« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

雪組「凱旋門」東京・初日&インタビューより。

雪組「凱旋門」東京公演初日の映像を観ました。


 

 

轟悠さんが文化庁芸術祭賞演劇部門優秀賞を受賞した作品にさらに今回ご本人が出演するという~それだけでも期待が大きい舞台なのですが、さらに望海風斗という超まれな実力トップさんを迎えて~まさに待望の再演となる分けで~早く見たい気持ちが募る作品ですね!

 

 

舞台は第二次世界大戦前夜のパリ…望海さんのシャンソンはパリの雰囲気が感じられて良いですね~!

 

 

舞台は、今日生きる事で必死な亡命者たち、そんな中で必然的に起こってしまったラヴィック(轟悠)とジョアン(真彩 希帆 )の恋!

 

しかしジョアンを愛するもう一人の男性(彩風咲奈

 

ジョアンを愛しながらも辛そうなラヴィック!

 

 

美保恵子さんの歌も素晴らしいですね~!

 

ジョアンはあの人と別れて、あなたの所へ行く決心をしたといっていますが~

 

今日から街の明かりが消され~灯火管制が実施されるらしい。人々は戦争が始まる気配を感じている

 

あの人が怪我をしたと言ってラヴィックに知らせに来たアンリ・ジャルダン(彩風咲奈

 

ピストルで撃ってしまったという。自分で?とラヴィック。

 

映像はここまでで、あとはショーでしたが、男女の愛をいかに繊細に描かれるか~脚本、柴田侑宏というだけで期待が膨らみます!

 

 

ショーの『Gato Bonito!!』~ガート・ボニート、美しい猫のような男~という題名も面白いですが、

初日という事でプロローグからだいもん客席降りで張り切って~常にその実力の予想を超えて魅せて下さるだいもん君が見ものですね~!

 

ロケットもネコのような格好で楽しそう!

 

アーサ(朝美 絢 )も頑張っていますね!4人の女性に扮した男役さんたち…生で見るのが楽しみですね!

 

 

梨花ますみさんは、「凱旋門」が雪組で初演されて以来18年ぶりの再演であることや、初演と同じくラヴィックに轟悠・美保恵子さんにご出演を頂いてる事・そして作品の説明などでしたが、お客様と一緒に熱く盛り上がっていきたいと意気込んでいらっしゃいました。

 

 

 

そして望海風斗さんは、お芝居「凱旋門」は、18年前に雪組で、公演して、その時のラヴィックを演じられた轟悠さんと、そして初演にも出演されていた美保恵子さんと一緒に今の雪組で、挑戦させていただけること本当に心から嬉しく思っております。

第二次世界大戦の直前の不安が漂う日々の中で、人はそれでも誰かを愛し~誰かを思い~明日を信じて命を輝かせる~この公演を通して人間本来のたくましさを教えてもらってるような気がします。

 

そしてショー『Gato Bonito!!』は暑い季節にぴったりの、熱くて~激しくて~大人っぽくて~ちょっとチャーミングなラテンショーでございます。

暑さの所為なのか?黒塗りの所為なのか?それともネコの所為なのか?わかりませんが、私たち出演者もいつもの自分たちとは少し違った姿で舞台上を駆け巡って居るような、そんな不思議な感覚と楽しさで、始まったらあっという間で終わってしまうような感じです。

この2作品をここ東京宝塚劇場でもっともっと進化させてお客様に、もう一回みたいなと癖になるような2作品になるように仕上げて行けたらとご挨拶されていました。

 

台風も私たちの熱気で明日には無くなっていることでしょう!のあとお客様も巻き込んで「台風を吹き飛ばすにゃ~」と息巻いていました。

 

 

この後インタビューがあり、望海さんと真彩さんのお二人で答えていらっしゃいました。

 

「凱旋門」の見どころについて…

望海さんは、轟悠さんが初演にでられて、美保恵子さんも出演されてて、そのお二方が空気を作ってくださっている中で、今の雪組生がどれだけそこに食らいついていけるかと言う所が見どころではないかと思いますし、この作品を通して、人間本来持っている命を輝かす

美しさとかをお届けできたらいいなと思っています。

 

 

 

真彩さん…世界観がとてもきれいだな~と言う所が、凱旋門の好きな所なので、お客様にも舞台上が映画のような雰囲気なので、そこもひとつ見どころかな~と思いますし、また寺田先生の音楽が、吉田優子先生、加茂先生の追加された新しい音楽が素敵なので、乗っていただけたら嬉しい。

 

 

ショー『Gato Bonito!!』の見どころは…

 

望海さん…外も暑いんですけど、じめじめした暑さだと思うので、カラッと皆様も汗をかいて、デトックスして帰っていただけるショーになってるんじゃないかと思うので、お客様と一緒に楽しめるという所が見どころです。

 

 

 

真彩さん…盛りだくさんだな~とやっていて思うので、お客様ももう終わってしまったんだ~と思って頂けるように、一緒に汗をかいて楽しんで頂けたらと思います。

 

 

「凱旋門」の役で大切にしているところは?

