« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

神奈川KAAT劇場で、劇団四季の「ノートルダムの鐘」を観てきました(追加)

久しぶりに神奈川KAAT劇場で、劇団四季の「ノートルダムの鐘」を観てきました。

 

主要メンバー達の圧倒的な歌唱力と、世界的文豪ヴィクトル・ユゴーの作品を舞台化した物語でしたが、閉じ込められた鐘突き堂で暮らす一人の醜い男が、美しい心で聖職者の権力と闘い~悔しさ切なさ・哀れさが伝わって来る感動の舞台でした

 

ストーリーは一度観ただけでは、兎に角お名前が分からないので、分からない部分があったり~ストーリーも前後して居るかもわかりませんがどうぞご容赦ください。

この舞台は大聖堂を守る聖職者フロロー(川口竜也)と、フロローに養われながら鐘を突き鳴らすことを任されて居るカジモド(金本泰潤)が、ジプシー女のエスメラルダ(宮田愛)を愛してしまった事・そして大聖堂を守る警備隊長のフィーバス(佐久間仁)も、又エスメラルダを愛してしまった事により様々な事が起こる舞台でしたが、権力に立ち向かう無力の者たちの勇気と誠実さなどが伝わってくる切ない物語でした。


 

ノートルダム大聖堂の鐘突き塔には、聖職者フロローという男と、その弟から赤ん坊の時に引き取った醜いカジモドと言う男が、石像に囲まれて住んでいた。

 

カジモドは、赤ちゃんの時から育ててくれたフロローに一切たてつくことなく常にご主人様と言って従順に従い、じっと我慢の日だったのですね。

外の世界から隔離され住んでいたカジモドは、外の世界が観たくて溜まらず~大聖堂を抜け出し~年に一度の祭りを観に行くとそこでやって居た最も醜いモノを決めるコンテストに出てみないかとエスメラルダと言うジプシーの女に誘われて~出ると、何とそれは仮想でも何でもなく、

 

 

事実醜いと言う事が分かり~残酷なまでに痛みつけられひどい目に遭い、捕まりそうになる。

声を掛けた責任からジプシー女のエスメラルダは、後を追い~カジモドに優しい声を掛け~

生まれて初めて優しくしてもらったカジモドは、彼女への愛を感じるようになっていた。


フロローは外に出るとこういう事になるからこの大聖堂に居る方がよいのだと諭すのでしたが~


フロロー自身がすっかり彼女に惹かれていた様で、夜な夜な捜し歩いていて、ある酒場でジプシーのエスメラルダが踊って居る姿を見つけ物陰から観ていましたが~

彼女は聖職者の言う事も恐れず、言いたい事を云う強い女性でした…嫌われているのに何とか自分のものにしようと執拗に追いかけるフロロー。

追われて居る事を知ったエスメラルダは大急ぎで聖堂のカジモドを訪ね助けて欲しいとペンダントを渡していきます。

そのペンダントには地図でエスメラルダの住む場所が示されていたようで助けに行きますが、その情報が漏れていたのか

フロローもジプシーたちの居る場所に現れ~そこを焼き払おうとしてこの時のフロローの言葉は、例えパリを焼き尽くそうともやるんだという強い言葉で~

隊長に火を点けるよう命じますが、エスメラルダを愛してる警備隊長は火を点けられず~隊長職を解かれ~傷を負い~

エスメラルダは、そんな彼を匿う様カジモドに頼んだり~優しい面をみせるエスメラルダだったのに~

 

 

彼女を無理に自分のものにしようとする聖職者フロローに立てつき、言う事を聞かないエスメラルダを火あぶりの刑に処すると言ったり~それはまさに聖職者としてあるまじき行為に、石像たちから助ける様~圧されたり~カジモドは最後彼女が火あぶりにされ掛かって居るのを知り~居た溜まれず彼女を救い出すのでしたが~

 

 

大変な思いをして助け出したエスメラルダは、カジモドの愛も届かぬままやがて息を引き取って~


怒りに震えるカジモドは、思い余って熱く燃え滾る鉛
の入れ物をひっくり返します…真っ赤に染まった舞台で、フロローは死んだのかと思いきや、まだ生きていて、


今までフロローに対しては、いつもハイ!ご主人様!しか言わ無かったカジモドが、初めてたどたどしい言葉で聖職者のフロローに対して~「貴方の所為で人が死んだ!」「貴女のは愛ではない!」と、激しく攻め、主人を責める場面は~我慢していた気持ちが一気に噴き出したシーンで
良くぞ言ってやったと~胸がスカーっ!として~感動で涙が込み上げてきました!

そして何もない時には突いてはいけないと言われていた大聖堂の鐘を成ら鳴らすのでした!

 

久しぶりに観た劇団四季の「ノートルダムの鐘」は、一人一人がびっくりするほど歌ウマさんで、お芝居は上手く~感動の舞台で~惜しみない拍手を送ってきました。




兎に角主役を務められた醜いカジモドの金本泰潤さんは体力的にも大変気を使いながらの舞台だったと思いますが、醜い身体でもしっかりと正義に燃えている様子が感じられたし~エスメラルダへの優しさが伝わって来たり~歌は声量と言い~迫力で唄い挙げる時は劇場内を圧巻していて~本物を観た気がしました!



ジプシーの女・エスメラルダの宮田愛さんは、身分は低く、美しい声で声量もあり、魅せられました!お芝居は、ジプシー故に聖職者のフロローには常に馬鹿にされながらも、常に正義感に満ち溢れ~言葉でも負けないほどでしたが、それ故にそんな強い部分も彼を虜にしてしまったのかな~と思いましたが、権力を前にどうにもできなかった様で、カジモドの優しさは見抜き頼って居た感じでした。

警備隊長のフィーバスの(佐久間仁)に対しては二人で権力に立ち向かおうと強い絆が感じられるシーンもあり~心からの愛を感じました。



そして聖職者フロロー役の川口竜也さんは、低音の魅力で~聞かせてくれて~聖職者としては、唯権力を振りまわし~自分の弱さから自分が抑えられず~この舞台では一人悪役を演じていて、どこまで憎々しいのか!と言うほどの貫禄で権力者が似合って上手かったです!




警備隊長のフィーバス役の佐久間仁さんは、最初はフロローに忠実だったが、エスメラルダを愛していたので住んでる場所を焼き払う時、命令に背いて、その後はエスメラルダと愛を確かめ合い~素的な二人の世界を感じました。優しさ・男らしさがが感じられて素的でした!




全員による賛美歌は、舞台上を美しい声で唄い挙げ四季はさすが選ばれたメンバーによる舞台なんだな~と感じさせてくれます。

 

又‟りんご”とか言う酒場で中央で踊っていたエスメラルダのダンスの上手い事!何とも言えない色気で魅了してすごいな~と思いました。!

 

カジモドは顔は歪み~背中は丸く~変な歩き方をしていたのに、喋り方も~お芝居が終わった最後に舞台上でそのボロ衣装を脱ぐんですよ!歪んだ顔はイケメンに変わり~スマートで若い金本泰潤さんと言う俳優さんでした。

 

四季の最後は、華やかな宝塚と違って~ただお辞儀をするだけですが、お客様の拍手はすごくて~客席が割れるかのような~何度も何度もアンコールがあり~やがて全員がスタンディング・オベーションですばらしいお芝居を称えて幕となりました。

 

会場の四季のスタッフさんも皆さんが優しくて~丁寧な対応をされていて、びっくりしました。

この日は終演後、トークのイベントがあったようですが、私は遅く慣れないので、足早に帰路につきました。又観に行きたい気持ちになりました。


昨夜はザックリと書いていましたが、今朝思い出したことを追加でアップしました。


長い記事を最後まで観て頂き、有難うございましたm(__)m



ストーリー等、詳細はこちら


花組『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』その他の配役決定!

公式より

花組 退団者のお知らせです。

公式よりお知らせです。

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。   


花組
天真 みちる
新菜 かほ
桜舞 しおん

雪組『凱旋門』『Gato Bonito!!』 稽古場 キャストボイス更新

星組「パッション・ブルー」&雪組「ラ・エスメラルダ」ナウオン&小林公平没後1周年「愛の旋律~等です。

今日のスカイステージで観ている番組です。良かったら見て下さい。






未涼亜紀さん主演の「ブラック・ジャック」千秋楽&星条海斗さん主演の「暁のローマ」新人公演など

今日のスカイステージより観ている作品は、下記の舞台です。

雪組「ブラック・ジャック」千秋楽を観てきました 2013227


雪組「ブラックジャック」ナウオン
 2013225


月組「暁のローマ」新人公演を観て

 

 

雪組「凱旋門」前夜祭の続きです。

雪組「凱旋門」前夜祭の続きです。


初演の映像を観終わって、ここからはトークの様子です。

 

轟さんは映像を観終わって、若かったね~!と、皆からは全然変わらないから~と言われて居ました。

いしちゃんは、人がやってたことは観て覚えていたが、自分がやってたことはあまり覚えていないとか~周囲からは、18年も経っているからね~と。懐かしそうでした!。



香寿さん公演のエピソードやご苦労された事は?

A:ロシア人の帽子を被ってないことについて~気になったらしく~ぜひ舞台で登場する時は、被って下さいと要望されて居ました。又フランス語で唄う時の発音が難しかったそうです。

 

望海さんは、難しいけど、今は美穂圭子さんに教えて頂いているそうです。

 

香寿さんは、組替えの為に宝塚公演しか出られなかったそうで…急に呼び出されて違う公演に出る事になったとか~ですごくびっくりされ、残念そうでした!

 

それ故いしちゃんと抱き合うシーンは、ボリスじゃなくて、香寿たつきだったそうです。

と言う事で寂しい思い出のある作品だそうですが、こんな素的な役に出会えてすご~く心に残る作品なので、

今日呼んで頂けて嬉しいと仰っていました。

 

月影さんはキスシーンについて、詳しく話されて居ましたが、吸いつけられるように~お稽古したそうですが、

中国雑技団の様に身体が不自然な姿勢の為、プルプルしながらだったそうで、轟さんが素的なので、自ら喜んでキスしに行った感じだそうです。(轟さんは笑って居ました)

 

 

今度、真彩さんのジョアンとの場合は轟さんは完璧な受身だそうで、月影さんは羨ましいそうで、「良いですね~真彩ちゃん!ぶっちゅぶっちゅ行ってください!」と、みんな大笑いして居ました。

真彩さんは顔を手で覆って恥ずかしそうに笑って居ました。

お稽古場で観ていた人たちから足が浮いてたよ~と言われていたとか~それを心配そうに見つめるだいもん君に

 

組子はどういう気持ちで観ているんだろうと観ていたらしいですが、だいもん君は、無事に上手くいくかどうか~を観ていたそうで、見届け人と言われて居ました。相手役って有難いですね!

 

 

月影さんは「凱旋門」の前にパリへ一人旅に出かけられたとか~向こうでカルバトスを飲んだ時の様子を詳細に話していましたが、身分証明書を出せ~とか「歳行ってるな~」と言われたとか~に皆さん笑って居ました。

 

 

朝海ひかるさんと安蘭けいさんのお二人がビデオレターによりコメントされて居ました。


ローゼンフェルト役の朝海ひかるさんは、謝先生のスパルタの様なダンスレッスンで膝がガクガクニになり、気持ちもガクガクになったそうで、役替わりもさせて頂いたりしたので、とても大変だったな~の印象があると~話をされて居ました。

役替わりの時にいしちゃんのお衣裳をお借りしたそうですが、手足が長くお父さんの背広を借りた息子のようだったそうです。

 

 

そしてとうこさんのビデオレターでは、初演の時を思い出すと結構大変な事ばかりが思い出されるそうで、とうこさんは、組替えの為に東京公演は出れなかったそうで、その時の悔しい思いが今も残っているそうで「凱旋門」は、沢山素晴らしい曲があったそうですが、その中でも♪いのち~と言う曲が大好きで、歌詞もメロディも心の中にグッ!とくるとか、あの曲を聞くだけで今でも泣けるし~その曲が聞けると思ったらとっても楽しみ!と仰っていました。

そして謝先生の激しい地を這う様な振りが大変だったそうで、身体を酷使し疲れたそうです。

 

再演と聞いた時は、やっぱり!~と嬉しかったそうですが、あの轟さんのラヴィックが又観れると思ったらすっごく楽しみ!と仰っていましたが観たいけど出たい!そうです!(*^-^*)とうこさんの言い方が面白くて、皆さん大笑いされて居ました。

 

 

望海さんのトップとしてめきめきと実力を付けられて~と言う素晴らしい噂は耳に届いているそうですが、この凱旋門と言う名作を沢山の方に感動してもらって下さいとか観劇を楽しみにしていますとエールを送られて居ました。

 

初演の時のお稽古場の話では、盆が回る話や謝先生によるスローモーションの事等が話題に上がって居ました。

 

又月影さんによればダンスのお稽古の時謝先生がやって魅せて下さるとすっごく色っぽかったが、月影さんがやると、角角していて~とジョアンの役が難しくて~最後まで悩んだ舞台だったそうです。

 

現在のお稽古はお芝居の方がこの時点で、終盤近くまで進んでいたそうです。

 

この後雪組生が真面目だと言う話や、謝先生がジョアンでお稽古付けられる時は、メチャクチャ可愛いジョアンだとか~掴みにくかったそうです。ぐんちゃんは、すかさず掴みにくい女なんです!に皆さん笑いが起こって居ました。

