怖くて厳しく思えた事も全部愛だったんだな~と振返られていました。

 

 

CANON!!」で、蘭寿さんと朝夏さんと望海さんの3人が3角形になってるシーンを写真に撮り、メールで送ったとか、「EXCITER!!」で3人で銀橋を渡った時の事等を熱く語って居ましたが、私もあのシーンは何度も観ていました。

 

 

まぁ様は印象に残っている事に付いて、10周年の時に特別番組で真琴つばささんと一緒に司会をされた事を上げられ~、

 

まぁ様は、一番楽しかったことは、半年間させて頂いた「Brillianto Dreamus」でダンスの好きな人たちとチームを組んでやった時の事を上げられていましたが、一日で振り起しをして~一日で撮影まですると言う過酷な番組だったそうですが、まぁ様自身色んなダンスに挑戦出来たり、見て下さった方が下級生を見るきっかけに成ったりで嬉しかったそうで、今思えばやって良かった番組だそうです。

 

出演してみたい番組では組の人全員で卒業旅行をやって欲しいと、早くもおねだりされていましたね。

 

 

 

キーワードトークではスカイフェアリーズを経験し、活舌やイントネーション・など良い経験をさせてもらったと話す二人。でも何年か前を振り返る番組があったそうですが、観て居られないと仰っていました( ◠‿◠ )

 

 

癒しグッズ…クラフトホリックに嵌った話。ファンの方がスリッパとかすごいのを作って下さるとか。

 

トップスターに就任しただいもんさんは、まぁ様に拍手をもらってましたが、いきなり「なんで辞めちゃうんですか?」ここからのだいもんの声がちょっと怪しい。

だいもんさんは、分かんないことが有ったら何でも相談してねと言われたそうで、お祝いに電動ブラシを貰ったとか、

 

まぁ様は、トップさんになると何が違うかって、覚える分量だそうで、自分をケアすることを忘れちゃうから~と電動ブラシを選んだそうです。

 

だいもんさんは、羽二重で頭が疲れた時に、しながら出来るのでメッチャ良いと言ってました。

 

まぁ様は「Top Hat」の初日に来てくれた時は、すごく嬉しかったし安心したそうで、「王家に」の時は、開演前は笑顔だったのに終わってきただいもんさんは、体中の水分が抜けた様な顔だったそうで、だいもんさんは、自分が何か叶えられたような~身内感覚で嬉しかったとか~会った瞬間に決壊したそうです!どんな顔をしていたんでしょう( ◠‿◠ )

 

 

その時のだいもんの写真を観ると、頑張ろうと言う気持ちになると言うまぁ様でした。

 

だいもんさんのお披露目の時のまぁ様が観てみたいですね( ◠‿◠ )

 

ここからはまぁ様に質問で、

台本を貰って、初日までにどのように役を完成させていくのですか?…初日までに出来る事はすべてやり完成させる。その後又色々やって見て完成度を上げていく。他者との絡みが何処にピークがあるか?どこにピークを持って行ったら良いのか分析はするそうで、だんだん分かるようになると仰っていました。

最終的には演出家目線で見るのが楽しくなったし、小池先生の気持ちが大体分かるようになったそうです。

 

なるほどと思いながら聞き入りましたが、すごいですね~!さすがです!

 

だいもんさんも、小池先生に「作品の中のピークを見つけなさい」と言われたとか、

 

だいもん君はまぁ様の話を真剣に聞き、勉強になったようでした。

 

 

ONOFの切り替えは、どのようにしていますか?…トップになる直前が一番忙しかったような気がするそうです。みんな同じなんだ~と思うこと。どうせやるのなら楽しくやろうぜと言う事だそうです。

 

まぁ様は、最初は前を走って行ってるからきずかない事もいっぱいあったけど、皆が支えてくれて~と。

 

振返りながらもお互いが今いる立場で話し合えて、とても実りあるトークだったようです!

 

ゆくゆくは二人共卒業したらゆっくり旅行にでも行きましょうと、早くも先の事を約束されたり~舞台の事だけじゃなく色々聞かせてもらって~お二人の姉妹の様な仲良しぶりが感じられて楽しかったです!

 

 

 

宙組 次期トップスター、トップ娘役について

公式よりお知らせです。

 

宙組 次期トップスター、トップ娘役について。

 

この度、宙組 次期トップスターに真風 涼帆、次期トップ娘役に星風 まどかが決定しましたのでお知らせいたします。

 

なお、真風 涼帆、星風 まどかの新トップコンビとしてのお披露目公演は、2018112日に初日を迎える宙組東京国際フォーラム ホールC公演(演目未定)となります。



芹香さんは、みりおちゃんが辞めたら次トップかと思っていたが、まさか真風さんの下になるとはね~びっくりだわ!(@_@) この人事ってみんな納得できるのかな~?

 

個人的にはききちゃん可愛そう!


組替え~芹香斗亜さん宙組ですって!

公式より、出ましたね~組替えについて

 

芹香斗亜さん宙組ですって!(@_@)星から花へ花から宙へか~(-.-)みりおちゃんが辞めたらききちゃんトップかと思っていたのに~

 

詳しくはこちら


綾 凰華さんは「阿弖流為」終わって翌日雪組へ組替えなんですね。

組替えするならこのくらいの時期が良いですね。


ニュースに琴ちゃんとせおっちの、阿弖流為ゆかりの地を訪ねて(写真がいっぱい)

ニュースで「阿弖流為」で主演の阿弖流為を演じる琴ちゃんと、坂上田村麻呂を演じる瀬央さんの二人が、阿弖流為のゆかりの地を訪ねて~を観ました。

 


今回の舞台で敵同士になる琴ちゃんと、せおっちさんですが、カッコ良い二人の仲良しぶりが観れて個人的には最高に豪華な番組でした!