望海さん…それぞれ違う国からそれぞれの境遇で来ているので、自分はロシア人で、どういう背景を持ってここまで逃げてきたかということを一番なくしちゃいけないかなと思っている所と、ラヴィックとの関係性で、謝先生からもボリスはアスリートだと、ラヴィックは理系で、その差をはっきり出して欲しいということなので、轟さんのほうが大先輩なんですけど、自分のほうがど~んと構えて、アドバイスを入れるようなそんな人柄になれたら良いなと思って舞台上でしています。

 

 

ジョアンとして一番大切にしているところは?

真彩さん…どんな時もラヴィックを思う気持ちが根本にあって、その女性がこの時代をどう生きていくかと言う所を心の片隅にいつも思ってお芝居しています。

 

 

Gato Bonito!!』で好きなシーンは?

 

望海さん…好きというか、フィナーレナンバーが6分間でずっぱりで、そこが毎日挑戦だな~と。そこが自分の血が騒ぐところというか、6分どう乗り切るか?が闘いでもあり、すごく好きな所でもあるので、」ぜひ見て頂きたい。

 

 

 

真彩さん…コカパバーナの歌の部分がすごく好きで、お客様のいらっしゃりかたもちがいますし~塩田先生の盛り上がりも全然違うので、(ここでだいもん君より3人で~と訂正されていました。)

 

初日の様子とインタビューの様子でした。

 

この舞台は私も近々見に行く予定ですが、お芝居もショーも素晴らしい舞台のようなのですごく楽しみにしています。

 

 

雪組「凱旋門」前夜祭の続きです。  ←よかったら見てね!

 

 

 

WOWOW「宝塚プルミェール」より、だいもんとさきちゃんの○と✕(

WOWOW「宝塚プルミェール」より、だいもんとさきちゃんの○と✕
(お二人の回答は写真の通りです)

 

 

子供のころの事、

咲ちゃん…家の周りが田んぼとかれんげ畑とかが目の前だったので、素手でオタマジャクシをすくったり~あとは秘密基地作りにすごい嵌っていて、どこから持ってきたのか看板を立てて、落ち葉をたくさん集めてベットみたいにしたり~いろんな所に秘密基地を作っていた。(わんぱく派!とちぎさん)

 

だいもん…砂場の砂を掘って、まず道を作ってそこに水を流して先ず遊んでいて~それにも飽きてきて、砂場の砂を最後まで掘ったらどうなるか~で下まで掘ったら網だった!子供心に見ちゃいけないものを見ちゃった感じで埋めた。


 

だいもんは、泥だらけの傷だらけで~(花組の二人と全然違うねとちぎさん)しかも夕ご飯までに帰って来いと言われ、とにかく日が暮れておなかすいたな~と思うまで遊んでいたそうです。

 

 

お互いのオチャメな所を知っているに丸を付けたお二人は、お互い気づいたら食べてるよね!咲ちゃんは離れたところで一人黙々とちゃんとしたお弁当を食べてるんだそうです。

 

 

だいもんは、こうでなきゃいけないみたいな男役としての期間すぎたかな~と思ったとたんすべてがだらだら~と崩れたそうで~(オンとオフの切り替えがいいですよ~とちぎちゃん)

 

 

だいもんくんは、組子の上級生から下級生までの似顔絵を描くのに嵌られてて~似てるそうです。子供が書いたような絵になるけどほんとに特徴だけは逃さないように~だそうです。

 

 

咲ちゃんは、口のホクロと目がちょっと垂れているところと足が長いところ。書いた絵は下の絵です(タコ人間観たい!とちぎさん)(ホクロしか似てないから~とちぎさん)

 

ちぎちゃんのオチャメな所を知っている~休憩の時に全然休憩しないな~と思ってパッ!と見たら、おにぎりを両手で持って食べてる時があって、小動物みたい!に見えたらしい。

(無心に食べてたよ!とちぎさん)

 

集中がすごいから、集中が途切れた時のちぎさんは今お話聞いてないだろうな~と思ったら案の定聞いていない時が合って~(下級生はよく見てるのよ~!とちぎさん)

 

 

次回の「宝塚プルミェール」は、月組エリザベート特集、珠城 りょう と愛希れいかのトークで作品の魅力に迫ります。お楽しみに~でした。

Cimg4386_2  Cimg4387  Cimg4388

Cimg4389




月組 『エリザベート-愛と死の輪舞-』人物相関図

公式より



月組公演 『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』人物相関図

ちゃぴさんのラスト公演なんですよね~!

雪組『ファントム』主な配役と役替わりについて(追)

公式より


雪組公演『ファントム』主な配役と役替わりについて(追)

このトップコンビのファントムは見応えあるでしょうね~!楽しみ~!

男役・鳳月杏「救いようのない悪」堂々と、圧政の藩主役

朝日新聞デジタルより

男役・鳳月杏「救いようのない悪」堂々と、圧政の藩主役

WOWOWで鳳月さんの悪役ぶりをピックアップで見て、本当に血も涙もない悪役ぶりで驚き!だったけど~なりきり度が素晴らしい!