 

 

轟さんは、2018年版の雪組の「凱旋門」として真彩さんと大門君の色が濃く出ているんじゃないかなと話されて居ました。

 

歌詞は一緒だけど曲が変わって居て~と言うのがあるそうで、

 

ゲストのお二人に今回の「凱旋門」への期待の言葉を聞きました。

 

月影さん…今お話を伺って益々観たくなったそうです。もし熱い熱い視線を感じたら私と思って下さいとと今から熱い言葉を投げかけて居ました。

 

奏乃はるとさんは18年前は研2で、今は副組長になられて~びっくりしたそうで、シュナイダーと聞き、立派になられて~と、鞭を打つ練習をしているそうです。そしてだいもんちゃんがあの帽子を被り熟しているかどうかを客席から見させて頂くと仰っていました。さらに香寿さんは今は社会で色んな事が起きて~戦争の事とか不安とかを感じる時代になって~そう言う気持ちを反映できる作品だと思うので、私たちの時よりもっともっと轟さんを中心にさらに深めて良い作品にして又残して行って貰えると良いな~と思って居ますので、是非怪我に気を付けて、謝先生の扱きに耐えて頑張って下さい!とエールを送って居ました。

 

 

この後皆様から一言筒の抱負の言葉などが聞けました。

 

真彩さん…難しい点はあるのですが勉強する機会を逃さず皆さんと一緒に頑張りたいと話していました。

 

望海さん…ボリス役としては半人前でしたが、今日この前夜祭ではお稽古場以上に発券がすごく沢山有ったので、

感じた事を大切にしながらお稽古して行きたいし、初演の方々が今でもこの作品を大事にされて居るのを改めて感じてその素的な作品をさせて頂けることを嬉しく思い~その時ラヴィックを演じた轟さんと一緒に作らせていただ空ける事に興奮しているそうで、先生も暗い作品と思われがちですが、そうではなく~初演に出て居られた方々に早く追い付いて、期待以上の「凱旋門」をお届けできたら~と意欲を燃やされて居ました。

 

 

 

轟さん…今だいもんは謙遜して居ましたが、ボリスとしてしっかりと把握して立っていますし~きーちゃんもジョアンで複雑な心境を表現しようと頑張っているそうで、帖である達m\場もあり大変かと思いますが今の雪組に私が支えられて~挑ませてもらっているそうです。再演となると自分からハードルを上げてしまうようにならない様、今の雪組の皆さんに甘えさせてもらって~ラヴィックを改めて創り直して、初演の皆さんが観に来て下さった時に感動して貰えるような舞台創りをしていきたいそうです。

偉いですね~いしちゃん!あまり肩意地を張らずに素直な気持ちが聞けて良かったです!

 

出演者の会場から大きな拍手が送られて居ました。

 

「凱旋門」について…エリッヒ・マリア・レマルクの小説によるこの作品は、レマルク自身がナチスドイツに追われ~アメリカに亡命した後に書かれた作品だそうです。

 

1948年にはシャルル・ボワイエ、イングリットバーグマンの主演で映画化され、広く皆様の記憶に残る映画の様です。

 

時代背景は第二次世界大戦勃発直前、迫りくるナチスドイツの圧力に、パリがいつ占領されるか分からない状況下で、

自由や平和を求め集う様々な国の人々が過酷の運命の中を懸命に生きていく姿を色濃く描いている。

「凱旋門」はそんな人々の想いを見つめ佇んでいます。そんな中で宝塚版は映画と同じく~ラヴィックとジョアンの愛を中心に様々な人間模様が展開していきます。この度の「凱旋門」では寺田先生の名曲と共に1980当時に唄われていたシャンソンを新たに織り交ぜ、新しく構成しています。

 

ここからはこの舞台で唄われるシャンソンや挿入歌をスペシャルメンバーで観る事が出来ました。

 

 

♪私を抱いて~(美穂圭子さん)永久輝せあさん・朝美絢さん・彩みちるさんのダンスが観れました。

 

♪パリの屋根の下~(彩風咲奈さん)そして踊るは彩凪翔さん、二人は入れ代わって唄い~

 

♪たそがれのパリ~(轟悠さん)ダンスは朝美絢さん・永久輝せあさん・煌羽 レオさん

 

♪いのち~(望海風斗さん・轟さん・真彩さん・ゲストの皆さん・全員で)

 

最後に轟さんがご挨拶されて幕となりました。

 

 

ここまで色々見せてもらえるとは思って居なかったですが、2000年の舞台や、今回の舞台の一端を除けたり~役の事等色々聞かせて頂き、素晴らしい前夜祭の映像でしたヽ(^o^)丿

 

これを観て舞台を観るのがほんとに楽しみになりました。

 

チケットはこれからですが是非見たいと思います。

 

 

皆さんお疲れ様でしたm(__)m

 

 

雪組「凱旋門」前夜祭の映像を観ました。

57日に行われた雪組「凱旋門」前夜祭の映像を観ました。

 

ステージテイラー役のボリス・モロゾフ役の望海風斗さんが登場…ロシアからの亡命者・ラヴィックの友達

助けたジョアンを放っても置けず~彼は仕事の世話を頼んできたと説明、

ナイトクラブ・シェーラザードのドアマンをしているそうで、歌い出す~その声は自信に満ち溢れ~圧倒的な歌唱力で余裕さえ感じさせてくれる。


ラヴィック登場~そしてジョアンの真彩希帆さんが登場し「凱旋門」の舞台の一端を観る事が出来ました。

ジョアンがラヴィックに掛ける言葉はとても純真さ・優しさが感じられて~

 

だいもん君が唄う歌からや、舞台を流れるアコーディオンのバックミュージックが、パリの雰囲気を感じさせてくれる。

 

何気ない会話の中にも一人の女性が生き返った様子~ラヴィックはお花を買って彼女に渡す~それだけで幸せそうなジョアン。二人の愛を感じる風景だった。そして雨の中で唄う轟悠さん♪雨が目に染みる~

 

吸い込まれるような素的な音楽!パララパララパララ~の音楽は何時聞いても素晴らしい!

 

あの20年前と同じラヴィック轟悠に身を委ねながら~純真で可愛い女性を演じる真彩希帆さん。

 

そしてだいもんの歌が素的だった!

 

トーク司会は、組長の梨花ますみさん。

 

ゲストに香寿たつきさん・初演でジョアン・マヅーを演じた月影瞳さんが紹介されて居ました。

 

トークは、当時の舞台に研究科2年で出演していた奏乃はるとさんにフォローしてもらいながら進められました。

 

役の説明

 

轟さん…ラヴィックはドイツ人、ドイツから亡命して来て、パリでモグリ外科医をしている。

腕は良いんですが陰でしか仕事が出来ないと言う生活を送って居る。亡命者の中の親友がボリスのだいもんくん。

 

望海風斗さん…ボリスは、亡命者なんですがロシア革命からげて来たロシア貴族の男性で、原作では60歳くらいだそうですが、少し下げて人生経験豊富で、ラヴィックにアドバイスしたり~シェーラザードでドアマンをして暮らしているそうで、そこにやって来たのがジョアンだそうです。

 

 

真彩希帆さん…ジョアン・マヅーはイタリアから来た女優志願の女性である雨の夜にラヴィックに助けられてから

物語が始まると言う役で、シェーラザードで歌手として雇って頂いているとか~ここでは唄いません(*^-^*)と。

 

初演の時の映像も観る事が出来ましたが、轟さんカッコ良かったですね~!

 

マルクス・マイヤー役で成瀬こうきさんが出て居ましたが、今回は煌羽 レオさんですね。

 

ボリス・モロゾフの香寿たつきさん、今回は望海 風斗さんですが、

 

ハイメ・アルヴァレス役で安蘭けいさんが出て居ました。今回は朝美絢さんですね。

 

ローゼンフェルト役に朝海ひかるさんが写って居ました。今回は永久輝 せあさんですね。

 

3人がシャンパン飲んで酔っ払いのダンスが楽しそうでしたね~!

 

そしていしちゃんと月影さんのキスシーンが映されて居ましたが、手で隠さず大胆に~

 

本当にしちゃった事など無かったですか~?の質問に、実はあったらしい…月影さんは八キロ墓得ているそうです(*^-^*)

 

いしちゃんごめんと言う感じで手を合わせて居ました。

 

ヴェーベル役に汐風幸さん。今回は彩凪翔さんですね。

 

アンリジャルダン役に立樹遥さん。今回は彩風 咲奈さんですね。

 

月影さんと立樹さんが組んで激しく踊るシーン…月影さんが色っぽい事!

 

そしてパリの街が不穏な情勢に~人々が怖がっている状態。

 

我を忘れて~夜更けの街をさまようラヴィック。歌はしびさん

 

轟さんは男の人にしか見えないと~異口同音の言葉が聞けました。

 

香寿さんと抱き合う轟さん。

 

最後スローモーションでフランス国旗を振るシーンで終わりの様でした。

 

いしちゃんは映像を観終わって、人がやってたことは観て覚えていたが、自分がやってたことはあまり覚えていないとか。

 

映像を観てここからはトークです。続きはこちらに書きました。


少し長いですが良かったら見て下さい。

 

 

2018年公演ラインアップ・花組色々

公式よりお知らせです。



★【舞浜アンフィシアター】2018年11月~12月・
花組『Delight Holiday』
主演・・・明日海 りお、仙名 彩世
詳しくはこちら



★【全国ツアー】2018年11月~12月・
花組『メランコリック・ジゴロ』『EXCITER!!2018』
主演・・・柚香 光
詳しくはこちら



★【シアター・ドラマシティ、KAAT神奈川芸術劇場】2018年11月~12月・
花組『蘭陵王—美しすぎる武将—』
主演・・・(専科)凪七 瑠海
詳しくはこちら

妃海風ちゃん情報です。

WEBRONZA  スターファイルより
風ちゃんの宝塚時代は主食がケーキだったとか~びっくりです!

早霧せいなさんのDS&ショー音月さん主演「ロイヤルストレート~」等

今日スカイステージで放送される番組で、観ている舞台を検索して次の記事をアップしました。良かったら見て下さい。



雪組「仮面の男」初日観て来ました。(ショー「ロイヤルストレート~の事も)

花組・博多座公演「あかねさす紫の花」千秋楽の映像を観ました。

花組・博多座公演「あかねさす紫の花」千秋楽の映像を観ました…今回の映像はBパターンの映像だったようで~

 

中大兄皇子(明日海りお)と、大海人皇子(柚香光)が狩りに出かける前の踊りから始まり~


この後、Bパターンの中大兄皇子(明日海りお)・大海人皇子(柚香光)天比古(鳳月杏)の映像をそれぞれ少しづつ観ましたが、ライブで観て来た時の印象とは大分違った印象を受けました。

 

明日海さんは大海人皇子の方が似合うと思って居ましたが、兄の役も結構強そうで~それでいて額田に対しても心から愛する様子が感じられ~2役を上手く使い分け、良くやるな~と思いました。

 

柚香さんは悲惨な天比古とは大違いの大海人皇子役でしたが、兄上を尊敬する様子はセリフがはっきりとしてうまいですね!

 

白雉の踊りの後では、額田を取られて唄う様子や、最後のシーンでは悔しさが感じられて~兄に向っていく激しい怒りが感じられますね!

 

鳳月さんのシーンが少なかった所為かそれ程悲惨なシーンは無かったようですが、中大兄皇子から天比古になった時の気持ちはショックだったでしょうね!(*^-^*)

 

ショーの「Sante!!」ではプロローグから主要男役さんが女装で色っぽく登場して、ここは拍手の合戦だったのでは?

 

キンキラキンのお衣裳に身を包み現れたみりおちゃんは、天真みちると踊るシーンで天真さんにキスしてびっくりしました(@_@)

 

みりおちゃん泣きながら「今日で閉店します。でも新しい店します。テアトルド天草~」

 

柚香さん黒い衣装でソフト帽被って登場シーンはカッコいいですね!

 

みりおちゃんはダークグレーのスーツを着て~ここは3組のカップルのシーンだったのかな。男役の見せ場ですね!

 

この後皆さんがラテンのお衣裳で華やかに唄い踊られて~

瀬戸さんと芽吹さんとのカップルや紫のラテンのお衣裳の優波さん・鳳月さんと桜咲さん?らが観れました。

 

そしてロケットの真ん中で踊るは柚香さん。

 

さらに鳳月さんが桜咲さんに花束を贈って~二人の愛し合う様子。

 

仙名さんを中心にエイトピーチェス?の様でしたが~

 

そしてフィナーレは、博多座仕様の大階段で男役黒燕尾のダンスは2秒くらい?揃っていましたね。

 

そしてみりおちゃんと仙名さんのデュェットはツンデレダンス?

