« 友の会限定イベントページ更新 | トップページ | 望海風斗さん情報です。 »

久しぶりに花組・バウ「冬物語」を観ました。

久しぶりに花組・バウ「冬物語」を観てすごく懐かしかったです!

 

シェイクスピアの作品を江戸時代の歌舞伎の世界に置き換えての舞台でしたが、春野さん・瀬奈さんがどっぷりと組んで、しかも初めての歌舞伎の演技に挑戦して~心に残る舞台でしたね!

 

 

江戸で有名な歌舞伎役者中村富五郎(春野寿美礼)は、ある時から仲良しだった上方で有名な藤川伊左衛門(瀬奈じゅん)との仲を疑うようになり、かな手本忠臣蔵の舞台上で斬りつけ怪我を負わせ~その上一人息子の十郎太(ふづき美世)にまで誤って手を掛けてしまって~間もなく息子は亡くなってしまい~自分のしたこととは言え悔やんでも悔やみきれない気持ちで辛かったでしょうね~!



その上衣装蔵に閉じ込めて置いた妻のおさんは死んだと聞かされて~正に思っても居なかった不慮の事故の連続で~



しかも富五郎は、妻のおさんが産んだ子供を自分の子と信じずに、彦三郎(磯野千尋)に捨てさせてしまって~



自分の勘違いから起こったこととは言え不幸の連続に一幕のラストはおささんの辛い気持ちを堪えての熱唱は、感情が伝わって来て~感動のシーンでしたね~!

 

 

二幕で目隠しをして登場したのは秀之助の彩吹真央さんと、花魁の衣装で登場したおささんでしたが、おささんの綺麗な事!びっくりでしたね~!声もしっかり女性の声でしたね!

 

 

伊左衛門は一人息子の秀之助が花魁・十六夜(春野寿美礼)にお金もないのに夜ごとの廓通いで~




藤川の跡を継ぐまでは~と客の振りして秀之助と切れてくれる事を頼みに来たようだったが~

 

佐相署は顔を隠していた伊左衛門だったが、伊左衛門と秀之助がぱったりと顔を合わせてしまって~秀之助は急きょ私が見受けすると言い出すがお金もなく~



伊左衛門は、女将にごたごたさせるようなら皐屋をお取りつぶしにもできるとか~吉次とひと芝居し駆け落ちさせたり~吉次の名案で中村富五郎の下で芸を磨き~上方に戻れるようにとか~



彩吹さんと春野さんの江戸までの旅姿は恋の道行き”風で綺麗でしたね~!彩吹さんも上手かったが、春野さんもしなやかに品良く踊られていてそこには男役の仕草は微塵も感じず美しくて驚きでした!

 

 

その十六夜が何とあの夜捨てた赤子だったと明かす皐屋の女将。




そしてあの羽織にくるまれて居た事から富五郎の娘と分かるんですね~!



でもあの恰好で江戸までたどり着くのは至難の業~と秀之助が諦めかけた時、一先ず江戸へ向かいましょう!と十六夜。

 

そして江戸の富五郎と藤川伊左衛門が16年ぶりに会い、秀之助は二人の仲を許されて~

 

吉次(麻園みき)とおそでが若旦那を奈落へ連れて行き出て来た京人形がおさん(沢樹くるみ)だったんですね~!


初めは人形と思って居た富五郎だったが、何とお袖に匿われて16度の冬を越えたとか~

 

富五郎にとっては思っても居なかった妻おさんの出現にあの羽織のお蔭であの世から先代が見守ってくれたのかと~

 

そして最後は伊左衛門と秀之助の襲名披露となり、全てがハッピーエンドの舞台で幸せ感でいっぱいの舞台で、それはそれは長い長い冬物語でした!

 

バウ公演でしたが、成れない歌舞伎の演技でさぞ大変だった事でしょうね!この時春野さんは研9で麻子さんが研8でしたが、彩吹さんも皆さん上手かったですね~!



私はこの舞台はバウなので生舞台は観て居ませんが、スカイステージで観ているので昔懐かしくおさあさ時代を振り返りながら~で至福の一時でした。

 

 

 

« 友の会限定イベントページ更新 | トップページ | 望海風斗さん情報です。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118337/66787772

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに花組・バウ「冬物語」を観ました。:

« 友の会限定イベントページ更新 | トップページ | 望海風斗さん情報です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

  • Cimg0556

いの Twitter↓フォローよろしく!

マイYouTube

マイサイト

無料ブログはココログ