「宝塚プルミェール」は、明日海さんと柚香さんのトークより(写真を追加)

WOWOW「宝塚プルミェール」…ナレーションは雪組トップの早霧せいなさん(青字はナレーションの言葉です)

 

今回の特集は花組公演・天草史郎の生涯を描いた時代物と、花を描いたショーの2作品

 

MESSIAH(メサイア)異聞・天草四郎』より明日海りおと柚香光のトークです。

 

 

みりおちゃんは、「ちぎさんお変わりありませんか?私たちは変わりないです」とお手ふり。

 

 

よかったら我々の公演をぜひ見にいらしてください」とお誘いの言葉をかけていました。

 

 

江戸時代初期、キリシタンが起こした「島原の乱」その指導者・天草四郎の姿を宝塚ならではの解釈で描いた物語。

 

 

 

映像が流れて~海賊として名をはせた男がたどり着いた島原の地、そこに生きる人々の心に触れた四郎の思いは~

 

 

明日海りおと柚香光のトークで紹介。

 

 

天草四郎役について明日海さんは、…とても謎多き人物で特に芝居はずっと戦っているそうです。

 

立ち回りが多いそうで、ダンスナンバーとしても結構しっかりとしたナンバーが多く最後の立ち回りは総勢80名、大階段を使っての立ち回りになるので、みんなの熱い心をお見せできたらなと思う。

 

 

 

この地に生まれ、キリストを信仰する南蛮医師リノ

 

 

 

リノ役に付いて柚香さんは…基本的には戦いには参加せず絵を描くことで戦うそうです。

 

 

 

弾圧というものがどういう事なのか?飢饉というものがどういう事なのか?が説得力のあるように~リアリティがあるようにお芝居ができたらいいなと思っている。

 

 

その中で四郎が来て、生きるということ、自分の人生・みんなの人生がどうあるべきなのかが、

 

四郎に出会うことによってきずかされる~そういう過程を大事に大事に演じていきたい。

 

 

映像が流れているのを見ると島原藩主の鳳月杏さんすごい怖そう!島原藩家老の天真みちるさんも悪役っぽいね。

 

 

 

松平信綱役の水美舞斗さんのちょんまげ結って裃付けた姿は日本男子って感じですごい美しいですね~!

 

 

希望・苦しみ・決意、様々な心情が抒情豊かな音楽で紡がれています。

 

 

楽曲について…明日海さんは…どの曲も迫力があるのと~激しい曲はとてもパンチが効いていますし、でも静かなのは、サンタマリアとかみんなが祈りをささげる場面とかは、ほんとに静かで、さざ波が聞こえてくるような~

 

 

BGMも切ないと柚香さん。

 

 

思い年貢・そしてキリストからの改宗を迫られる民衆。

 

 

おすすめのシーン…柚香さんは、天草の人々が絶えて耐えて生きる事しか出来ないと決めつけて生きている人たちに向かって、四郎が投げかけて下さるシーンがあるそうですが、その時の四郎から広がる波動が凄まじくて~

 

 

明日海さんは、あの場面が終わったら絶命しそうになるとか~そこら辺の絆が~

 

 

客席にも届くと思いますので体感してほしいと柚香さん。

 

 

十字架の旗のもとついに立ち上がった37000の民衆、その中心には天草四郎、果たしてその結末は?

 

 

この後視聴者からお二人にやんちゃな夏休みの思い出を教えて!の質問でしたが、やんちゃどころではなく、お二人は宿題を先にするか後にするかはそれぞれ違っていましたが、お二人ともバレェのレッスンで大忙しだったようです。

 

 

お芝居に続いてショー『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱』花組が贈る花にまつわる恋人たちの愛と夢とロマンの世界。様々なシーンで花組の魅力が味わえる絢爛豪華なショー。

 

 

BEAUTIFUL GARDEN」について…お二人はバラエティが豊かすぎて~斬新だ~!新鮮だ~!かっこいい!という場面と、う~ンタカラヅカという場面が交互にやってくるミルフィーユだそうです。

 

 

見て居て忙しいと思います。どうしようとなっていただけたら~

 

全部のシーンが見どころという『BEAUTIFUL GARDEN」中でも印象的なシーンは、みりおちゃんは、マントを実際の闘牛のように振り回すのが上手くいったら迫力が出るんじゃないかな~と。

 

 

最初始めたころは全身筋肉痛だったそうですが、素敵だな~と思って頂けるように

 

お芝居の世界へ入っていただけるように、できたらなと思います。

 

 

明日海さんがグラディエーターで登場するシーンに登場する美女は、なんと柚香さん!負けそうになったクレディエーターをローマの美女が助けてくれるそうです。

 

 

柚香さんは、もろもろの布や、所作だったり、心情というものがやらねば~ではなく、浸透するように、頑張りたいと思いながらお稽古しているそうです。

 

 

フィナーレが今回燕尾ではなくて、紫の代わり燕尾で、エターナルガールという曲があり、それが我が心の故郷みたいにな曲だそうで、

 

 

明日海さんの初日挨拶は…総勢83名、キリシタン軍37000には到底及びませんが、心を一つに、夏と戦い~夏を味わい~皆様の心をはらいそに導くことができれば~と思っております。

 

 

最後に花組最高!ポーズで幕でした!

 

 

お芝居もショーもよさそうで楽しみですね!