 

高翔みず希組長さんのご挨拶は色々事情があったようですが、誰一人欠ける事無く千秋楽を迎えられたとの事~多くの方に感謝の言葉が伺えました。

 

この後九州出身の生徒さんが紹介されて居ましたが、何と10人もいてびっくりしました。

 

みりおちゃんは、ご挨拶で、ショーのサンテをしている以外の時は、お兄さんはこの時こういう気持ちだったのかな~

 

実は大海はこの時、こう思って居たのではないか?っとすると額田はこうなったんじゃないのかな~と、ずっとぐるぐる頭に中に3人が居る様な日々を送って居ました。このままずっと研究を続けたら論文とか書けちゃうんじゃないかと思う位どっぷりと浸らせて頂いたそうです。


「あかねさす~」の中で我々演者たちが彷徨ったのも本当に幸せな日々だったんだな~と振り返って居られました。

 


ショーサンテでは大劇場よりは大分人数も少なかったそうですが、それぞれが新しい役も与えられ~2倍のパワーを出せれば~という意気込みでやったそうですが、この劇場に来たら、お客様の熱量・歓声・拍手が本当に大きくて~いつも力強く勇気づけられたそうです。

 

沢山の事に感謝されてのご挨拶でした。みりおちゃんご挨拶もしっかりと上手くなられましたね~!

 

アンコールで幕が上がると折角立って頂きましたのでと、いつもの花組ポーズをお客様と共有して暖かい千秋楽の様子を観る事が出来ました。

 

 

 

月組『エリザベート~』制作発表会パフォーマンス(ノーカット)

公式にアップされています。

ちゃぴさんの♪私だけに~は落ち着いてるし~綺麗な声ですね~!
珠城さんの♪最後のダンス~は後半の歌い方がちょっと変!珠城さんにしては珍しいですね!

雪組全ツ「リオ・デ・ブラボー」&星組「エル・アルコン」初日の様子など

今日のスカイステージで観ている番組を検索したら次の記事が出てきました。

もうすでに載せているのが多く、余りないのですが↓をアップしました。

良かったら見て下さい。

星組『こうもり』ナウオンを観ました。


雪組全ツ「リオ・デ・ブラボー」を観て
 20101111 (


雪組「ロシアン・ブルー」(
RIO DE BRAVO!!」について等)2009729


星組「エル・アルコン」と「レビュー・オルキス」の初日の様子
 20081 7

 

 

轟悠さん主演の「For the people -リンカーン~」は見応えのある舞台でしたね!

今日、午前中に放送される番組で観ている轟悠さん主演の「For the people -リンカーン~」の感想です。


神奈川KAAT劇場で観た時の感想で、個人個人についての感想や、ナウオンもリンクで載せていますので観て下さいね。

珠城りょうさん主演「月雲の皇子」をリンクで色々アップしました。

今日、午後放送の月雲の皇子色々です。

宝塚巴里祭2018(追)

公式より


カメですが

春野さん主演「あかねさす~」&星組「ANOTHER WORLD」ナウオンです。

今日放送の中で観ている番組です。


「あかねさす紫の花」の舞台は大好きで、色んなバージョンを観ていますが、その中で一番印象に強く残っている舞台は、やっぱり春野さんお披露目の博多座公演で、中大兄皇子を演じた舞台です。

 

 

色んな「あかねさす~」をリンクでお知らせしましたので、興味のある舞台がありましたら観て下さい。

 

 

花組「あかねさす~」の博多座公演の映像 2007923


2002年花組「あかねさす紫の花」博多座公演は20175 2

 

スカイステージ「あかねさす紫の花」('02年花組・博多座)番組詳細です

 

月組「あかねさす紫の花」20125 9


月組「あかねさす~」を観て 20086 3日(霧矢大夢さんの中大兄皇子)

 

カクテル大劇場千秋楽を観た2007712

 

スカイステージ番組表によるCocktail-カクテルの詳細です

 

星組『ANOTHER WORLD』ナウオンを観て20185 7

 

音月さん主演「やらずの雨」と彩凪翔さんのリクェストDX等です。

今日のスカイステージの番組より観ている舞台です…どれも5月にアップしていますが、再度アップします。良かったら見て下さい。



「やらずの雨」 2013年6月14日

スカイステージ7月番組速報

スカイステージ7月番組速報のお知らせです。

 

 

★『THE SCARLET PIMPERNEL』('17年星組・東京・千秋楽)

放送日 2018/7/812151823

 

★『邪馬台国の風』('17年花組・東京・千秋楽)

放送日 2018/7/1519222430

 

 

★『Sante!!』~最高級ワインをあなたに~('17年花組・東京・千秋楽)

放送日 2018/7/1519222430

 

 

前雪組トップコンビ・早霧せいな、咲妃みゆのサヨナラ公演 

★ 『幕末太陽傳』('17年雪組・東京・千秋楽) 

放送日 2018/7/22262931

「早霧せいなサヨナラショー」も放送   

★『Dramatic S!』('17年雪組・東京・千秋楽) 

放送日 2018/7/22272931

★『MY HERO』('17年花組・シアター・ドラマシティ) 

放送日 2018/7/14182123

 

 

★『瑠璃色の刻』('17年月組・シアター・ドラマシティ) 

放送日 2018/7/21252830

 

 

SPECIAL動画ページへGO!GO!

 

 

 

 

 

朝夏まなとさん情報です。

YAHOOニュースより
頬がふっくらで~女性らしくなりましたね!

104期生のお披露目公演情報

朝日新聞デジタルより

瀬戸かずやさん情報です。

演劇キックより、演劇人の活力源!



性格は優しいし~ダンスは上手いし~どんどん魅力的になって来てますね!

雪組 『凱旋門』新人公演・その他の配役決定!

公式より



男役道 星組編Part2より(七海ひろきさん指導)

男役道 星組編Partより…メンバーはPart1と同じ。

 

Q:投げKISSやウィンクの極意を教えて下さい。

 

A:心からお客様に対して訴えたいと言う気持ちになった時にするもので、そう言う心に成らなければしない方が良い。(先ずとらえて、捉えた後に一瞬放して、もう一度見て微笑む)

 

A;お客様との交流を楽しむ

 

A:一番愛が届けられるのが投げKISS

 

A:飛ばしてさらに投げる(下級生たちはキュンキュンしていました。)

(そして恥ずかしそうにお一人づつウィンクしていました。)

 

Q:お芝居の中での自然な男役としての立ち振る舞いを意識されて居る事を教えて下さい。

 

A:声を低くする習慣や、舞台以外でも「メンズ」だと思って歩く日を作る。

(誰も観ていないところでも如何にやりきるかだそうです…普段が出てしまう時があるので~)

 

 

Q:ジャケットのカッコいい着方を教えて下さい。

A:自分に合うジャケットを着る。

A:自然に気負わずに着る。

3人がそれぞれ試していましたが、極美さん袖が引っかかって着れず~かいちゃんに慰められ~ハグされて居ました)

 

と言う事で本日の男役道は終わりでした。

 

 

 

 

雪組 『凱旋門』『Gato Bonito!!』稽古場 キャストボイス更新

愛音さんのDS「麗人」は良かったです!(更新)

今日午後、途中まででしたが愛音羽麗さん主演の「麗人」を観ました。

今観ると愛音さんを中心に、よっちさん・だいもん君・瀬戸さん・ふじPちゃんとイケメン揃いでそれもダンスの上手い人ばかりで~ほんとに豪華メンバーでしたね~!

唄えばダンスだけじゃなく歌も上手い人たちで~

イケメンジゴロ達の紹介が面白かったわ!

ベルバラ特集も良かったですね!

みわっちさんがオスカルのコスチュームで客席から登場された時は、大きな歓声が起こって居ましたね!


みわっちはオスカル似合って素的でしたヽ(^o^)丿

昔の花組の歌も沢山唄って下さって懐かしかったし~

蘭寿さんも客席でご覧になってたようですね!

↓以前観た時の感想です。

ニュースで男役道~星組Part1~を観ました(応えるのは七海ひろきさん)

男役道~星組Part1~を観ました…七海ひろきさんが下級生からの質問に答える番組でした。

 

 

質問する男役下級生は

 

ひろきさんのリアル男子の所が大好きという夕凪りょうさん

七海さんのギャップが大好きという極美慎さん

七海さんの目が大好きという奏碧タケルさん

 

公開告白を有難うございますと言いながらもそんなに気を使わないで!と。

 

 

Q…夕凪さん…弘樹さんの娘役への見つめ方の極意を教えて下さい。

A…相手への好意を篭めてみつめる(あなたの事が好きだよ!好きになって欲しいよ!と言う思いを篭めて見つめるそうです。

そういう気持ちが入ると、相手からも反応があり、そう言う気持ちが高まって行く気がするので~と。

七海さん照れて居ました。

 

 

七海さんは小さい時から女の子は大事に扱うモノと言う父親の精神が受け継がれて~お兄さんがいらっしゃって、小さい頃から男の子に憧れていたそうです。


モテていたのでは?と言われて前面否定して居ましたが、大分変化を遂げて居るそうで、小学校の同級生に会うと激変していて、びっくりされるそうです。

 

男役の色気を出すために、意識すべきことを教えて下さい。

(七海さんは舞台でもオフでもどことなく色気が溢れかえっているそうで~よく下級生もファンの方も言って下さるそうですが、そんなに意識してはいないそうで、しいていうならば撮影の時に向こうに愛しい人が居ると言う気持ちでカメラを観る様気にして居る。。

写真を撮る時も同じに向こうに入る様に意識しているそうですが、普段は何も意識して居ないそうです。

 

 

極美さん…普段から何気なく壁ドンとか~されてるじゃないですか!(してないしてないと否定)

極美さん…普段から気付いたら~あれ?の時があったそうで~七海さん「そんなことしてる?」


 

普段から舞台上だけでなくて、お稽古場とか~素の状態の時からすごい男役で居らっしゃる壁ドンとか~それが素的だな~と。

七海さんにやにや照れ捲って居ました。



七海さん「普段から特に女役さんが居る時は、ちょっとだけカッコ良く見せたい気持ちがあるのかも知れない。

女役さんに素敵と思われたい気持ちがあるのかもと。



普段も出来るだけ男役として居たいと言う心意気”が大事とか。



奏碧タケルさんの質問は…七海さんのお芝居が好きだそうで、どんな役をされてても七海さんにしか出せない魅力を持っていて~2枚目でも3枚目でも悪役をされててもカッコいいので、役創りをされるうえで気を付けている事を教えて下さい。

 

七海さん「今日は褒められ捲りですごく恐縮なんですけどありがとう!そんな事は無いんですけど…役創りは語りだしたら長くなっちゃうんですけど、



芝居は想像力が大事!で、自分じゃ無い人間になる。似ていると言う役を頭の中で動かす~自分じゃない人が動いて居る事によって、歩き方の癖とか~その人の個性になるから、誰かこの人と思った人を決めて、その人を頭の中で動かす。そうすると自分じゃない人が動いて居るようになる。

 



後は本を読む…学生時代すごく本が好きで、一週間に何冊か読んでいた時期があり、そう言うのを思い出したり~落語だったら落語を観るとか

それに基づく何かを観るとか~そう言う外からの媒体を自分に入れて発する琴だそうです。

そう言われたらそれが役創りなのかなと仰っていました。

 

極美慎さん…袖に履けられたから感情が収まらないと仰っていたのを聞いて、その姿を観て、自分は如何に役創りがなって居ないかを反省したそうです。

 

 

夕凪りょうさんは、役として生きると言うのがなかなかできなく台詞でどう動くかばかりだったので~と。



違う人間だと考えたうえで、自分の気持ちを少しづつ入れていくのだそうです。



皆さんが勉強になったそうです。Part2もあるようなので~できるだけアップしたいと思って居ますが~。

 

七海さんがオフもずっと男役の精神で居られると言う事は、違う番組でも見た事があります。

 

カイチャンそれでモテモテなのかもねヽ(^o^)丿

 

 

涼紫央さんのDS「HOME」&月組「宝塚をどり」3本立て初日の感想です。

今日のスカイステージで観ている番組です。

 

涼紫央DS「HOME」を観て2012824

 

↓本公演を観た時の感想ですが良かったら見て下さい。

月組「宝塚をどり」3本立て初日を観劇しました2014517

月組「宝塚をどり」は2度目2014523

 

今回の礼真琴さんの「歌劇」表紙は笑顔が素的ですね!

最近の真琴ちゃんは、ディナーショー「MOMENT」のアルバムが発売されたり~「歌劇」の表紙にも素的な笑顔が載せられて~嬉しい限りですね~!

