« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

花組、「ハンナのお花屋さん」千秋楽の映像を観て。(追加)

花組、赤坂ACTシアター公演「ハンナのお花屋さん」千秋楽の映像を観ました。

 

 

舞台は観て居ないので、ニュースや作品紹介による事しか分かりませんが、自然豊かな北欧を舞台に、戦争の悲劇が見える中で~本当の幸せとは?を描いた舞台の様ですが…

 

辛い事も描かれて居るようですが、最後はハートウォーミングな~舞台だったようですね!

 

森のセットも自然を感じさせてくれて素的な舞台ですね!

 

 

高翔みず希さんのご挨拶では足元が悪い中、劇場に見に来られた方への感謝とお礼の言葉が聞けました。

そして花組から宙組へ組替えになられる芹香さんを紹介。高翔さんは花組へ来られ紹介した時の事を思い出すと仰っていましたが、あれから5年、様々な役に出会い、経験をし~とても大きく成長し花組にとってとても大きな存在になったとの事、こらら同じ舞台に立つことが出来ないのは本当に寂しいそうですが、でもこれからキキちゃんが宙組のマークの様に無限大の限りなく大きな花を咲かせてくれる事と信じています。皆様これからも芹香斗亜を見守って頂けますようよろしくお願いいたします」と

愛の篭った送る言葉が聞けました。芹香さんは笑顔で何度も頭を下げられていました。

 

 

そしてイケメンプリンス明日海りおさんのご挨拶は、「悪天候の中沢山のお客様に来て頂き、こうして全員揃って千秋楽を迎える事が出来本当に幸せに思っているそうです。


舞台で役を演じて居る時など、みんなと役同士で心が触れ合う瞬間や様々な一瞬一瞬でキラキラ愛おしく~尊く見えて、植田恵子先生の世界観がいっぱい詰まった作品に出られて~本当に幸せだそうで~~みりおちゃんらしい言葉を入れながら聞かせてもらいました。

 

そして明日から芹香は宙組生となります。今回のアベルと言う役を通して、ききちゃんの持てる力をいかんなく発揮してくれました。

これからは宙組が聞きちゃんのホームになる分けですが、花組もホームであることに変わりありませんし~と言う事は自動的に星組さんもホームですので、5組ある中の3組ホームと言う事は、ほぼホームとか、安心して新しい仲間と頑張って下さい!」と送られて居ました。

 

我々残ったみんなは「はいからさんが通る~」のチームと合流して、スキルアップした姿を、楽しんで頂ける舞台をお届け出来る様精進して参ります。」とトップさんとしての言葉が聞けました。

 

最後に芹香さんの先導により花組ポーズをされて幕となりました。


花組最高!でポーズの後、みりおちゃんにどうですか一言?と言われ…こういうの苦手だな~と言いながらも、みりおちゃんに最後なんだから~駄目ですと言われ~しぶしぶでしたが、ご挨拶するききちゃん。

 

「まさか台風が来るとは思って居なかったんで、でも皆さん来てくださって本当に良かったと心から思っています。

 

そして花組の皆には頼りない私を支えて暖かく見守って下さって~ありがとうじゃ言葉が足りないくらいです。

 

組替え発表があってから皆さんに沢山励ましの言葉を頂いて、毎日観に来て下さる皆さんに暖かい拍手を頂いたので、

本当に沢山のパワーになりました。これからも頑張って参りますので、これからもどうぞよろしくお願いしますm(__)m」と最後のご挨拶をされて居ました。

 

もしかしたらお会いするのは来年になるかも知れませんね」とみりおちゃん。

でも再度幕が上がって年内にもう一回会えましたね~!(皆さん大笑い)

みりおちゃんは念願だったお花屋さんがもうできなくなるかと思うとハンナご両親もですが、今日で店じまいします。

明日からは普通のお客さんに戻ります」と言いながらエプロンを外しあ~あ~と泣きまねをされて居ました。

余程残念だったのでしょうね!



舞台終了後の組長さんや、明日海さんのご挨拶から感じた事は、ハートウォーミングな舞台だったようなので、一日も早くスカイステージで放送して下さる日を楽しみにしています。


宙組でのききちゃんの活躍を楽しみにしています。

 

花組千秋楽の様子でした

 

 

雪組新トップコンビ情報です。

スポーツ報知より

昨日と今日の放送から過去の感想です。

昨日と今日の放送から、過去の感想ですが良かったら見て下さい。


花組バウ「BUNDNEON 上海」の男役を超えた朝夏まなとさんに驚き!

スカイステージ番組詳細はこちら

 

90周年の大運動会の様子



100周年記念 大運動会」色々です。

 

 

「タカスペ2016」は良い所どりの特集で見所満載です!

スカイステージの12月の番組表に「タカラヅカ・スペシャル2016」が早くも放送される様ですね…このDVDは購入していて、番組表を観て急に観たくなったので、今日観ちゃいました。

琴ちゃんが「エリザベート」コーナーで月組の珠城りょうさんと組んで♪闇が広がるを唄っていて二人共素晴らしかった!

トップさんと組んで一歩も退けを感じさせない琴ちゃんに誇りを感じたわ~!

↓今日感じた事と同じことが書いていますので良かったら見てね!

DVDで「タカラヅカ・スペシャル2016」を観て。

タカラヅカ・スカイ・ステージ12月番組速報!のお知らせ。

11月の番組ラインアップはこちら

 

★『タカラヅカスペシャル2016 ~Music Succession to Next~』(’16年・梅田芸術劇場)
放送日 2017/12/1721242631

 

★『私立探偵ケイレブ・ハント』'16年雪組・東京・千秋楽)
放送日 2017/12/3710121824

 

★『Greatest HITS!』'16年雪組・東京・千秋楽)
放送日 2017/12/3710131824

 

★『パーシャルタイムトラベル 時空の果てに』'17年宙組・バウ・千秋楽) 
放送日 2017/12/1014171925

 

スペシャル動画ページはこちら

 

11月の番組には星組の「ロマンス」が早くも放送がある様で嬉しい!

又12月にはタカラヅカ・スペシャル2016の放送がありますね…こちらはDVDを購入していますが、放送が早くて嬉しい!

今日のスカイステージは色々観ていますので、

今日のスカイステージの放送はいろいろ観ていますので、過去の感想でよろしければ見て下さい。

 

バウ「Je Chante」良かったです!

 

 

朝夏さん主演「王家に捧ぐ歌」色々です。(沢山リンクでアップしています。)

 

柚香光さんの「Brilliant Dreams~personal」を観て。 

 

 

リクェストDXトークに明日海りおさんと愛希れいかさん。

 

星組 「うたかた~」「Bouquet de ~」出演者・一部の配役決定

公式より

星組 『ドクトル・ジバゴ』出演者・一部の配役決定!

公式より
誰が出演しても梅田じゃ行けないわね。

礼 真琴 ディナーショー(追)

タイトルと出演者が決定いたしました.。
<タイトル>
『MOMENT』
<構成・演出>
中村 一徳
<出演者>
(星組)礼 真琴
音咲 いつき、夕渚 りょう、遥斗 勇帆、二條 華
詳しくはこちら

宙組「クラシカル・ビジュー」を観てきました。

カメになって仕舞いましたが、朝夏さんラストのショー「クラシカル・ビジュー」を観て来ました。、

 

正に題名の通り、振りむいた時の登場からお衣裳もキラキラ!笑顔もキラキラ!で、まぁ様に釘付けになりましたね!


クラシカルビジューの主題歌が歌詞に乗りやすくて~まぁ様の歌も真風さんも上手くて~まぁ様をセンターに大勢が並んで唄うシーンに圧倒されました!

 

 

そして愛月さんを中心の若手ハンターたち、銀橋では若いエネルギーに満ち溢れて居たのに~海へ落ちて~女性たちに弱かった。

 

 

素的なシーンは沢山有りましたが、紫のスーツにソフト帽で現れたまぁ様は、正にザ・タカラヅカのビジュアルで~マフィアの世界の人が良く似合って素的でしたが…真っ赤なお衣裳のうららちゃんと踊り~最後は撃たれて~(-.-)

 

 

まぁ様とゆりかちゃんのブルーのお衣裳でデュェットのシーンにはびっくりしましたね~!

ダイナミックにあの大きな人を持ち上げちゃうんですから!( ◠‿◠ )

でも二人で情熱的に踊るシーンは思い出に残るシーンになったと思います。

 

エルドラードのシーンの愛月さんの金ぴかお衣裳にもびっくりしましたが、皆さんターバン姿で素敵でした!

 

 

真風さんとうららちゃんの王冠の場面も長身の真風さんの魅力が感じられてきらきらしてて素敵でしたが、

王冠をもって逃げ惑いながらもうららちゃんに王冠を奪われて~

 

 

最後にまぁ様が現れて~唄うシーンも良かったですね~!

あの♪宙の太陽と言う歌の稲葉先生の歌詞が何とも言えなくまぁ様の心を表現していて~素的でした!

宙組が一つになって尊敬するまぁ様に暖かい目が注がれて~素敵なシーンでした。

 

そして何といっても男役さんの黒燕尾は、男役さん達の見せ場で、美しい男役のダンスだけでなく、

男役としての尊厳を感じるシーンで素的でした!

 

 

後にも先にもこれで見納めの舞台でしたが、スタイルの良さ!も歌もダンスもトップさんらしく

最高の舞台を魅せて頂き、満足感でいっぱいでしたが、熱い熱い舞台が終わってしまうと

あ~ぁ~終わってしまった~と言うちょっと寂しい気持ちで劇場を後にしました。

素晴らしいラストショーでした!

 

 

 

スカイステージトークDXは麻実れいさんと朝夏まなとさん。

過去に観た時の感想ですが良かったら見て下さい。
スカイステージ番組表詳細はこちら

朝夏まなとさん主演の「翼ある人々」の感想です。

宙組「翼ある人びと」の過去の感想ですが良かったら見て下さい。

 

スカイステージで宙組「翼ある人びと」を観ました。(20156 8日)

 

宙組「翼ある人びと」を映像で観ました。(2016716


青年館「翼ある人びと」を観て来ました。(2014226日)

 

宙組「翼ある人びと」千秋楽の様子より。(20143 5日)

 

宙組「翼ある人びと~」ナウオンを観ました。(2014212日)


 

今日のWOWOWは、紅ゆずるさんと礼真琴さんのトークです。

宝塚「プルミェール」今日の特集は、星組「ベルリン我が愛」紅さんと礼真琴さんのトークを観ました。

ナレーションは壮一帆さん。

映画に人生を掛けたミュージカルとこれぞレビューと言うショーの2作品

 

紅ゆずる演じるテオを主人公にドイツの第2次大戦前のドイツを描いた物語。

戦争の気運が高まる中ナチスが映画の世界に介入。理想と現実の挟間でもがくテオ…しかし一人の女性との出会いが運命を変えていく。

 

紅ゆずると礼真琴のトークで紹介。

 

「ベルリン、我が愛」について、

「大勢芝居、チームテオ…原田先生はどうやってやるのかなと言う感じなので、私たちは自分たちで作るそうで、

ここに配置した方が良いとか~ここはこうした方が良いと言う事をすごく考え勉強になるが、めちゃめちゃ大変だそうです。

 

「あれ?先生とさゆみさんとどちらが演出家だったかな?というくらい、すっごく考えて下さって…」

「ちょっと分からなくなって、まこっちゃん、こう思うんだけど、どう思う」と言う感じだそうです。

「それ正解だと思います」という~みたいな。

「自分の役創りだけやってて良いと言うものじゃなくて、皆の動きから、ここはこう言う風になるとか、セットがこう動くとか~じゃ~こうした方が良いじゃないかとか、

「映画監督としてチームを率いるテオ、それはトップの立場と責任に通じるもの。」

「トップさんの責任と言われれば、そうなんでしょうね。なので、「この作品を失敗させるわけには行かない!と言うセリフもあるそうで、そこに全部感情が籠って来るそうです。私の中の理想のトップ像と言うのは、引っ張って行くのじゃなく、みんなと作って行きたいそうで、なので、今回役創りに反映したそうです。

皆行くぞーこっち右左じゃなくて、こっちに行きたいなと言ったら、よしじゃ~こっちの方向に進めて行こうと言うように、そう言うのって組力だと思うのでと。

お客さん的にはこういう風に考えてるのかなと言う全体的に考えていくのも主演にとってすごく必要な事なのですごく学んでいるそうで、

引き続き学んでいきたいそうです。 琴ちゃんずっとなずいています。


演出まで紅さんがされるそうで~どっちが演出の先生か分からないほど?だったら紅さんは大変でしょうけど、原田先生は随分と楽ですね~!