Cimg4350  Cimg4353  Cimg4355 

Cimg4356   Cimg4359  Cimg4363

Cimg4367   Cimg4369  Cimg4374

Cimg4377   Cimg4379   Cimg4380

Cimg4351   Cimg4352   Cimg4354

Cimg4358   Cimg4360   Cimg4361

Cimg4362   Cimg4364   Cimg4366

Cimg4368   Cimg4370   Cimg4371

Cimg4372   Cimg4373   Cimg4375

Cimg4376   Cimg4378   Cimg4382






















 

 

 

 

 

 

 

 

 

「宝塚プルミェール」ha,

WOWOW「宝塚プルミェール」…ナレーションは雪組トップの早霧せいなさん

 

今回の特集は花組公演・天草史郎の生涯を描いた時代物と、花を描いたショーの2作品

 

MESSIAH(メサイア)異聞・天草四郎』より明日海りおと柚香光のトークです。

 

みりおちゃんは、「ちぎさんお変わりありませんか?私たちは変わりないです」とお手ふり。

 

よかったら我々の公演をぜひ見にいらしてください」とお誘いの言葉をかけていました。

 

江戸時代初期、キリシタンが起こした「島原の乱」その指導者・天草四郎の姿を宝塚ならではの解釈で描いた物語。

 

映像が流れて~海賊として名をはせた男がたどり着いた島原の地、そこに生きる人々の心に触れた四郎の思いは~

 

 

明日海りおと柚香光のトークで紹介。

 

天草四郎役について…とても謎多き人物で特に芝居はずっと戦っているそうです。

立ち回りが多いそうで、ダンスナンバーとしても結構しっかりとしたナンバーが多く最後の立ち回りは総勢80名、大階段を使っての立ち回りになるので、みんなの熱い心をお見せできたらなと思う。

 

この地に生まれ、キリストを信仰する南蛮医師リノ

 

リノ役に付いて柚香さんは…基本的には戦いには参加せず絵を描くことで戦うそうです。

 

弾圧というものがどういう事なのか?飢饉というものがどういう事なのか?が説得力のあるように~リアリティがあるようにお芝居ができたらいいなと思っている。

 

その中で四郎が来て、生きるということ、自分の人生・みんなの人生がどうあるべきなのかが、

四郎に出会うことによってきずかされる~そういう過程を大事に大事に演じていきたい。

 

 

映像が流れているのを見ると島原藩主の鳳月杏さんすごい怖そう!島原藩家老の天真みちるさんも悪役っぽいね。

 

松平信綱役の水美舞斗さんのちょんまげ結って裃付けた姿は日本男子って感じですごい美しいですね~!

 

希望・苦しみ・決意、様々な心情が抒情豊かな音楽で紡がれています。

 

 

楽曲について…明日海さんは…どの曲も迫力があるのと~激しい曲はとてもパンチが効いていますし、でも静かなのは、サンタマリアとかみんなが祈りをささげる場面とかは、ほんとに静かで、さざ波が聞こえてくるような~

 

BGMも切ないと柚香さん。

 

思い年貢・そしてキリストからの改宗を迫られる民衆。

 

おすすめのシーン…柚香さんは、天草の人々が絶えて耐えて生きる事しか出来ないと決めつけて生きている人たちに向かって、四郎が投げかけて下さるシーンがあるそうですが、その時の四郎から広がる波動が凄まじくて~

 

 

明日海さんは、あの場面が終わったら絶命しそうになるとか~そこら辺の絆が~

 

客席にも届くと思いますので体感してほしいと柚香さん。

 

十字架の旗のもとついに立ち上がった37000の民衆、その中心には天草四郎、果たしてその結末は?

 

この後視聴者からお二人にやんちゃな夏休みの思い出を教えて!の質問でしたが、やんちゃどころではなく、お二人は宿題を先にするか後にするかはそれぞれ違っていましたが、お二人ともバレェのレッスンで大忙しだったようです。

 

お芝居に続いてショー『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱』花組が贈る花にまつわる恋人たちの愛と夢とロマンの世界。様々なシーンで花組の魅力が味わえる絢爛豪華なショー。

 

 

BEAUTIFUL GARDEN」について…お二人はバラエティが豊かすぎて~斬新だ~!新鮮だ~!かっこいい!という場面と、う~ンタカラヅカという場面が交互にやってくるミルフィーユだそうです。

 

 

見て居て忙しいと思います。どうしようとなっていただけたら~

全部のシーンが見どころという『BEAUTIFUL GARDEN」中でも印象的なシーンは、みりおちゃんは、マントを実際の闘牛のように振り回すのが上手くいったら迫力が出るんじゃないかな~と。

 

最初始めたころは全身筋肉痛だったそうですが、素敵だな~と思って頂けるように

お芝居の世界へ入っていただけるように、できたらなと思います。

 

 

明日海さんがグラディエーターで登場するシーンに登場する美女は、なんと柚香さん!負けそうになったクレディエーターをローマの美女が助けてくれるそうです。

 

柚香さんは、もろもろの布や、所作だったり、心情というものがやらねば~ではなく、浸透するように、頑張りたいと思いながらお稽古しているそうです。

 

 

フィナーレが今回燕尾ではなくて、紫の代わり燕尾で、エターナルガールという曲があり、それが我が心の故郷みたいにな曲だそうで、

 

明日海さんの初日挨拶は…総勢83名、キリシタン軍37000には到底及びませんが、心を一つに、夏と戦い~夏を味わい~皆様の心をはらいそに導くことができれば~と思っております。

 

最後に花組最高!ポーズで幕でした!