歌劇より拝借しました。

Cimg4198  Cimg4221  Cimg4222
Cimg4223  Cimg4224
笑顔が素的なまこっちゃんですねヽ(^o^)丿

ニュースで「プレミアム花組鳳月杏」を観ました。

ニュースで「プレミアム花組鳳月杏」を観ました。

 

鳳月杏さんにとって至福の時…公演中だったら稽古でいろいろ悩んだり~楽しかったり~充実してたり~の一日が終わって、明日も頑張ろうとベットに入る瞬間だそうです。

 

 

極上の食事は…終演後に同期や仲間と一緒にご飯を食べる時(どんなものを食べても極上の食事だそうです)

たとえそれがおにぎり一つであっても終演後に今日も一日終わって~ほっとした瞬間に食べるのが鳳月さんにとって極上の食事だそうです。

 

鳳月さんにとっての理想の休日は…出来れば12時前に寝て10時間寝れたら嬉しいそうです。


朝ごはんを抜かして散歩をしながら遅めの朝食のお昼で4時間。午後一時から買い物とカフェでお茶して~を繰り返し~

 

その後は温泉に浸かりたい(夕方5時から7時まで)そうで、その後にゆっくり食事をする。

何時もは夕食食べてからお風呂に入るそうですが、温泉に入った後に部屋でご飯を食べると言うのは大変理想的だと思うので、こんな休日が有ったらいいなという願望の様です。

 

 

贅沢なご褒美は…最近、犬を飼ったそうで、動物が好きだったのと小さい時から犬とか猫とか飼っていたので、大事な命ですので、自分の為だけとはいかないそうですが、大好きな犬を飼うことを決断した事は自分に対してのご褒美と思うそうです。

因みにフレンチ・ブルドックだそうです。フォーンと言う種類の茶色の女の子だそうです。名前はモアナだそうです。

 

鳳月さんにとって最高の舞台は…その都度その瞬間が一番好きな舞台だそうで、選ぶのは苦労したそうですが、お芝居が大好きなので、今でも思い出に残って居る意味では月組時代にバウホールと銀河劇場で公演した「月雲の皇子」と言う作品だそうです。

 

お客様との一体感を感じて、その空間が相乗効果といいますか、劇場全体でその時代を生きられた感じがして~

大変集中力をもって公演出来たそうで、中々難しい事と思うそうですが、それが合った公演で、役としても大好きでしたし~共演者の皆さんも大変すばらしい方ばかりでお話が一番好きだと思って居たので~「月雲の皇子」を選んだそうです。

 

プレミアムと言う事で、特にそんな贅沢をしていなくても鳳月さんにとっては少しの事がプレミアムなんだな~と話していて思ったそうで、一日一日を大事に楽しく過ごせたらいいかな~と思って居るそうです。



ゆっくりと話すちなつさんでしたが、高ぶらず鳳月さんらしいな~と思いました。ヽ(^o^)丿

 

蘭寿さんのDSの感想です。

今日のスカイステージの番組より観ているDSです。

↓は今日の放送では無いけれど、ついでにアップします。

蘭寿とむさんのアメブロより

蘭寿とむさんのアメブロより


宙組大同窓会 (あひちゃんと一緒に)

宙組大同窓会・十輝いりすさんのアメブロより

十輝いりすさんのアメブロより

愛する同期


大好きな仲間
(蘭寿さんも入って居ます。)

大きな人たち

月組 『エリザベート~』制作発表会レポート

宝塚友の会 ステージトーク更新

公式よりお知らせです。

大空さん主演・博多座「大江山花伝」&鳳月杏さん主演「スターダム」の感想です。

今日放送の番組より観ている作品です。

宙組・博多座公演「大江山花伝」を観て 20108 3

スカイステージ番組紹介はこちら

 

 

↓は鳳月杏さん主演の舞台で、アップしたばかりですが、再度アップします。

花組「スターダム」千秋楽の舞台を観ました 2016223

 

柚希礼音さん観劇コメントです。

柚希礼音さん観劇コメントです。




メリーポピンズの魔法にかけられた著名人たち

春野さん主演「あさきゆめみしⅡ」&柚希さん主演「黒豹の如く」柚希さんの特別番組&礼真琴さん主演の新人公演の感想です。

今日のスカイステージの放送より観ている作品です。

沢山有りますのでお気に入りの作品がありましたらお時間のある時にでもご覧ください。


花組「あさきゆめみしⅡ」を観て
 2008717


「あさきゆめみしⅡ」のナウオン
 2008719


星組「黒豹の如く」を観て…№1 2015年4月 1日

星組「黒豹の如く」を観て…№2 20154 2


星組「黒豹の如く」のDVDを観ました
2015510
 

星組「黒豹の如く」初日の様子を観ました 2015210


星組「黒豹の如く」ナウオンを観て
 2015217
 

星組「黒豹の如く」の新人公演を観て2015414日 (礼真琴さん主演)

礼真琴さんと綺咲 愛里さんの新人トークを聞きました20156 3
 

「柚希礼音サヨナラ特別番組」を観て。  201547

 


NHK BSプレミアム「宝塚歌劇雪組公演」放送予定。

公式よりお知らせです。

NHK BSプレミアム
5月21日(月)15:00~17:34
★雪組『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic “S”!』   
お問い合わせ先
NHK大阪放送局内 視聴者ふれあいセンター
TEL:06-6949-5500(月~金 9:00~21:00/ 土・日・祝日 9:00~20:00)
 

WOWOW「宝塚への招待」&「宝塚プルミエール」放送予定です。

公式よりお知らせです。



「宝塚プルミエール」
WOWOWライブ
#1 宙組特集
(再放送)5月25日(金)12:15~12:45
#2 星組『ANOTHER WORLD』
(初回)5月26日(土)17:00~17:25
(再放送)6月11日(月)18:00~18:30/6月13日(水)14:00~14:30/6月18日(月)16:00~16:30  

 
「宝塚への招待」
WOWOWライブ
★宙組『シトラスの風III』
─朝夏まなと×実咲凜音 副音声解説付─
(再放送)5月25日(金)12:45~14:00
★雪組『Greatest HITS!』
─早霧せいな×咲妃みゆ 副音声解説付─
(初回)5月26日(土)17:25~18:30
★宙組『ヴァンパイア・サクセション』
(再放送)6月13日(水)14:30~16:45   

「TAKARAZUKA CAFE BREAK」放送予定

公式より



「TAKARAZUKA CAFE BREAK」
MXテレビ
毎週金曜11:00~11:30
●5月25日(宙組)芹香 斗亜
●6月1日(宙組)愛月 ひかる
●6月8日(宙組)桜木 みなと
●6月15日(宙組)星風 まどか   


轟悠ディナーショー「Yu 25ans~」を観ました。

轟悠ディナーショー「Yu 25ansHappily Ever After-」を観ました。


この舞台は轟さんの宝塚生活25周年を記念して’10年に行われた舞台だそうですが、ワインレッドのお衣裳が良くお似合いで~

タンゴを踊られたり~沢山の曲をお一人で唄われて~轟さんのカッコいい男役の世界と芸歴の深さを感じると同時に貫録が感じられて素晴らしい舞台でしたヽ(^o^)丿

 

 

前半はミュージカルより思い出の曲を~後半は宝塚の舞台より懐かしい曲を唄われて~轟さんの独特の歌い方に魅せられながら、しばし懐かしい世界に誘われました。

 

 

良かったのは♪百万本のばらや、♪黒いオルフェでしたが、しっとりと唄う♪凱旋門~ノリノリで唄う♪キッチュ等

そして後半の♪愛燃える~も当時の舞台が目に浮かぶようで~良かったですね~!

 

 

家に居ながらにして就寝前の一時をどっぷりと浸かって、豪華なコンサートを楽しむことが出来~まさに至福の一時でした!

 

月組 TBS赤坂ACTシアター公演 休演者のお知らせ

公式より

月組 『愛聖女~』主な配役

公式より



月組公演 『愛聖女(サントダムール)-Sainte♡d’Amour-』主な配役はこちら

わたるさん主演「愛するには~」&とうこさん主演「シークレットハンター等です。

今日のスカイステージで観ている番組を拾ってみました。

沢山有りますのでお好きな作品がありましたら見て下さい。


月組、ショー「GOLDEN JAZZ」を観て。 2016115



「舞音」「ゴールデン・ジャズ」千秋楽の様子を観ました 20151217

 


星東宝マイ初日でした
 20061030

 


東宝・星組「愛するには~」2度目の観劇
  200611 2



「愛するには~」最後の観劇
 200611 8



星組「ネオ・ダンディズム」をE2で観て

 


星組の「ネオ・ダンディズム」は何度観ても素晴らしい!
 2015612

 


星組「さくら」「シークレットハンター」を観て
2007522

 

柚希さん主演「パッショネイト宝塚!」&遼河はるひさんのDSの感想です。

今日午後はうとうとしながらだったので、夜になってもう一度’14年・星組「パッショネイト宝塚!」を観ました。


柚希さんのエネルギッシュなソロダンスが沢山観れた舞台で~全体的にはねねちゃんや鶴見さんのセクシーな場面・激しいダンスが沢山あり~星組が一致団結した場面が多かったですが、琴ちゃんは初っ端からソロで美声を放って居ましたね!

琴ちゃんはこの中のカポエラのダンスが好きだったとか~その場面では、最初はソロからダンス~でしたが、皆さんエネルギーが爆発する様な不思議なダンスを魅せて下さり~びっくりと同時に圧倒されましたヽ(^o^)丿

 


紅さんの活躍は大きく~続いて真風さんらがそれぞれセンターで活躍する姿や、十輝 いりすさん・鶴美 舞夕さん・壱城 あずささん・天寿光希さん・夏樹 れいさん・十碧 れいやさん・麻央 侑希さん等の活躍を観て~改めて星組の層の厚さを感じました。


その中で異彩を放つ礼真琴さんのソロシーンが誇りに感じました。




又、フィナーレではエトワールで妃海風ちゃんが降りてきて、次に下りて来たのが琴ちゃんでしたが、2014年に早くもセンター降りの中に入って居て、その後に壱城さん等が二人で~びっくりしましたが、この時点で既に注目を浴びて居たんですね!

 

今日の放送では観た番組は「こうもり」や、「「THE ENTERTAINER!」「雪景色」「エンターザレビュー」等ですが、アップしたばかりなので~載せません。


遼河はるひさんのディナーショー  2009623

 

 

龍真咲さん情報です。

朝日新聞 DIGITALより


宇月颯さんのインスタより

や~!としちゃん綺麗ですね~!

宙組『天は赤い河のほとり』『シトラスの風-」観てきました(写真をアップ)

宙組『天は赤い河のほとり』『シトラスの風~』真風涼帆・星風まどかトップコンビお披露目を観てきました。

 

 

ストーリーはこちら

 

とても一度観ただけでは全てを理解することはできませんでしたが…

 

お芝居の『天は赤い河のほとり』は、小学館の少女コミックに連載された少女まんがで、紀元前14世紀の古代オリエントを舞台に、世界最古の製鉄技術持っていたのではないかと言われて居るヒッタイト王国の動乱を実在の皇帝カイル・ムルシリ2世と、現代からタイムスリップした少女ユーリの恋愛を中心に描いた歴史ファンタジー作品だそうです。

 

 

トルコ共和国のある村では古代ヒッタイトの大量粘土板が発掘された。昔、発掘者のガールフレンドだった鈴木夕莉(ユーリ)は、突然神隠しに遭ったように姿を消したと言う。

 

物語は

カイル(真風涼帆)の皇居庭園の泉から突然現れた日本の女子高生鈴木夕莉(ユーリ)(星風まどか)を助けたカイル(真風涼帆)は、その娘が国の豊穣を祈る為、天候神にささげる捧げものだと聞き、ユーリを守るためカイルは自分の側近としておくことに。

 

ナキア(純矢ちとせ)は自分の息子を王位継承させたいと企み~カイルの命を狙っていた。

 

カイル(真風涼帆)は、ユーリを必ず一年後に元の世界へ戻してやると約束するのですが、その後ミタイニ国と激戦が起こったり~


ヒッタイト帝国の皇帝(寿つかさ)が毒殺されたり~ナキヤ(純矢ちとせ)は自分も毒を飲んだかのように見せかけて実は飲んではおらず、しかもカイル(真風涼帆)は毒を飲ませた張本人とされて~捕らえられたり~ユーリがラムセス(芹香斗亜)に誘惑されたり~様々な事と戦い、やっと得た平和で、ユーリは才長けて優しいカイル(真風涼帆)が好きになって行ったようです。

 

 

カイルは元気なユーリ(星風まどか)に助けられながら困難を乗り越え、最後はヒッタイト帝国の皇帝となり、ユーリは皇妃となり~多くの人に称えられ~戴冠式を迎え、平和な国家目指して~めでたしめでたしのラストでした。

 

ファンタジーと言う事で、最初え~~?と思う事もありましたが、一応宝塚らしく気持ちが暖かくなる最後で良かったです!

 

 

主な配役はこちら 

 

 

そしてロマンティックレビュー『シトラスの風-Sunrise-』は、先ずプロローグから大勢が階段に居並ぶときの色彩が綺麗でさすが岡田先生!と思いました。

ストーリー性のある場面やら、アマポーラでは芹香さんがドラゴンのお衣裳で~唄いながら銀橋を渡られたり~星条海斗さんのアマポーラも素的で癒されました。ターバンでラテンの場面やら~後半社交界のシーンで真風さんと芹香さんが社交ダンスシーンで星風さんを取り合ったり~溌剌としたロケットは桜色で綺麗でしたね!


明日へのエナジーは大勢がゴスペルの歌手で盛り上がり~過去に何度も観ている場面ではありますが、♪ハレルヤ~で皆さんが額に汗を光らせて~
全力で踊って居て~それはそれは見事でしたヽ(^o^)丿


さらにサンライズで銀橋に出て~
そして真風さんと星風さんのデュェットダンスで魅せてくれて~ 沢山の内容!で、見応えがありました。

個人個人について

カイル・ムルシリ役の真風涼帆さん…多くの重臣から愛される様子とユーリへの愛は、大きな包容力と逞しさと優しさが感じられて~舞台上でも優しさに溢れて~この人ありきで作られた作品かなと思うほどぴったりで、やっぱり人柄が出るな~と思いました。歌も上手く華やかさもあり~お披露目は十分成功の舞台で、素的でしたヽ(^o^)丿

 

 

ユーリ役の星風まどかさん…タイムスリップした日本の女子大生役でしたが、勇敢にカイルを助けて戦う様子は、剣術でも習ってきたのかと思うほどでしたが、元気で若さ溢れる女子大生がぴったりでした!ソロを聞きましたが、すごく歌うまでびっくりしました!

