« ショー「“D”ramatic S!」相模原公演の感想です。 | トップページ | JURIの「宝塚音楽同好会」に柚香光さん。 »

2017年9月11日 (月)

午後は花組全ツ「仮面のロマネスク」にどっぷりでした!(写真を追加)

午後は花組全ツ「仮面のロマネスク」にどっぷり浸かって観れました。

 

この作品は、劇場でも観ていますが、今回又観て、公式の作品紹介にもあります様に動乱に揺れる1830年のフランス宮廷を舞台に、美貌の青年貴族ヴァルモンと若き未亡人メルトゥイユ侯爵夫人の冷徹で官能的な大人の恋の駆け引きを、重厚かつ華麗に~描いた作品だそうです。



内容的には凡そ宝塚の域を超えた作品で、恋の掛け引きと言っても、ヴァルモン明日海さんのドンファンぶりは、法院長の妻を修道院にまで追い込み~ダンスニー男爵や恋人セシルまでも騙し~それもこれもメルトゥイユ夫人との約束のご褒美を得たい為だったとか~何という罪なヴァルモン子爵のみりおちゃん!

 

明日海りおさんのドンファンぶり…女性は誰もがヴァルモン子爵の魅力のとりこになって~捨てられて~モテモテのドンファンぶりが上手かったです!

 


ダンスニー男爵を演じた芹香斗亜さん…気の弱い人の良い男爵を演じてセシル嬢を心から愛して優しいダンスニーがぴったりでした!



トゥールベル夫人を演じた仙名彩世さん…法院長夫人と言う地位と、生真面目な性格から強引なヴァルモンを拒否しながらも次第に惹かれていく様子が自然で上手かったですね~!



そして美貌と侯爵と言う地位にあるメルトゥイユ夫人も、女一人あの動乱のパリで、形を崩さず~心を弱めず~生きて行くためだったとか~最後のシーンでやっとヴァルモン子爵に仮面を外し~心を開くのでした。

 


二人がお互いに死を決意した別れの中で、二人だけで踊り狂う時、本当の愛に酔いしれる二人が哀しくて~あの名曲にまたまた胸が詰まる思いのラストシーンでした!

女役さんも男役さんもフランス貴族の豪華なお衣裳が素晴らしかったですヽ(^o^)丿


♪貴女が居たから苦しくて~貴女が居たから悲しくて~貴女が居たから恋しくて~貴女がいたから生きて居られた~!(頭の中を曲が流れます)

 

過去の感想ですが良かったら見て下さい。

全ツ・花組「仮面のロマネスク」を観てきました。

1997年雪組の「仮面のロマネスク」を観て2009315日)



Cimg3669  Cimg3668  Cimg3667

Cimg3670  Cimg3673  Cimg3678

Cimg3679_2  Cimg3674_2  Cimg3680_2




« ショー「“D”ramatic S!」相模原公演の感想です。 | トップページ | JURIの「宝塚音楽同好会」に柚香光さん。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ショー「“D”ramatic S!」相模原公演の感想です。 | トップページ | JURIの「宝塚音楽同好会」に柚香光さん。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

  • Cimg0556
無料ブログはココログ