« 開局15周年特別番組「輝ける15周年、夢のときめきステージ~を観て。 | トップページ | 蘭寿さん情報です。 »

2017年7月19日 (水)

星組「阿弖流為」ナウオンを観ました。 (追加補足しました)

星組「阿弖流為」ナウオンを観ました…一度録画したディスクが破損してしまった為、カメになって仕舞いましたが、良かったら見て下さい。


暖かい雰囲気の中で、皆さんの役に対する熱い想いと、それぞれの関係性が詳しく聞けて~これからの舞台を観る者に取ってはとても参考になり~とても興味深く観れ、舞台を観るのが一層楽しみになりました。

 

出席は、 真琴…阿弖流為●有沙 瞳…佳奈●瀬央 ゆりあ…坂上田村麻呂壱城 あずさ…伊治公鮮麻呂●ひろ香 祐…伊佐西古● 凰華…母礼●天華 えま…飛良手

 主なキャストはこちら

役創りや役創りの苦労点について~。

 

礼真琴さん…原作に忠実に創って下さっている部分と、役が発表されて阿弖流為の周りを囲む友達の皆が、若い皆さんがいっぱいいて~原作では阿弖流為が一番年下で、一番若くて~自由にやってるものを皆さんのおかげで成長していく~宝塚版の阿弖流為になって行ってるそうです。

阿弖流為自身はすごく共感できる部分と、すごく胸を打たれる部分と、佳奈ちゃんに対してもすごく男らしくて~ほんとにカッコいい男の人に想うそうで、鮮麻呂さんが居て~田丸麻呂さんが居て敵なんだけど分かりあえるものがあると言う、今の礼真琴にすごくリンクする部分が沢山有る。

 

 

瀬央ゆりあさん…蝦夷の皆さんが芝居しているとどうしても感情移入してしまうが、感情移入し過ぎてもダメなので~そこは切り替えつつ、惡玉[しらたま]とか~みそのとか~女を傍に侍らせているのは、女の方が情報を取りやすく探り易いのだそうで、

 

最後、残された田丸麻呂はぽっかりと抜け殻の様になるそうで、蝦夷に生まれたらよかったとか~言われていました。阿弖流為と母礼が死ぬの分かって居てもすごいキラキラしてるのを観ると辛い!そうです。

 

有沙瞳さんは…佳奈は、嫁いだ里が焼かれてしまって~夫の弟であるうほなと二人だけを逃がしてくれて、女を捨てて復讐を果たす事だけを意識して生きているそうですが、阿弖流為さんが救ってくださって、生きて行けると思うそうで~

 

 

真琴ちゃん…原作には佳奈と阿弖流為のラブストーリーは、ほとんど描かれて居なくて~佳奈にも悲劇があって、それを背負っているからこそ佳奈を守りたい気持ちから戦いに行ける流れに作ってくださって居て~佳奈が居るから戦いに行けると言う作品に仕上げて行けたら~と。

 

鮮麻呂を演じる壱城あずささん…最初は朝廷の格好をしてるんですけど、心は蝦夷で朝廷に行って蝦夷を守るために朝廷に上手い事行くように~の気持ちだったようですが、蝦夷側からみたら裏切り者で、ちゃっかり位を貰っちゃって~と思われてても黙って居て、朝廷側が蝦夷を人間とは思わない扱いだったり、発言だったりが耐えきれなくなって爆発して反乱を起こすのだそうです。


反乱の時に阿弖流為にお願いして協力してくれと頼んで、でもそれは鮮麻呂一人の判断だった事にしたり~

鮮麻呂中心に描かれている本では、自害してこのままここへ埋めてくれと、そして誰にも言うなとか~それで鮮麻呂は風になったと言われたそうです。(カッコ良すぎますよ!と言われていました)

 

 

朝廷側の人達に付いて…自分の為に位が欲しいとか、蝦夷は、国を守る為に~自然を守る為に~妻の為、息子たちの為~であって、そこが朝廷とは違うと力説する壱城さん。

 

真琴ちゃんは、阿弖流為は、自分の命はどうでも良いと思っている。鮮麻呂さん自身のお話はこれで終ってしまうんですけど、鮮麻呂さんの事は下巻の最後までずっと語られて居て、最後の最後まで鮮麻呂さんの事を口にするので、最後には鮮麻呂さんの様な立場を背負って、同じように果てるんだと言う事を鮮麻呂参から学んだようです。

 

 

江差の長のいさしこという役のひろ香 祐さんは…同期の礼真琴と熱いシーンもあるそうで、ちょっとお調子者ではあるが力はすごくあって~ちょっと抜けてて~でも気持ちはストレートにぶつけると言う役で、舞台上で張っちゃっける事は無い。

 

母礼の 凰華さんは、策士と言うイメージが強いそうで、一番の年長者なので、もっとどんどん逞しくなって行けたら~と。母礼は、阿弖流為を長とする以上に蝦夷を思っていないと~。刀は使えるそうですが頭で勝負の人らしい。周囲からの信頼がすごいそうです。



真琴ちゃん…最後みんなと別れる場面があるそうですが、阿弖流為が説得して~と思うけどこいつ(母礼)にだけは敵わない存在なんだそうです。

一緒に死んで行くし、石碑も並んでいるので、この人なしでは居られなかったんだと思うと。

 

 

飛良手の天華えまさんは、登場シーンがぐれて登場なのですが、蝦夷の為にもですが、阿弖流為様に命を捧げている人だそうです。

 

元々阿弖流為の父親阿久斗に仕えていた側近で、それが耐えられなくなり、何もかもが嫌になって居たところを阿弖流為様に説得して頂き、ついて行くのはこの人しかいないと思って、自分の命よりも阿弖流為様の命を守ると言う事に徹するようです。

 ぐれた後は更生し、最後お二人の牢獄のシーンもきっと何処からか飛良手は観ているだろうとその後田丸麻呂さんとお話をさせて頂くそうですが、

阿弖流為様の死を見届けた後は自分も死ぬと決めていたようです。

田丸麻呂の瀬央さんは「お前もこんなに熱いのか!」と言ってましたね!