解説
…テオの映画作品の脚本を手掛けるエーリッヒを演じる礼真琴、紅ゆずるとは初の親友役、

映像が流れて「エーリッヒ(礼真琴)が結婚して欲しい!」って言うんですね!そして恋人役の有紗ちゃん嬉しそうに駆け寄って来て、みんなの前で熱いキッスシーンが観れました。真琴ちゃん阿弖流為の時から恋人が居る役続きで嬉しいだろうね~!スカピンの時は寂しかっただろうからね!( ◠‿◠ )

 

 

エーリッヒ役に付いて

「さゆみさんがトップに成られて初の仲良しの役と言う事で~

「初の仲良しの役が来るの早くない?分からへんけど~敵対する役が2番手さん多いんで~。

 

「そうですね~いや~嬉しいです!」「髪の毛明るくしたのも一年以上ぶりというか、ずっと黒髪で顔の色も黒くて~心の中も黒いと言う役が続いておりましたので、今回はほんとに180度違う、常に前を向いて明るく生きている青年なんですけど~

解説…礼にとっても立場と通じる点が~

「テオの真っ直ぐな思いだったり、強い心にエーリッヒ自身も心を打たれて、全面で協力していきたいとか、一緒に成功させたいと~彼も成長していく物語だと思っております。

 

「今回ポスター撮りの時にエーリッヒが弟分みたいな感じだったんですけど、そうじゃなくて一緒に歩んでいる親友・同志・戦友そう言うポジションで居て欲しいので、

 

「エーリッヒはテオに着いて行ってるんじゃなくて、一緒に横を歩いて居る~と言って頂いてから、エーリッヒとしても礼真琴としてもすごくそう思いがある所です。

 

劇中舞台のスクリーンには映画が映されます。

 

劇中映画の撮影について。

 

「映画も大劇場で撮ったんですよ!撮影現場を見ていても、映画の人ってこんな感じなんや!すごいな!と思って、各々が良い仕事するんですよ。照明とかカメラとかがそれぞれプロフェッショナルで、良い所を集めて撮るのが監督だそうです。

プライドがあるプロフェッショナルだそうです…と言う事を学びながら~負けて入らんねーなと思いながら自分もやってたそうです。

琴ちゃん笑いながら納得して居ました。

 

解説「ある秘密を抱えるジル、映像が流れて~ナチスから映画・そしてジルを護ることが出来るのか?結末はどうぞ劇場で~。

 

解説…ミュージカルに続いては、「ブーケド・タカラヅカ」宝塚のレビュー90周年を記念した作品…過去の名曲もふんだんに盛り込まれた宝塚の伝統で紡ぐショーです。

 

Bouquet de TAKARAZUKA」について…

「酒井澄夫先生の世界観と言うものが=宝塚の世界と言う感じだそうです。昔の映像を観て勉強しているそうですが、

まぁ個性がすごいそうです。

「濃いですね~!」

「濃い!自分がなんてつまらない人間なんだろうと思ってしまったと言う。立ってるだけですごいと思わせるものがないとあかんねんな!

「それは酒井先生見てて物足りないやろと思って、そこまでやる?と言うくらいやって、丁度良いんだなと思ったそうです。

「ハイ!」

「真琴ちゃんの時は、グッ!と引き寄せて捨てようよ!と言われたとか、お客様との駆け引きで~

「あとは色気とエロケよ!」 「そこですね!」

「清く正しくセクシーに!」 「これがポイントですね!」

「どんどん飛び出す酒井澄夫名言集!」「すごいです!」

「私達しんどい!とか言ってたらあかんなと思う」「駄目ですね!

「酒井先生に負けないで頑張ります!」「ハイ!」

 

礼真琴、一押しの紅ゆずるのシーンは?「やっぱり夜霧のモンマルトルですね!」真琴ちゃんはあの場面大好きだそうです!

さん、マジで~?とかどうしよう!とか言いながら嬉しそう!( ◠‿◠ )

「シルクハットと剣を持って、カッコ良くすごく良いな~と憧れるそうです!素的な映像が観れました。

ここでも酒井先生の独特の演技指導が~

「最初に言われた言葉が、「何真面目にやってんのよ~」だったそうな。(琴ちゃん大笑い)

自分で変えていいのよ~って。力入ったらアウトだなと思って。頑張るぞ~と言う時はもう過ぎたのよ~!

頑張って無いけど~素敵と思わせないとだめなのよ~!だそうです。琴ちゃん「難しい!」

メッチャ難しい!とつぶやいていました。

壮さん酒井先生は「恋をしなさい!そして捨てられなさい!」だそうです。

そして紅さんのご挨拶の様子も観れました。

 

 

今日はお二人のトークと合わせて、そのシーンの映像を色々観させて貰えて~真琴ちゃんのシーンもニュース等より沢山観れて~すごく楽しかったです!

ほんとに東京公演が待ち遠しくて~溜まりません( ◠‿◠ )

 

 

 

WOWOWで月組の「激情」が放送されました。

今日、WOWOWで月組の「激情」が放送されました…過去の感想ですが、良かったら見て下さい。多分この公演は珠城さんのプレお披露目だったと思います。

今日放送の番組より色々です。

今日放送される番組の過去の感想です。良かったら見て下さい。

 

雪組「猛き黄金の国」を観て

 


朝夏まなとさんと羽山先生のトークは

スカイステージ番組表詳細はこちら

 

「ジャン・ルイ・ファージョン -王妃の調香師-」を観て。

スカイステージ番組表詳細はこちら

 

 

星組「ベルリン~」のチケット

星組「ベルリン~」の最後の観劇分のチケットが今届いた。

これでやっと3回分のチケットが揃った。
琴ちゃん出演のショーが観たくて~暮で忙しい時期なのに3回分も買ってしまったが、今から楽しみ!ヽ(^o^)丿

雪組「ひかりふる~」のチケットを

雪組「ひかりふる~」のチケットを購入しました。

 

 

何でいつもフランス革命ばかりなんだろう?と思いながら、余り観たい気持ちは無かったけれど、本公演なので買ってしまいました。

 

 

それに最近すごく出かけるのが億劫になって来た事もあるし、高齢になった所為か?それとも気乗りがしないと言う事は自分が覚めてきたと言う事なのだろうか?



琴ちゃんの歌とダンスならわくわく気分で出かけると思うんだけど…雪組ファンの人ごめん!m(__)m

 

雪組 『ひかりふる路~」人物相関図

公式よりお知らせです。

宙組「神々の土地」を観てきました。

宙組「神々の土地」を観てきました。

 

 

舞台はロマノフ王朝の時代でしたが、出演する王宮貴族たちのお衣裳は豪華で美しく~王宮のセットも豪華な舞台ではありましたが、ストーリーとしてはロシアの革命が背景のストーリー故、暗く~宝塚らしさに欠けた舞台だったようです。


そんな中でロシアの極寒の雪原で踊るドミトリー(朝夏まなと)とイリナ(伶美うらら)の熱い関係が興味深く観れて最後にお二人の魅力を感じた舞台でもあり楽しめました。

 

 

 

ドミトリー朝夏まなと扮するドミトリーは…軍服を着た姿が素的でした!有能で正義感強く周囲から尊敬される良い役をされていて、宝塚の舞台にしては余り良い舞台とは言い難いが、役としてはまぁ君に重なる所があったようで~良かったような気がしました。

そしてイリナと言う美しい女性・伶美うららさんとも最後にこれほど熱い役が出来て、楽しかったのではないかと思いました。

でも心に想いながら~あれほど熱く愛して居るのに、「愛してる!」の言葉は無く、いつも態度で表現して居たようでヽ(^o^)丿

そしてフェリックスは確かな見方でドミトリーの背中を押してくれていたようで~いい友達だったのではないか。

彼が居たから強気でラスプーチンも殺せたのだろう!

銀協で唄う歌からは、言葉がはっきりしていて、ドミトリーの心情が伝わって来る。

 

 

真風涼帆さん扮するフェリックスは…長身でスーツ姿も良く似合っていましたね!

オリガに色々言われながらもいつもドミトリーの役に立ち、助けていたように感じます。

 

 

 

伶美うららさんのイリナは…水色のお衣裳が特に良く似合って素敵でしたね~!そしてやっぱり美しい!

トップ娘には就任できなかったけれど、まぁ君の最後の相手役として良い役をさせてもらって最高だったのでは?

ドミトリーを愛して居たのでしょうけど、積極性も無く~奥ゆかしい人だったようですね。

 

オリガを演じた星風まどかさんドミトリーに思いを寄せていた様ですが、婚約披露の場でお流れになり~可愛そうな立場でしたね!

ある時、ドミトリーに争っても良いから背を向けるな!と言われて、フェリックスや、ロマン・ウラジミールに辱めの言葉を放っていたが、台詞が早口で良く聞こえず~ニュースを観ていたので分かりましたが…。

 

 

マリア皇太后の寿つかささん…女役でしたが、こういう役をされると貫録があり立派ですね~!

 

 

ジナイーダ役の純矢ちとせさん…フェリックスの母親だったのですね!いつも上から目線の物言いだったように感じましたが、イリナには良い感情を持って居なかったのかしら?品よく見せようとして語尾がきつかったような。

 

 

コンスタンチン役の澄輝さやとさん…ラッダを愛して居たようですが、いつも花束を渡してゾパールに殴られて~人の良い役でしたが、優しい感じが良く似合っていたように思いました。

 

 

アレクサンドラ役の凛城きらさん…初めての女役だったそうですが、ラスプーチンを尊敬し、周囲の言う事に耳を貸さず上に立つ人がこういう人だと困るな~の見本でしたね!でも毅然とした態度で、頑張って居て上手かったです!

 

ニコライ2世の松風輝さん…ロシアの帝国皇帝を演じて居られましたが、すごく品の良い物言いで、人の良さ・優しさを感じました。役に成りきって上手かったですね!

 

 

ラスプーチンを演じた愛月ひかるさん…ご本人も仰っていましたが、エネルギーの要る大変な役でしたね!狂っているようで痛い所を付いてくる~と言う役で、上手かったですね~!

現在この役が出来るのはこの人以外に居ないんじゃないかと思うほどの役ですね!




ウラジミールを演じた蒼羽りくさん…ドミトリーの同僚で近衛騎兵将校役でしたが、気取り屋なのに食べ物をこぼしていて、エレガントじゃないとか~ そんなことを言われても反論しないのね!( ◠‿◠ )

 

 

ゾパールを演じた桜木みなとさん…余程ロマノフ王朝が許せなかったのでしょうね!

激しく恨みを感じていて~それが血気盛んな若者たちを奮い立たせて革命に至ったのでしょう!すごく上手かったですよ!

 

 

私自身、ストーリーが最後まではっきりしなかったので、一応プログラムにて再確認しました。

 

公式のストーリーはこちら




詳しくは…ネタバレですので、お気をつけて!


革命のうわさが広まる中、皇帝ニコライ2世の従兄弟で将来を嘱望される有能な軍人ドミトリー(朝夏まなと)に
皇族一家を護って欲しいと言うイリナ(伶美うらら)の気持ちを汲んで~悩んでいたが…

友人フェリックスが中心となりラスプーチン暗殺を企てて居た事を知り~

 

でもドミトリーは穏便に~と思っていたが、ドミトリーはアレクサンドラにラスプーチンの存在が皇帝を窮地に立たせていると進言…逆に聞く耳を持たないアレクサンドラの反感を買う。

 

フェリックスからあいつを殺そう!と持ち掛けられたドミトリーは、

 

ドミトリーとオリガの婚約パーティにラスプーチンが現れて~、「ドミトリーの心の中には別の女性が居る」と言い放つ。

ニコライがドミトリーに本心を訪ねたその時、駅でイリナを狙った爆破事件があったと将校らが駆け込んできて、ドミトリーが周囲の制止を振り切ってイリナのいる駅へ向かおうとした時、何とイリナが現れ~イリナを抱きしめるドミトリー。

これでオリガとの事も終わりでしたね!