 

 

ウセル・ラムセス役の芹香斗亜さん…ナキアの息子で、エジプト軍ヒッタイト駐屯部隊・隊長役でしたが、芹香さんがされるとユーリを誘惑するシーンなど、それほど悪い役には見えなかったがやっぱり、素の芹香さんが出ていたのかな~。

ショーではドラゴンのお衣裳で銀橋を渡り~低音の魅力が素的でした!優しい笑顔が大好きですが2番手としての活躍が魅力的で~宙組の舞台を盛りあげて居らっしゃいました。

 

 

黒太子マッティワザ役の愛月さん…ミタンニ国の王太子と書いてありますが、はっきり言って良く分からなかったです。愛月さん個人としては、いつもどんな役も一生懸命な所に惹かれます。ダンス場面もどんどん魅力を増してきていますし~笑顔が良いですね~!

 

 

オフェルティティ王太后(タトゥーキア)を演じた澄輝さやとさん…今回は初の女役?でしたが、堂々としていて貫録がありました。


ヒッタイト帝国の弓兵隊長を演じたルサファ役の蒼羽りくさん…今回は、常にカイル真風涼帆さんと行動を共にされて居て、良い役されてるな~のイメージでした。歌もダンスも上手く好きな一人です。





ヒッタイト帝国の第4皇子のザナンザ・ハットゥシリ役の桜木みなとさん
…この人も
カイル真風涼帆さんと行動を共にされて居て大きく活躍されて居ました。歌も上手いし、今後の活躍が楽しみな人ですね~!





ウルヒ・シャルマ役の星条海斗さん
…ナキアの幼い頃から見ていて辛さを知って居るとか~今回は言葉も少なく、
本当に陰でナキアを支える役でしたね!ショーでは銀橋で唄われて実力を披露して上手かったです!
今回が最後の舞台でしたが、歌にダンスにお芝居にどれも頑張って居られて実力を感じて居ました。

 

 

カイル皇子の第一の従者のキックリ役の凛城きらさん…物事を説明されたりで結構活躍が目立って居ました。





カッシュ役の和希そらさん
…常にカイル真風涼帆さんと一緒で活躍が目立って居ました。ダンスは上手いですね!




それほど期待をしていなかった宙組観劇ですが、びっくりで、宝塚らしいストーリーと、華やかなショーに癒され~至福の一時でした。ヽ(^o^)丿



今日はキャトルで琴ちゃん表紙の‟歌劇”が目に入ったので買って来ました。


Cimg4198_2  Cimg4199  Cimg4200_3  Cimg4197

Cimg4219  Cimg4220  Cimg4204  Cimg4206

Cimg4205_2  Cimg4207  Cimg4210  Cimg4211

Cimg4213_2  Cimg4214  Cimg4216  Cimg4217

Cimg4218  Cimg4212_2  Cimg4215_3

北翔海莉さんのDS& 花組「マラケシュ~」「エンター・ザ・レビュー」等の感想です。

今日の放送より観ている番組の感想です。



天華えまさん情報です。

日刊スポーツより

礼真琴さんの「MOMENT」アルバムが出ました。

第104期初舞台生 組配属について

公式より

星組「Celebrity」での琴ちゃんの活躍にびっくり!

今日の午後、柚希さん主演の星組Celebrity」を観て居たら、礼真琴さんが出ていて~すごい激しいダンスの時、一人だけ唄いながらみんなと同じに踊って居て肺活量がすごいな~と思いました。

 

 

この頃はまだ真琴ちゃんの事も全然知らなかったので、劇場で観た時の感想には名前も書いていなかったが、まこっちゃんこの頃からこんなに活躍していたのかとびっくりしたわ!

 

 

2012年の作品だから、この時、研4だけどすごいですね~!

 

 

さすが勝ち抜いてくるだけはあるわ!ヽ(^o^)丿

 

 

タカラヅカ・オン・デマンド5月特集

公式よりお知らせです。


すごいですね~!「あかねさす~」特集ですよ!

礼真琴さん情報です。

産経WESTより

まこっちゃんならちゃきちゃき江戸弁のカッコいい姿観れるだろうな~!

柚希礼音さん主演「ダンサセレナータ」初日&彩輝直主演「飛鳥夕映え」の感想です。

今日、午後放送の番組は2作品観ています。

「飛鳥夕映え」は瀬奈さん・大空さん・貴城さんの同期3人が顔を揃えた舞台でした。



星組「ダンサセレナータ」初日を観てきました。 (ショー「Celebrity」の感想も)

 

星組「ダンサセレナータ」千秋楽の様子 2012621

NHKBSで放送された「飛鳥夕映え」を観ました(写真を追加)2017921



北翔海莉さん主演「風の次郎吉」の感想色々です。

花組「風の次郎吉」は、みっちゃん(北翔海莉)がやりたかったという鼠小僧の舞台ですが、立ち廻りあり~スリルあり~涙あり~で、北翔さんは、女性にモテモテのカッコいい役所です。この舞台は仙名さんや、桜咲さんの活躍もすごかったですね!

 

花組「風の次郎吉」は最高に楽しかった!2015122日)(劇場で観た時の感想&個人個人の感想も)

花組「風の次郎吉」初日・ナウオン・トークを観て。(20151 7日)

 

花組「風の次郎吉」千秋楽は最高に熱かった!2016119日)

北翔さんの鼠小僧は大モテでほろりとする舞台で楽しめました!2016821)





最近アクセスが多かったWOWOW「レディ・ジョーカー」最終回は

再放送があったのか、何処かにリンクを貼って頂いたのか分かりませんが、この所連日アクセスが多かった記事です。

詳しい説明はこちら(バックナンバー2013年より)


公式はこちら

雪組 『凱旋門』『Gato Bonito!!』ムービーが更新されています。

公式よりお知らせです。




月組『エリザベート~』制作発表会ダイジェスト・ムービーです。

公式よりお知らせです。




星組「こうもり」「THE ENTERTAINER!」&花組「仮面のロマネスク」&宙組「王家に捧ぐ歌」等

昨日はアップ出来なかったのですが、昨日の番組より観ている作品を拾ってみました。

 

沢山有りますのでお時間のある時にでも興味のある作品を選んで見て頂けると嬉しいです。


星組「こうもり」観てきました2016518

 

星組「THE ENTERTAINER!」を観てきましたT2016518

 

星組「THE ENTERTAINER!」は魅力がいっぱい!


星組「こうもり」東京・千秋楽の映像を観ました
2016621

 

星組『こうもり』『THE ENTERTAINER!』千秋楽の映像を観ました 2016426

 

星組『こうもり』『THE ENTERTAINER!』のフォトギャラリーを公開  2016329

 

礼真琴さんの活躍が嬉しい!2017710

 

全ツ・花組「仮面のロマネスク」を観てきました2016910

 

宙組「王家に捧ぐ歌」20171015

 

ショー『Sante!!』は№3 (ライブ・ビューイングより)

ショー『Sante!!』は、最初から最後まで見どころ満載で、男役のカッコいいダンスが、

たっぷり観れて~久しぶりにこれぞ花組の男役を感じることが出来ました!

 

プロローグから、男役さん達が女役になって、一人づつ登場しますが、それぞれに拍手が送られて盛り上がって居ました!

みりおさんが登場する時は、博多の劇場は割れんばかりの拍手で~映画館で観る者に取っては、拍手もせずにただ見ているだけというのがちょっと物足りなさを感じないでもなかったです(*^-^*)

 

私がお気に入りの場面は、ジゴロたちが、黒のスーツや白のスーツでソフト帽を被って激しくセクシーに踊る場面は、

や~待ってましたのシーンでかっこ良かったですね~!さらにみりおちゃん登場で居り上がって~

 

 

みりおちゃんの女役ラテンシーン等・どのシーンもワイン名?で、曲など何の曲か書いて居ないので、分からないが

聞き覚えのあるシャンソンの編曲で綴られ~これでもかという位に詰まって居て、どのシーンも素晴らしかった!

 

 

みりおちゃんを中心に仙名さん・柚香さん・鳳月さん・瀬戸さん・天真さん・和海さん等が活躍されて居ましたが、

ダンスシーンでは高翔みず希さんのお顔も観れ~そして博多座公演と言う事で下級生も結構活躍されて居たようにみえましたが…優波さんとか、帆純 まひろさんとか~花組もどんどん若い人が多くなっていきますね!

 

 

 

明日海りおさん…とにかく華やかなみりおちゃん!登場する度に爆裂拍手で凄かったですが、

歌も上手いしダンスも沢山魅せてくれて、縞のスーツで登場のシーンなどは博多の会場はもの凄い拍手で、

ライブ会場で観て居る者は耳が可笑しくなりそうでした!

仙名さんともお似合いで素的でした!

 

 

仙名彩世さん…ルックスも知性的で綺麗だし~実力派3拍子揃っている。みりおちゃんと組んで、すごい活躍されて居ましたね!

 

 

柚香光さん…確かに歌もダンスもお芝居も他の人と比べると熱の入れ方が違うような気がするが、上手い方だから良く観ているが個人的にはお顔は余り好きでは無い。(れいちゃんのファンの方ごめんなさい!)

 

 

鳳月杏さん…ちなつちゃんも3拍子揃っているし~その上、女役をやっても綺麗で見応えがあるから好きな人です!

 

 

桜咲彩花さん…どの組も女役さんについては余り良く分からないのですが、この方は歌も上手いし、よく活躍されていますね!

 

 

瀬戸かずやさん…ダンス場面は良く活躍されて居ましたね!スタイル良いし~特に瀬奈さんのファンだったと聞いてから意識してダンスを観ていますっが、スマートでカッコいいですね!

 

 

天間さんはお芝居は上手いし~和海しょうさんは歌が上手いですね~!

 

 

お芝居は切なくて涙ぽろぽろだったけど、ショーは華やかで~見所満載で~それが宝塚の良い所で、3時間たっぷりライブを楽しんで参りました。

 

 

 

今回TOHOシネマ海老名と言う映画館には初めて行きましたが、駅から10分ほど歩くので、チケットが取れない時は

しょうがないが、普通にチケット取れそうなときは、やっぱり駅から1分くらいのTOHOシネマ川崎の方がずっと便利だと思いました。

そしてびっくりしたのは今回、映画が始まる時間が10分ほど遅れたのですが、余り映画が長引く場合は途中で打ち切る事も

あるとか~え~(@_@)と思いました。

 

 

赤坂ACTシアターの「雨に唄えば」は訳あって劇場には行かないから絶対に観たいと思って居ます。

 

もう申し込んだけど当たるかどうかです。

 

 

 

凰稀かなめさん情報です。

アメブロより

玉三郎さんが訪ねて下さるなんて!すごいですね~!

花組博多座「あかねさす紫の花」それぞれについて№2

それぞれについて、私なりに感じた事は~。

それぞれについて

大海人皇子を演じた明日海りおさん…兄に対する気持ち・額田への気持ちも、予想していたより全てがはるかに素晴らしい演技に感心しました!

最初は兄に忠実に従っていて、額田と知り合ってからは終始一貫して熱く額田を愛する気持ちが感じられましたが、妻を奪われ~交換の様に鵜野の皇女を宛がわれた時は、兄に初めて立てついたようですが、「はい!と言え!」と言われて~そりゃ~納得行かなかったでしょうね~!

その悔しさを歌に篭めて~今まで観た事も無いほど悔しい気持ちで唄っていて~びっくりするやら切ないやら~の気持ちでいっぱいでした!

トップになり沢山経験を積んで華やかさだけでなく色んな気持ちが表現できているな~と舞台を観て唯々感心しました。

ショーは兎に角華やかで、ビジュアルはカッコ良くて~惹きつけられますね!

仙名さんとのコンビも素的でした!




額田女王を演じた仙名彩世さん…本当に表現が上手い方ですね~!女役だからと言って遠慮するのではなく、ご自分なりに堂々と額田を演じて二人の皇子を愛する姿が観れました。



中大兄皇子を演じた鳳月杏さん…兎に角大きく見せようとされたのでしょう!そして出来あがった中大兄皇子は威厳も包容力も感じさせてくれました。

一見冷たそうに見える中大兄皇子だったが、額田への愛は真っ直ぐで、心が感じられて良かった!



中臣鎌足を演じた瀬戸かずやさんは…鎌足役をテキパキと熟し~常に皇子様第一主義を掲げて~中大兄にも信頼が厚く、男らしい姿が観れましたが、それでも中大兄が額田を奪った時は、さすがに「なにも弟の妃を取らなくても~ええ~い!世話を焼かせる!全く~!と文句を言っていたが、その言い方が上手いですね~!
鏡女王が悔し紛れに放った言葉に対しても優しく制して~鏡王(高翔みず希)に言われた時も一つ返事で鏡女王を娶る事を約束したりで~男らしい反面心は優しい人だな~と思いました。



天比古を演じた柚香光さん…将来は額田の姿を菩薩に掘ると言っていた天比古も中大兄と額田が強く愛し合う姿を観て生きる気持ちを失った様で、その時のうなだれる様子、夢が壊れた瞬間を上手く演じていて悔しさに溢れ~上手いな~と思いました。



鏡女王を演じた桜咲彩花さん…何と言う辛い役だったでしょう!中大兄が会いに来た時は、天にも昇る気持ちで嬉し涙を流していたのにでも鎌足に嫁げて良かった!大階段で唄う桜咲さん歌も上手かったです!