 

お芝居もショーもよさそうで楽しみですね!

 

 

 

 

WOWOWドラマ「沈まぬ太陽」&「レディ・ジョーカー」

宝塚ではないのですが、以前WOWOWで見たドラマのアクセスが未だに多くありますので、お知らせさせて頂きます。よかったら見て下さい。

WOWOW「沈まぬ太陽」最終回を観て。(日航機事故を背景に描いたドラマですが、現場を観察されてのリアル感が伝わってくる作品で素晴らしい作品!で感動ものです!)

公式はこちら

WOWOW「レディ・ジョーカー」最終回は

公式はこちら

「We Love Dancing」愛月ひかる&花咲あいりのデュェッとダンスを観ました。

We Love Dancing」愛月ひかる&花咲あいりのデュェッとダンスを観ました。

 

 

振り付けは平澤智先生でしたが、先生は今回のデュェッとダンスは宝塚で踊っているものとは違うと仰っていましたが~二人で組んだり回ったりだけれど~箇所箇所によって、バレェ風だったり~ヒップホップ風だったり~表現をやり分けてくれたら~と。

 

 

先生は最初に愛月さんに会った時、「私は踊りはダメなんです」と言われたそうで、ほんとに駄目なのかと思ったけど以外とすぅ~と受け入れてくれて~と。

 

そして結果としては全体としては良かったそうですが、慣れないラフな部分をもっとラフに踊れば尚良かったと言う評価でした。

 

 

 

最初から見て居ましたが、二人とも苦手とは言いながらも一般人から見れば覚えるのが速くて驚きでした!(@_@)

 

 

先生の言うことを忠実に聞き~あっという間に素晴らしいデュェッとダンスを完成!させ~

歌詞のメッセージを伝えられて、覚えも早いけど素晴らしいダンスを魅せてくれて~さすがでした\(^o^)

 

「歌劇」誌、創刊100周年記念番組の案内役は何と礼真琴さんで(@_@)

「歌劇」誌、創刊100周年記念番組を観ました。

 

夢のページが紡ぐ100年の道・第一部

現れたのは案内役を務める星組の礼真琴さんでした!(⌒▽⌒;) オッドロキー
真琴ちゃんは舞台の合間を縫ってこんなお仕事もされていたのかとびっくりでした(@_@)

「歌劇」は、20188月号の発刊でちょうど100周年となるそうです。

一部は歌劇の歴史を振り返ったり昔と今を身近に感じられる内容とか~

 

 

100年の道をVTRで振り返り「どんぶらこ」の事・高声低声・小林一三氏が先頭に立ち、愛読者大会を行ったことなどが観れました。

 

 

少女絵は中原淳一さんが書かれたとか~イラストも編集部員だけでなく手塚治虫さんなど、多くのアーティストにより支えられていたことを知りました。

 

時代を彩った表紙は…節目の年の記念号には、それぞれその時代のトップスターが起用され~600号・700号は麻実れい、800号には紫苑ゆう、900号・1000号は轟悠さんだったそうです。

 

 

表紙写真の第一号は、草笛美子さん 1月号からは秋山庄太郎さんで、2003年に亡くなるまで37年間撮り続けられたそうです。

 

 

今回ゲストとして登場された麻実さんは、舞台では見れない姿を垣間見れるし、特に印象に残ったのはハゲタカ君シリーズが載った時は、照れくさいだけだったとか~

 

又、愛月さん・真風さん・芹花さんが登場し、作品を観る前に公演座談会はよく見ていたとか~「絵と文」の話や、ポートレートの話などでしたが、

 

初めて公演座談会に出た時には震えたとか~上級生たちがみなさん立派なことを話されていて下級生だった私たちは何を話して良いのか~と話されていて~

実は私も昔、良くこの公演座談会は公演の始まる前に見て居たので、あの座談会はそういう雰囲気だったのか~!とびっくりでした。

 

そのほかにも「絵と文」や、ポートレート・も聞けました。

 

 

星組の礼真琴さんの場合は、初めて宝塚に入り入団して初舞台性として顔写真が歌劇に載った時は感動したそうです!その時宙組トップスターだった大和悠河さんと初舞台生との対談コーナーがあって、私たちの喋ったことが歌劇に載り、すごく感動したそうです。

真琴ちゃんは、生徒さんの裏事情を知ることが楽しみだったそうです

 

 

 

女役さんでは仙名さん・綺咲さんも登場し、楽屋日記の事など話されていました。

 

 

その後安寿ミラさん・真矢みきさんも別々に登場し、二人はヤン・ミキのミーハー招待席について話していましたが、

ゲストが誰であるかを知ったらそのゲストをどうしたら笑わせられるかを研究し、二人で話したりしたそうで、真矢さんはヤンさんが1個上だったからお互いに上手くいったとか話していました。

 

 

後半のVTRでは、岸香さんの「聞いてちょうだい~」が人気があったとか~

 

そして早花まこさん・望海風斗さん・奏乃はるとさんの3人が登場。

 

早花まこの組レポ執筆活動について聞けましたが、早花さん始めっからだそうでこれまたびっくり(@_@)

