« 花組・博多座『あかねさす紫の花』『Santé!!』ライブ・ビューイングを観てきました。№1 | トップページ | ショー『Sante!!』は№3 (ライブ・ビューイングより) »

2018年5月13日 (日)

花組博多座「あかねさす紫の花」それぞれについて№2

それぞれについて、私なりに感じた事は~。

それぞれについて

大海人皇子を演じた明日海りおさん…兄に対する気持ち・額田への気持ちも、予想していたより全てがはるかに素晴らしい演技に感心しました!

最初は兄に忠実に従っていて、額田と知り合ってからは終始一貫して熱く額田を愛する気持ちが感じられましたが、妻を奪われ~交換の様に鵜野の皇女を宛がわれた時は、兄に初めて立てついたようですが、「はい!と言え!」と言われて~そりゃ~納得行かなかったでしょうね~!

その悔しさを歌に篭めて~今まで観た事も無いほど悔しい気持ちで唄っていて~びっくりするやら切ないやら~の気持ちでいっぱいでした!

トップになり沢山経験を積んで華やかさだけでなく色んな気持ちが表現できているな~と舞台を観て唯々感心しました。

ショーは兎に角華やかで、ビジュアルはカッコ良くて~惹きつけられますね!

仙名さんとのコンビも素的でした!




額田女王を演じた仙名彩世さん…本当に表現が上手い方ですね~!女役だからと言って遠慮するのではなく、ご自分なりに堂々と額田を演じて二人の皇子を愛する姿が観れました。



中大兄皇子を演じた鳳月杏さん…兎に角大きく見せようとされたのでしょう!そして出来あがった中大兄皇子は威厳も包容力も感じさせてくれました。

一見冷たそうに見える中大兄皇子だったが、額田への愛は真っ直ぐで、心が感じられて良かった!



中臣鎌足を演じた瀬戸かずやさんは…鎌足役をテキパキと熟し~常に皇子様第一主義を掲げて~中大兄にも信頼が厚く、男らしい姿が観れましたが、それでも中大兄が額田を奪った時は、さすがに「なにも弟の妃を取らなくても~ええ~い!世話を焼かせる!全く~!と文句を言っていたが、その言い方が上手いですね~!
鏡女王が悔し紛れに放った言葉に対しても優しく制して~鏡王(高翔みず希)に言われた時も一つ返事で鏡女王を娶る事を約束したりで~男らしい反面心は優しい人だな~と思いました。



天比古を演じた柚香光さん…将来は額田の姿を菩薩に掘ると言っていた天比古も中大兄と額田が強く愛し合う姿を観て生きる気持ちを失った様で、その時のうなだれる様子、夢が壊れた瞬間を上手く演じていて悔しさに溢れ~上手いな~と思いました。



鏡女王を演じた桜咲彩花さん…何と言う辛い役だったでしょう!中大兄が会いに来た時は、天にも昇る気持ちで嬉し涙を流していたのにでも鎌足に嫁げて良かった!大階段で唄う桜咲さん歌も上手かったです!



舟坂郎女を演じた芽吹幸奈さん…額田が幼い時は、髪を結おうと額田を追いかけ~中大兄には大和三山で芯な質問をされたり~大人になってからは、鏡女王が城を抜けてきた時は鏡王に「お前が付いていて~」と怒られたり~船坂なりに大変だったと思います。
地味な役だけど上手かったですね!



斉明天皇を演じた花野じゅりあさん…落ち着きと厳かな感じ・優しさが感じられました…歳を重ねないと出せない威厳をあの華やかな花野さんが演じられていて、ビックりしましたが素的でした!



小月を演じた乙羽 映見さん…存じ上げなかったですが、お芝居は優しさが感じられて良かったですね~!以前は白華れみさんが演じていたことが有ったが、この人もきっと推されて居るのでしょう!



鏡王を演じた高翔みず希さん…額田の優しさ心の広さを感じました。

皆さんの努力により素晴らしい舞台が観れました。

ショーについては夜書こうと思って居ます。

 

« 花組・博多座『あかねさす紫の花』『Santé!!』ライブ・ビューイングを観てきました。№1 | トップページ | ショー『Sante!!』は№3 (ライブ・ビューイングより) »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花組博多座「あかねさす紫の花」それぞれについて№2:

« 花組・博多座『あかねさす紫の花』『Santé!!』ライブ・ビューイングを観てきました。№1 | トップページ | ショー『Sante!!』は№3 (ライブ・ビューイングより) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