舟坂郎女を演じた芽吹幸奈さん…額田が幼い時は、髪を結おうと額田を追いかけ~中大兄には大和三山で芯な質問をされたり~大人になってからは、鏡女王が城を抜けてきた時は鏡王に「お前が付いていて~」と怒られたり~船坂なりに大変だったと思います。
地味な役だけど上手かったですね!



斉明天皇を演じた花野じゅりあさん…落ち着きと厳かな感じ・優しさが感じられました…歳を重ねないと出せない威厳をあの華やかな花野さんが演じられていて、ビックりしましたが素的でした!



小月を演じた乙羽 映見さん…存じ上げなかったですが、お芝居は優しさが感じられて良かったですね~!以前は白華れみさんが演じていたことが有ったが、この人もきっと推されて居るのでしょう!



鏡王を演じた高翔みず希さん…額田の優しさ心の広さを感じました。

皆さんの努力により素晴らしい舞台が観れました。

ショーについては夜書こうと思って居ます。

 

花組・博多座『あかねさす紫の花』『Santé!!』ライブ・ビューイングを観てきました。№1

花組・博多座『あかねさす紫の花』『Sante!!』ライブ・ビューイングを観てきました。

 

どーん!と言う太鼓の音からすっかり大きなスクリーンに吸い込まれて食い入るようにを見つめてきました。個人的には表情まで大きく映るし~周囲も気にする事もないので、ライブ・ビューイングもいいな~と思いました。

 

柴田先生の脚本の素晴らしさ!シーンによる名曲の数々!大野先生により新しい演出!出演者がそれぞれ予想以上に役を生きていて、や~良い舞台でしたね~!やっぱり名作と言われるだけあり、どのシーンも素晴らしく~大海人皇子(明日海りお)と額田女王(仙名彩世)愛の切なさ・悔しさが、セリフからも歌からも伝わって来て~何度も涙をぬぐいました。

 

 

 

先ずはそれぞれの出会いから…

 

 

額田の郷では…天比古(柚香光)は、銀麻呂の供で鏡王(高翔 みず希)の館に居た。

まだ額田も天比古は幼い頃、額田の姫君の仏像を彫るのが夢だったと話す天比古。

そして額田は将来は宮中に上がり唄ったり踊ったり~皆に注目されるようになりたいと話す額田だった…

要するに今のアイドルのようになりたかったらしい。その頃から中大兄皇子(鳳月杏)憧れていたことも事実だったが~

 

中大兄皇子は、大化の改新が行われる忙しい時期の合間を縫って、鏡女王(桜咲彩花)に会いに来るほど熱く愛して居たのに~

 

中大兄皇子に子ども扱いされた額田は、大海人皇子と親しくなるが、大海人は、馬鹿にされ怒っている額田をなだめ、これで兄は優れたお方なんだよと、その頃はまだ兄弟の仲は良好だった。

 

この後、蘇我入鹿暗殺の件で鎌足が策略を話し、中大兄は了承する。

 

そして大海人皇子の館では額田は十市を生み~大海人と仲睦まじく話している様子で、大海人は額田が歌ったり踊ったりすることに誇りを感じているようであった。

 

大海人はひとまず去るが、去った所を見計らって中大兄が入って来て、女官たちに席を外すよう言い~額田へ熱い思いで居る事を打ち明ける。

 

戸惑い怖さを感じていながらも力づくで来る中大兄を避けることはできず抱かれ~そこへ大海人が現れ~どんなことでも従いますがこれだけは許せないと告げます。

 

この時の中大兄の台詞がすごい「ずっと自分を求めていたはずだ!」と言い~額田の心の内をさらすよう促し~この場面博多の客席もライブ会場も、漏らさず聞こうと水を打ったような静けさとなっていました。

 

大海人にとってもこの上ない辛いシーンだったと思います。

 

額田は驚きと動揺で居た溜まれず、衣装を変えると言って去ったので、その場面は替わりに入って来た船坂にぶつけられ~大和三山に例えられ~額田が困って居るだろうと感じている様だった。

 

この後、白雉の賀の踊りがありましたが、33様の葛藤のシーンで、最後は額田を兄に取られる様子。

 

そして幕前に一人になった大海人皇子が宇治の思い出を切々と唄うシーン…こんなにも激しく悔しさを感じさせるみりおちゃんが素晴らしく胸にこみ上げてきました。

 

鏡女王は額田の郷に戻り、城には戻りたくないと鎌足や父親には無し、突然鎌足(瀬戸かずや)ほしいと訴える。

 

鎌足は、全て皇子様第一と言い、世間に兄弟の絆の深さを世に知らしめる為、実際に中大兄の妃だった鏡女王は、鎌足の妻となり~大海人皇子には太田の皇女と鵜野皇女を嫁がせると進言する。

 

今では考えられない政治に翻弄される女性達。その後兄の強い意向で実行されることになるそれぞれの関係。

 

有馬の温泉の場面で斉明天皇(花野じゅりあ)は中大兄は困ったものだと額田にこぼすと、額田は自分にも罪があると認めていた。

 

薪を撮りに来ていた天日古は見つかり捕らわれそうになるが、額田が声を掛けた事で助かったようだが、二人の抱擁シーンを観て子供まで生んだ額田に強い不信感を感じたようで、「何のために生きて来たんだ~!のシーンは、


華やかな宮中と離れたところで幼ない頃夢を語り合った二人がこんな出会いをするとは~本当に切ないシーンでした。

 

 

続いて有間のシーン…そこへ現れた有間皇子(帆純 まひろ)は将来は詩人となって生きたいと額田女王に語っていたが、

 

温泉に来ていた中大兄皇子は、有間皇子が何者かに担ぎ出されて謀反を起こす危険があるとか、担ぎ出されることが既に罪になると額田に聞かせる。額田は必死に彼を庇うが受け入れられず~

 

額田への強い愛を示しながらも政治の部分では強い力を感じさせる。

そして額田も又、中大兄に惹かれている事は否定せずだった。

 

大海人皇子は、時が経過しても熱く愛した額田を忘れることが出来ず、悶々とした日々を送ったのだろう。

遂に人目もはばからず蒲生野へ向かう大海人皇子、そして「来てしまった!」の台詞…額田も戸惑いながらも「お逢いしとうございました」の言葉、二人は瞬時に額田の郷での逢瀬に思いを馳せ~互いの心が通じ合っていることを確認するのでした。

 

そして中大兄皇子が天地天皇即位の日の祝いの席に、大海人皇子意は意を決し~酔った振りをして登場…遅参のわびにと舞を舞う。 
 

やがてその舞の槍は中大兄皇子へと向けられ~しかしその場は「馬鹿者~!」と怒鳴られて~芝居は幕となりましたが、



この後、壬申の乱へとなだれ込んでいく前触れでもあったようです。

 

本当に切ない舞台で~何度も涙をぬぐいながらのライブの様子です。

 

「あかねさす~」の主な配役はこちら


個人個人について感じた事はこちら

花組・博多座公演『あかねさす紫の花』のライブを観に行ってきます。

今日は午後から花組・博多座公演『あかねさす紫の花』のライブを観にTOHOシネマ海老名まで行ってきます。 観てきました。感想はこちらに書きましたので良かったら見て下さい。

花組・博多座『あかねさす紫の花』ナウオンを観て。

花組・博多座『あかねさす紫の花』ナウオンを観て。

 

名作「あかねさす~」舞台が再演と決まった時の印象から

 

明日海さんは上級生のお稽古場面を観て涙したとか~音楽も良し~日本の四季も感じさせてくれて~と

皆さんが異口同音に大好き!と盛り上がって居ましたが、この作品に携われることに幸せを感じるそうです。

 

 

明日海さん…皆が楽しんでやってくれているようでやりがいを感じる。

 

柚香さん…役替わりで交互に練習する時に緊張した。

 

鳳月さん…役がまだ自分の中に入って居ない時に大事な場面を壊してしまう様な怖さがあり緊張した。

周りの方が変わって来るので2作やってるような感じだった。

 

 

瀬戸さん…一つの役でやっと楽しい域に行けたので、変えて良いのかな?と

 

仙名さん…どちらのさゆみさんも観たかったので、楽しみだったそうで、お稽古に入るとこっちもこっちも観たかったんだ~私は~!と

きっとファンの方々もどっちも観たかったと思うので、夢が叶ったそうです。

 

明日海さん…大海人バージョンと中大兄バージョンでは終着点が違うので、見え方とか思いの在り方とか~

微調整しなきゃいけない分けでしょう?それが大変…。

 

仙名さん…意識しすぎると、心があぶれてしまうので、未だにそこは課題でもあるんですが、大海人さんも中大兄さんもどちらも愛して居る~(ここでみりおちゃんが嫌だ~!と地団駄踏んでいましたよ!)

自然に気持ちが流れるところにゆだねられたらいいかな~と、そのような気持ちにさせて下さるので、有難いと。

 

ちょっとした台詞の違いが憎い~プレゼント…私にはこれだな~とみりおちゃん。

 

映像では立ち回りも観れましたが、皆さん激しく斬り合って居ました。

 

「ええい!世話が焼ける全く~!の瀬戸さん上手いな~!

 

それぞれの苦労点や、どう演じたいか等~

 

明日海りおさん…大海人皇子は実際に演じて観てとてもエネルギーがいるな~と思った。

年月が経過していく中で、額田への想いはずっと悶々としているでしょうし、兄への想いとの挟間で揺れていて消耗が激しいのと、さあ以後の槍を持ってお酒が入って状態で登場してから持って行くエネルギーが必要だな~と考えるとやっぱり若い役だな~と

額田が兄に気持ちが傾いて行く原因を作っておかないと、男役としては素的に素的に大海人を演じたくなるんですが、そうじゃないところも作らなければいけないし~、兎に角大海人はその葛藤がかなり辛いそうですが、暗くなったら大海人じゃないし~野性味みたいなのも取り入れたいと思う。

 又中大兄に気付かなかったそうですが、素的だな~と。こう言う思いがあったんだなと知れて、尊敬するそうで、一つの国を背負っていくカッコ良さが出せたらな~と。前半では鎌足や、四天王たちと次々と即決していく強い判断力に優れている点等が出せたらいいな~と思うそうです。(ゆっくりゆっくり話すみりおちゃんの希望が聞けました。)

 

柚香光さん…先存在しているだけでもとんでもないオーラとエネルギーを放って居なければ成立しないと思うので、その立ち姿から課題が沢山あるなと感じているそうで、その説得力が無いとそもそもあの世界観と言うものはお客様にお届けできない。

 きちんとその時代に生きた人にと毎日その服を着て~衣装を着て過ごしている人と言うお客様に観て頂けるような演じ方が出来なければならないと。

 

鳳月杏さん…国を統べる人としての大きさと額田へ真っ直ぐな気持ちが、どちらもセイブすることなく全力で妥協せず~そう言う中で、大化の改新の前に女性に逢いに来る感じが、余裕とか心の広さを感じるそうで、今の私では想像できない。

命を懸けている部分はすごいと思うし、明日海さんの大海人が居るのに、ゆきちゃんが中大兄に心が揺らぐと言うのはかなりのモノが無ければ~観ている方に説得力が無いと~ぶれずにきっちりと演じないと皆さん共感できないと思うので~そう言う部分ではしっかり中大兄の魅力を演じられたら~と思う。

 

仙名さん…子供時代に全てが詰まっているんだなと思って居るそうで、限りない上昇志向と(みんな笑い)この人は一体何を考えているのかと言う事をずっと考えた居たそうで、宮中に行って国中の人達に認めてもらう~権力と華力とは又違うんじゃないかなと。

自分が高い所へ行ったところで何が見えるのかという得体のしれないモノに対するあこがれみたいな、結局は自分の心は自分のモノだったんだろうな~と思ってしまう。兄も弟も愛して居て~選ばないと言う選択をした…何とも言えないですetc

 

明日海さんは、蒲生の地で、額田に「お会いし等ございました~」と言われた時、頭を押さえて居ましたが、地団駄踏んだ気持ちになるとか。

 

仙名さん…ずっと迷いあぐねて~の気持ちで、皆が心が揺らいでいる感じで~

 

 

瀬戸かずやさん…今お話聞いていて、それぞれが自分の思いに真っ直ぐ生きている人たちだから起こるこの問題を鎌足は観ているのかな~と思ったそうです。政治的に色恋じゃないところに居て、実在に挙げた功績は沢山有るので、御兄弟上手く行っていた方が有難いので、そのように動かさせて頂きますとか~皆様を上手く纏めていくのかな~と。

 

 

天比古と小月の関係性について…何でこの二人一緒に居るんだろうと思わせてしまう事は避けたいと仰る柚香さん。

台詞だけだと難しいがお互いが寄り添い合って~ちょっと依存してると言うか不安定な~それでいてどこか芯の強い部分で惹かれあうものがあると思うので~。そういう風に思って頂ければ~と。

 

 

鳳月さん…天比古は二人の皇子様とは違う所から観ていて、何で二人の事が書かれているのかと思うと難しくて~華やかな部分にも恋とか憧れとか天比古が抱いた夢とか~額田に対して神の息になって仕舞った感情とか~この作品の中でスパイスとして入っていけたらと。違う視点から観れる事も楽しいと思うので。

 

 

 