 

清水寺に阿弖流為と母礼の二人の碑が祀られている地を訪ね~なぜその地に創られたか?や経緯、又田村麻呂との関係など~学芸員の坂井さんという方から詳しいお話を聞いていましたが、田村麻呂が身長180センチで、胸の暑さが38センチもある人だった事や、性格も穏健で~等を聞いてびっくりしました(@_@)

 

 

最後、田丸麻呂は阿弖流為と母礼を、東北一派の為になる人材だから命だけは~と朝廷に進言したそうですが(先日記事で書いたばかりですが)それは叶わず、田丸麻呂にとっては如何に残念だったろう~と説明されていました。

 

 

ご自分の邸宅を提供して作られたという田丸堂に向かい合うようにして作られている事等が聞けました。

 

二人は、ここでしか聞けない貴重なお話を聞いて~

 

琴ちゃんは…実際にお話を聞いてから役に挑むことが初めてだったので、より思いを深く深く掘り下げてアテルイの人物像を皆様にお届けしたいとか。

 

又瀬央さんも、貴重な経験と貴重なお話を聞かせて頂いて空気を感じて、これを活かして~同期ならではの~

 

 

琴ちゃんも同期と言う言葉に反応して「そこなんですよ~!と仰って~敵同士だったのに、男同士の友情・信頼関係で二人はずっと一緒にいて、びっくりするくらい一緒にいるそうで、二人にしか出せない空気感を出していきたいと。

 

 

大阪の片埜神社を訪れ~阿弖流為にどのような関りがあるのか~とか、

牧野公園を訪れ、首が祀られて居る墓に献花し真剣にお祈りする姿も見れましたが、


途中、お茶屋さんで琴ちゃんはこういう所でお団子を頂くのが夢だったそうで、二人は美味しそうに茶団子を賞味され~幸せそうでした( ◠‿◠ )


又お守りなども選んで買ってたり~旅の途中を楽しんでいました。



琴ちゃんは…阿弖流為様の生き様・男らしさを命を懸けて演じて参りたいと思い、どうか力を貸してください~とお参りされていました。

 

瀬央さんは…アテルイ公と田丸麻呂様の信頼関係をより濃く感じて演じたいと思いますとお参りされていました。

 

お二人は阿弖流為や田丸麻呂様の貴重なお話を聞き、とても勉強になったそうで、日本人として演じられる喜びを感じながら同期にしか出せない男の友情や、男らしさをしっかりとお見せできるよう頑張りたいと仰っていました。

 

 

琴ちゃんもせおっちも、大好きな私にとっては、二人の絡みや友情などが観れる舞台は、この上ない幸せな舞台で、今後も応援していきたいですヽ(^o^)丿


小さな写真をクリックすると大きな写真が見れます↓

Cimg3527  Cimg3528  Cimg3529  Cimg3532

Cimg3532_2   Cimg3534  Cimg3535  Cimg3536

Cimg3537  Cimg3538  Cimg3540  Cimg3542

Cimg3543  Cimg3544  Cimg3545_2  Cimg3546

Cimg3548  Cimg3549

 

十碧 れいやさんと十輝いりすさんの「素敵💎夢のひととき」は

今回の「素敵💎夢のひととき」は、星組の十碧 れいやさんが、現役時代大変お世話になった十輝いりすさんをお招きして、十輝さんの大好きな紅茶でおもてなしをしたいと言う番組でしたが、お二人が仲良くなったきっかけや、その後上下の枠を超えて尊敬し合う姿が観れて、とても暖かくお二人の人としての優しさや心の広さを感じた素的な時間でした!

 

 

十輝さんは、れなちゃん(十碧 れいや)とは、現役の時仲良くしてもらっていてまさかお招きして頂けると思って居なかったので、すごく嬉しい!

 

十輝いりすさんをゲストに迎えた理由は…十碧 さんは、十輝さんが宙組の時から舞台を観ていて~すごくカッコいい男役さんだな~と思っていて、その方が星組に来て下さり嬉しくて~十輝さんになついていったそうで、それに答えてまさ子さんは色々教えてくださって居た大好きな上級生の方なので、今回恩返しにおもてなしをさせて頂きたいと思ったそうです。

 

まさこさんは紅茶が大好きだという事で、素敵な紅茶専門店(SSTYLE TEA)で紅茶を楽しむ一時が観れました。

(私も現役の頃のまさこさんは大好きだったし、十碧 さんの舞台も~人としても好きなので、今回のトークで、お互いに尊敬する姿や信頼し合う姿が見れて、暖かいお二人の関係が微笑ましくて~とても興味深く観させて頂き、楽しいトークでしたヽ(^o^)丿)

 

詳しい内容は↓

れなちゃんは一方的にまさ子さんが大好きだったそうで、ダンサセレナータの時に絡みがあり、「眠らない男~」の頃一緒にご飯を

食べに行くようになり、「Lost Glory」の時にまだそれほど仲が良いと言う時では無かった時に突然「まさこさんスペインへ行きませんか?」と言ったそうです。
まさこさんも突然だったのに「え?うん行く!」と即答されたとか~ヽ(^o^)丿

珍道中のスペイン旅行だったけど楽しかったそうです!それから仲良くなりれなちゃんの家へ行って皆でご飯食べたり~れなちゃんは普段のまさこさんも好きだけど、舞台のまさ子さんも大好きで、舞台に立つとすごい変わられるので~と不思議そうでした!