 

 

朝廷側の人はみんな自分の事しか考えず、蝦夷の事は人とも思わず~イノシシとか言ったりですが、田丸麻呂だけがちがうそうです。

 

 

ここに出席されてる以外の皆さんについて…諸絞[もろしま]を演じてる音咲いつきさんが熱くて~でも阿弖流為とはウマが合わない人だそうです。

 

阿奴志己[あぬしこ]の天飛 華音さんもこんなに台詞を言う舞台は初めてで、目力がすごいとか。

 

佳奈の義弟・菟穂名(うほな)天彩 峰里さん~は阿弖流為に焼きもちを焼いてる位、佳奈の事を大切に思っている。子供だけど、蝦夷の心を持っている。

 

紀広純を演じる輝咲 玲央さんは、欲に溺れた人で、鮮麻呂が殺すそうですが、身体だけじゃなく存在が大きいので刺すのに刺せなくて大変らしい!

 

大伴真綱(おおとものまつな)を演じている蒼舞 咲歩君は、紀広純とは180度違ういやらしさが前面に出ているとか。

紀古佐美(きのこさみ)役の夏樹 れいさんについても、何ともいやらしい生き方をしているとか~

 

組長さんが、今回男役としてされてるし、今回は下級生全員に台詞があるので勉強になると思う。それぞれの生き様があるそうです。

 

立廻りやセットなどの見どころについて…パネルから出る映像が4枚あって~場面ごとに色んな映像が流れるそうです。映像と闘う場面は題して早乙女太一君の場面だそうです( ◠‿◠ )

 

鮮麻呂さんが紹介する場面では一人づつ名前が出るそうです。

兵士が少ないので女役さんも頑張ってくれてるそうですが100人とか1000人の兵士が写ってるそうです。

ダンスナンバーと立ち廻りと、今回はかなり身体を動かしているそうですが、一幕に蝦夷のナンバーが詰まって居て、2幕に朝廷軍のナンバーが詰まって居て、30人しかいないので、蝦夷もやるし朝廷もやるし~で出演者は忙しいようです。

 

平沢先生と峰先生とお二人のテイストが全く違って振り付けられるそうで~ダンスの話で盛り上がって居ました!

 

一騎打ちの前に大勢で大立ち回りが合って~遂に出てきた長二人~となるそうです。

 

日本物でこれだけのフィナーレが付くのが初めてなので、役の衣装でそのまま行くから、ちょっと平和の世の中になったような感じになってて

 

最初は 凰華が唄って~ボレロ調になって宝塚と阿弖流為が上手い事コラボしてるそうで~その後は朝廷服でジャズで~ほんとにカッコいいですわ~!と琴ちゃん!


そして万里柚美さんが女性に戻るそうでが、キャプテンのオーラがすごくて桓武天皇にしか見えないとしーらん
( ◠‿◠ )

 

もう言いたい放題です( ◠‿◠ ) その後でデュェットダンスで、有紗さんが、すごく幸せオーラを出してくれるので~と琴ちゃん。

 

 

この公演が終えられたら 凰華さんは雪組へ~と言ったとたんに涙ポロポロの綾 凰華さん。

 

毎日幸せだなって思ってやってるそうですが、阿弖流為チームでは一日一日大事に~と思って頑張るので、まだ星組生なので~と 凰華さん。

 

 

真琴ちゃんは、そう言うの経験していない身としては、全然分からないと言うか、私達にはまだ理解できない辛かったりとか~戸惑いだったり~不安だったり~沢山有ると思うんですけど~星組でちゃんと育ってきたから違う組に行っても大丈夫だっていう星組の誇りと蝦夷の誇りと一緒で胸に最後まで頑張りましょうと勇気づけていました。

 

一人づつ抱負を述べていましたが、みんな熱く~男っぽいですね~!

 

色々仰っていましたが、真琴ちゃんは、その中で阿弖流為自身も、最初は何も分からず~唯がむしゃらに生きていた者が、廻りの皆の影響によって自分自身も成長して来て、立派な男になって~果てて行く~と言う一人の男の生きざまをお届けできたら~と思っています。ドラマシティも青年館も初めてなので不安はありますが頑張りたいと抱負を述べていらっしゃいました。



若い人たちの多い今回の舞台ですが、ナウオンを観て皆さんのやる気と一致団結感が感じられて~又真琴ちゃんは下級生ながらまとめ役として補足したり、責任感も感じられて~役目を果たして居たり~沢山の事が聞けて、観る前に凄く参考になりました。観劇を楽しみにしています。



皆さんお疲れ様でしたm(__)m

長くなりましたが、最後まで見て下さり有難うございましたm(__)m

 

« 開局15周年特別番組「輝ける15周年、夢のときめきステージ~を観て。 | トップページ | 蘭寿さん情報です。 »

スカイステージ2016年5月以後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星組「阿弖流為」ナウオンを観ました。 (追加補足しました):

« 開局15周年特別番組「輝ける15周年、夢のときめきステージ~を観て。 | トップページ | 蘭寿さん情報です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