主な配役はこちら

早霧さん主演・雪組・博多座「「星影の人~」や、「ファンシーガイ」は

今日放送される番組です。

独りよがりの感想ですが、十人十色と思いますので良かったら見て下さい。



雪組・博多座「「星影の人~」を観て
。(20165 9日)ちぎちゃん主演


博多座「星影の人」初日の映像を観て。(20155 4日)ちぎちゃん主演
 

雪組「星影の人」千秋楽の様子より  (2015527日)ちぎちゃん主演
 

雪組ショー「ファンシー・ガイ!」は、(2015225日)ちぎちゃん主演 



中日「星影の人」を観て  2008311日)水さん主演

「星影の人」を観て 2009330日)水さん主演

 


北翔海莉さん情報です。

宝塚ジャーナル  えんぶより



みっちゃん男装の役がやれて嬉しそうですね~!
みっちゃんの舞台が追いかけられなくて残念です!(-"-)

早霧さん主演・雪組「ラ・エスメラルダ」と園加ちゃん主演の「Dancing Heroes!」 等

今日のスカイステージより観ている番組を拾いました。

 

雪組「ラ・エスメラルダ」ナウオンより

 

雪組「星逢一夜」観てきました(ショー「ラ・エスメラルダ」の感想も少し)

 

園加ちゃん主演の「Dancing Heroes!」

 

水美舞斗さん情報です。

スポーツ報知より




花組・全ツ「仮面のロマネスク」と花組「スターダム」の舞台から

今晩、放送される番組の感想です。


フランス貴族たちの危険な関係を描いて~みりおちゃんとかのちゃんの舞台です。

全ツ・花組「仮面のロマネスク」を観てきました
2016910




若者たちが切磋琢磨しながら夢を求める姿を描いています。主演は鳳月杏さんです。

花組「スターダム」千秋楽の舞台を観ました
2016223

 


雪組 『凱旋門』『Gato Bonito!!』稽古場 キャストボイス

公式に掲載されています。



月組『エリザベート-愛と死の輪舞-』制作発表会

公式よりお知らせです。

凰稀さん主演の宙組「銀河英雄伝説~」の感想です。

今日、放送される「銀河英雄伝説~」は宇宙をテーマの壮大な舞台で、凰稀さんの魅力・朝夏さんの優しさが詰まった舞台で強く印象に残って居ます。良かったら見てください。


月組 『エリザベート~』主な配役(役替わりを含む)

公式よりお知らせ



雪組「ソルフェリーノの夜明け」の感想です。

昨夜放送のあった雪組「ソルフェリーノの夜明け」は、脚本・演出が植田紳爾先生の作品ですが、すごい緊迫感の中で、命の保証もない中で、負傷者を運ばなければ~と言う強い気持ちが感じられて~素晴らしい作品ですね!



過去の感想ですが良かったら見て下さい。

花組・博多座「あかねさす紫の花」初日の映像を観て。

花組博多座公演「あかねさす紫の花」初日の映像ダイジェストで観ました。

 

シーンはお稽古風景と大体似通って居ましたが~

プロローグ、みりおちゃんが唄う場面は、ビジュアルは言う事無しに美しい大海人皇子ですね~!

でも歌は今一自信なさそう~!

 

天比古(柚香光)に「お誕生日おめでとうございます~」と言われる額田(仙名彩世)は「覚えていたの?それならよろしい!」と言って、

額田が好きな天比古は掘った人形を額田に渡す。

 

口実を作って鏡女王(桜咲彩花)に会いに来た中大兄皇子(鳳月杏)…貫録が今一かな~?

 

みりおちゃん「よほど気に障ったようだね~!妬いているんだな~?!」は、額田が兄の中大兄皇子(鳳月杏)に

モーションを掛けた時、相手にされず子ども扱いされた事を怒っていた。

 

その後、大海人皇子(明日海りお)と額田(仙名 彩世)は息投合して歌う。

 

「入鹿暗殺の舞台を作るか!」「ご同意願いますか?」「よろしい!」と話し合っている所に刺客が攻め込むシーン。

 

小月(乙羽 映見)に「額田王女様は手の届かないところに居るんだよ」と言われ「お前に何が分かる!姫様は俺の夢なんだ!」と反論する天比古(柚香光)

 

「十市を生んで又艶やかさが増したようだね!」と大海人皇子(明日海りお)

 

「私はそなたに恋してしまった!」♪私はあなたが欲しい~と唄う中大兄皇子(鳳月杏)に困惑する額田王女。

 

「ほかの事ならどんなことでも従いますが~こればかりは譲れません!」と大海人皇子(明日海りお)

 

3人で白雉の賀”の踊りで、兄と弟が額田の取り合いの踊りで~大海人皇子(明日海りお)は額田に帯を投げられる。

 

一人になった大海人皇子(明日海りお)が額田に思いを馳せ切なく唄うシーン。

 

額田の里に引き籠って居た中大兄皇子(鳳月杏)の妃の鏡女王(桜咲 彩花)は、傷つき~鎌足に「私を貰ってくださいますか?」という。

 

「鎌足「何も弟の妃に手を出さなくても~え~い!世話が焼ける~全く!」と(このセリフはリアルで感情が籠って上手いですね~!)

 

「私もそなたも優れている。二人が一つになれば怖いものはない!」「太田と鵜野をそなたの妃にする」と中大兄皇子(鳳月杏)

 

「額田と交換ですか?」と大海人皇子(明日海りお)

 

斉明天皇(花野じゅりあ)「中大兄皇子には困ったものね~!」「それは私の方にも罪があります」と額田女王(仙名彩世)

 

そなたの揺らぎを見通したうえで、尚、求めずにはいられないのだ!と中大兄皇子

 

「私は今日の日まで何をしてきたんだ!」「何のためにのたうって生きて来たんだ~!」と悔しがる天比古(柚香光)(感情が籠って居ますね~!)

 

「誰かが駆けてくる、唯一騎真一文字にこちらの方へ」と額田。 「来てしまった!」と大海人皇子

 

「花びらが~」と額田。切なさが込み上げ思わず額田を引き寄せる大海人皇子。一人♪あかねさす~を切なく唄う大海人皇子。

 

 

 

過去の「あかねさす~」の色々な舞台を観てきている者にとっては、どのシーンも懐かしく~蘇ります。

観ているといつの間にか過去の舞台と比較してしまっている自分がいました。

 

 

皆さんがそれぞれに感情が籠った台詞で上手かったですが、特にリアルで上手いな~と思ったのが中臣鎌足の瀬戸かずやさんです。

 

 

ショー『Santé!!』~最高級ワインをあなたに~は、何となく13年前の「カクテル!」を思い出しますね!

 

 

フィナーレでは、九州出身者を紹介したり~恒例の花組ポーズを客席と一緒にしたり~初日の風景が観れました。

 

みりおちゃんもご挨拶で仰っていましたが、日本物のお芝居の美しさ!とショー「サンテ~」の次から次へと色々な場面に展開していくスピーディで、華やかなショーを今から楽しみにしています。

 

私は博多までは観に行けないが、どうしてもみりおちゃんの大海人皇子と、ちなつちゃんの中大兄皇子を観たかったので、今週末にライブを観に行く事にしました。今から楽しみにしています。

 

彩凪翔さんと山田孝之さんのリクェストDXを観ました。

彩凪翔さんと山田孝之さんのリクェストDXを観ました。

 

彩凪さんは、山田さんをリクェストした理由について…最近個性的な役をやることが多くなったそうで、個性的な役をされる山田さんはどういう役創りをされて居るのかが知りたくて~リクェストされたそうです。



~と言う訳で、前半はほとんどお互いの役創りに付いてを真剣に聞き合う様子~役者談議と出会いについてで~終始して居ましたが、後半は山田さんが嵌ったと言うオーロラ談義で、翔ちゃんもすっかり山田さんのペースに乗せられて興味をそそられたようで行って見たいと話すなど良い雰囲気で話が弾んで居ました。

 

又後半には彩凪さんの出演した番組で印象に残って居る番組や、一番楽しかった番組なども聞け、彩凪さんがワンちゃんが大好きという事や、でも今は飼わずに我慢している事も知りました。

 

↓ここからは、詳しい内容です。(お時間のある時にでも見て下さいね。)


山田さんは役創りについて…最初から最後まで見て、その人の言動行動からどういう人物かをくみ取って~その人が生まれてからの過去や未来を考えてからやるそうですが、部分的な事について技術的な事は逆に教えて貰いたいと仰っていました。

 

 

その人の人生の一瞬を切り取った部分だったりするので、山田さんは15歳でスカウトされて、兎に角現場に出て独学で学ぶしかないので~と。

 

方法についてはほとんどの方が学んではいないと思うと仰っていて~先ず宝塚に入ったら何をたたき込まれるのか?と聞かれて~

 

彩凪さんは、先ず発声を大きくすることや男役なので、低い声を出す事から始まったそうで、後は上級生から教えて頂いてどんどん積み重ねて、テレビで撮っている人はリハーサルなど無いから皆さんが自主的にやって来て現場でぶつけるそうです。

 

演出家の意図を瞬時にくみ取って~なので柔軟性も求められるそうです。

 

宝塚では、雪組でやる場合、ずっと同じカンパニーなので、お互いやり易い様に~やって行くそうですが、稽古期間もしっかりあって、公演も長いからほとんど出来上がったものを舞台で見せることが出来るから~

外ではそこまでガチガチに創り上げずにやるそうで、映画の場合は結構リハーサルを好む監督も居るので、でも時間・予算・色々な人のスケジュール等あるから~と。

 

 

彩凪さんはテレビの場合演技の途中で切られて、次ここからと言う時に感情移入が出来ないと思うがどうやってするのか?とか聞いていました。

 

ここからは二人のプロフィールなどが紹介されて居ましたが、二人の出会いは…怖いイメージと違ってストイックで、色々答えてくれたりしたそうで、その後お誘いした「ケイレブハント」を観て、ショーを観て単純にカッコいいと思ったそうで、皆さんが何度も観に行く事が分かったそうです。

 

山田さんは舞台に招待されて、ウィンクしたりするのを観てはぁはぁ~??と感じたそうです!

 

あの出会いについて、食事中に一服するのに外へ出ると言う事は無いと思うので、あれが無かったら今こうして会って話している事も無かったわけで

あいつに感謝すると仰っていました。

 

役のふり幅がすごくて~驚くそうですが、役毎にイメージを変えることも大事にしているそうです。

 

彩凪さんは役で分からなくなった時、森林の匂いを着けたそうで、山田さんはそれいいね~!貰おう!と言ってました。

 

山田さんは音楽を利用するそうですが、彩凪さんは曲をやって見ます!お互いの良い所を取り合って居ました。

 

彩凪さんがイメージを大事にすると話すと山田さんもイメージは結構大事にしているとか~

 

一つの役が終わって次の役には居る時の切り替えはどうしてますか?とか役によって影響を受けたりしませんか?とか

 

スパッ!と役が終わって自分に戻ると言う事はあまりしないそうです。

 

非情に飽きっぽいそうで~

 

男役が演じる女役に付いて~

 

立ち廻りについて…立ち廻りや乗馬の練習は数日間はあるとか。

 

スカイステージセレクション

 

彩凪さんが下級生の頃に出演した番組で印象に残って居るものは?…組対抗のクイズ番組だそうです。

彩凪さんが出演した番組で一番楽しかったのは?…BrilliantoPersonal編。ワンちゃんのしつけをした番組だそうです。

幸せいっぱいでもう一回やりたいそうです。

 

山田さんのオーロラ談義は詳しくて~翔さんは行って見たいという等、興味ありげに聞いていましたね。

 

 

キーワードトーク…今気になるもの…タスマニアのオーロラを観に行きたい。

 

翔さんは癒しについて…迷うことなくワンちゃんです。

 

山田さんは木々の中でボーっとするのが一番の癒しと仰っていました。

 

ゲストからの質問によるトークは…男役を意識して普段やって居ることは?…メンズの服しか着ないので~女性の専門店へ入ることが恥ずかしい。

 

今後挑戦してみたい役は…男の友情で何かを残して~自分を犠牲にしても何かを守りたい。

 

体験としてやって見たい事は?…体形を維持する為にするハンモックに乗ったり暗い所でリズムに乗ってする事等。

 

偶然の出会いが無ければ、こうしてお会いする事は無かったそうで、真剣に話してくださってこれから色んな役に出会って


やって行くのが楽しみになって山田さんに沢山学ばせて頂いたそうで、お二人とも楽しそうで~有意義なお時間だったようです。

最近ショーなどで濃い男役の翔ちゃんのダンス
などを追いかけて観るようになりました。

これからもキザな翔ちゃん楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

十輝いりすさん、北翔さんの舞台をご観劇!

アメブロより

星組、梅田芸術メインホール・日本青年館・台湾公演など出演者決定!

公式よりお知らせです。

星組、初舞台までの道のり舞台写真・ギャラリー公開など

ちぎちゃん・こまちゃん。

インスタより



優しそうなところが似てるよね!

北翔さん情報です。

スポーツ報知より




在天の姫で剣の達人でもある東儀左近を演じる北翔さんすごいね~!

星組『ANOTHER WORLD』ナウオンを観て。

星組『ANOTHER WORLD』ナウオンステージを観て。

 

 

トークメンバーは…紅ゆずる・綺咲 愛里・礼真琴・七海ひろき・天寿光希・瀬央ゆりあ・司会は漠亜希子の皆さん。

 

自己紹介の映像はそれぞれの映像が今まで観た事もない役で、生徒さん頑張ってるな~の印象でした!