 

まさ子さんが星組に来た頃のれなちゃんは、背が高くて新公の頃だったからまだ可愛くて、でもまさ子さんが卒業される頃はすごい男っぽくなられて居たそうで~

(私も「ガイズ&ドールズ」で車庫の持ち主のジョーイをやった時に紅さんに対しての演技が圧倒していて、すごい!と思いました!)

 

れなちゃんは、男役に付いては何を参考にしている?とか、研11の頃はどうだったか?など、新公を卒業して何年も経つと自分との戦いになって来るから~どうしたら良いのか?を聞いたり~

 

まさ子さんは宝塚を辞めてから改めて、宝塚って他にはない良い所だと感じたそうです。

 

この後紅茶をブレンド体験をされたり~二人は違う紅茶をブレンドして味見をしたり~お互いをイメージしてブレンドしたり~楽しんでいました。

 

退団後の生活は?…まさこさんは英語を勉強したくてカナダに半年行かれたそうで~日本から出て日本の良さがとってもよく分かったとか~

帰って来て宝塚を観た時、最初は内部の人として見てしまったけど、今は普通のお客さん目線で観れてすごく楽しいそうで、スカピンを観た時の話をされたりしていました。

 

 

十輝いりすさんの魅力十碧 さんは、身長が高いだけじゃなく包容力とか優しい所とか、暖かい所とか、厳しい時はびしっと言ってくれるし、二人で居るとボケと突っ込みで、まさこさんがどんどん突っ込んでそれを笑いにして下さったり~普段の心の広い所が舞台の大きさに繋がって居ると仰っていました。

 

 

十碧 れいやの魅力は…まさこさんは、れなちゃんはすごい努力家で真面目で、とても素直で真っ直ぐで~駄目だしとかすると「はい!はい!はい!」って全部聞いてくれて~そこが成長にはとても必要な部分だと思う。印象に残っている「アルカサル王城」の舞台稽古の時に、御織先生に褒められた事を話して下さって、まさ子さんもご自分の事の様にぐっ!と来た事を聞いて感動しましたが、


れなちゃんは、
それはまさこさんの背中を見ているからだと仰って~お二人の信頼する姿が美しかったです!

 

れなちゃんは、まさこさんがいつも階段の下とか~人に見せる分けでもなく陰でお稽古されてるのを観ていたそうで~

まさこさんは、自分の頂いた役が、たとえどんなに出番が少なくても多くてもに関わらず~コツコツやってたらそれが絶対に出るから~と仰っていて~(すごく良い心がけだな~と思いました。)

 

まさこさんの今後の夢について…宝塚の男役が好きで20年以上過ごしてしまったので、今はまだ試行錯誤していますが、今までは宝塚の狭い所しか知らなくて~世間の広いところを見たいからこれからは宝塚以外の事を知りたいと思って、何か考えなければ~と思ってるそうです。

 

れなちゃんも何か目標を見つけて~永遠に居られるところではないので、今日お話させて頂いて、色々そうだな~と思う所が沢山有ったので、ここに居られる間に自分の出来る事とか~もっともっと追及心を持って頑張って行きたいと仰っていました。

 

れなちゃんは、ご自分で作られた可愛い紅茶入れをまさ子さんにプレゼントして、まさこさんはすごく嬉しそうでした。

 

お二人はお互いに素敵な時間を過ごさせて頂いた事に感謝のお気持ち~そして男役を楽しみながら男役像を築いて行ってほしいと結んでいました。

 

又れなちゃんは現役時代、中々お話しできなかった深いお話もさせて頂き~これからも頑張らなくては~と心を新たにされた様で、とても充実した素敵なお二人のトークが聞けました( ◠‿◠ )

 

100期生の蘭尚樹さんを紹介。

100期生の蘭尚樹さんを紹介。

 

今日のニュースで100期生の蘭尚樹さんが紹介されていました。

 

愛称は:らん・まおまお

 

美弥ちゃんの番組に出演してから“なおき”とも呼んで貰えるようになったそうです。

 

今、頑張っている事は…今は、宝塚大劇場のお稽古中なのですが、1017日に出演させて頂きます「宝塚舞踊会」のお稽古にも励んでいます。

 

初舞台の時に獅子の役替わりをさせて頂来ました春海ゆうさんとご一緒させて頂きますので、沢山の事を学ばして頂き、成長した姿をお見せできるように頑張りたいと思います。

 

抱負を一言!…今後は男役像を高めより器の大きな魅力的な男役になれるよう精進して参りますので、よろしくお願いします。

 

(お顔も面長で日本物が似合いそうだし、日本舞踊にも意欲的な様ですので、是非日本物で頑張って欲しいですね!)

 

 

私的には日本物の多い雪組さんに組替えに成れば良いと思うけどな~( ◠‿◠ )

小さな写真をクリックすると大きな写真が見れます。

Cimg3523  Cimg3524   Cimg3525   Cimg3526

  何時もコメント欄に投稿して頂いてた方から紹介されていましたので、このサイトでも出来る限り応援したいという気持ちでアップさせて頂きました。

月組 『All for One』 稽古場 キャストボイス

公式よりお知らせです。
月組 『All for One』 稽古場 キャストボイスが更新されています…こちら

宙組 『神々の土地』その他の配役決定!

宙組公演 『神々の土地』その他の配役決定!…こちら
作・演出が上田久美子先生だから期待大ですわ~!
この公演はまぁ君のラスト公演ですね~!寂しくなりますね!

