« 星組「ベルリン~」の初日の映像を観ました。(写真を追加) | トップページ | リクェストDXトークに明日海りおさんと愛希れいかさん。 »

2017年10月 2日 (月)

WOWOWでちぎちゃんの卒業旅行を観て(記事を追加)

WOWOW「宝塚プルミエール」は早霧せいなさんの卒業記念番組は、ゲストに鳳翔大ちゃんと香綾しずるさんを迎えて思いっきり自由に楽しく「ラフティングをしたり~バーベキューをしたり、富士のすそ野に広がるまかいの牧場で馬に触れたり~さらに牧場のログハウスでマイピザを焼いたり~楽しい一日を過ごした番組でした。

 

 

移動はキャンピングカー、そして何と運転はちぎちゃんでした。

ラフティングでは、インストラクターの伊藤さんに連れられて~彼女たちが挑むのは、日本で3本の指に入る急流の富士川。

途中そびえる岩山から飛び降りたり~皆さん怖さ知らずで驚きましたが、さすが運動神経抜群の人達のダイビングは男役さんらしい勇気ある姿を見させて頂きました。



そして最後はだいちゃんがインタビュアーになりちぎちゃんに質問、現役時代の全てを語るちぎちゃんの「ロングインタビュー」を聞くことが出来ました。

退団して一か月と少し経つんですけど、感じた事は?

自由を楽しみつつ、今までの日常感じゃない非日常を日常として味わってるみたいな~。

日常と非日常が逆転したそうです。まとまった休みは無かったから、纏まった休みを今使ってるんじゃないかと言う錯覚に陥ったりするけど、かといって、あの舞台に戻れるかって言ったら、もう十分やって来たなと思うし~この夏はゆっくりしながら遊んだって感じだそうです。

今日は止めにね!一番アクティブに遊びましたよ!と言う大ちゃん。

 

ちぎちゃんにとってターニングポイントとか、これは大変だったな~とかあります?

 

ターニングポイントと言えば、組替えは大きかった。入団8年目に親しんだ宙組から突然の組替え。当時水夏希率いる雪組へ~思いもかけなかったことに少なからず戸惑ったそうです。

 

雪組さんが東京公演を終えて、ちぎちゃんは、急に東京から入るみたいだったから、完成された中に一人新人が混じるみたいだったのは急に入ってお客様状態見たいで、まずいなと思ったし~こう見えて人見知りだから~一年くらいは完全に馴染むのに大変だったそうです。

苦しい胸の内を抱えながら一人飛び込んだ雪組。真摯に役に向き合い続け~いつしか雪組でも特別な存在に~。

 

沢山の過去の舞台映像が観れました。

 

そしてついに100周年の年にトップに就任。お披露目の時は、嬉しさとか歓びとか~皆さんに見て頂けて、迎えて貰えてと言う感動とかはあったんだけど、これから羽根を背負ってずっと進んでいく重責とか、もう自分だけのものじゃなくて、組全体で行くんだと言う、何とも言えない重みの方が強くて~ルパンの初日の時は、これ一カ月間やれないと思ったそうです。わぁ~やるんだ~!と恐ろしくなったとか。

 


壮さんのナレーションによれば↓

言葉の通りその責任は実績となった表れ~

トップ就任以来全公演観客動員100%越え劇団史上初の快挙を成し遂げたそうです。

そして劇団が描いていた100周年以降の権を払拭し~早霧せいなの雪組は前進し続けたのだそうです。

 

稽古場とか楽屋とか普段の日常生活の中で、印象に残っている事はあります?


ずっと17年間稽古してきた、あの稽古場の最終日は結構熱くなるものがあったし、大劇場の千秋楽も、ここで17年間舞台に立ってきたんだなと言う思いが、ここに立つのが最後なんだなと思ったらグッ!ときたし~、東京公演の千秋楽の時も、やっぱりずっと憧れてきた世界に自分はこうやって没頭して、居られたんだと言う事を最後にさらに実感したそうです。

 

それは眼だけじゃもったいないから鼻ではこの香りを残したいし、触れ合って涙を流した瞬間は、記憶に留めたいと言う気持ちだったとか。

 

ずっと憧れた宝塚に居られた実感を最後の日感じた稽古場と大劇場・東京のラストの日と言うのは、忘れられないそうです。

 

これまでの人生の全てを注ぎ生きた宝塚の舞台、今改めて思う男役とは?

 

一カ月や2か月じゃ消化できない。こんなに大好きだった男役を卒業すると言う満足感と何とも言えない切なさとだから~

やっぱりもう来ないと言う意味では、寂しかったりもする分けだから、これをどう消化していくかがこれからの楽しみでもあり、

でもずっと宝塚の男役だったとか宝塚の生徒だったと言うのは、私の財産でもあるしずっと看板がついてくれていると思う。

 

 

主婦になってもずっと宝塚の元生徒、しかも男役だったと言う、だからこそ自分なりに出来る事があるんじゃないかと思うし、

むしろいつまで経っても抜けないのかも知れないし~、今ありのままだからね。そこが魅力と大ちゃんに言われて居ました。

 

三人で乾杯しながら飛び込んだ話になり「私達すごかったよね!」とか聞けましたが、最後にその映像を観るとちぎちゃん雄叫び上げて飛び込んでいましたね。最後まで楽しそうな3人の旅でした。

 

一番自分の中で体張ってたり役立ったりしたのはなにかと言えば、皆さんが異口同音に「星合一夜」だったそうです。

 

WOWOWの番組の後で「エスメラルダ」を観た時、顔が一回り小さくてみんな頑張って輝いて居たよ!とちぎちゃんに言われて居ました。

 

 

そして宝塚ならでわのサプライズは、ちぎちゃんお誕生日おめでとうヽ(^o^)丿でした。

 

ブルーベリーが沢山載せられたデコレーションケーキを前にご満悦のちぎちゃんでした。

 

ケーキはちぎちゃんと大ちゃんのインタビュー中に、がおりさんが一人で作っていられたそうです。

 

彼女が大事にした仲間の‟絆”は、17年間の宝塚生活の中で見つけた彼女なりの答えだったのかもしれないと壮さんが仰っていました。

 

ちぎちゃんは、一つの作品を創る上での仲間の大切さは助けられたり~だから、それらが受け継がれて来られているのは伝統としての宝塚の素晴らしさと仰って居ました。

 

仲間が居てくれたから歩んでこれたけどこれからは一人なので~身近の人が居なくなり不安とか退団して感じる瞬間の一つでもあるとか。

 

その仲間の暖かさを大切に想いながら、皆ならどうするかなとか、振返りながら進んでいけたらなと思うそうです。

 

仲間との絆で励まし助けられ育んだ宝塚、そして宝塚を卒業した今、それを再確認した一日になったのではないでしょうか?と結んでいました。

 

3人の仲良しぶりはもちろんですが、3人は始終楽しくて仕方がない様子で、いつも屈託のない笑顔で笑って居られて~本当に今が自由で幸せな時間なんだろうな~と感じました!

友達っていいですね!

 

 

 

 

 

 

« 星組「ベルリン~」の初日の映像を観ました。(写真を追加) | トップページ | リクェストDXトークに明日海りおさんと愛希れいかさん。 »

WOWOW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WOWOWでちぎちゃんの卒業旅行を観て(記事を追加):

« 星組「ベルリン~」の初日の映像を観ました。(写真を追加) | トップページ | リクェストDXトークに明日海りおさんと愛希れいかさん。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