« 今日、放送していた礼真琴主演の「鈴蘭」は | トップページ | 今日から8月ですね~。 »

2017年7月31日 (月)

一路真輝さん主演の「JFK」を観ました。

この作品は、先日NHKBSで「メモリーズ宝塚」としても放送がありましたが、今日午後、家事も終わってテレビを点けると丁度‘95年・雪組「JFK」が始まった所だったので、お昼寝を返上して最後まで観ました。

 

 

ジョン・フィッツジェラルド・ケネディに扮した一路真輝さんは、家族からは尊敬され~大統領に推されてマリリンモンローにまで愛されて~彼の多くの人を幸せにする義務がある~と言う言葉を考えれば、分け隔てなく誰からも愛されたい~気持ちが強かったのでしょうけど、その事が結局反感を買う事になって~敵を作ってしまったのかも知れませんね!

 

ケネディ大統領を演じられた一路真輝さんは、誠実さが感じられて~大統領としての貫録もあり、ぴったりの役でしたね!

 

それにしてもケネディ家の家訓が「常に一番でなければだめ」とはびっくりでしたが~(@_@)

 

ジャッキー(花總まり)は、記者だった頃から考えると、「ファーストレディじゃなくて良いから自分だけの愛がほしい!」とかマスコミやシークレットサービスが居ないところに行きたいとか~お金の使いすぎとか~随分変わってしまったように感じましたが…

 

大統領の誕生パーティにマリリン・モンローが来る事になって~そこら辺から

 

 

ジャクリーン夫人は嫉妬で大変でしたね!大統領を置いて一人でクルーザーで静養に出かけたり~弟は司法長官を引き受けたりして彼の言う事を聞いてくれていたようですが、

 

 

モンローが何度も大統領に電話をしてくるので、弟(高嶺ふぶき)が説得しようとしたが、逆にモンローの虜になって仕舞ったそうで~( ◠‿◠ ) 相手がモンローじゃそうなるでしょうね!

 

ケネディ大統領のジャクリーン夫人という方は髪型が外巻きで全体的に四角いイメージがあった方ですが、品がありましたね!

 

そう言う意味では花總さんは、美しく品もあり、歌も上手く役にぴったりだったように思いますが、

 

役としては、彼の元に戻って来たのはテキサスに向かう前で、それからは今までとはまるで違う優しさで接して居て、今まで一体何だったの?という感じはしました。

 

結局、FBIのフーバ長官(香寿たつき)からは、山の様に脅迫状が届いている~とか、大統領が指名手配されているとか~酷い報告があっても、

 

大統領は何も恐れていない所を見せなければ~と、パレードを実行して~

 

その結果、狙撃され~結局そのまま帰らぬ人となって仕舞って~。

 

 

ジャクリーン夫人としては短い時間しか一緒に居なかったわけだから、それは悲しく~後悔が大きかったのでは?と思いました。

 

 

喪服を着たジャクリーン夫人が、ケネディの弟に肩を抱かれて~このシーン胸にグッときました!

 

 

それにしてもあれほど大統領に対して反逆心を露わにしていたフーバー長官が、大統領が亡くなったと聞くや「もう少し生きていて欲しかった!」と言ったのは何故だろう!この人も自分たちが阻害されている事に対して、ある意味嫉妬していたのかな~と思いました。

 

身体が弱かったジョンケネディが推されて大統領になり、これから2期目に入ろうとする矢先の出来事だった様で、

 

昔、ケネディ大統領が銃弾に倒れる~と言うニュースを聞いてびっくりしましたが、今頃になってその一端を知ることが出来~、なるほど~そうだったのか~と興味深く観ることが出来ました。

 

 

オナシスのクルーザーのオーナーに飛鳥裕さんや、キング牧師に轟悠さん・矢吹翔さん等のお顔も見えました。

 

何とこの舞台も小池先生の作品だったのですね~小池先生の作品にしてはちょっと異色に感じましたが、面白かったですヽ(^o^)丿

 





« 今日、放送していた礼真琴主演の「鈴蘭」は | トップページ | 今日から8月ですね~。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一路真輝さん主演の「JFK」を観ました。:

« 今日、放送していた礼真琴主演の「鈴蘭」は | トップページ | 今日から8月ですね~。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