 

「これで誰を愛して居たのかはっきりしただろう!」とフェリックスに促されたドミトリーは、コンスタンチンの裾を持って階段を昇るラスプーチンに銃弾を放つ。

 

ラスプーチンに弾は何発も当たって居るのに倒れず向かってくる。それでも力を振り絞って倒したようだった。民衆は喜びに沸いていた。

 

しかし皇后コンスタンチンは軍隊を動かしドミトリーたちにも銃が向けられて~大衆は偉大な人まで殺すのかと騒いで居た。

ドミトリーは捕えられ~最も過酷な死の戦線へ流刑となるらしい。

 

しかしドミトリーは、ペルシャ戦線へ向かう途中イリナに会いたいと列車から飛び降り、イリナの所にたどり着いたようで、二人の別れの様子は熱い熱いラブシーンでした!客席は唯シーンと見守って居ました。( ◠‿◠ )


最後に雪原に現れたドミトリーは、やはり現れたイリナと戯れて~




ドミトリーがペルシャに送られてから直ぐに革命が始まったらしく皇帝とその家族は革命軍によって銃殺され、
亡命を拒んだイリナの投獄と死の知らせをペルシャで聞きドミトリーは生き延びたと説明されて居た。



ストーリー的にはあまり感動は無かったが、ドミトリーとイリナの恋の行方が興味深かったです!ヽ(^o^)丿


ショーについてはこちらに書きました。

 

月組『カンパニー -努力~」ポスターアップ

公式よりポスターアップのお知らせ

『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』ポスターがアップされて居ます…こちら
珠城さんカッコいいな~!

雪組「ひかりふる路~」キャストボイス更新

公式より

雪組『ひかりふる路~革命家~」色々お知らせ

公式よりお知らせです。

 

 

演出家 生田大和が語る『ひかりふる路~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~』の見どころは…こちら

 

 

雪組公演『ひかりふる路~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~』の作曲家・フランク・ワイルドホーン氏と生田大和 対談は…こちら

 

宙組「エリザベート」を観て。

宙組「エリザベート」を観て。

 

すごく楽しみにしていた放送でしたが、残念ながら今回の映像は台風の影響からかかなり乱れて居ましたが、見苦しい所は音だけを聞いて何とかブログ記事を書きました。

 

 

実は劇場で観た時は気が付かなかったのですが、全体的に今までとは違った演出だった事に気が付きました。

 

やはり初演から20周年という事で小柳奈穂子先生が(共同演出)細かい所に気を配り演出されたようで、なるほど~と思う演出で素晴らしかったですヽ(^o^)丿

 

 

兎に角、どのシーンに於いても、シルヴェスター・リーヴァイさんの楽曲全てが素晴らしく~それだけでも満足感を感じますが、唄う主要メンバーが皆さん上手くて~画面が乱れて居なければ、心から満足感でいっぱいだったと思いました。

 

大勢の場面では、カフェのシーンやミルクのシーンが輪唱が素的で~ミュージカルとしての醍醐味を感じ大好きなシーンです!


全体的にお衣裳が豪華でしたが、2幕のハンガリーのシーンは、トートもエリザベートもフランツも豪華なお衣裳でしたね!

 

トートを演じた朝夏さんはスタイルが良くどのビジュアルも満点!メイクも冷たそうで~ストレートのヘアースタイルも似合って~無表情さが冷たく如何にもトートらしくて~歌によるお芝居は死に成りきって素晴らしかったです!

 
強く印象に残るシーンは、
最後のダンスは俺のもの~と自信たっぷりに唄い挙げるトートに迫力を感じましたが、

 体操で倒れた後、診察したトートは、フランツの浮気の写真を見せながら、お前を愛するのはこの俺だ!と今こそ黄泉の国へ~と誘うが、拒否され~今に死にたい時が来る~寂しく去るトートでした。

そして最後の証言で、トートと皇帝陛下の対決は激しかったが、最後のトートの違う~!の迫力ある一言がすごかった!



エリザベートを演じた実咲さん…歌も芝居も上手かったですね!父親とのやり取りは可愛く自由に成りたい気持ちを感じる。

結婚式の翌日、ゾフィとの対決は自由に成らず~フランツに助けを求めるが母親を気遣うフランツには取り合って貰えず~死にたいと思っても死ねなく~辛そうなエリザベートでした!♪私だけに~は高音も綺麗に出て上手かった!

しかしルドルフの柩の前では、ルドルフを助けられなかった自分を責め~♪死の嘆き~を唄いながらトートにすがっても突き放され~号泣するエリザベートが哀れでしたね!

 

ハンガリーはエリザベートの美しさに騙され~ここではエリザベートは、♪私だけの道を 邪魔しないで~と唄いますが、トートにはツン!とした感じでした。

 

お医者さんを呼んだはずなのに、トートで~陛下の寝室での写真を見せられて、フランツに対して自信を失い、死ねばいい!と言われながらも付き離すエリザベートが強いですね~!



皇帝陛下フランツの真風さんは品よく~立ち姿も美しく~皇帝陛下としての貫録もあり、歌も上手く~素敵でしたが、母親のゾフィに対してはマザコンで~シシィからは愛想尽かしされて~でもルドルフには厳しかった様ですが柩の前では哀しそうでしたね!

夜のボートでは、フランツが人生のゴールは寄り添いたい!と言ってるのに~エリザベートは二つのゴールよ!とか、かみ合わず~結局どこまでもすれ違い夫婦でしたね。

 

ゾフィの純矢ちとせさんは、強いゾフィを感じたが、後半セリフがはっきりせず~で今一でした。

 

ルキーニの愛月さんは、自由に舞台を動き回る様子からは、余裕が感じられテロリストらしかった!特に2幕の始まりはアドリブにも余裕があり~上手かった!

ルキーニがエリザベートを刺した時、直ぐにトートが現れ~捕らえられたルキーニの抵抗は今までよりも激しくテロリストらしさを感じました。



桜木みなとさんの皇太子ルドルフは、
自分の悩みを母親にも聞いて貰えず~父親にはこれがハプスブルグ家の後継者のする事かと皇位継承はないと言われたりでもう生きる当てもない~になるのですね!♪闇が広がるでは、トートに引っ張られる強さが今までと違っていましたね!しかし悲壮感はそれほど強くは感じられなかったのですが…皆さんはどうだったのでしょう?



エリザベートが刺された後のトートとエリザベートはお互いに愛し~愛され~二人きりで泳いで渡ろうと登る二人が幸せそうでしたね!

フィナーレが素晴らしかったですね!

先ずは銀橋で、真風さんの♪愛と死の輪舞~歌は良かったが…

そしてロケットは♪キッチュの曲に乗って~衣装が可愛いいし~良く揃ってました!

大階段に紫のお衣裳を着て現れた朝夏さん…娘役さん達が周りを囲み♪踊るなら~の曲ですごいわ!ハァー!がカッコいい事!

楽曲のみになったり~そしてまぁ君の踊りがカッコ良くて~銀橋へ踊るならすべては俺が選ぶ~と舞台上でお着替えされて~

黒のキラキララメ入りお衣裳でシックですね!

そして男役ダンスは♪闇が広がる~に乗って~4人から徐々に人数が増えて~

 

赤い燕尾で現れたまぁ君は、髪を後ろで束ね、♪最後のダンス~は私のもの~と唄い踊る時、本舞台にみりおんちゃんがせり上がり~デュェットを踊りますが、途中からバイオリンだけの音色でゆったりと踊り~抱き合いながら~

そして音楽がピアノになると色っぽく~なったり、テンポが速くなったり~しながら二人が銀橋へ!

いや~もうカッコ良すぎて溜息もんですよ!久しぶりにデュェットとしての魅力を感じさせてもらいました!

終わるとまぁ君、みりおんちゃんに投げキッス!客席から歓声が上がって居ましたよ!

エトワールは瀬音りささん、高音で唄われて上手かったです。

ここまで来ても画面が乱れて~パレードはまぁ君迄すっとんでしまって~幕になって仕舞いました(-.-)

 

劇場で観た時の感想はこちら


舞台は素晴らしかったのに、画面がまともだったら~もっとストーリーに入り込めたのに本当に残念でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宙組「エリザベート」再放送希望を出した件に付いて

この度、宙組「エリザベート」の放送を楽しみにしていましたが、録画した結果、映像はかなり乱れていたため、多分駄目だろうと思いながらも一応再放送願いのメールをさせて頂いたのですが、本日、回答を貰いましたので、お知らせします。



挨拶などは省き回答のみ書きます…『エリザベート』については放送に対する著作権所有者の許諾条件が厳しい作品で、 放送回数や放送日程も厳密に定められており、今後再放送をすることについては 著作権所有者への再申請が必要でございます。

そのため、現在のところ次回の放送予定については全く未定ではございますが、 このたびお寄せくださったご要望はリクエストとして担当部署に申し伝えます。
恐れ入りますが何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。」



以上ですので、多分無理なんだろうな~と言う印象です。

昨日乱れている部分は目をつぶりもう一度観直しましたが、全体に及んでいるので保存版には出来ず、即削除するしかなく~本当に残念です!(-.-)

 

本日放送の’00年愛華みれさん主演、花組「あさきゆめみし」の事等

登場人物について等を書いていますが、良かったら見て下さい。


空手ガール・極美慎さん情報です。

デイリースポーツより

星組新人公演主演は異色の空手ガール・極美慎 舞台あいさつでも道場訓引用

 

 

日刊スポーツより

星組の極美慎が100期生初の主演!紅ゆずるが激励

 


初舞台から4年で100期生初の主演を果たした~ってすごいですね!

 

雪組「ひかりふる路」稽古場情報は、望海さんと組長さん

ニュースに雪組「ひかりふる路」稽古場情報が入って居ました。

 

トークは雪組組長の梨花ますみさんと望海風斗さん。

 

大劇場公演のお稽古が始まったそうですが、だいもん君は今までと変わらないそうですが、組替えしてきた人達も居るので、新鮮に感じているそうです。

 

 

ロベスピェールについてだいもん君は…ほんとにこの人ロベスピェールかなと思うそうで、普通に明るい未来へ希望を持って皆と一緒に動いてた人と感じるが、


これからどんどん追い詰められていくお芝居をやって行くそうで、ただ自分が変わって行ったと言うよりも、周りの環境や、人との別れ~のきっかけが彼をそうして行ったんだなと描いてくれているので
そう言う哀しさや悔しさで、自分が後戻りできないところまで創っていけたらいいな~と。

 

絡むキーちゃんによって今までと違うロベスピェールを観て居る様な~そしてだいもんはマリアンヌとの出会いによっても~

この人ほんとにロベスピェールかなと思う(笑い)でもロベスピェールも女性の事とかあっただろうし~そう言う部分では面白いんじゃないかなと。

 

 

マリアンヌによって自分も色々決意して行くと言う事もあり、サン=ジュストのアーサがこっちですと引っ張って行ってくれるので、自分から動いて行くよりも人によって動いて行くのが面白いなと思うそうです。

 


今回ハッチさん(夏美さん)と沙央さんが出てくれてるそうで、ハッチさんの登場シーンが悪いですね~と。



又こまちゃんの違ったキャラクターと、だいもん君はこまさんとお芝居するのは初めてだそうですが、咲ちゃんのダントンと3人で仲良く革命を先導して、これから一緒にやって行こうぜ~と言いながら、だんだん分裂していくそうですが、そこをこまさん演じるデムーランが、何とかしなくちゃ~という所までやって居て、人の暖かさを近くで感じることが出来て~初めてお芝居させてもらうのに初めてじゃないような気がするとか。

 

みとさんは(梨花 ますみ)今回印刷所のおかみさん役だそうで、夫婦ニマニマとみんなの要望に答えているそうで、

 

作曲は全てフランクワイルドフォーン先生が書いてくださってるそうで、お稽古しててこれぞミュージカル!と仰っていましたが聞いててすごいな!と、だいもん君は唄う曲全てがドラマティックで~芝居もこれから作っていく段階なのに、歌を唄うだけで感情が引き出されるて~民衆がメインになって居るので、ほぼ出ていてほぼ唄っているんじゃないかと仰っていました。

 



その人たちの力強さが舞台のエネルギーになってるとみとさん。この勢いで芝居も振りも着いたらすごくなるとか。


 

ショーの方は野口先生が、だいもんの芸名・望海風斗にちなんで、「望(HOPE)」「海(OCEAN)」「風(WIND)」「斗(BIG DIPPER)」の場面で構成されているそうで、中詰めくらいまで出来あがったそうです。


だいもん君は、レジェンドの方々がだいもんの一文字の場面を受け持ってくださって居る事を恐れ多い~と仰った居ました。

白雪号がだいもん船長によって航海され、色んな所に行って、色んな場面に繋がっていくそうで、プロローグを観て居ても明るくて楽しいそうで、

 

 

久しぶりにプロローグの振り付けを羽山先生にやってもらうとか。展開がもの凄く早くてプロローグの後に客席に降りられるそうで、皆さんに参加して頂き振りもちょっとして頂き~盛り上がりたいと仰っていました。2階席にも行くそうです。

楽しんで下さっても良いですし自由です!とだいもん君。

 

プロローグの後にロケットがあり、組替えしてきた綾 凰華さんがセンターでロケットをしたり~その後咲ちゃんが5分間踊り続けるそうで、唄わずにずっと踊り続けて~フォーメーションも色々あり~すごい!だいもん君。

 

