« 雪組「ひかりふる路」稽古場情報は、望海さんと組長さん | トップページ | 宙組「神々の土地」を観てきました。 »

2017年10月26日 (木)

宙組「エリザベート」を観て。

宙組「エリザベート」を観て。

 

すごく楽しみにしていた放送でしたが、残念ながら今回の映像は台風の影響からかかなり乱れて居ましたが、見苦しい所は音だけを聞いて何とかブログ記事を書きました。

 

 

実は劇場で観た時は気が付かなかったのですが、全体的に今までとは違った演出だった事に気が付きました。

 

やはり初演から20周年という事で小柳奈穂子先生が(共同演出)細かい所に気を配り演出されたようで、なるほど~と思う演出で素晴らしかったですヽ(^o^)丿

 

 

兎に角、どのシーンに於いても、シルヴェスター・リーヴァイさんの楽曲全てが素晴らしく~それだけでも満足感を感じますが、唄う主要メンバーが皆さん上手くて~画面が乱れて居なければ、心から満足感でいっぱいだったと思いました。

 

大勢の場面では、カフェのシーンやミルクのシーンが輪唱が素的で~ミュージカルとしての醍醐味を感じ大好きなシーンです!


全体的にお衣裳が豪華でしたが、2幕のハンガリーのシーンは、トートもエリザベートもフランツも豪華なお衣裳でしたね!

 

トートを演じた朝夏さんはスタイルが良くどのビジュアルも満点!メイクも冷たそうで~ストレートのヘアースタイルも似合って~無表情さが冷たく如何にもトートらしくて~歌によるお芝居は死に成りきって素晴らしかったです!

 
強く印象に残るシーンは、
最後のダンスは俺のもの~と自信たっぷりに唄い挙げるトートに迫力を感じましたが、

 体操で倒れた後、診察したトートは、フランツの浮気の写真を見せながら、お前を愛するのはこの俺だ!と今こそ黄泉の国へ~と誘うが、拒否され~今に死にたい時が来る~寂しく去るトートでした。

そして最後の証言で、トートと皇帝陛下の対決は激しかったが、最後のトートの違う~!の迫力ある一言がすごかった!



エリザベートを演じた実咲さん…歌も芝居も上手かったですね!父親とのやり取りは可愛く自由に成りたい気持ちを感じる。

結婚式の翌日、ゾフィとの対決は自由に成らず~フランツに助けを求めるが母親を気遣うフランツには取り合って貰えず~死にたいと思っても死ねなく~辛そうなエリザベートでした!♪私だけに~は高音も綺麗に出て上手かった!

しかしルドルフの柩の前では、ルドルフを助けられなかった自分を責め~♪死の嘆き~を唄いながらトートにすがっても突き放され~号泣するエリザベートが哀れでしたね!

 

ハンガリーはエリザベートの美しさに騙され~ここではエリザベートは、♪私だけの道を 邪魔しないで~と唄いますが、トートにはツン!とした感じでした。

 

お医者さんを呼んだはずなのに、トートで~陛下の寝室での写真を見せられて、フランツに対して自信を失い、死ねばいい!と言われながらも付き離すエリザベートが強いですね~!



皇帝陛下フランツの真風さんは品よく~立ち姿も美しく~皇帝陛下としての貫録もあり、歌も上手く~素敵でしたが、母親のゾフィに対してはマザコンで~シシィからは愛想尽かしされて~でもルドルフには厳しかった様ですが柩の前では哀しそうでしたね!

夜のボートでは、フランツが人生のゴールは寄り添いたい!と言ってるのに~エリザベートは二つのゴールよ!とか、かみ合わず~結局どこまでもすれ違い夫婦でしたね。

 

ゾフィの純矢ちとせさんは、強いゾフィを感じたが、後半セリフがはっきりせず~で今一でした。

 

ルキーニの愛月さんは、自由に舞台を動き回る様子からは、余裕が感じられテロリストらしかった!特に2幕の始まりはアドリブにも余裕があり~上手かった!

ルキーニがエリザベートを刺した時、直ぐにトートが現れ~捕らえられたルキーニの抵抗は今までよりも激しくテロリストらしさを感じました。



桜木みなとさんの皇太子ルドルフは、
自分の悩みを母親にも聞いて貰えず~父親にはこれがハプスブルグ家の後継者のする事かと皇位継承はないと言われたりでもう生きる当てもない~になるのですね!♪闇が広がるでは、トートに引っ張られる強さが今までと違っていましたね!しかし悲壮感はそれほど強くは感じられなかったのですが…皆さんはどうだったのでしょう?



エリザベートが刺された後のトートとエリザベートはお互いに愛し~愛され~二人きりで泳いで渡ろうと登る二人が幸せそうでしたね!

フィナーレが素晴らしかったですね!

先ずは銀橋で、真風さんの♪愛と死の輪舞~歌は良かったが…

そしてロケットは♪キッチュの曲に乗って~衣装が可愛いいし~良く揃ってました!

大階段に紫のお衣裳を着て現れた朝夏さん…娘役さん達が周りを囲み♪踊るなら~の曲ですごいわ!ハァー!がカッコいい事!

楽曲のみになったり~そしてまぁ君の踊りがカッコ良くて~銀橋へ踊るならすべては俺が選ぶ~と舞台上でお着替えされて~

黒のキラキララメ入りお衣裳でシックですね!

そして男役ダンスは♪闇が広がる~に乗って~4人から徐々に人数が増えて~

 

赤い燕尾で現れたまぁ君は、髪を後ろで束ね、♪最後のダンス~は私のもの~と唄い踊る時、本舞台にみりおんちゃんがせり上がり~デュェットを踊りますが、途中からバイオリンだけの音色でゆったりと踊り~抱き合いながら~

そして音楽がピアノになると色っぽく~なったり、テンポが速くなったり~しながら二人が銀橋へ!

いや~もうカッコ良すぎて溜息もんですよ!久しぶりにデュェットとしての魅力を感じさせてもらいました!

終わるとまぁ君、みりおんちゃんに投げキッス!客席から歓声が上がって居ましたよ!

エトワールは瀬音りささん、高音で唄われて上手かったです。

ここまで来ても画面が乱れて~パレードはまぁ君迄すっとんでしまって~幕になって仕舞いました(-.-)

 

劇場で観た時の感想はこちら


舞台は素晴らしかったのに、画面がまともだったら~もっとストーリーに入り込めたのに本当に残念でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 雪組「ひかりふる路」稽古場情報は、望海さんと組長さん | トップページ | 宙組「神々の土地」を観てきました。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宙組「エリザベート」を観て。:

« 雪組「ひかりふる路」稽古場情報は、望海さんと組長さん | トップページ | 宙組「神々の土地」を観てきました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