 

役に付いてはこちら

主な役はこちら


トークは、先ず紅さゆずるさんから始まりましたが、お一人お一人が纏めて話して下さり~わいわい賑やかで聞こえず~と言う事もなく、紅さんが常にリードをして、とても聞き易いトークでした。

ただ落語の世界と言うこともあり、文字が分からなく平仮名で書いたり聞き逃したりした部分もありますが、どうぞご了承ください。

 

 

過去に落語ミュージカルを観た時の印象は、

紅さん…テンポが速い・展開が早い・皆さんで動きが付いて、音楽が付いてだとこんなにも違うのかと。

紅さんは生の落語を聞きに行って、話をされている方の想像で笑うけど、宝塚でやってるものはそこで現実に起こっているからすっごい面白いと思った。そこからも想像が膨らむしより楽しいと。

 

 

 

役創りに付いて皆さんの苦労や抱負など。

 

紅ゆずるさん…康次朗と言う役はとても純粋で、お澄さんに恋してご飯も水も喉を通らなくなって恋煩いで死ぬと言う阿保みたいな感じですが、それくらいに人を愛し純粋な人だそうで、最初は早いテンポで進んでいく印象を提示して、そこからいろんな人が出て来ることによって、それぞれの役の特徴が出て来ればいいと思って居る。人に絡むことによって、人によってちょっとはんなりしている所とか、ちょっととぼけている所とか~天然とか~が出れば良いなと思ってやって居ました。

又大阪弁でも色んな言葉があって、今回は特に船場言葉で、ちょっとはんなりしていて、商売人で、上方言葉で品もあり、ゆったりだけど、ゆったりし過ぎず~で間とテンポがすごい難しかったようで、
1秒たりとも間を伸ばさない様創って行ったそうです。

 

 

綺咲 愛里さんお澄と言う役で、康次郎さんと同じに恋煩いで死ぬそうで、お菓子屋さんの娘として絵にかいたような可愛いお嬢さんと言うイメージだったそうですが、男らしい台詞がある様で、先生にそっちが本性にならないように、あくまでもお菓子屋さんの娘を根本に置きながら毎日励んでいるそうです。

 

 

礼真琴さん…江戸の粋でいなせなちゃきちゃきの江戸っ子の2枚目だそうで、苦手分野と仰って~(紅さんからそうなの?と突っ込み)

本当に所作が難しくて~何をやってもかっこよく~と言うのが難しいそうで、自分の引き出しが無く~今回は沢山勉強させて頂いたそうで、お客様がつい笑ってしまう絶妙な間を盗もう盗もうと稽古場から研究したそうですが、ふぐの肝を鍋に溶き入れて、(フグの肝は青酸カリの1000倍の毒があるそうで)そのフグの肝をご一行を連れて食べて冥土にやって来て康次郎さんに巡り合って、康次郎さんの清い心に触れて感動して仲間に入れて欲しいとずっと付いて行くそうです。

舞台でお客様の笑いに触れてやって居ると毎日楽しいので、自分ももっともっとテンポ良く行きたいと励んでいるようで、意欲の言葉が聞けました。

 

 

 

七海ひろきさん…康次郎さんが若旦那の誉田(こんだ)屋の手伝い?(良く聞こえず)だそうで、二人を合わせ様と探して、地獄八景の中のサバを食べて死ぬと言うのが合わさっているそうで、サバが好きでサバが5日も経っていても食べたいと思って死ぬと言う何とも言えない役だそうで、この人だったらそうだねとお客様に思ってもらえるように、やって行きたい。


 

天寿光希さん…紅さんによれば、本読みの話から~あんなに笑った谷先生見た事なかったと言う位面白かったそうですが、

天寿さんはなまろうとすると秋田弁になって仕舞うそうで、活字は大阪弁なので、その大阪弁で書かれた活字を何とかなまろうとすると、やっぱり秋田弁になるそうです。演じたいんですけど~

 

紅さんも、台本もらった時にやっぱり関西弁で読んでしまったとか。瞬時に矢印描いたりしてるから最初内容が全く入って来なかったそうです。平仮名と漢字のオンパレードで、何が何だか~だったようですよ!

 

礼真琴さん…そう言う事か~!

 

天寿光希さん…イントネーションにしても、自分の引き出しが余りにも無さ過ぎて~やっと今舞台に来て鬘着けてお衣裳着けて長い竿をもって、なるほど~自分にしっくりきながら、でも皆さんの様子を観ながら乗っかって行こうと日々深めて行ってる感じだそうです。

 

 

瀬央ゆりあさん…赤鬼赤太郎役ですが、鬼って何?で鬼と言ったら怖そうな鬼や、とんでもない鬼を想像するそうで、台本を読みお稽古していくうちに、怖い中にも人間味がポロポロ出ていくのが面白いんだなと、コロコロ感情が変わるから面白いと言う事を仰って頂いて、鬼と言う事に捉われ過ぎず~にやって行きたいと。

 

紅さん…鬼の格好しているから絶対鬼に見えるから人間らしくした方が、わぁ~かわいいと思われるとアドバイスされて居ました。

 

瀬央ゆりあさん…鬼は所作とかが無いので、ぶち生きてるそうです。

 

 

 

プロローグもとても華やかですが…

 

紅さん…日本物と言えば宝塚の財産ともいうべき、”ちょんぱ”をさせて頂いていますので、な~んだ!ってならないように華やかに艶やかにお届けしようと思いまして星組生一同頑張っているそうです。

 

今日出席されている皆さん以外のエピソードについて

おかあはんとおとうはん・そして一心寺の朴念和尚の瀬稀 ゆりとさん。

 

紅さゆずるさん最初お葬式の場面から始まるのもかなり面白いし~3人だけが生きていると言う、その3人よりも死んでいる人間の方が生き生きして居なきゃいけないと言う。ご一行様の中では初音役の有紗瞳さん。メイドの冥土を意識しているそうで、めっちゃ男勝りで行ってる事がメイドカフェと違うとか。

 

 

ひろ香さん…一八役のひろかさん、ご一行の芸者さんとふぐもんをずっと付けて賑やかな連中だそうです。

阿漕姉さん(夢妃 杏瑠)はお衣裳がすごいらしい。

杏瑠さんと小五郎さん(十碧 れいや)のぽこちゃんの組み合わせが同期だしメッチャあっているとか。

 

閻魔大王の汝鳥怜さん真琴ちゃん、きっとこういう方と思えるそうで、紅さん、リアリティがすごいとか。

 

赤鬼青鬼は誰が誰だか分からないらしい。れんた(如月 蓮はずるいよ~!とか、艶冶さん役のはるこちゃん(音波 みのり)。

 

お芝居で一番好な場面について一言づつ聞けましたが、皆さんそれぞれ違う様でしたが、

礼真琴さん…ありがたやなんまいだの場面は結局どうなったんだろう?って思っている方大勢いると思うのでここで解明させて頂くそうで…閻魔様がシャバへ行ってしまったので、どく三郎がめでたく冥土で閻魔様の金の酌を受け継いだそうで、冥土で平和に暮らせるようになり、鬼たちに金棒は全部捨てさせて、全員桜を持たせた~と説明されて居ました。

 

 

紅さゆずるさん…勝負掛けてる場面があって、一番最初に杢兵衛さんが出てきて、じゃ~行くぞ~て行ってみんなが掃ける、そこまでが勝負だそうで、紅さんが蓮の花に乗ってるところから杢兵衛さんが出て来るまでがこの話の地軸となる場面なので、そこでこの場面のテンポと方向性を決めていき色付けしていくのでその場面にすごく集中しているそうです。好きというより命懸けって感じだそうです。

 

 

紅さんは、このメンバーから聞いただけでも色んなお話なので、これからの方は、ぜひ足をお運び頂き思いっきり笑って頂ければ~とお誘いsrて居ました。

 

ナウオンを観て、皆さんが今まで観た事もない役に挑戦して、発声から大変苦労して創っていった様子が伺えました。

テンポも早く展開の速い舞台だそうですが、笑いも沢山有るようで皆さんのご苦労を感じながら落語の世界を楽しみたいと思いました。

皆さんお疲れ様でした。

 

いつもこちらのサイトを見て頂いている方へ。

いつもこちらを観て頂き有難うございます。m(__)m

見て頂いている方には大変申し訳ないのですが、

本日、これより連休の間は、ブログをお休みさせて頂こうと思いますので、


どうぞよろしくご了承ください。


管理人  いの

星組公演情報です。

SPICEより

博多座『あかねさす紫の花』の稽古場の様子を観ました。

今日のニュースで『あかねさす紫の花』の稽古場の様子を観ました。

 

大海人皇子の明日海さんが♪あかねさす紫の花~を唄うシーンから~


プロローグは、兄の中大兄皇子(鳳月杏)と家来の者たちとこれから狩りに出かける前の踊り。

 

額田女王の幼少時代に、姫様の姿を菩薩像に掘ることが夢と語る天比古(柚香光)

 

中大兄皇子(鳳月杏)が婚約者の鏡女王(桜咲 彩花)を訪ねた時のシーン



鏡女王(桜咲 彩花)が化粧直しに行って居る時、額田(仙名 彩世)が中大兄皇子(鳳月杏)に話し相手をしましょうと言って、

モーションを掛けるが、残念ながら私は子供とは付き合わない」とあっさり言われてしまって~



そんな兄上の事を「本当に優れた人なんだよ!今にこの大和の国を率いる人におなりだろう!」と、額田に話していて兄を全面的に信頼し尊敬している様子が感じられるシーン。



中臣鎌足(瀬戸 かずや)が蘇我入鹿討伐について、3国の使者が来る日の設定について説明している所を賊に襲われるが~大海人皇子が気付いて兄に知らせ、よく気づいてくれたと褒められるていた。

 

天比古(柚香光)が小月(乙羽 映見)に「憧れていた姫様が、中大兄皇子様のお妃になった事を聞いてから仕事が手に付かなくなっったんだね!」と言われているシーン



「十市を生んで、又艶やかさを増したようだね!」と大海人皇子(明日海りお)に言われる額田王女(仙名彩世)の仲睦まじく話すシーン。

 

「兄上はいずれ二人でこの国を治めていく事になる~と言っておられ~良くものを観ておけと言っておられる。」と大海人皇子(明日海りお)

 

その後、大海人皇子が居なくなったのを見計らって兄の中大兄皇子(鳳月杏)が額田の部屋に入って来て額田(仙名彩世)が好きな事を告白するが困惑する額田王女(仙名彩世)。

 

 

大海人皇子と中大兄皇子が額田女王(仙名)の帯を使った踊りで、額田女王(仙名)を取り合いになる切ないシーンです。

 

 

大海人皇子が切ない心の内を唄う。



主な配役はこちら

 


「タカラヅカ・オン・デマンド」5月ラインアップのお知らせ

公式より



随分色々な番組が観れる様でこれならスカイステージに入って居なくても充分楽しめるでしょうね。

宝塚巴里祭2018(追)のお知らせです。

公式より
宝塚巴里祭2018(追)芹香さんのポスターがアップされて居ます…こちら

花組 『MESSIAH(メサイア)~」&星組 『ANOTHER WORLD」ムービー更新

公式より
花組 『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』ムービーページ公開…こちら
星組 『ANOTHER WORLD』『Killer Rouge(キラー ルージュ)』初日舞台映像より…こちら




6月の番組ラインアップ

公式より

先日アップしたばかりですが、こちらの方が観易いと思いますので一応アップします。



MXテレビ「TAKARAZUKA CAFE BREAK」のお知らせです。

MXテレビ「TAKARAZUKA CAFE BREAK」
MXテレビ 毎週金曜11:00~11:30
<出演>
○5月4日(月組)暁 千星
○5月11日(月組)風間 柚乃&美園 さくら
○5月18日  特別編
○5月25日(宙組)芹香 斗亜
○6月1日(宙組)愛月 ひかる   
※問合せ TEL:0570-070-009(TOKYO MXテレビパブリックセンター)
詳しくはこちら

WOWOW「宝塚プルミエール」&宝塚への招待」のお知らせです

公式よりお知らせです。

★「宝塚プルミエール」
放送日時:5月26日(土)17:00~17:25(初回放送)



★「宝塚への招待」
放送日時:5月7日(月)13:45~15:30

小林公平没後1周年&月組ハロー・ダンシング&ドラマ「沈まぬ太陽」等などを紹介

早いもので今日から5月ですね。今日のスカイステージで観ている番組や、過去にアクセスの多かった記事を拾ってみました。

 

小林公平没後1周年より  2011715

 

 

又昨日は、どなたかがリンクを貼って下さった様で下記の記事もアクセスが多かったです。
「月組ハロー・ダンシングを観て」

 

 

又、宝塚では無いのですがWOWOWの日航機事故を背景にしたドラマ「沈まぬ太陽」は、私が過去にドラマを観た中で、最も心に残るドラマでブログもその都度感想を書いています。

このドラマをご覧になられた方は、カテゴリーのWOWOWを観て頂くか、または 沈まぬ太陽 で検索して頂くと沢山出て来ます。良かったら見て下さい。

 

 

又何処かにリンクを貼って頂いたのかはわかりませんが、毎日のように下記のドラマにアクセス頂いている記事があります。

WOWOWドラマ「レディジョーカー」最終回を観ました。

 


« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

  • Cimg0556

いの Twitter↓フォローよろしく!

マイYouTube

マイサイト

無料ブログはココログ