振付は初めての先生がいらっしゃるそうですが、ストイックで~今までの中詰めとは違って銀橋に行っても早いテンポで

唄い踊ってます!とみとさん。

ラテンで派手だし~豪華!とだいもん君。後半の振り付けはまだだそうですが、


今回初めて大劇場のお披露目できぃちゃんとのデュェット・ダンスがあるそうです。

 

明るい歌詞を野口先生が書いて下さったそうで、それを二人で唄って~のダンスに入るそうです。

 

初めて大劇場のお披露目で、だいもん君の抱負の言葉は…お芝居もショーもみんなが頑張って創り上げてくれてる中で、自分もその力を感じて、さらに前へ進んでいけたらいいな~と思うし、お客様の暖かい空気も頂いてさらにいい形で出るんじゃないかな~と信じて今はみんなとお稽古励んで行きたい!と仰っていました。

宙組「ロバート・キャパ 魂の記録」は

今日、午後放送の宙組「ロバート・キャパ 魂の記録」は過去の感想ですが、良かったら見て下さい。

 

 

宙組「ロバート・キャパ 魂の記録」を観て。(ゲルダ(伶美 うらら))

 

スカイステージ番組詳細はこちら


花組「ミーマイ~」Bパターンと、みりおちゃん・ちゃぴさんのトーク等

本日午後に放送された花組「ミーマイ~」Bパターンと、リクェストトークDXについては観て居ますので、過去の感想でよろしければ見て下さい。




花組「ミーマイ~」Bパターンを観てきました。

スカイステージ番組詳細はこちら 


リクェストDXトークに明日海りおさんと愛希れいかさん。

スカイステージ番組詳細はこちら

 

宙組「エリザベート」の感想色々です。

昨夜放送されました宙組「エリザベート」は、実は2度目の観劇予定で、良いお席を用意して居ながら、いけなくなってしまった事があり、とても悔しい思いをしたのですが、こんなに早くスカイステージで放送されて~嬉しかったです。

今回はまだ観れていないのですが、過去の感想がありますので、よろしければ見て下さい。

 

宙組の「エリザベート」は素晴らしかった!(写真を追加)


宙組「エリザベート」それぞれについて。


宙組「エリザベート」ナウオンを聞いて

 

特別番組「エリザベート~」誕生の地を訪ねて~を観て

今晩放送される宙組「エリザベート」公演に出演される朝夏さん・実咲さん・真風さんの3人が、エリザベート誕生の地を訪れた時の「日本初演20周年記念特別番組『エリザベート-愛と死の輪舞-』誕生の地を訪ねて~ウィーンの旅~の番組を観ました…過去の感想ですが良かったら見て下さい。



『エリザベート」誕生の地を訪ねて…朝夏さん他。201673日)




スカイステージ番組詳細はこちら

 

今晩放送の「シンデレラ・ロック」と「BUND・NEON 上海」

今晩放送される2作品ですが、過去の感想でよろしければ見て下さい。

カメですが、ニュースで「宝塚舞踊会」の映像を観て(写真をアップ)

少しカメになりましたが、ニュースで「宝塚舞踊会」の映像が少し観れました。

場面は数秒づつなので、上手く写真は撮れなかったのですが、一応載せます。

日本舞踊を習っている方、習って居ない方と色々だと思いますので、それぞれについては遠慮させて頂きますが、



我が贔屓の琴ちゃんは、ダンスだけじゃなくやっぱり思った通り日本舞踊も上手かったわ!天性の物でしょうけど、何をやっても上手いですね!( ◠‿◠ )

そしてこちらのサイトで紹介させて頂きました蘭尚樹さんは、女役に扮した春海ゆうさんと息を合わせてお餅つき~の踊りで下級生ながらも活躍されて居ました。

劇場で生の舞台が観れる人が羨ましいです( ◠‿◠ )
Cimg3859  Cimg3847  Cimg3864  Cimg3860
Cimg3861_3  Cimg3862  Cimg3852  Cimg3865_2
Cimg3866 Cimg3867  Cimg3868  Cimg3869

Cimg3871  Cimg3872  Cimg3873
日本舞踊会・松本悠里・轟悠・美弥るりか・光月るう・紅ゆずる・望海風斗・彩風咲奈・礼真琴・愛希れいか・暁千星

「宝塚への招待」のお知らせです。

「宝塚への招待」のお知らせです。
WOWOW
  
放送日時

★「宝塚プルミェール」 10月28日(土)13:45~14:15(初回放送)
♯7「星組『ベルリン、わが愛』」

※9月30日(土)初回放送の♯6「早霧せいな 退団スペシャル」もリピート放送しております。   


WOWOW
★10月28日(土)14:15~16:00  月組『激情』
★11月13日(月)13:30~15:45  星組『LOVE & DREAM』(再放送)
 
※放送時間は24時間表記をしています。
※放送局の都合により変更・休止になることがあります。   

礼真琴さん主演の「阿弖流為」のDVDを観ました

礼真琴さん主演の「阿弖流為」のDVDを観ました。

 

時間を作り一気に観て、さ~感想を書こうかと思いましたが、今回感じた事は何と劇場で観た感想として既にアップしてあるので、今回は、心に残ったシーンだけを書く事にしました。

 

先ずオープニングのダンスや、フィナーレのダンスがどれも激しくて~あんなにテンポの速い曲なのにみんな心を一つにしてよく揃っていてカッコ良かったですね!

ドキドキしながら観たシーンは、鮮麻呂(壱城あずさ)が捕らわれの身となり、引き回しされてるシーンで、うほなが役人に向かっていくシーン

美しかったシーン●田丸麻呂(瀬央ゆりあ)が滝に打たれて覚悟を感じるシーン●阿弖流為と佳奈のシーンは、女を捨てると言う佳奈を慰め、二人が愛を確認するシーン「俺では不足か!」の言葉に男らしさを感じた!

 

最初は川をせき止めたりして蝦夷軍が優勢だったが、政府軍が10万の兵を出すと知った時の阿弖流為は、みんなに俺を裏切ってくれ!の言葉…蝦夷たちが皆殺しに成らぬよう、そして今後蝦夷達が平穏に暮らせる様にと考えた結果であろうが、阿弖流為自身どれだけ辛い気持ちだったのかと思うと胸が詰まる思いでした!

 

 

命が無い事を知っても尚、阿弖流為と行動を共にしたい母礼…母礼の「そんなこととっくに覚悟の上だ!」の言葉は、阿弖流為にとってどれだけ嬉しかっただろう!と思いました。

 

 

そして田丸麻呂との一騎打ちの場面…本当に怪我をしないかと思うほどに、同期同士が激しくカッコ良く戦ってくれましたね~!

 

 

最後に田丸麻呂が佳奈とうほな(天彩 峰里)が居る里に現れ~阿弖流為たちを懐かしむシーン…お~!やっぱり来てくれたか!と思い~嬉しくて胸にこみ上げてきました。

 

 

田丸麻呂は阿弖流為と母礼がこの先蝦夷の土地で生きて行けるよう懇願したらしいが受け入れられず~

 


それ以来抜け殻の様に生きて来たと言う田丸麻呂は、阿弖流為も母礼も居ない今となっては~「もはや私を熱くするものはない!」とつぶやき~阿弖流為と戦った一瞬を懐かしんでいました。

 

 

本当に敵・味方として生きながらも尊敬する気持ちが感じられて男同士の熱い友情を感じましたヽ(^o^)丿

 

↓過去に観た時の感想ですが良かったらお時間のある時にでも観て頂けると嬉しいです!

星組「阿弖流為」を観てきました(写真を追加)(2017年8月3日)


「阿弖流為」お一人お一人について思った事。(2017年8月3日)

 

青年館星組「阿弖流為」千秋楽の映像を観ました。(2017年8月9日)

 

星組ドラマシティ公演「阿弖流為 ―ATERUI 」舞台写真

 

星組「阿弖流為」稽古場風景を観ました。(2017年7月13日)

 

礼真琴情報

「笑」「率」「歌」魅力あふれる三個の礼/礼真琴

 

星組「阿弖流為」突撃インタビューを観て.(写真を追加)

 

 

 

 

 

朝夏まなとさん主演・花組「コード・ヒーロー」は

今日放送の花組「コードヒーロー」は、過去の感想ですが良かったら見て下さい。

 

花組「コード・ヒーロー」を観てきました。

花組「コードヒーロー」千秋楽の映像を観て。



花組「コード・ヒーロー」ナウオンを観て

 

 

宙組『WEST SIDE STORY』のポスターアップ

公式に宙組『WEST SIDE STORY』のポスターがアップされています…こちら

雪組 「ひかりふる路」の休演者

雪組公演 「ひかりふる路」の休演者のお知らせです。

桜良 花嵐
※体調不良のため、全日程休演いたします。
希良々 うみ
※怪我のため、全日程休演いたします。
■休演期間
宝塚大劇場公演:2017年11月10日(金)~12月15日(金)千秋楽まで全日程
東京宝塚劇場公演:2018年1月2日(火)~2月11日(日)千秋楽まで全日程

雪組「ひかりふる路」の稽古場キャストボイス

公式にて

雪組「ひかりふる路」の稽古場 キャストボイスが更新されています…こちら



朝美 絢さんより綾 凰華さんの方がポジションが上って言う事?

雪組『ひかりふる路』の魅力

『ひかりふる路』の魅力が公開されています…こちら

蘭寿さんのラスト公演「ラストタイクーン」は

本日午後放送される蘭寿さん主演・花組「ラスト・タイクーン」は、過去の感想ですが良かったら見て下さい。



蘭寿さんのラスト公演「ラストタイクーン」は
(沢山リンクしています)2017年2月19日


スカイステージ番組表詳細はこちら

昨日放送された朝海さん主演・雪組「アンナ・カレーニナ」は

昨日少し観ましたが、ヴィロンスキーの朝海さんと、アンナのまひるちゃんが深く熱く愛し合う様子を観ました…でもアンナは薬に頼るようになって~悲劇でしたね~!


過去の感想でよろしければ見て下さい。


スカイステージ番組表の詳細はこちら

「宝塚舞踊会」情報です。

産経産経・WESTより




和央ようか モデル・TAKAKOとして世界デビュー

YAHOOニュースより


「宝塚舞踊会」の情報です。

YAHOOニュース、日刊スポーツより




蘭尚樹さんも出演されたんですね!
こちらでは蘭尚樹さんを紹介しておりましたので…こちら




ニュースで観た時の様子は…こちら(写真をアップしました。)

ミュージカル『マタ・ハリ』 柚希礼音、加藤和樹インタビュー

★STAGE/MUSICALより
★ステージ・ナタリーより

TCA MUSIC! 10月配信のお知らせ

公式より

TCA MUSIC! 10月配信のお知らせは…こちら
●宙組 大劇場「神々の土地」 ~ロマノフたちの黄昏~
●星組 シアター・ドラマシティ「阿弖流為 -ATERUI-」のアルバムがNEWで載っています。

初日の舞台終了後、インタビューに応える朝夏さん。

初日の舞台が終えて、インタビューに応える朝夏さん。

 

大劇場公演を終え、東京宝塚劇場公演に向けて。

大劇場公演中は皆様からの愛も沢山感じて~スタッフの先生や組子の愛にいっぱい包まれて、すごい充実した気持ちで終えることが出来て、東京公演もより一層の~今度が本当の集大成となるので、東京に見に来て下さる方にも今の宙組のパワーをお届けしたいな!と思って~それを先頭で引っ張れるように、頑張りたいお思っています。




作品の見どころは?…お芝居の方はとても深いお話と言いますか、演じ手の一つの台詞の言い方によって、どういう受け取り方をされるか?と言うのが、左右されてしまう作品で~大劇場公演中はすごく難しくて~頭を打つばかりだったんですけど、少しづつ自分の中に降りて来てそれを皆で一つの波を作ると言うお芝居なので、ロシアの丁度時代のうねりの時、それが宙組にも当てはまり~今そう言う時なので、とてもエネルギーがいるお芝居なので、そういうところを見て頂けたらな~と。

 

 

ショーの方は、今すごく盛り上がっている状態なので、皆様に元気になって貰える様な2作品だと思うので、それを楽しみに来て頂けたらなと思います。




芝居で心掛けている事は?

信念を持った役という所で、最終的にロシアへの思いで信念を持っているんですけど、
その時々の状況を観て、何を一番優先すべきことなのか?を感じながらやって行く~最終地点はいつも同じですけど、


そこへ行くまでの周りから受ける感情とかが毎回違うくて~流れがあるのですが、幅がある役なので、その時感じたものをリアルに表現できるように心がけているそうです。

 

ショーで組子と顔を合わす時の気持ちは?

