« 2015年星組「大海賊」を観ました。 | トップページ | 花組「邪馬台国の風」と「Sante!!」を観てきました。 »

2017年8月 5日 (土)

宙組・中日公演・外伝「ベルサイユのばら-アンドレ編-」を観て。

09年宙組・中日公演・外伝「ベルサイユのばら-アンドレ編-」を観ました。

 

 

様々な「ベルサイユのばら」がある中で、最後に主演娘役が振られると言うストーリーは無かったように思うが、この作品を描くに当たり、植田先生も随分悩まれたのではないだろうか?

 

プロローグのタニちゃんは白い軍服が良く似合って素的でしたね!

まだ幼いアンドレがジャルジェ将軍家へ向かう為マロングラッセに急かされながら、幼友達のマリーズと、いつか又会えたら結婚しようね!と約束し、会える日を楽しみに別れた二人。

 

 

それから何と20年、それぞれの道を歩んだ二人が再び出会った時、やっと巡り合えたと喜ぶマリーズとは逆に、マリーズの事等眼中になく、今はオスカルの為に命を賭けて~の言葉は、マリーズにとってはまさかまさかの言葉だったに違いない!

 

 

よくある男と女の典型の姿ですが、宝塚でこんな話ある~?と言う感じで最初に観た時は、正直びっくりでした(@_@)

 

 

この舞台は、さすがにアンドレを中心に描かれて居て、アンドレがオスカルに仕え共に暮らすうちに、次第に身分違いのオスカルを愛してしまって~命を懸けて守りたいアンドレだったが、

 

 

目が見えなくなってしまって、衛兵隊の仲間からは、特にアラン(北翔海莉)からは、戦いには連れて行けぬと言われたり~

 

 

時に人知れず階段を降りる練習をしたり~でも祖母のマロングラッセに見つかってしまって~号泣する二人!

 

アンドレは何とかオスカルの衛兵隊を止めさせるべくブイエ将軍に懇願するが聞き入れて貰えず~

 

ブイエ将軍はいつもオスカルにとっては厳しい印象しかなかったが、この時も厳しい言葉で対応していましたね!

 

娘マリーズがアンドレを慕っている事を知ったブイエ将軍は、オスカルの手を引かせる事も出来ると言うシーンは、何処の親も娘可愛さの気持ちが見え見えで~可笑しかった( ◠‿◠ )

 

 

主演の大和悠がさんは、どのビジュアルも美しく~さすが宝塚きっての二枚目で、当時は私もかなり応援していたが、今こうして観ると、やはり歌もダンスも下手だったな~の印象が強く~


オスカルのカチャさんは正直言って余り好みのオスカルでは無く、フェルゼンが悠未さんと言うのも珍しく感じた。



まさこさん(十輝いりす)さんのジュローデルは立ち姿は良かったが、台詞が今一でしたね。



キラキラのタニちゃんの後ろで、同じ白い
軍服で踊るちぎちゃんのダンスがちらちら見えて素的だった~、市民たちと一緒にバスティーユを目指し踊るベルナールの早霧さんもカッコ良かった!



最後、祖母のマロングラッセに
アンドレがオスカルと共に戦死した事を聞かされがっくりするマリーズ…私の所為~と自分を責め悔やまれて~優しさを感じました。マリーズ役の陽月さんが可愛かったですね~!

  

主な配役はこちら



宙組中日劇場公演外伝「ベルサイユのばら~アンドレ編」千秋楽の様子



« 2015年星組「大海賊」を観ました。 | トップページ | 花組「邪馬台国の風」と「Sante!!」を観てきました。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2015年星組「大海賊」を観ました。 | トップページ | 花組「邪馬台国の風」と「Sante!!」を観てきました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

  • Cimg0556
無料ブログはココログ