宙組 退団者のお知らせ

公式より 宙組・退団者のお知らせです。

 

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。  

 

宙組

朝夏 まなと -すでに発表済-

瀬音 リサ

彩花 まり

涼華 まや

伶美 うらら

 

20171119日(宙組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団

 

奏音

 

201776日付で退団


あらら!うららちゃんも?残念ね~!



星組「阿弖流為」稽古場情報より

今日のニュースに星組「阿弖流為」の稽古場情報が入って居ました。

 

 

星組スカイレポーターズの輝咲玲央さんと夢妃杏瑠さんに寄る「阿弖流為」稽古場レポートを観ました。

 

メンバーは↓

 

 

天彩 峰里さん…菟穂名[うほな]【佳奈の義弟】

颯香 凜さん…物部天鈴[もののべのてんれい]【北国に移住した物部一族の嫡男】

天飛 華音さん…(阿奴志己[あぬしこ]【志和の蝦夷の長の跡継ぎ】)

 

 

今回のお芝居は蝦夷軍と朝廷軍に別れてのお芝居。

 

子供役3度目の天彩 さんは、ひろ香さん演じるいさしこさんに追いかけ回して豆を投げつける野が一番楽しい。

 

物部天鈴さんは初めて年上の役だそうで、初めて登場する時から礼さんに上から目線で、今はまだ緊張してしまうそうですが、自信を持ってお見せしたいと~

 

阿奴志己[あぬしこさんは、阿弖流為チームで、わらび手刀をぶんぶんと振りまわして~生き生きと楽しそうですけど~

 

 

本読みの時に2場で、礼さんとひろ香さんと音咲さんとやらせて頂いてるそうですが、声の良い男役さんばかりで、自分は、その中で本読みをしてて、何て自分はへっぽこなんだ!と、

周囲にそんなことないよすごいカッコいいよと言われていました。

 

琴ちゃんが頭から爆踊りして~その後美声を発するそうで、プロローグは踊って~残ってお芝居するそうで、一旦はけないでするそうで、すごい臨場感で~

 

 

天飛さんは第一声が「落ち着け~!」だそうですが、「貴女が落ち着け!」だそうで、

 

 

お衣裳とか鬘とかに、大野先生のこだわりがあるそうで、一つ一つ先生が選んで下さったんだな~と言う事が分かるそうです。

 

 

映像を使うそうで、映像と合体して素的な作品になりそうですが、今回の作品も殺陣が見せ場となって居るそうで~

 

立ち廻りと言えば輝咲さんは、刺されたり~さしたりで忙しいらしいですが、蝦夷と朝廷軍の戦のきっかけとなった事件の人だから~と。

 

紀広純さんは、インパクトをしっかり出せるように~との事です。

 

惡玉[しらたま]さんは今回もすごい美声を発していますねと言われていましたが、瀬央ちゃん演じる坂上田村麻呂さんの女だそうです。

 

悪い事はしてないけど悪玉ちゃんとか言われて、朝廷軍でしっかりした所を見せて~と。

 

ここ見て欲しい所は…天彩さんは、礼さんとの場面でちょっと暖かい場面もあるようで心を休憩して観て頂けたら~と。

 

颯香 凜さんは、礼さんを上から見るシーンは頑張りますと。

 

天飛さんは、毎日瀧の様な汗を流しながらに踊り狂って居るそうですが、その踊り狂っている蝦夷を注目して観て下さいとのことです。

 

平沢先生の振り付けがすごく躍動感あふれて、すごく素的だそうですよ!

 

最下級生に至るまですごく楽しそうに生き生きしてるそうです!

 

皆さん役名の方だけじゃなく他にもやってるそうです。輝咲さんは最後の方で阿弖流為の父親の阿久斗をやってるそうです。

 

最後に一言づつ抱負が聞けました。

 

 

早くも楽しみですね~!待ってますよ~ヽ(^o^)丿

 

月組「月雲の皇子」は、今日放送があったので~

月組バウ「月組の皇子」は、何度も観ていますが過去の感想でよろしければ沢山リンクしてありますので、良かったら見て下さい。


礼真琴の「Brilliant Dreams」の続きです。

礼真琴の「Brilliant Dreams」~stage~を観ての続きです。

 

ここからは、番組の内容について詳しく書きます。

 

皆が選ぶ漢字一文字は…超で、舞台はロミオトジュリエット…これは同期の妃海風ちゃんがナポレオンの新人公演のステージトークで、お互いを表すなら?の質問で妃海風ちゃんが、漢字一文字の“超”と言う字を表してくれたそうです。

 

「ロミオとジュリエット」では“ベンヴォーリオ”と“愛”と、新人公演で“ロミオ”をさせて頂いたそうですが、3つの役を同時進行でするというのは大変な事なのかな~と思っていたそうですが、ロミオとジュリエット」と言う作品を三つの角度から感じることが出来て

毎日が沢山発見できて~すごい良い勉強をさせて頂いた…混乱したのは舞台稽古で、ベンヴォーリオの化粧なのに、“愛”の鬘を着けて、衣装着けてやるというような~で舞台稽古が一番パニックになって居たそうです。

 

 

礼真琴を表す色は…黒で、スカーレットピンパーネル。

 

真琴ちゃんは黒大好きなのですごく嬉しい!  真琴ちゃんが好きな色は赤・黒・で、その中で、黒と言って頂けてすごく嬉しい!黒い役が続いているのでそのイメージなのかなと。

 