みんなの心からの笑顔を観ることが出来て~私自身幸せですし、それによって残りのショーの頑張れる力をみんなに貰っています。



宝塚とは?

すごく成長させてくれる場所でした。夢の世界でもあり、私にとっては現実で~やはり舞台人としても人間としてもすごく成長させて頂いたな~と改めて思います。

 

どんな質問にも真摯に答えられて~さすが真面目なまぁ様でしたヽ(^o^)丿



宙組東京公演『神々の土地』初日の様子より

宙組東京公演『神々の土地』初日の様子を観ました。

 

 

お芝居はまだ観て居ないので良く分かりませんがちょっと暗そうですね。

 

 

ショーは何よりまぁ様歌にダンスに大はりきりの様ですが、華やかで見応えありそうですね!

 

 

寿つかささんのご挨拶は、朝夏まなとの卒業公演である事・研一生8名が宙組へ組配属になった事などが紹介されて居ました。

 

 

まぁ様のご挨拶は、心震えるお芝居と華やかなショー、先生方の愛が溢れる2作品を又東京で公演することが出来て、今改めて幸せに思っています。

宙組が一つになり、全身全霊で公演を務めあげ皆様の心に何か残る様なそんな作品になれば良いなと、一回一回、一瞬一瞬を大切に公演してまいりたいetc

アンコールでは、今日も皆様の暖かい拍手が胸に染み入りました。これで千秋楽まで乗り切れます。

さらにアンコールでは、大劇場の初日はすんごく暑かったのを今思い出しました。そしてもうめっきり寒くなり、昨日との温度差がすごい事になって居て、雨も降って寒いですね!ですが~皆さまお体を大切に劇場に足をお運びください!とご挨拶されて居ました。



まぁ様いよいよラストですね~!私も近い内にまぁ様の集大成を観に行けるので楽しみにしていますヽ(^o^)丿

舞台終了後、インタビューに応える朝夏さん…こちら

2018年・公演ラインアップ雪組

2018年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】2018年6月~9月雪組『凱旋門』『Gato Bonito!!』

詳しくはこちら



昔の映像を観ていますが、これは曲が素的だし轟さん良かったですよ!

星組 「ベルリン~」&「ブーケ~」のムービー。

公式よりお知らせです。





無声映画からトーキーへ向かってみんなが一生懸命な様子が星組にぴったりですね!



ショーは、特に真琴ちゃんの歌が聞けるのが何より嬉しいですが、後半のパリ特集辺りからが私的にはお気に入りです。そしてみんなで♪セマニフィク~素的ですねヽ(^o^)丿

朝海ひかるさん情報です。

SPICEより


女優・朝海ひかるが語る役者人生「これまでの10年、これからの10年」~女優10周年ツアーDANCE LIVE「will」に向けて…こちら

朝海ひかるさん、舞台『黒蜥蜴』への想いを語る

SPICEより



こむちゃんお着物が良く似合ってますね!

「ベルリン、わが愛」舞台写真一覧

星組大劇場公演「ベルリン、わが愛」「Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)」舞台写真一覧はこちら

【宝塚音楽学校の今】が載っています。

産経ニュースより
【宝塚音楽学校の今】

第54回『宝塚舞踊会』(追)のお知らせ。

公式より第54回『宝塚舞踊会』(追)のお知らせ。


出演者・日時等、詳しい事はこちら


琴ちゃん出るのね。早くニュースが観たい。

「タカラヅカ・オン・デマンド」10月ラインアップのお知らせ(追)

公式よりお知らせ。


山本耕史さん主演・NHK「「植木等とのぼせもん」を観ました。

山本耕史さん主演の「植木等とのぼせもん」を観ました。

 

最初何も知らずに観た時、あのイケメンの山本さんがこんなおちゃらけの番組に出ているのか~と、ちょっと情けない気持ちで観始めた番組でしたが、ギターを弾き楽しそうに唄い踊る姿は、確かに山本さんにぴったりだったので、続けて観ていました。

 

7回まで観て思った事は、回を重ねる度に感動のシーンがあり~あのテレビに映る無責任植木等からは想像もしなかったドラマでした。

 

何気ない植木等(山本耕史)と父親(伊東四朗)とのやり取りの中にも親子の愛を感じたり~運転手の松崎(後の小松政男)を何とか一人前にしたいという植木の気持ちからは、師弟愛が感じられて~付き人の松崎は、ふと知り合った映画の友が苦境に陥った時に自分を犠牲にしてまで友を勇気付けたり~本当に想定外の展開に人としての優しさが、そこかしこに感じられ心温まるドラマでした。

 


植木は時代がどんどん進む世の中に於いてクレージーキャッツとしての活動を続けるかどうかで苦悩しながらも、付き人の松崎の今後も考え、ハ
ナ肇に相談したりしていましたが、




植木やハナ肇の計らいで、やっと松崎が幕間の繋ぎをさせて貰える事になった時に~松崎は舞台でお客にもう帰れ!とまで言われ~2度も恥をかいて~
3度目でやっとあの淀川長治さんの映画の解説者の口調を真似して、お客様に受け入れられるのでした。


袖で見守っていた植木を初め、クレージーキャッツの面々の大喜びする様子に嬉しそうな
松崎!

 



何とその帰り道の車の中で、師匠の植木さんは、松崎(志尊淳)に対して明日からもう俺の所に来なくてもいいと告げられ~一瞬
ドキッとする松崎でしたが、師匠は何ともう自分と同じ契約内容で、もう契約を済ませて来たと言うのです。嬉しさをこらえきれずに大泣きする松崎、車を止めて良いですか?と言い~しばらく車を止めて号泣する松崎でした。

本当に師匠の計らいが嬉しかったのでしょうね!


 

植木等役の山本耕史さんは、クレージーキャッツとして演奏して居る時は、ギタリストとしての実力を発揮して~おふざけシーンは、思いっきり植木に成りきって~舞台と家を演じ分け~家へ帰れば優しい奥さんの元で威厳を感じさせて~今までに見た事もない役に挑戦して、役の幅を広げてさすが上手いな~と思いました!

 

 

植木等の付き人となり行き帰りの運転を務めたり~周囲にも気を使いながらの役をする松崎雅臣(志尊淳)(※のちの小松政夫)は、本当に師匠を尊敬する様子が感じられて~映画出演を取り消された友の為には、自分の好きな彼女を差し向け勇気付けたり~その時の辛い表情がリアルで上手かったです!

 

 

植木等さんの奥様(武田玲奈)は唯々優しそうな芸能人の妻役で、植木さんを引き立てて居たようで上手かったです!

 

 

このドラマを観るまでは、私は小松政男と言う俳優さんは知って居ましたが、植木さんの付き人だった事はこのドラマで初めて知りました。

 

 

次回は最終回の様ですが、楽しみですヽ(^o^)丿

 

 

NHKHPには主な登場人物や、ストーリー・ドラマ写真など色々載っています…こちら

 

 

朝夏さん主演「王家に捧ぐ歌」色々です。

この公演はもう何度もアップしていますが、朝夏さん退団なので、再度お知らせさせて頂きました。過去の感想ですが良かったら見て下さい。

  

初日を観た時の感想はこちら

 

2度目の観劇での感想はこちら

 

映像で観た時はこちら

  

博多座・初日の映像を観た時はこちら

 

博多座・ナウオンはこちら


公式はこちら (ストーリーや、キャスト舞台写真が載っています。)



スカイステージ番組詳細はこちら

 

 

朝夏まなと、実咲凜音、真風涼帆

 

月組「舞音」「「GOLDEN JAZZ」は

今日、放送の月組「舞音」と「「GOLDEN JAZZ」の過去の感想を沢山リンクしました。よろしければお暇な時間に見て頂けると嬉しいです。

 

昨日、月組の「舞音」を観てきました。2016114日)

 

月組、ショー「GOLDEN JAZZ」を観て。(2016115日 )

 

月組「舞音」初日の映像を観て。20161 7日)


スカイステージ月組「舞音」初日の映像より

 

「舞音」「ゴールデン・ジャズ」千秋楽の様子を観ました

 

スカイステージ番組表詳細はこちら

 

わぁ~! 「礼 真琴 ディナーショー 」ですよ!

公式より

 真琴 ディナーショー

真琴ちゃんおめでとうヽ(^o^)丿


2
番手でDSって居たっけ?すごいな~!まさか退団じゃないよね!

それとも組替え? それともトップ近し?

出演するメンバーによっても分かると思うけど~。単なるDS?

以前瀬奈さんが花組から月へ異動する前に月組生とコンサートしたことが有るけど、あれはコンサートだし~


あ~行きたい!堪らなく行きたい!


行きたいけど、FCも入って居ないし~やっぱりDVDを買うしかない。

 

 

朝夏さん情報です。

YAHOOニュース 佐賀新聞より

北翔さん情報です。

YAHOOニュースより


今日、放送の宙組「ベルサイユのばら」全ツは

今日、放送の宙組「ベルサイユのばら」全ツは、劇場でも観ていますし、DVDでも観ていて、過去に感想を書いていますので、良かったら見て下さい。

 

宙組・全ツ、ベルバラ観てきました。


宙組・全ツべるばらをDVDで観ました。

  

スカイステージ番組詳細はこちら

 

 

花組「あさきゆめみしⅡ」は

今日放送される「源氏物語 あさきゆめみし」梅田芸術劇場公演は、過去の感想ですが、良かったら見て下さい。



花組「あさきゆめみしⅡ」を観て(2008年7月17日

 

「あさきゆめみしⅡ」のナウオン(2008年7月19日)

 

源氏物語をチェック(2008年11月21日)

 

スカイステージ番組表詳細はこちら

 

 

専科公演 『神家(こうや)の七人』主な配役決定!

公式よりお知らせ



専科公演 『神家(こうや)の七人』主な配役決定!…こちら

雪組 『ひかりふる路~」稽古場 キャストボイス。

公式より

雪組 『ひかりふる路~」稽古場 キャストボイスが更新されています…こちら

花組「ハンナのお花屋さん」初日終演後のインタビューより。

花組「ハンナのお花屋さん」初日終演後、明日海さんと仙名さんのインタビューが聞けました。

舞台終演後のインタビューでは

 

役創りに付いて

みりおちゃん「フロリストの役ですので、花や修行とか、仲間同士でお花屋さんを観に行ったりしてきましたが、すごく花が好きだとか~共通点がとても多いので~

身近で無かったのは、職場に色んな国籍の人が集まっているとか、
内戦が終わったばかりの国から移住してきた人に出会った事も無かったので、そう言う事を実感として捉えるのが最初はとても苦労しましたが、今は頑張っている所だそうです。



仙名彩世さん「クロアチアからロンドンへ働きに来た女性と言う事で先ずクロアチアの事を勉強したり~内戦を経験した人の思いはどのようなものだろうかという所も色んな資料を観たり話を聞いたり~、

又ロンドンで生活している人の話も聞いたり~今のロンドンはどんなところなのかな?とか、今回色んな方から色んな話を聞いて勉強させて頂いたそうです。

 

楽曲について

みりおちゃん「秋葉先生は、一本ミュージカルを描かれるのは初めてだそうですが、ものすごく素的な方で一つ一つのナンバーがとても生き生きしていて、私達もピアノが鳴り出しただけで、わぁ~!となるような感覚だった。

 

その曲を聞いただけで景子先生の作品なんだな~と分かるニュアンスが素晴らしく、先生たちが思い描いてるものが一つになってると有難さを感じました。

 

 

公演への意気込み

仙名さんは、こんな所にも幸せがあったな~と思い出して頂いたり~気付いて頂いたり、感じて頂けたら~と思います。

みりおちゃん…私達の舞台がちょっとしたハピネスに繋がればいいな~と思います。芹香も花組の公演に出るのは最後になりますし、今のメンバーでしかできない作品を心を篭めて毎日新鮮に演じて行きたいと思うそうです。

 

みりおちゃんは、こういうインタビューって苦手そうですね!ぼそぼそ応えていらっしゃったようです。


今日放送される「紫子」は

中日・月組「紫子」は、劇場には観には行けませんでしたが、ビジュアルも楽曲も素的で~好きな作品の一つです。

今朝、お掃除をしながら少し観ましたが、霧矢さんともりえちゃんの出会いも素的だったりプロローグで踊るみりおちゃんも素的で~ストーリーは切ないけれど、好きな作品だったな~と再確認しました。

やっぱり柴田先生の作品って良いですね~!
過去にDVDやテレビを観た時の感想を沢山載せて居ますので、良かったら観て下さい。






公式はこちら

花組「ハンナのお花屋さん」初日の映像を観ました。

TBS赤坂ACTシアター花組「ハンナのお花屋さん」初日の映像を観ました。


題名から受ける感じは主人公がお花屋さんを営み成長していく姿を描いた暖かい作品かと思って居ましたが…

 

 

オープニングはみんなで踊って楽しそうだったのですが~クリスの明日海りおさんは、自分の心が見えないもどかしさ~!とか唄っていて~

 

 

お花屋さんの店員さん達は、出身はアイルランドとか~イギリス南部とか~台湾からとか~ギリシャとか、ルーマニアとかハンガリー人とか~エスタニアとか~ずいぶん海外の人が多いようですが、みなさん移民で来た人達なのかな~?