 

奏乃さんはこの早花さんの記事によく登場するそうですが、書いてあるそのままだそうで盛りはないとおっしゃっていました。

すごいね~早花さん\(^o^)

 

 

最後に柚香光さんが登場し、歌劇は読みごたえがある本と答えていました。

 

今回は第一部でしたが、第二部は、今とこれからを少しはなれて~夢の顔合わせなども盛りだくさんとおっしゃっていました。

 

案内役を務められた礼真琴さんは、始終さわやかな笑顔で、滑舌も滑らかで~聞きやすかったです!暗記力も素晴らしいし~度胸もいいし~を買われての案内役だったと思います。

 

私自身、昔から長い間見て居た歌劇の「高声・低声」や、公演座談会・早花まこの組レポ楽屋日記等はよく見て居たので、とても興味深く聞くことができました。

 

第二部も楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

バウ「Je Chante」&バウ「Je Chante」&雪組「るろうに剣心」他・永久輝さんのステージトーク

今日、見ている番組です。

バウ「Je Chante」良かったです!

花組「ヴィクトリアン ジャズ」を観て。

雪組「るろうに剣心」を観てきました。

番組詳細はこちら

新人公演ステージトークの永久輝せあさんを観て。

月組 次期トップ娘役について

公式より

月組 次期トップ娘役について


この度、月組次期トップ娘役に、美園さくらが決定しましたのでお知らせいたします。

なお、新トップ娘役としてのお披露目公演は、2019年1月6日に初日を迎える月組東京国際フォーラム公演『ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)』となります。

 

2019年 公演ラインアップ月組

公式より


2019年 公演ラインアップ【東京国際フォーラム】【梅田芸術劇場メインホール】<2019年1月、7月~8月・月組『ON THE TOWN』

主演・・・珠城 りょう、美園 さくら

詳しくはこちら

星組公演 『Thunderbolt Fantasy東離劍遊紀』『Killer Rouge星秀☆煌紅(アメイジングスター☆キラールージュ)』その他の配役決定

公式より

星組公演 『Thunderbolt Fantasy東離劍遊紀』『Killer Rouge星秀☆煌紅(アメイジングスター☆キラールージュ)』その他の配役決定

轟悠主演「神家の七人」&望海風斗主演の『アル・カポネ」等です。

今日のスカイステージより見た番組です。

轟悠さん主演『神家の七人』を観ました。

轟悠主演「神家の七人」情報より

スカイステージ番組詳細はこちら

望海風斗さん主演の『アル・カポネ」感想です。

スカイステージ番組詳細はこちら

宙組・中日「ロバート・キャパ~」&花組「べるばら~」など 

今日のスカイステージより見ている番組です。



宙組・中日「ロバート・キャパ 魂の記録」を観て。

花組・台湾公演「ベルサイユのばら」千秋楽を観に

花組「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリーアントワネット編」台湾・千秋楽より

花組・台湾公演「ベルサイユのばら~」初日の様子


主なキャストはこちら

月組 『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』 稽古場 キャストボイス掲載!

公式より


月組公演 『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』 稽古場 キャストボイス掲載!

龍真咲さん主演「ハムレット」の感想です。

今日のスカイステージはアップしたばかりのものが多く載せられるのは、月組の「ハムレットだけでした!

「ハムレット」を観て

北翔さんと七瀬りりこさんの「ジャズ・オン・タイム!」を観ました。

今日は、北翔さんと七瀬りりこさんの「ジャズ・オン・タイム!」を観ました。



みっちゃんはまずサキソフォン?を吹き~曲は♪スマイル~や♪With A Song In My Heat~や、♪サマータイム~など~


どの曲も耳馴染みで素敵な曲ばかり~みっちゃんは真っ赤なスーツで七瀬さんは黒っぽい地味なスタイルで髪はアップに結い~

みっちゃんは自然体の魅力的な声で~七瀬さんは高く美しい声で~二人のコラボが素敵でした!


スカイステージ番組詳細はこちら

星組「アナザーワールド」千秋楽の映像より

星組「アナザーワールド」千秋楽の映像を観ましたが、ベルサイユの蓮~と植田先生近日来演とか~面白いセリフのオンパレードでしたね!

 

カイチャンは地獄へ行くようなことは何一つしておませんで~と飛び跳ねて、普段のカイチャンからは到底見れませんが、康次郎さんや、徳三郎さんからは存在が罪だ!と言われたり~


小五郎(十碧 れいや)と座頭など、捕えられていたお澄さんも艶冶に逃がしてもらえることになって~

地獄の沙汰も金次第のシーンでは紅さんはなぜか土下座していましたが、このシーンのせおっちの赤

鬼さんのお顔は怖いですね~!

 

来年の話をして鬼が笑いこけることに気が付いた康次郎さん!

 

 

紅さんの「生きてさえいりゃどんな苦労も乗り越えられる!一遍死んだ気になってやってみなはれ~!この世は極楽!命に感謝や!」のセリフは気持ちが籠って力強いセリフでしたね!