ショーブランと言えばザ・黒づくめと言う事で、集合日からずっと黒しか着なかったそうです。

物語としては悪に見えなければいけない部分と、自分の正義とで、悪と正義が入り交じった男なので、マルグリットへの愛だったりロベスピェールさんへのちょっとひねくれた忠誠心だったり、色々と難しい彼の心を表現するのはすごく悩んだそうです。

 

素晴らしい上級生の方が過去のショーブランを演じて来られて、ものすごく不安でいっぱいだったそうですが、紅さんのパーシーとあーちゃんのマルグリットに新しい星組になった事で、自分にしかできないショーブランを演じようと取り組んできたそうです。

 

 

礼真琴の舞台で印象に残って居る役…「桜花に舞え」の八木永輝と「ガイズ&ドールズ」のアデレイドだそうです。

 

悪役とはいかないけれど物語の中では悲入るな存在で、初めての挑戦だったとか、一人の女性を愛し抜いて、自分の故郷を愛し抜いて、その筋の通った男気が共感できる部分と尊敬できる部分と彼の男らしい部分がすごく好きでした。

立ち廻りと言う立ち回りは余りなかったそうですが、半次郎さんに刀を向けたり~セットとか音楽とか照明で、戦争の雰囲気とかもすごく臨場感のある場面だったので、最後の盛り上がりの場面はすごく好きだったそうです。

 

(映像を観て~ほんとに半次郎への恨みを果たした時の気持ちが伝わってきますね~!)

 

アデレイドちゃんは、すっごく楽しかったそうで、舞台人として、人間としてすごく毎日楽しく舞台に立って居たそうです。

紅さんとも毎日ラブラブな雰囲気で、今は色々対立する役をしていますけど、あの時はすごくラブラブだったそうです。

 

すごくよくして頂き~婚約指輪と最後には結婚指輪も頂いたそうですよ(@_@)、すごく毎日楽しくさせて頂いたそうです。

(男役なのによくあの可愛いアデレイドが出来ましたね!はまり役に思います)

 

 

巡り会いは再び」のルーチェや、「オーム・シャンティ・オーム」のムケ―シュ等があったそうです。

 

ルーチェ君は14歳の男の子で、ねねちゃんのシルビアさんが毎日、本当のお姉ちゃんの様に優しく接して下さって、突然2ndから出て来るそうで、2ndからでもインパクトがある役と言う事で、マンガから飛び出してきたような、賢くて~わがままで~素直じゃなくて、憎めないキャラクターで、癖のある役だったそうで、すごく悩んだそうです。

 

ムケ―シュは60前のおじさん役で、彼は宝塚の中でも珍しくひどい男で、人を人と思わない愛も夢も全く持って居なくて~ほんとにただただ自分の為に生きている残酷な人だったそうで、1幕とⅡ幕で30年の月日が経つというのも中々ないそうで、若い時代と歳を取った時代とで、本公演で髭を着けたのは初めてだったそうですが、意外と白髪とマッチして~。

 

ムケ―シュと一緒に踊るシーンはすごくやりたい場面だったとか、(すごい成り切りますね~!)

 

礼真琴の舞台で印象に残っている歌やダンス…視聴者の方から多く寄せられたのは「THE ENTERTAINNER」と「REON!!Ⅱ」で、

 

真琴ちゃんは、この作品もすごく内容が盛り沢山に詰まって居たそうで、クールダンサー礼先生と呼ばれたとか~( ◠‿◠ ) 、礼先生がまさかのみちこさんのミッチェルさんにダンスを教えると言う何ともおこがましい場面がありまして~みちこさんと二人で帽子の技を揃えさせて頂いたりとか、先生なのに勉強になった場面だったそうです。

 

スターズは11人の場面ですが、野口先生には、是非ともジャニーズ風に~と言って頂いたので、最初は瀬央さんから出てきて徐々に加わって行くそうで、先生のイメージはセクシーゾーンの若手からで、真琴ちゃんは最後に出て来るんですが、

 

最終的にはマッチさんで~と言われて~それじゃ♪ギンギラギンで出て行こうと毎日覚悟を決めて、汗だくになりながらやったそうです。(映像を観ていると一瞬の動きが俊敏で~驚きますね!)

このダンスは振り数が多くて頭が海胆になるほどだったとか、毎日振りを覚えて成立させるのには時間が足りない位で~毎日が楽しくて一公演が終わってしまうのが勿体ない位だったそうで、

 

パパラギの場面があり、尊敬する柚希さんと踊らせて頂き~しかも冒頭では高い声で唄わせて頂き、新たな挑戦が色々難しかったそうで、柚希さんの空気を感じながら踊らせて頂ける事が本当にどれだけ有難い事かと、毎日幸せだったようです。

 

 

他にもル・ミュゲ」や「Etoile de TAKARAZUKA」の新人公演という意見があったそうです。

真琴ちゃんは全部が良い曲ばかりで大好きだったとか~てしま先生が良い曲を書いて下さって~かしはた先生とも色々試し~一緒に考えながら作って行ったそうで、相手役の真彩希帆さんともデュェットがいっぱいあって~二人ではもりながら唄うのが気持ち良かった!