 

 

ミア(仙名 彩世)は住民証明書が無いとか~大変だな~!どうなるんでしょう?

 

ハンナの舞空 瞳さんはナウオンにも出演して居ましたが、プロフィールを見ると何と20163月初舞台の人ですよ!すごい抜擢ですね!

 

 

その舞空さんの恋のお相手はキキちゃん♪この恋は魅惑~夢見続けてきた~!と唄っていますが、ききちゃんとハンナの舞空さんの二人はほんとに幸せそうですね!

 

 

その反面、クリス(明日海りお)は長い間家族とは会っていない様だったり~ミアは、地雷で弟が亡くなったとか~

ハンナの様に幸せの人が居ると思えばミアの様に悩みを抱えてそうな人もいて複雑そうですね!

 

でも男役さん達の素的なダンスもあるようで楽しめそうですね!

 

 

 

高翔みず希組長さんの挨拶では、この公演を最後に芹香斗亜さんが、宙組へ組替えになると紹介され~一緒に過ごせる時間は、

残り少なくなってしまいましたが、大切に~楽しく過ごして参りたいと~ご挨拶されて居ました。

又今回の公演は、認定NPO法人・難民を助ける会様のご協力を頂き、うさぎのサニーちゃんが舞台に登場しているそうです。

 

植田景子先生が作品に篭めて下さったメッセージと、それぞれのキャラクターが抱える思いを皆様に感じて頂けます様~

繊細に、大切に演じて参りたいと~ご挨拶されて居ました。

 

 

そして花屋のプリンスがぴったりな明日海さんのご挨拶は、「夢見ていたタカラジェンヌになることが出来~

そしておまけに念願の花屋さんにもなることが出来て~なんて俺得な公演なのだろう!と思ったそうですが、


実際お稽古が始まってみると、植田恵子先生が書いて下さった愛情と情熱が詰まったこの本を全てのお芝居を皆で噛み合わせて、ここまで仕上げるのは一筋縄では行か無いと言うか、10筋とか20筋とかくらい必要なのだなと痛感したそうです(会場からは笑いが起こって居ました)

 

お稽古集合日を種まきとしますとお稽古期間中は雨に負けそうになり~風に負けそうになり~色んな事を吸収しながら

根を張って今日こうしてACTシアターの地に、お客様の目の前に芽を出すことが出来ました。

 

今回は宙組へ異動する芹香さんを含めて37名の花組生だけで公演して行くそうです。

観る点滴に成れば~心にじわ~と染み渡って、後々元気になったかもしれない~と言う点滴の様な~舞台をお届けしたいと仰っていました。面白い事を仰って~客席は暖かい笑い声に包まれて居ました。

 

初日が開けてほっとしたと言うかどっとしたって言うか~まざってぼっとした感じですが、(客席はどっと笑ってました)千秋楽にはみずみずしく花を咲かせられるように頑張りたいそうです。みりおちゃんがこんなに面白いとは~びっくりでした。

 

何度も幕が開いて困った時は~ききちゃんに助けてもらって~

 

ききちゃん「今まで明日海さんとは色んな間柄を演じさせて頂きましたが、最後にお父さんとなることが出来て~( ◠‿◠ ) 幸せの極みでございます!と


みりおちゃん、「真風さんはしっかり挨拶考えて来られると思うから~」と。

 

ききちゃん「点滴は中々凡人には出てこない~さすがだなと思います」と。


さらにみりおちゃん、「全ての出会いこそ幸せのかけらと言う歌詞があるんですけど、ほんとに幸せの欠片と言うか~すべての出会いが幸せの塊!~の気分です。皆様も日常のハピネスを味わってください」とハッピーなご挨拶が聞けました。

主な配役はこちら 

 

終演後のインタビューは…こちら 

 

花組「はいからさん~」情報

ニュースサイト・Lmaga.jpより



画像一覧はこちら

今夜放送予定の花組「宝塚幻想曲」をリンクで。

今夜放送予定の2015年・花組「宝塚幻想曲」をリンクでお知らせします。
過去の感想ですが良かったら見て下さい。



轟悠さん主演の「オネーギン」は

今日放送される轟悠さん主演の「オネーギン」は過去の感想ですが良かったら見て下さい。





スカイステージ番組詳細はこちら

愛希れいかさん情報です。

宝塚歌劇冠協賛 三井住友VISAカードより
月組トップ娘役・愛希れいか

花組「舞姫」の感想をリンクで~

本日午後放送される花組「舞姫」の感想をリンクでお知らせします。過去の感想ですが、よろしければ見て下さい。

 

 

花組「舞姫」を観て2009年8月2日



2008年の「舞姫」を観ました。(2012年6月12日



バウ「舞姫」をE2で観て。 2008年5月3日

スカイステージ番組表の解説はこちら

 

明日海りおさん情報です。

産経・WESTより

星組「ベルリン~」突撃インタビューに紅さん・綺咲さん・礼さん。

ニュースに星組「ベルリン、我が愛」終演後の突撃インタビューが観れました。

 

インタビューを受ける人は、紅さん・綺咲愛里さん・礼真琴さん。

聞き手は、スカイレポーターズの輝咲玲央さんと夢妃杏瑠さん。

 

先ずはお客様の反応から分かり易いと仰って頂いてて~良かった!と紅さん。


ショーは、宝塚の原点と言われる有名な曲ですし~酒井澄夫先生のファンタジーなショーですし、宝塚ファンなら皆さんお好きなんじゃないかなと思って、楽しんでやってるそうです。


お芝居の方では劇中劇の中でスクリーンとか使って、映画のシーンとかありますが?


さゆみさん、そこは観れてないけど、でも映像では観ているので、お客さんは新鮮なんじゃないですかと。

 

撮られてどうだった?とあーちゃんに。

 

あーちゃんは、舞台稽古で観たんですが、大画面になると思うと緊張するそうです。

 

劇中劇と言えば、キュンキュンするメイクの場面は?~あのメイクは裏話としてあの枠では全員が観れていないので、

一番最後のシーンでは、皆さんに見て頂きたいと思って前面に出て観切れを気にしながらやってるそうです。



こっちゃんは、有紗瞳ちゃんと、お芝居をしていますが、キュンキュンする場面とかもありますけど~

琴ちゃん「中々純愛と言うのも久しぶりですので、毎日楽しくさせて頂いてますが、何のしがらみも無く、

最初っから恋人同士で恋に奥手なエーリッヒが大勢の前で大胆なプロポーズをすると言う~成長していく姿も描かれているので~毎日ドキドキしながらやってます。

 

実際にここが好きという場面は?

紅さん「あーちゃんとの銀橋芝居、星空の中で語るみたいな~お客様が近くにいるのに、なぜか川に見えてくるそうです。

 

非現実的な感覚になるそうです。


その他、映画人全員でお~!とか言うのも好き!一人一人の顔をくまなく見るのも好きとか。でもくまなく見てると時間になって仕舞って。


あーちゃんは、沢山有って迷うそうですが、ゲッベルスさんのお屋敷から出た後のさゆみさんが助けて下さってからのお芝居とか、生きてて良かったと思えるそうです。

 

琴ちゃんはどうですか?

琴ちゃん「劇中劇の二つの撮影のシーンはワクワクするそうで、お稽古場からもですが、テオがみんなにスタンバイしてくれ!準備良いか~!と言った後の皆のおー!の声が、その時のスタッフ陣の自然な感じが活気あふれる~星組っぽいよねとさゆみさん。あの雰囲気が好きと琴ちゃん。

 

 

ショーの話では、一番最初は紅さんはブランコで登場だそうで、さゆみさんはファン時代に観てた感じで、上から登場するのがキュンキュンしてたので、それをめざして~全うしたいとか。

 

 

スパニッシュのシーンでは琴ちゃんとさゆみさんが、あーちゃんを奪い合うと言う、魔の三角関係やな。

 

今回はお芝居では仲良しなんですけど、そこだけ期待して居らっしゃると言う、あそこは萌えポイントですよ!と輝咲さん。

 

一番悪いのはあーちゃんだからね!とさゆみさん。

 

色んな男役さんと絡んで~?「こんな経験させて頂いて~( ◠‿◠ ) とあーちゃん。

 

スカート捌きがメッチャ大変とか。カッコ良く出来るように早くものにしたいそうです。

 

デュェットの場面では3組ですが…(素的ですよ~!と)さゆみさんは黒いお衣裳と黒い髪がとても似合ってるそうで、

琴ちゃんは金髪と白が似合ってて、すごくお二人共素的だそうです!


振りとかも敢えて揃えていないそうです。

今はカウントとか手の高さとかきっちり決めるんですけど、酒井先生は、そういうのいらない、個性でやってくれと言われてるそうです。と言う訳で完全に個性で押してるそうです。

 

公演への意気込みは、

琴ちゃん「初日開けて一週間、お客様とショーを楽しむことが出来てお客様の拍手やふっ!とした笑い声に助けてもらいながら日々成長して行けるように頑張りたいそうです。

 

あーちゃん「まだ初日が開いたばかりですが、お客様との空間を楽しみつつ、自分自身一日一日成長して行けるよう精いっぱい頑張ります。

 

紅さん「今回は専科より凪七瑠海さんにご出演頂いております。凪七さんのお力もお借りして、星組生一同一丸となりまして千秋楽まで邁進しますので、皆さま客席で思いっきり楽しんで、美しいブーケになって居る筈のショーのブーケを持って帰って頂けたらと思うそうです。

 

 

今回の琴ちゃんは、有紗瞳ちゃんの方が積極的で、でもプロポーズする姿もお見せできるとか~良かったわ~! ルイーゼロッテ(有紗瞳)は、優しくて絵本を書いてるエーリッヒ(礼真琴)を好きになるのかな?

 

琴ちゃんは男っぽい役の方が多分似合うと思うけど、今回はどんな感じになるのでしょう?

ショーは多分、懐かしい曲を沢山唄ってくれて~満足度100%で帰れるのでは?と期待してますよ~!ヽ(^o^)丿

 

 

 

 

 

 

凰稀かなめさん情報です。

「100周年記念 大運動会」色々です。

100周年記念・大運動会は観ていますので、過去の感想ですが良かったら見て下さい。

 

宝塚歌劇100周年記念 大運動会('14年・大阪城ホール)のスカイステージ番組表解説はこちら

 

100周年記念・大運動会DVDを観ての感想)20141219


100周年・大運動会ダイジェストを観て。

  

この時点でのトップさんは、以下の方々でした

轟悠、明日海りお、龍真咲、早霧せいな、柚希礼音、凰稀かなめ

星組「ベルリン、 我が愛」ナウオンを観ました。

待ってました!星組「ベルリン、 我が愛」ナウオンステージを観て…一人一人が順番にご自分について話されて居て、聞き易かったです!

先ず撮影時のエピソードから聞けましたが、バックから光が当たって居るんですね~!

 

役創りについて、それぞれの苦労や抱負など。

 

ロルフ(瀬央 ゆりあ)…台本頂いた時にアリアの一節を唄うと書いてあり、酔っ払い過ぎても何言ってるか分からないし、

その塩梅が難しいと思いながら役創りをしてきたそうです。大抜擢と言われたり~いじられキャラという所が瀬央っぽかったとか。やってて楽しい。枠にとらわれず色んな酔っぱらい方をしてみたい。

 

 

アルフレート・フーゲンベルク(壱城 あずさ)は…大実業家で、お金持ち、人は殺さないし、悪い事は描かれて居ないのに、雰囲気と何か企んでいる感を出したくて、向こうチームは映画を愛して創っているけど、こちらチームはお金に成ればそれでいい~!その違いが出せれば良いと。頭の中は金と女だそうです。何であんなにレーニ(音波みのり)を好きになったのか?

