« 2003年、花組・全ツ「琥珀色の雨にぬれて」を観て。 | トップページ | 蘭寿さん情報です。 »

2017年11月15日 (水)

望海風斗さん主演、雪組「ドン・ジュアン」を観て。

'16年雪組・ドラマシティ公演、雪組「ドン・ジュアン」を観て。

 

 

望海さんが主演と言う事だけで、何の前知識も見ずに観た作品でしたが、余りにも周囲に女を侍らしながらの女たらしぶりにびっくりで~こう言う作品はいくらフランスミュージカルと言っても、清く正しく美しくをモットーにしている宝塚でやるべき作品ではないな~の気持ちで観ていました。


 

それもそのはず公式の解説を見れば、その女たちにモテモテの姿は、女と酒、そして快楽を求め続け、数多の女達を魅了するセクシーなプレー・ボーイのドン・ジュアン(望海風斗)の姿だったのですから~

 

しかし生徒は作品を選べない!

そんな中、

ドンジュアンを演じた望海風斗さんは、歌からも表情からもそのドンファンぶりは、今やこの人を置いては他には居ないだろうとさえ思わせるほどのなり切り度で~少し前まで「オーシャンズ11」の悪役ぶり、「るろうに剣心」の悪役ぶりのイメージにさらに凄みを増したドンジュアンぶりだった様に感じました。


 

父親のドン・ルイ(英真 なおき)の意見も鼻であしらい、結婚を約束したエルヴィラ(有沙 瞳)さえも相手にもせず~

 

ドン・ジュアンはある時、かつてドン・ジュアンが殺した騎士団長の亡霊(香綾 しずる)に導かれ出逢った女性が石像を作る彫刻家の娘、マリア(彩みちる)と言う女性で、彼女も石像を打っていた…その姿に愛を感じたと言うドンジュアンは、彼女に強く惹かれ~二人はお互いに強く愛し合い幸せな日々が続くのですが…



ある時戦場からマリア(彩みちる)と結婚の約束をしていたラファエル(永久輝せあ)が帰ってきて、マリアが居ない事に気づき~

 

ドンジュアンに相手にされず、恨みを抱いていたエルヴィラ(有沙 瞳)は、この時とばかりに恨みを晴らして欲しいと

ドンジュアンと一緒に居るマリアの所にラファエル(永久輝せあ)を連れて行きますが~マリアを巡り決闘となり~

 

 

誰もがドンジュアンだけは死なないと思っていたが、亡霊の言葉にうろたえ乍ら戦うドンジュアンは刺され~

 

多くの女性達から愛されたドンジュアンは、マリア(彩みちる)に見守られながら、息絶え~いつまでも横たわって居ました。

 

罪を背負いながら生きながらえるよりも、人として死んだ方が~幸せだったのかも知れないと。

 


ドン・ジュアンを演じた望海風斗さんは…歌はもちろん、演技も時々魅せるフラメンコのステップも申し分なく~そのドンファンぶりに驚きました!

 

 

マリアを演じた彩みちるさんは、とても歌が上手くて~ドンジュアンを愛する様子もリアルに演じていて良かったです!

 

 

ドン・ジュアンの父親を演じた英真なおきさんは…酒と女に溺れる放蕩息子を心から心配する様子が感じられましたね~!

マリアと愛を育んでいる時は、できればこのまま居て欲しいとか、親の気持ちを感じました!



亡霊の香綾 しずるさんは…亡霊らしくメイクも真っ白で~ドン・ジュアンを言葉巧みに操る様子を観て、ドンジュアンを言う事聞かせるにはこの人に頼るしかないと言う感じで、その存在がすごく重要に感じました。



ドン・カルロを演じた彩風 咲奈さんは…彼を愛する一人として、常に悪い方向に行かない様に誘導していたようでしたが、

全く聞く耳持たないドンジュアンだったようですね!

 

ラファエルを演じた永久輝せあさんは、ドン・ジュアンのライバル役として重要な役どころでしたが、マリアを強く愛する気持ちや、彼女を取り返そうと必死の思いが伝わって来て、今まで見た事もない強さを感じました!

 

 

エルヴィラを演じた有沙瞳さんは…妻となるはずだった身を台無しにされ~正に女の意地と申しましょうか、執念を感じさせてくれました。

 

 

その他、ドンジュアンを取り巻く女性たちに、美穂圭子さん・舞咲りんさん・早花まこさん等がたっぷり絡んで女っぷりを魅せてくれていましたが、でもいつも冷たくあしらわれて~可愛そうな女たちに感じました。

 

 

いや~それにしても激しくモテモテの役を演じて望海風斗ここに有りとばかりの演技で驚きました(@_@)

 

« 2003年、花組・全ツ「琥珀色の雨にぬれて」を観て。 | トップページ | 蘭寿さん情報です。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 望海風斗さん主演、雪組「ドン・ジュアン」を観て。:

« 2003年、花組・全ツ「琥珀色の雨にぬれて」を観て。 | トップページ | 蘭寿さん情報です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