 

 

 

フィナーレでは一人でダンスを踊らせて頂いて、あのダンスもかなり難しく~御織先生と、夜な夜な練習して、振り付けが終わった瞬間に床に這い蹲って「もう無理~!」となったそうです。

 

やっと終ったと思って袖に履けたら、直ぐにデュェットダンスが合ってそれも半分歌が入って居て、お稽古場でも息が上がって歌えない状況で、(真琴ちゃん結構そう言う場面多い様に思いますね)

観た方からあの肺活量はどうなっている?とか~何であんなに息が切れずに歌えるんだ~?と言われたそうですが、必死だったので~そう思って頂けて嬉しかったそうです。(確かに~そう思って見るとなるほどな~と思いました)


 

さそりのダンスは後にも先にもナンバー1だと思うそうで、たった一回だったんですけど舞台で何もない所で一人で躍らせて頂いたのは有難い経験だった!と思いながらも本当にしんどかったそうです!

あれを毎日やってた柚希さんはどういう体力をしているのか私には計り知れませんと仰っていました。あれを思ったらなんでも乗り越えられるそうです。

 

稽古場で一曲丸々通して踊れるようになるまでの体力と気持ちとを作るのに、これだけ頑張って来たのに、舞台稽古でライトを浴びたら、ライトの光で何も見えなくなって~前も後ろも分からなくなって全く踊れなかったと言う状況になって~柚希さんの前で号泣したとか~「大丈夫や~!大丈夫や~!」と言って頂いて、本番は何とか~だったそうです。

その後にみんなと踊る場面は、その時の解放感と幸せ感はすごかったそうです。

 

 

 

 

ここからは礼真琴自身が思い出に残っているシーンを上げて貰いました…全国ツアーの「激情」や、新人公演の「眠らない男・ナポレオン」3つ目は全国ツアーの「大海賊」のキッドだそうです。

 

初めての全国ツアーで最下級生で行かせて頂いたそうで、兎に角楽しかったそうです!

ここでは兵士と運命の精をさせて頂いたそうで、鶴見さんと、かいはやと君と、斗亜れいや君と、真琴ちゃんのメンバーでお稽古場から毎日毎日4人でずっと練習していて謝先生の振り付けも初体験で、床とお友達の様だったとか初めて振付がすごすぎて熱が出ると言う経験をしたそうです。

 

3人の上級生から男役として踊るとは?の根本的な事を学んだので、すごく大好きな作品だそうです!

 

「眠らない男・ナポレオン」新人公演のナポレオンは、相手役が風ちゃんで、同期だからラブシーンとかも笑っちゃうのかなと思いきや、最初っからお互い本気モードで、自分でも意外だったそうで、風ちゃんともすごく息が合ってて~一番信頼してたマルモンと言う役も瀬央がやってくれたので、同期3人でそこをさせて頂けたのは、すごく心強かったそうです。



もちろん本役の柚希さんからも本当に沢山教えて頂き色んな場面でセリが高いところまで上がったり~盆がぐるぐる回ったり~大きなセットを行ったり来たりして、ほんとに楽しかったでそうです。

 

 

そして「大海賊」のキッドに付いては…この公演からみちこさんと風ちゃんがトップで、プレお披露目の全国ツアーだったそうで、真琴ちゃん願望の海賊役をさせて頂けた事が、何よりもご褒美だったそうです。

中学生の頃から海賊に憧れて居たそうで~しかもキッドと言う役はほんとにカッコ良くて~喧嘩早いんですけど、大事な所で皆を纏めたり~アンには振られちゃいますが、最後愛する女の為に死ぬという所もカッコ良かったので、あの役は本当に好きだったそうです。

 

 

礼真琴に今後やって欲しい役を視聴者の方に聞きました…最も多かったのは「1789~」のロナン・マズリエで、他にも「ロミオとジュリエット」のロミオや、「ミーマイ~」のビル等。

 

1789」は観させて頂いたそうで有難うございますと言いながらも、その理由が聞きたいとか~ロミオは好きだそうで、あの時は新人公演で初めてだったので、いっぱいいっぱいだったけれど、機会が有ったら、もうちょっと深く掘り下げて創れるんじゃないかな~と。ビルも意外だったそうですが、ねねさんのミュージックサロンで、お芝居も入れてさせて頂いたので、お笑いのセンスも問われる役だと思うので、その点に関してはかなり難しいかなと仰っていましたが、

 

 

礼真琴自身が今後演じたい役は?…ガンガン音の成ってるロックな感じで、ハモリ続ける~踊り続ける~様な激しい場面だそうです。

エレキギターみたいな感じで、そこを敢えてやる所が新しい挑戦かなと仰って~爆発しながらやって見たいそうです。

 

思い返してみると、老若男女を問わず~女性から男性から~子供からおじさんまで色んな役を経験させて頂いたそうで、どれも楽しくてやりがいのある役ばかりで、全部が大切な役だと思えるってほんとに幸せな事だと思うし、有難い経験をさせて頂いてると思いますので、この経験をさらに生かして又新しい役に出会って、新しい礼真琴をお見せできるように星組の一員として日々頑張って行きたい~と抱負を語られていました。

 

(与えられた役は、どんな役も完ぺきにこなす琴ちゃんなので、今後の活躍が果てしなく広がって 楽しみな人ですね!)

さぁ~!次は阿弖流為だわ!頑張れ~!


待ってました!真琴ちゃんのブリドリ!

やっと観れましたね~!真琴ちゃんのブリドリ!