好きというより遊びなんですけど~。ゲッベルスさん(凪七瑠海)は20人位の愛人がいたそうですが、

フーゲンベルクについては何も載って居なくて~かちゃさんとシーランは新聞に載ってた話をしていました。

 

 

ニコラス・カウフマン【UFAの映画プロデューサー】 七海 ひろきさん…実在人物で本当はプロデューサーもしてるし、脚本も書いて監督もしてて、しかも博士号を持ってると言う~調べるといろいろ出て来るそうで、この作品においては、テオが「私がやりたいです」と言ってる時に、「お前に任せた」と言う、多分テオが助監督時代に先見の明がある~と勝手に思ってやってるそうで、前社長はほんとに映画を愛して居たけど~

次の社長はお金に~(笑い)

でも良い人だと思う。クリッチュ(美稀 千種)【UFAの社長】は良い人すぎで営業に向かないとしーらん。

 

 

20人の愛人がいるナチスの宣伝大臣の凪七瑠海さん…実話の人物と宝塚の融合かな~とその辺をマーブルにして行くところが悩んでいたそうですが、映画とジルに一目惚れしまして~今までの女性と全然違ったそうで、その白の花に惹かれて~(皆から冷やかしの声)

 

 

エーリッヒ・ケストナー(礼真琴)【テオの友人の絵本作家】は…実在の絵本作家で、シナリオライターで、まだ世に出る前の話で、テオにずっとくっ付いてテオとのお友達役と言うのを今回初めてさせて頂きますので、毎日楽しく過ごしているそうです。

ルイーゼロッテ(有沙 瞳)と言う彼女が居るそうです。実際に絵本に出してる双子の兄弟がロッテちゃんとルィーズちゃんで、その名前からとってルイーゼロッテにしたんだとか、礼ちゃんと真琴ちゃんみたいな。何で結婚しなかったんだろう?と琴ちゃん。

 

 

ジル・クライン(綺咲 愛里)は、実在の人物が沢山居る中で、女優の卵で居ながらテオ・ヴェーグマン(紅ゆずる)に導いて頂いて、舞台女優から映画女優へと成長していくのですが、日々色んな事を感じながら役を深めて行きたいと思っているそうです。



この作品に中でユダヤ人が出て来るのはあーちゃんだけだそうで、だからメッチャ重要で難しいんだとか。

30歳の叔父さんの心を鷲掴みすると~かちゃさん。

あーちゃんは、こういう風に映画って撮影するんだ~とすごく勉強になったそうです。

 

 

テオ・ヴェーグマン(紅ゆずる)は…色々苦しい現実から、逃れられる瞬間が映画を観て居る時だったと言う。

映画の事になると自分でも信じられない力が出る人なんだろうな~と思ってるそうで、そういう所はどういう風に出したらいいのか?と思ったり~

時代背景がナチスとユダヤの暗い時代に突入していくわけで、ナチスのプロパガンダ映画を作らなければ~と言う中で、自分の理想とする映画はどういうものなのかと原点に返って、そう言う辛いことが有った時こそ自分たちが求めているものが、ほんとに大切なものは何かとか、何が一番大切なのか?とか、どうあるべきなのか?とか、そう言う事を考えさせられる物語だと話していました。

 

 

今日出席されている以外の方々について。

 

今回、映画陣の話なので、セリフあるなしに関係なく、映画に携わってる仲間たちの自主稽古を結構したそうです。

 

重役さんの自主稽古もすごい沢山やったそうで、一人一人がすごく深く役創りをしないと、その場面が埋まらないので、

台詞だけでなく、どんな背景とか、どんな性格でとか、かなり細かく話し合った上で、あの場面が出来あがって~

(キャラが濃いよね~としーらん)ほんとにキャラが濃くて~全員が全くキャラが違うので、是非細かく観て欲しいそうです。

 

ポコちゃん二役だけど、元のポコちゃんは優しくて先生にその部分は出すな~と言われてたそうです。皆にカッコいい!と言われて居ましたよ!

 

柚美おかみさん…組長さんとしての立場の柚美さんと、すごい被るから暖かみのある柚美さんならではのポジションだなと思うそうです。

良い仲と噂されてるライマン(天寿光希)は、柚美さんに付いてはそう言う対象としては思ってないそうで、みんなは柚美さんが可愛そう!と異口同音でした。

七海さんは説得を試みたとあ~でもあれはそれで良いんですとか、終わった恋だから美しいんですとか。

 

ジル・クライン(綺咲 愛里)は、レーニ・リーフェンシュタール(音波みのり)とは何でお友達なの?と聞かれて、カンパニーが一緒だから~とさゆみさん。あーちゃんは、はるこさんと話したそうですが、結局はそんなに深くなかったそうです。

 

色んな人物が出てきますので、隅から隅まで観て頂くと関連が分かるそうです~と紅さん。

 

演出家 原田諒が語る『ベルリン、わが愛』の見どころ…こちら


ストーリーは
こちら


主な配役は
こちら 
 

ショーについては省きます。

 

鳳月さんと憧花さんの夢のひとときトークの様子です。

本日放送される鳳月さんと憧花さんの夢のひとときの様子です。良かったら見て下さい。

スカイステージ・番組詳細は…こちら

90周年運動会の感想色々です。

今日午後放送される90周年運動会の感想は、過去の感想ですが良かったら見て下さい。



90周年の大運動会の様子


久しぶりに90周年・大運動会を観て(途中まで観て)


スカイステージ・番組詳細は…こちら

明日海りおさん主演の「ME AND MY GIRL」色々

今日、放送される2016年花組「ME AND MY GIRL」は、役替わりのある舞台ですが、観て居る範囲で過去の感想をアップしました。良かったら見て下さい。

 

花組「ミーマイ~」Bパターンを観てきました。

 

花組「ME AND MY GIRL」2度目を観てきました。


花組「ME AND MY GIRL」3度目観てきました

 

花組ミーマイ大劇場・千秋楽の様子です。(Pちゃんのご挨拶など)


花組「ME AND MY GIRL」千秋楽の映像を観て。(Pちゃんのご挨拶など沢山)


明日海りおさん主演「ME AND MY GIRL」の感想をリンクで~

 

花組『ME AND MY GIRL』フォトギャラリーが観れます。


花組ミーマイ・ポップアップタイムにPちゃん他



公式はこちら

 

 

 

柚香光さん情報です。

日刊スポーツより↓

「虹のナターシャ」は過去の感想です。

今日これから放送される「虹のナターシャ」は、以前何度か観ていますので、過去の感想ですが良かったら見て下さい。



明日海りおさん情報です。

産経・WESTより

柚香さん情報です。

YAHOOニュースより

蘭寿さん、みっちゃんの舞台をご観劇

蘭寿さんは、北翔さんが出演して居る『パジャマゲーム』を観劇して来たそうですこちら

NHK BSプレミアムでの宝塚歌劇公演11月放送のお知らせ

公式よりお知らせです。

 

NHK BSプレミアムでの宝塚歌劇公演11月放送のお知らせ

 

◆宝塚歌劇 雪組公演


『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic S!』(2017年)


出演:早霧 せいな、咲妃 みゆ ほか


放送日:1113日(月)15:00


放送チャンネル:NHK BSプレミアム   

 

 

柚香光さんの「Brilliant Dreams~personal」を観て。

柚香光さんの「Brilliant Dreamspersonal」を観ました。



柚香さんが以前から興味があったと言う殺陣に挑戦。


アクション殺陣を教えて40年と言うベテラン先生に着いて、花組の紅羽真希さんと聖乃あすかさんと共に基礎から学んだ様子を観ました。

 

基礎練習は、抜刀・正眼の構え・上段の構えをお一人づつ指導して貰っていましたが、皆さん基礎から学べて楽しかったようです!

 

棒を振って、切ッ先を走る音をビュンビュン出すお稽古では、ほのかちゃん(聖乃あすか)すごい!と言われてました。

棒を持って振りまわすのは楽しいと言うけさ切りは、気合いアップするとか~抜き銅・突き・柳受・早くできるよう繰り返したり~みなさん楽しそうに指導を受けていました。




途中、柚香光ってこんな人では…下級生曰く~寂しがり屋さんだそうで、見かけによらないですね!


れいちゃんは恥ずかしそう!


又いつも元気で、優しいとか~その優しさは、本物の優しさがあると言われてましたよ!


そのほか観察力があるとか~下級生達の観察力もすごいですね!

 

 

この後、今まで習った事を実践…3人は、先生を相手に立ち廻りの練習、最後に斬られ方とか~劇的な斬られ方までも~主人公が敵に追い込まれる設定とか~主人公のピンチに助けに入る設定とか~先生を相手に、スピード感がすごくて~ちょっと習っただけで、すごい呑み込みが早くて~迫力がありカッコ良かったですヽ(^o^)丿



最後に皆さんが着物と袴姿に着替えられて実践!舞台もこのくらい迫力があったらすごいだろうな~と思いました!

 

柚香さんは経験を舞台に活かして行きたいと語って居らっしゃいましたが、柚香さん気合いが入って~やる気がすごくて~さすが興味のある殺陣の練習風景でした!



いつか舞台の上で柚香さんの殺陣の姿が観てみたいな~と思いましたヽ(^o^)丿

 

 

早霧せいなさんの卒業旅行は

早霧せいなさんの卒業旅行のフォトは右サイドに移し、いつでも見れるようにしてあります。

順序が前後してしまっていますが、小さい写真をクリックすると大きな写真と詳しい内容が観れます。お暇な時にでも観て頂ければ嬉しいです…こちら



内容をアップした記事は…こちら

柚香光さん情報です。

産経WESTより

柚希さん情報です。

ニフティ・ニュースより

元宝塚男役トップスター・柚希礼音、初のドレス姿で新たな一面披露

柚希さんオフィシャルによるインスタはこちら

2018年 公演ラインアップ・星組「ANOTHER WORLD」他

公式より

え~?想定外で~びっくりですね~!
“この世”と“あの世”を行き来して繰り広げる純愛冒険物語。個性豊かな星組メンバーによる、抱腹絶倒の落語ミュージカルって日本物?
琴ちゃんどんな役何だろう?
ショーは琴ちゃんの魅力全開となるだろうな~!ヽ(^o^)丿
検索したら「地獄八景亡者戯」落語色々見つかりました…こちら又は、こちら

祐飛さん主演「大江山花伝」・音月さん主演「仮面の男」など。

かなり以前の舞台が再放送されています。

 

 

本日放送される舞台の過去の感想ですが良かったら見て下さい。

 

 

大和悠河さん主演の「シンデレラ・ロック」を観て。

 

 

宙組・博多座公演「大江山花伝」を観て

 

 

雪組「仮面の男」初日観て来ました。


懐かしかった月組「レ・ビジュー・ブリアン」

 

 

雪組 「ひかりふる路~」新人公演・一部の配役決定!

公式より

雪組 『ひかりふる路(みち) 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』新人公演・一部の配役決定…こちら


綾鳳華さん、星組から雪組へ移っても主演貰えてよかったね!頑張れ!

雪組公演 『ひかりふる路~」ムービーページ更新

公式より

雪組 『ひかりふる路(みち) 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』『SUPER ~」ムービーページ更新…こちら

「タカラヅカ・カフェブレイク」放送のお知らせ。

公式より

放送局
MXテレビ
〔問合せ TOKYO MXテレビパブリックセンター TEL:0570-070-009〕   
放送日時…毎週金曜 11:00~11:30
<出演>
9月8日 特別編
9月15日(月組)美弥 るりか
9月22日(月組)宇月 颯
9月29日(月組)月城 かなと
10月6日(月組)暁 千星
10月13日(月組)蓮 つかさ&結愛 かれん
10月20日 特別編
10月27日(宙組)真風 涼帆
11月3日(宙組)愛月 ひかる   
詳しくはこちら

WOWOW「宝塚プルミエール」のお知らせ。

公式よりお知らせ。

放送日時


10月28日(土)13:45~14:15(初回放送)

♯7「星組『ベルリン、わが愛』」

※9月30日(土)初回放送の♯6「早霧せいな 退団スペシャル」もリピート放送しております。   

WOWOW「宝塚への招待」のお知らせです。

公式よりお知らせ。

WOWOW   
放送日時
★10月9日(月・祝)6:30~9:00
『タカラヅカスペシャル2015 -New Century,Next Dream-』(再放送)

★10月19日(木)18:30~21:00
雪組『るろうに剣心』(再放送)

★10月28日(土)14:15~16:00
月組『激情』   

リクェストDXトークに明日海りおさんと愛希れいかさん。

スカイステージトーク・リクェストDXは、みりおちゃんとちゃぴさん…豪華トップ二人のトークはお互いご一緒されてた頃を振返り~感心したり~褒められたり~熱く語り合い~尊敬し合う様子が観れました。

 

みりおちゃんがリクェストされたのは月組のちゃぴさん(愛希れいか)

二人共ご挨拶しながらも照れ笑い。

 

リクェストした理由は…こういう機会がないと喋れないし~職権乱用だそうです。

 

みりおちゃんは組替えしてからもう4年も経つそうで、その間にちゃぴさんは、こんな役もあんな役も~こういう役もすばらしい!と

何時も感じているそうで、(ちゃぴさん嫌々嫌々~と首を振って否定)そこんとこどうしているのかな~と聞きたい事がいっぱいあって~と。

 

ちゃぴさん照れながら~嬉しいです~!

