« 礼真琴さん主演のバウ「かもめ」を初めて最後まで通して観ました。 | トップページ | 星組「阿弖流為」初日の映像を観ました。 »

2017年7月17日 (月)

七海ひろきさん主演のバウ『燃ゆる風~」を観ました。

七海ひろきさん主演のバウ『燃ゆる風 -軍師・竹中半兵衛-』を観ました。

 

作・演出/鈴木 圭先生の作品でしたが、戦国の世を背景に、涙あり~男の友情あり~夫婦愛もしっかりと描かれて居て~見応えがありました。

 

 

作品は戦国の乱世において、圧倒的な支配力を見せる信長・そこに仕える秀吉(サルと呼ばれていた時代)の逆らえない姿・秀吉こそが天下を取る人と確信しての行動をとる軍師竹中半兵衛・半兵衛を尊敬しながらも逆らう黒田官兵衛の姿・

半兵衛(七海ひろき)と、妻いね(真彩 希帆)との夫婦愛・濃姫【織田信長の正室】(音波 みのり)といねの関係などが観れましたが、男と男の絆や、男の友情・夫婦愛も親子の情もしっかりと描かれ感動場面ありで~涙に誘われました!

 

 

主演の七海ひろきさんは、信長の命に背いて官兵衛の息子松寿丸(天彩峰里)を匿ったり~人間としても優しく~軍師としても才能を買われ~多くの人に尊敬される半兵衛を演じていましたが、良い役をされましたね~!



しかし、軍師としてはお顔が優しすぎる所為か笑顔がきになり~それほど厳しさは感じられず~歌は聞いてても恥ずかしいほどだったのですが、いねに対しての優しさは強く感じて~今生の別れのシーンは感動で涙が溢れました!

 

 

木下藤吉郎/羽柴秀吉【織田信長の家臣】の悠真 倫さんは、熱演で、落ち着きが無く、喜怒哀楽の激しい所が如何にも猿らしく~圧倒的な演技で熱演され~さすがでした!

 

 

黒田官兵衛を演じた天寿光希さんは…半兵衛様を尊敬する気持ちに溢れて居ましたが、途中半兵衛に逆らう激しさも観れ~しかし半兵衛が亡くなり残念がる姿には、強い絆と友情が感じられて~息子・松寿が帰ってきた時の半兵衛への感謝の気持ちは、如何ばかりだったかと感動で、このシーンも涙!涙!でした!

 

 

織田信長を演じた麻央侑希さんは…役が役だけに強い天下人を演じてちょっと見直しましたが、それほどの荒々しさは感じられなかった様な気がします。

 

 

いねを演じた真彩希帆さんは、歌が抜群に上手く、綺麗な声で~妻としても良妻を感じましたが、さすがあの今生の別れのシーンは辛そうでしたね~!

 

濃姫(音波みのり)とのやり取りも軍師半兵衛との約束をも盛らなければ~と言う決死さが感じられて良かった!

 

織田信長の正室・濃姫を演じた音波みのりさんは、気品と信長の妻と言う貫録を感じました。

いねが自分が生んだ娘だったと、初めて知る場面では目が潤んで居たようで親子の情を感じました。

 

竹中半兵衛の幼馴染・三郎太を演じた天華えまさんは、子供ながらに半兵衛の傍にいて守りたい気持ちが現れ~健気な少年で既に武将としての気持ちを備えていたが、最後は哀れでしたね~!

 

 

竹中半兵衛に関しては色々観ていますので、過去の感想ですが良かったら見て下さい。

 

星組・バウ「燃ゆる風」千秋楽の映像を観ました。

星組バウ『燃ゆる風~」のナウオンを観ました。


竹中半兵衛(山本耕史)と黒田官兵衛(高橋克典)


二人の軍士の山本耕史さん。


山本耕史さんの竹中半兵衛

« 礼真琴さん主演のバウ「かもめ」を初めて最後まで通して観ました。 | トップページ | 星組「阿弖流為」初日の映像を観ました。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七海ひろきさん主演のバウ『燃ゆる風~」を観ました。:

« 礼真琴さん主演のバウ「かもめ」を初めて最後まで通して観ました。 | トップページ | 星組「阿弖流為」初日の映像を観ました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