 

礼真琴の魅力  Brilliant💎DREAms 今回は~stage~で、視聴者アンケートによる礼真琴を表す漢字一文字や、色、芝居や歌、ダンス等、又礼真琴自身が選ぶ想いでの舞台シーン等、舞台人・礼真琴の魅力についてを紹介した番組でしたが…

 

 

視聴者が選んだ役や作品について、礼真琴さん自身が、役に対しての気持ちや、その時々の状況など~又苦労した点等についてを丁寧に詳しく語って下さって~大変興味深く観れました。

 

 

又下級生時代に活躍していた映像など、こんな所にも出ていたのかと~今まで気が付かなかった場面などもアップで追うなどした場面も観れて、真琴ちゃんの過去を辿って観れて最高に楽しかったですヽ(^o^)丿

 

 

内容は長いですが、こちらに書きましたので良かったらお時間のある時にでも見てね!

 

月組「ALL FOR ONE~」のチケットは

月組「ALL FOR ONE~ダルタニアンと太陽王」のチケットは、小池先生の作品だし~珠城さんも出るし~買おうかどうしようか迷ったけど、9月は相模原公演のチケットを買ってしまっているし~

 

大体、一本物でダルタニアンとか三銃士とかは、もう良いわ!の気持ちなので、観ないことに決めたわ!

 

チケ流にも沢山良いお席がアップされてるけど、あまり売れてないような気がする…こちら

 

 

 

WOWOW「宝塚プルミエール」放送日時は

WOWOW「宝塚プルミエール」は

放送日時

7月29日(土)14:00~14:30(初回放送)
#4「月組『All for One』」

※6月24日(土)初回放送の#3「花組『邪馬台国の風』」もリピート放送しております。  

「宝塚への招待」 WOWOW 放送のお知らせです。  

「宝塚への招待」 WOWOW   
放送日時

★7月21日(金)20:30~22:00
月組『GOLDEN JAZZ』(再放送)

★7月29日(土)14:30~17:00
雪組『るろうに剣心』


★7月31日(月)14:00~16:30
『タカラヅカスペシャル2015 -New Century,Next Dream-』(再放送)
 

「ダウントン~愛の交錯」はメアリーの薄情ぶりと傲慢さが感じられて

今さらですが、前回の「ダウントンアビー」「愛の交錯」を振返れば…1時間枠を超えて見応えがあったが、半面、薄情で傲慢なメアリーを見せ付けられたり~バローさんの自殺未遂等、もっとも観たくない回だったような気がします。

 

ストーリーもいよいよ終盤に近づき~あと2回を残してのストーリーともなると、色んな人の今後が見えてさすがに終盤に向けて着々と進んでいる事を感じます。

 

 

メアリーはあの事故以来ヘンリーとの結婚は無理と思っていて、愛して居るのに冷たく突き放すシーンは信じられないほどで、

 

イーディスは彼から結婚を責められながらもマリーゴールドのことが有り、返事をしかねていて、

 

そこを突かれてマリーゴールドの事を暴露~メアリーの冷たい仕打ちにあってさすがに許せなかったのでしょう!今回面と向かって激しく罵りあっていやな場面でしたね!

 

あんなに愛して居ると思っていたバーティー・ペラムさんがまさか信じられていないことを理由に別れを告げるなんて~!見て居る側もショックだった!

 

イーディスの言う通りメアリーは自分より幸せになることが許せなかった様で~嫌な性格ですね~!

 

そんなメアリーもバイオレットお祖母様に言われれば素直になって~自分が悪かったと分かって居て、妹と仲直りが出来て~良かった!イーディスは偉いわ!

 

とむはメアリーに激怒したりしながらも、再度密かにヘンリー・タルボットさんを呼び寄せて~無事結婚式が挙げられて良かったですね!


それにしてもメアリーの変わり様にはびっくりだった(@_@)

 

イーディスもきっと最後に素敵などんでん返しが待って居ると信じていますわ!

 

その他バローさんは、バクスターさんの機転で、助けられたし~モールズリーさんは教師として目途が着いたようだし~

 

不貞の館と噂のあるパットモアさんの宿泊ホテルも伯爵夫妻たちの粋な計らいできっと人気の宿泊所となるでしょうし、着々と終盤に向かう回でした。

 

 

 

次回予告では、カーソンさんが変?!…バローさんは次の就職先が決まったのか、メアリーや、ジョージに別れを告げていましたが、きっとカーソンさんが働けなくなり、バローさんがカーソンさんの跡を継ぐのではと思います。

 

マリーゴールどのことを話してもきっとイーディスは結婚にこぎつけると思いますよ!

 

今週は都知事選で、一回抜けてしまったので、次回が楽しみです!

 

でももうすぐ終わってしまうのが寂しい(-.-)

 

実咲凛音さん情報です。

アメーバブログより

☆ご報告☆
初めまして。
元宝塚歌劇団の実咲凜音です!

この度、7月よりホリプロ・ブッキング・エージェンシーに所属させて頂くこととなりました。

この続きはこちらでどうぞ

珠城さん情報です。

YAHOOニュースより

蘭寿さん情報です。

蘭寿とむさんがハワイで挙式を挙げられました。

何と美しい花嫁さんでしょう!…こちら


雪組「るろうに剣心」は

過去の感想ですが、良かったら見て下さい…こちら(沢山書いていますのでお暇な時間にでも見て頂けると嬉しいです。)

月組「MAHOROBA」リンクで色々アップしました。

星組「眠らない男ーナポレオン」をリンクで色々

昨日放送の星組「眠らない男ーナポレオン」は色々観ていますので、過去の感想で良かったら見て下さい。

 

星組「眠らない男・ナポレオン」を観て。

 

「眠らない男ーナポレオン」それぞれに想う事

 

星組「眠らない男-ナポレオン―の千秋楽の様子より

 

星組「眠らない男~」ナウオンより。

 

「眠らない男~」新人・主演の琴ちゃんと風ちゃん。

 