 

ショー「キラールージュ」では琴ちゃんの良い場面・カイチャンの色っぽい場面が映されて~

 

こっちゃんと、音波さんのスパニッシュのシーンや、十碧さん・白鳥さん退団者二人の出演シーン・そして琴ちゃんのフィナーレのシーンはアップで見れ色っぽかった!



続いて紅さんと綺咲愛里さんのデュェッと等~ダイジェストでみれて千秋楽の熱い雰囲気を感じました。

 

組長の万里柚美さんのご挨拶では今回の西日本災害へのお見舞いの言葉や、 汝鳥伶さん・華形ひかるさんにご出演いただいたことなど、連日暑い外よりもっともっと熱い舞台を盛り上げて頂いた事への感謝の言葉が聞けました。

 

 

白鳥ゆりあさんと十碧れいやさんのご挨拶~紅さんのご挨拶と続き、

 

十碧れいやさんは、「こんなにもいとおしいと思える場所で男役に没頭し~駆け抜けてきた日々に悔いはありません!と応援してくださる皆様に感謝の気持ちでいっぱいです!と12年間の感謝の言葉が聞けました。

 

白鳥ゆりあさんはあの世へ行っても歌劇団に就職したい~とか面白いことおっしゃっていましたね!

紅さんも豪雨で被害に遭われた方々へのお見舞いの言葉が聞けました。

 

「お芝居では上方からお江戸~この世からあの世の長旅ではありましたが皆様からの笑顔そして笑い声に乗せていただきながら無事千秋楽を迎えることができました。そして専科よりいつもとっても怖い、そしてとってもキュートな閻魔大王を演じて下さった汝鳥伶さん・そして可愛くペットにしたくなるような貧乏神を演じて下さいました華形ひかるさんのお二方にの御助力に対しての感謝の言葉とたいだんしゃ2名にもこれから温かく見守っていただければ~幸せに思いますと。連日連夜多くのお客様にご来場いただきましたことへの感謝の言葉などでした。


最後は♪フォーエバータカラヅカを歌い幕が下りました。

 

 

温かい千秋楽の様子が観れてよかったです!

あ~星組終わってしまいましたね!今度はいつ会えるのかな~?DVD等観て~楽しみに待っています。



花組「邪馬台国の~」や、瀬戸さんのSKY MOOK・早霧さん主演「ニジンスキー」などです。

今日のスカイステージより



「邪馬台国の風」と「Sante!!」は最近アップしたばかりですが、こちらにたくさんリンクで載せてあります。

SKY MOOK press gallery「瀬戸かずや」を観ましたが、ご本人かなり照れながらコメントされていましたが、普段はあまり見れない瀬戸さんの姿を見ることができ
どの男役ポーズもかっこよく素的でしたよ!

スカイステージ詳細はこちら


「ニジンスキー」もアップしたばかりです…こちら

「バウ・ワークショップ」&花全ツ「仮面のロマネスク」など。

今日のスカイステージの放送より

バウ・ワークショップ特集で

全ツ・花組「仮面のロマネスク」を観てきました。

星組、休演のお知らせです。

公式より

星組 梅田芸術劇場メインホール・日本青年館ホール・台湾公演『Thunderbolt Fantasy(サンダーボルト ファンタジー)東離劍遊紀(とうりけんゆうき)』『Killer Rouge(キラー ルージュ)/星秀☆煌紅(アメイジングスター☆キラールージュ)』の休演者をお知らせいたします…こちら

全日程休演

(星組)小桜 ほのか

※怪我の為、休演いたします。   

星組『ANOTHER WORLD』と「Killer Rouge」個人個人の感想です。

星組『ANOTHER WORLD』と「Killer Rouge」個人個人の感想です。

 

 

紅ゆずるさん…お芝居では、三角巾を付けた鬘も豪華で~両替商「誉田屋」の若旦那らしく品よく難波言葉も滑らかに~演技も完璧で~軽妙な仕草で笑わせ~舞台を面白くするプロ根性を感じた!

ショーでは、常にきらきらお衣装で華やかに~大勢を引っ張りトップとしての貫録を感じました。綺咲愛里さんともお似合いのカップルで、歌は時に少々荒っぽいところはあるけれどまぁまぁ上手い!

 


 
綺咲愛里さん…お芝居では少々気の強い菓子屋「松月堂」のいとさんを品よく演じて~トップさんの相手役として可愛く申し分なかった!
ショーではいろんな相手と組み~たくさんお衣装も替えられて歌もダンスも上手くトップ娘役として常にセンターで活躍され可愛い姿を見せてくれていました。

 


礼真琴さん…お芝居では、米問屋の若主人徳三郎は、立ち姿も美しく~きびきびとしたセリフからはちゃきちゃきの江戸っ子らしい2枚目を感じました。細目で踊る若衆姿は美しく~何とも言えない色気を感じた。

ショーでは、トップさんと入れ替わりセンターを務め、舞台を盛り上げ~2番手としての務めを果たしていた。大階段で大勢の娘役に囲まれて~歌い踊る姿に2番手としての貫録を感じたり~又その歌もダンスも素晴らしく~スパニッシュでは軽やかにきびきびと踊る姿からは全身に神経の行き届いたダンスを魅せてくれたり~フィナーレの♪情熱の嵐~は歌いながらのダンスも素晴らしく~これでもか~のカッコいい姿が観れ~ほれぼれした!