 

初めて出逢ったのは「ラストプレイ」の時だそうで、ちゃぴさんが研一の時、ちゃぴさんがお仕事をしていた時、みりおちゃんが覗いてきたそうで、あっ!明日海りおさんだ!きれい!と思って緊張!

 

 

みりおちゃんは可愛い男役さんだな~と思ったとか…そんな出会いだったんですね!

 

ちゃぴが娘役になる前は、新人公演で衣装を借りるとお父さんの羽織って来ちゃったよって言う位で、スカーレットピンパーネルとかがそうだったようです。

 

2011年に娘役に変更されたそうですが、

 

アリスの恋人で娘役の頃は髪が短くて~可愛かった!と連発!

 

 

「アリスの恋人」の時、ちゃぴささんは、初めて心でお芝居することが出来たのしかったそうで、それ以来お芝居が好きになったとか~急に2ページくらい追加になってもすんなりセリフが覚えられた話など~ちゃぴさんはいつも泣いてて~とか~



台詞を一ページくらい飛ばしたこともあったそうですが、みりおちゃんは何事も無かったように続けて下さったとか~
色々あったけど、今となって見れば二人とも楽しかったそうです!

 

ロミジュリは大変だったけど楽しかった!そうで~コンビならではの思い出話が沢山聞けました。

 

 

その後組替えの時、話があると言ってもちゃぴさんは、嫌だ!と言って聞かなかったそうで、二人の辛さを感じました。

 

 

その後はお互いの舞台を観て~

みりおちゃんがミーマイでビルをしているのを観た時は「して見たい!」と思ったとか~

 

みりおちゃんは、日本舞踊も上手くなって~と。マリーアントワネットを観た時は、ひっくり返ったそうで、後半は涙!涙!で劇場は深閑したそうです。

 

「金色の~」を観たチャピさんは子供時代のみりおちゃんを観て、あの役はみりおちゃんにしかできないとか、終演後みりおちゃんを訪ねた時は、泣き顔で顔がパンパンに張れていたとか~

 

みりおちゃんはちゃぴの子供時代を観ていたので~とか。

 

花組に行ってからのみりおちゃんはダンスに命を掛けなければ~と思ったそうで、花男らしくなったと言われて居ました。

 

 

反面みりおちゃんはちゃぴさんの女ライオン( ◠‿◠ ) を観て、動きがどんどん大人の女性になって居て~と褒められる等~お互いを褒めあって~美しい同期愛!

 

その後、みりおセレクションでは、

 

●印象に残っているのは、瀬奈さんの髪型について質問したり~下級生の頃ナウオンで緊張したとか。

●楽しかったのはセリフが書いてあるカルタが楽しかった!

●出演して観たい番組は、同期で何かしたい。

●愛希れいかさんと共演するとしたらどんな番組をやりたい?…ちゃぴさんが行きたい所に連れて行ってやりたい~優しいみりおちゃん!

もしくは二人芝居したい!そうです。

 

キーワードトークでは、ちゃぴさんは、あんなにフランスの舞台をやっているのに、まだフランスへ行った事が無いそうで、行って見たいとか、イギリスの話で盛り上がって居ました。

 

ちゃぴさんからの質問では、どのように集中してるの?とか、さゆみさんの癒しは何?とか聞けましたが、みりおちゃんは美味しいご飯を仲間と食べてる時に癒されるそうです。

 

お互いにゆっくり~まったり~のトークでしたが、月組時代を振り返り熱く語り合う二人が楽しそうで~幸せそうで~お互いを尊敬する気持ちが溢れていて~素敵なお二人でしたヽ(^o^)丿

 

 

轟さん主演「猛き黄金の国」を観て

昨日放送された岩崎弥太郎の生涯、雪組「猛き黄金の国」を久しぶりに観ましたが、いや~!懐かしいですね~!


轟さんはさすがに貫録でしたわ!

ぶんちゃん・わたるさん・こむちゃん・かしちゃんも出て居ましたね!ヽ(^o^)丿

星組「誠の群像」の過去の感想です。

昨日、一番アクセスが多かった記事は、雪組の全ツ「誠の群像」2018年ラインアップに関係してのアクセスだったと思いますが…

雪組の「仁」をリンクでお知らせ。

昨日放送された雪組の「仁」全ツは、漫画界の巨匠村上もとか氏による「JIN-仁-」を題材に、宝塚らしさを加えての舞台で、江戸時代の有名人が顔をそろえての舞台は、皆が楽しそうに役を生きて居て面白かったです!



この舞台音月さんと舞羽美海さんのさよなら公演だったのですね。

WOWOWでちぎちゃんの卒業旅行を観て(記事を追加)

WOWOW「宝塚プルミエール」は早霧せいなさんの卒業記念番組は、ゲストに鳳翔大ちゃんと香綾しずるさんを迎えて思いっきり自由に楽しく「ラフティングをしたり~バーベキューをしたり、富士のすそ野に広がるまかいの牧場で馬に触れたり~さらに牧場のログハウスでマイピザを焼いたり~楽しい一日を過ごした番組でした。

 

 

移動はキャンピングカー、そして何と運転はちぎちゃんでした。

ラフティングでは、インストラクターの伊藤さんに連れられて~彼女たちが挑むのは、日本で3本の指に入る急流の富士川。

途中そびえる岩山から飛び降りたり~皆さん怖さ知らずで驚きましたが、さすが運動神経抜群の人達のダイビングは男役さんらしい勇気ある姿を見させて頂きました。



そして最後はだいちゃんがインタビュアーになりちぎちゃんに質問、現役時代の全てを語るちぎちゃんの「ロングインタビュー」を聞くことが出来ました。

退団して一か月と少し経つんですけど、感じた事は?

自由を楽しみつつ、今までの日常感じゃない非日常を日常として味わってるみたいな~。

日常と非日常が逆転したそうです。まとまった休みは無かったから、纏まった休みを今使ってるんじゃないかと言う錯覚に陥ったりするけど、かといって、あの舞台に戻れるかって言ったら、もう十分やって来たなと思うし~この夏はゆっくりしながら遊んだって感じだそうです。

今日は止めにね!一番アクティブに遊びましたよ!と言う大ちゃん。

 

ちぎちゃんにとってターニングポイントとか、これは大変だったな~とかあります?

 

ターニングポイントと言えば、組替えは大きかった。入団8年目に親しんだ宙組から突然の組替え。当時水夏希率いる雪組へ~思いもかけなかったことに少なからず戸惑ったそうです。

 

雪組さんが東京公演を終えて、ちぎちゃんは、急に東京から入るみたいだったから、完成された中に一人新人が混じるみたいだったのは急に入ってお客様状態見たいで、まずいなと思ったし~こう見えて人見知りだから~一年くらいは完全に馴染むのに大変だったそうです。

苦しい胸の内を抱えながら一人飛び込んだ雪組。真摯に役に向き合い続け~いつしか雪組でも特別な存在に~。

 

沢山の過去の舞台映像が観れました。

 

そしてついに100周年の年にトップに就任。お披露目の時は、嬉しさとか歓びとか~皆さんに見て頂けて、迎えて貰えてと言う感動とかはあったんだけど、これから羽根を背負ってずっと進んでいく重責とか、もう自分だけのものじゃなくて、組全体で行くんだと言う、何とも言えない重みの方が強くて~ルパンの初日の時は、これ一カ月間やれないと思ったそうです。わぁ~やるんだ~!と恐ろしくなったとか。

 


壮さんのナレーションによれば↓

言葉の通りその責任は実績となった表れ~

トップ就任以来全公演観客動員100%越え劇団史上初の快挙を成し遂げたそうです。

そして劇団が描いていた100周年以降の権を払拭し~早霧せいなの雪組は前進し続けたのだそうです。

 

稽古場とか楽屋とか普段の日常生活の中で、印象に残っている事はあります?


ずっと17年間稽古してきた、あの稽古場の最終日は結構熱くなるものがあったし、大劇場の千秋楽も、ここで17年間舞台に立ってきたんだなと言う思いが、ここに立つのが最後なんだなと思ったらグッ!ときたし~、東京公演の千秋楽の時も、やっぱりずっと憧れてきた世界に自分はこうやって没頭して、居られたんだと言う事を最後にさらに実感したそうです。

 

それは眼だけじゃもったいないから鼻ではこの香りを残したいし、触れ合って涙を流した瞬間は、記憶に留めたいと言う気持ちだったとか。

 

ずっと憧れた宝塚に居られた実感を最後の日感じた稽古場と大劇場・東京のラストの日と言うのは、忘れられないそうです。

 

これまでの人生の全てを注ぎ生きた宝塚の舞台、今改めて思う男役とは?

 

一カ月や2か月じゃ消化できない。こんなに大好きだった男役を卒業すると言う満足感と何とも言えない切なさとだから~

やっぱりもう来ないと言う意味では、寂しかったりもする分けだから、これをどう消化していくかがこれからの楽しみでもあり、

でもずっと宝塚の男役だったとか宝塚の生徒だったと言うのは、私の財産でもあるしずっと看板がついてくれていると思う。

 

 

主婦になってもずっと宝塚の元生徒、しかも男役だったと言う、だからこそ自分なりに出来る事があるんじゃないかと思うし、

むしろいつまで経っても抜けないのかも知れないし~、今ありのままだからね。そこが魅力と大ちゃんに言われて居ました。

 

三人で乾杯しながら飛び込んだ話になり「私達すごかったよね!」とか聞けましたが、最後にその映像を観るとちぎちゃん雄叫び上げて飛び込んでいましたね。最後まで楽しそうな3人の旅でした。

 

一番自分の中で体張ってたり役立ったりしたのはなにかと言えば、皆さんが異口同音に「星合一夜」だったそうです。

 

WOWOWの番組の後で「エスメラルダ」を観た時、顔が一回り小さくてみんな頑張って輝いて居たよ!とちぎちゃんに言われて居ました。

 

 

そして宝塚ならでわのサプライズは、ちぎちゃんお誕生日おめでとうヽ(^o^)丿でした。

 

ブルーベリーが沢山載せられたデコレーションケーキを前にご満悦のちぎちゃんでした。

 

ケーキはちぎちゃんと大ちゃんのインタビュー中に、がおりさんが一人で作っていられたそうです。

 

彼女が大事にした仲間の‟絆”は、17年間の宝塚生活の中で見つけた彼女なりの答えだったのかもしれないと壮さんが仰っていました。

 

ちぎちゃんは、一つの作品を創る上での仲間の大切さは助けられたり~だから、それらが受け継がれて来られているのは伝統としての宝塚の素晴らしさと仰って居ました。

 

仲間が居てくれたから歩んでこれたけどこれからは一人なので~身近の人が居なくなり不安とか退団して感じる瞬間の一つでもあるとか。

 

その仲間の暖かさを大切に想いながら、皆ならどうするかなとか、振返りながら進んでいけたらなと思うそうです。

 

仲間との絆で励まし助けられ育んだ宝塚、そして宝塚を卒業した今、それを再確認した一日になったのではないでしょうか?と結んでいました。

 

3人の仲良しぶりはもちろんですが、3人は始終楽しくて仕方がない様子で、いつも屈託のない笑顔で笑って居られて~本当に今が自由で幸せな時間なんだろうな~と感じました!

友達っていいですね!

 

 

 

 

 

 

2018年・公演ラインアップ【全国ツアー 雪組『誠の群像』他

公式よりお知らせ
2018年 公演ラインアップ【全国ツアー】<2018年3月~4月・雪組『誠の群像』『SUPER VOYAGER!』


主演・・・望海 風斗、真彩 希帆
◆全国ツアー:2018年3月23日(金)~4月15日(日)
詳しくはこちら
わ~!神奈川は、相模原公演だから観に行けるわ~!良かった~!

2018年バウ3月~4月・雪組『義経妖狐夢幻桜』

公式よりお知らせ



2018年 公演ラインアップ【宝塚バウホール】<2018年3月~4月・雪組『義経妖狐夢幻桜』

主演・・・朝美 絢
詳しくはこちら

星組 『ベルリン、わが愛』他ムービー更新

公式よりお知らせ

雪組『ひかりふる路~」PRムービー更新

公式より

スカイステージ11月番組表のお知らせ。

スカイステージ11月番組表のお知らせ…こちら


朝夏まなとサヨナラ特集第2弾があります。



NOW ON STAGE 放送日程はこちら

昨日放送された花組「ラストタイクーン~」色々です。

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

いの Twitter↓フォローよろしく!

マイYouTube

マイサイト

無料ブログはココログ