夢咲ねねさんのディナーショーに真琴ちゃん他。

実はDVDで礼真琴さん特集を作ってあるのですが、その中から今日は、「夢咲ねねちゃんのミュージックサロン」を観ました。


舞台が始まる前のトークを聞いたのですが、夢咲さんの他に星組の未来のスター礼真琴さん・瀬央ゆりあさん・十碧 れいやさんのナイスガイ3人が出演しています。



ナイスガイ達3人は皆さんがねねちゃんをすごく尊敬して居て、お稽古が毎日楽しくて~楽しくて~堪らない様子で、このDSに出られた事が皆さんすごく幸せの様でした。

 

兎に角バービー人形のねねちゃんが可愛くて~これではみんなに愛されるはずですヽ(^o^)丿



それぞれがねねちゃんの相手役で「うたかたの恋」や、「激情」「大坂侍」「ミーマイ~」など、素敵なシーンで相手役をされてて~それぞれのカッコいいシーンが観れて3人とも大好きな私にとってはそれはそれは楽しくて~最高のDSでした!



以前にも何度か観て居りますが、今日沢山写真を追加しましたので、良かったら見て下さい…こちら

 

 

スカイステージ8月の番組ラインアップ

スカイステージ8月の番組ラインアップのお知らせです…こちら


スペシャル動画ページはこちら
開局15周年記念で色々豪華?なのかな?

もう『ガイズ&ドールズ』-GUYS & DOLLS-が放送されるのですね!びっくり(@_@)


ブリドリは、礼真琴の「personal」があって嬉しい!

月組「ドラゴン・ナイト」を最後まで観て。

昨夜、月組「ドラゴン・ナイト」を最後まで観て。

プロローグは珠城さん・美弥ちゃんを中心のダンスでしたが、肩にドラゴンの刺繍が着いたお衣裳が豪華で驚きました!真咲さんはさらに金のお衣裳でドラゴンの刺繍が付いたお衣裳で加わり~客席を周ったり~

 

シーンが変われば階段に白雪さちかさんが大きな羽を着けて、豪華なわっかのドレスを着て目を見張りましたが、貴公子らしい美弥ちゃんを中心にピアノ曲で優雅に踊り~

 

真咲さんは萌花さんと踊り、いつの間にか赤いバラを持って~ストーリー性のあるダンスで…

 

その中で珠城さんがブルーのお衣裳で女になって真咲さんと踊られるシーンがあり、びっくりしました!やっぱり珠城さん肩幅広いな~( ◠‿◠ )

 

又両手を縛られながら踊るダンスもありましたが、楽曲が差し替えられて居たり~(-“-)

 

真咲さんは♪Feeling good~を唄っていましたが、言葉ははっきりせず~悪いが全然よくなかったな~!

 

 

ActⅡでは海の中の竜宮城とか、ここでは浦島さんをお迎えして最高級のおもてなしをすると仰って~

 

そこで話したトークの内容は、それぞれがどの場面が好き?とかで~大した内容ではなかったが、珠城さんのお気に入りは、プロローグで降臨してくる真咲さんが良いとか~

美弥ちゃんのお勧めは真咲さんのザ・スターが唄う歌が良いとか~、

 

真咲さんは二人に壁ドンをしたりして~珠城さんに大好きだよ~と声かけて、珠城さん嬉しそうでした!

 

それにしても美弥ちゃんの相談事は何かと思ったら、片付けが出来ないらしく、引き出しを開けたら開けっ放しになるとかいつかもそんな話を聞いていたが、この舞台の真ん中でその話?にびっくり(@_@)生徒さんの中にもそんな人が居る事に驚きでした(@_@)

 

そして今宵一夜の思い出に、3人で泳げたいやきくんを唄い~絶賛の拍手を浴びていました( ◠‿◠ )

この間何と真咲さんは次のシーンへのお着替えをされて居ました(@_@)が金ぴかの素的なお衣裳でしたよ!

 

 

ACTⅢが良かったですね~!白雪さちかさんは階段中央で、美弥ちゃんと珠城さんは紫のお衣裳で♪ボンジュールパリを唄い~

 

ここで唄われた真咲さんの曲命は分かりませんが真面目に唄って上手かったですね!

 

 

ドラゴンinラテンでは、♪ジタンデジタン~とか、曲名が分からないが♪南の風~「タカラヅカ絢爛II」で唄われた歌や、♪アパッショナード・♪キャリオカ~など宝塚の曲を沢山唄われて~

 

皆様とトークでは、客席を降りてはお客様のハンカチを借り汗を拭いたりしながら話しかけていましたが、この日は何と客席にちなつちゃん(鳳月杏)とアーサ(朝美 絢)がご観劇だったようで、立ち止まり話していました。

 

アーサは真咲さんに何かをやって~とお願いしたらしいが、「後で楽屋でね!」と言われていました。

 

この後大事なシーンも2曲も曲を差し替えてて~ナニコレ~と思いましたわ!

 

最後に♪僕こそミュージック?~を唄われて~これは上手かったですね~!

 

全体的にはAct1はストーリー性のあるダンスはあまり良くなかったが、ActⅡはまるで内容が無く、ActⅢが良く知ってる曲を沢山聞かせてくれて盛り上がり素敵な舞台で、良かったですヽ(^o^)丿

 

活躍された真咲さんはもうすっかり今はOGとなられて外部で頑張って居られますね!

 

 

 

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

  • Cimg0556

いの Twitter↓フォローよろしく!

マイYouTube

マイサイト

無料ブログはココログ