 

 

七海ひろきさん…誉田やの手下の喜六は、陽気で明るい役でしたが、ご主人様に対しては常に忠実で~この人も今まで見たこともない役どころで楽しく見せてもらいました。
ショーでは、どのシーンも見た目が美しく、さすが人気の人を感じた。

 紅さんを相手に女役では色気を感じさせてくれて女っぽかった!

 しかし、神経の行き届かないダンスにはがっかりさせられ~歌も同様にがっかりさせられた。

汝鳥伶さん閻魔庁の閻魔大王は…極楽行き・地獄行きを振り分ける大事な役でしたが、見た目も怖そうな役でお妾さんがいるとか~(´゚д゚` )アラマァ

でも私が観た日はハプニングがあり、閻魔大王様の鬘がぶっ飛んで~しかも2度もぶっ飛んで、シーンが中断したが、紅さんの計らいで続行し、その時ばかりは可愛い閻魔大王様を観た感じでした。

華形ひかるさん貧乏神を演じて、あの世の人たちから憐れみを買う役でしたが、みんなが協力してくれて~最後は極楽へ行けたようで、さすが貧ちゃんの人柄を感じる。

ただショーは、歌にダンスに星組を盛り上げ活躍が観れましたが、歌もダンスも残念ながら~の出来栄えだった!

 

音波みのりさん…閻魔大王のお妾さんとして色気もあり~貫録もあり~さすがです。

 

 

 

天寿光希さん…三途の川の船頭「杢兵衛」は、天寿さんとしては今まで見たこともない威勢のいい役を演じてびっくりだったが、 ショーでは位置としては少し落ちてはいたが、歌えば歌は上手いし~ダンスも上手いし~どうして下がったのだろうの印象を強く感じた。

 



十碧 れいや さん今回は水色のお衣装で優雅にわたる十碧さんが素敵で印象に残っています。

瀬央ゆりあさん2枚目を隠して赤鬼となり変貌していたが…その姿は表情だけではなく今まで見たことないほど怖そうで、確実に引き出しを増やしていた。

ショーでは、歌も上達し~ダンスも素的だった!

有沙瞳さん…冥途カフェの茶屋娘を演じていたが、女役さんとしては、驚くほど強くて男役さんたちもタジタジで~これにもびっくりでした!

ショーではたくさんの活躍があり、将来はトップ娘になりそうな気配を感じますね。

 

ひろ香祐さん…お芝居では、頬を真っ赤にぬって、ふぐもん一門として活躍し覇気を感じた。


Cimg4348  Cimg4349_2  Cimg4345

今回のANOTHER WORLD』と「Killer Rouge」も、劇場では今日でとうとう千秋楽を迎えていることと思います。スカイステージの千秋楽の様子もアップしますので、また見て下さいね!

雪組「幕末太陽傳」の感想をたくさんリンクしました。

今日スカイステージで放送の中より

雪組「幕末太陽傳」を観てきました!(写真を追加2017629日)

雪組「幕末太陽傳」初日の映像を観て。(2017619日)

雪組「幕末太陽傳」千秋楽の映像を観ました。(2017724日)
 

雪組「幕末太陽傳」千秋楽&早霧さん退団の映像を観て。(20176 1日) 


雪組「幕末太陽傳」のナウオンを観て
。(2017430日)

「宝塚プルミェール」にちぎちゃん・ゆうみちゃん・だいもん君(写真を追加)(2017年5月29日)

雪組「幕末太陽傳」「Dramatic “S”!」フォトギャラリー

 
雪組「幕末太陽傳」新人公演の映像を観て2017513日)(主演は永久輝 せあさん)

WOWOWで早霧さんの退団特集(写真を追加)20175 2日)

 

花組「邪馬台国の風」と「Sante!!」を色々リンクしました。

今日のスカイステージより花組「邪馬台国の風」と「Sante!!」を色々リンクしました。



「宝塚プルミェール」はみりおちゃんにインタビュー(写真を追加)

花組「邪馬台国の風」と「Sante!!」を観てきました。

「宝塚プルミェール」は花組「邪馬台国の風」トークでした。(写真をアップ)

花組「邪馬台国の風」ナウオンステージを観て。

花組「邪馬台国の風」初日の映像を観ました

花組「邪馬台国の風」新人公演の映像を観て。

ショー『Sante!!』は№3 (ライブ・ビューイングより)

星組ショー「Killer Rouge」はキラキラで~ダンスはテンポが速く~見どころ満載のショーでした!

ショー「Killer Rouge」はお衣装は、どのシーンもキラキラで~ダンスはテンポが速く~入れ代わりのフォーメションで、自分としては、大好きな琴ちゃんはもちろん観たいし~紅さんや綺咲さんも見たい~また欲張って誰が推されているか等の活躍も観たいし~で、とにかく忙しかったですが、大体は紅さんと琴ちゃんが入れ替わり大勢の中心となり活躍されていたので、みなさんが観れて楽しめました\(^o^)/

十碧 れいやさん・麻央侑希さん・紫藤りゅうさん・天華えまさんの4人が銀橋を競い合いながら渡り~華やかなショーの始まりとなりますが、








華形さん・七海さん・麻央さん・瀬央さんも一塊になっての活躍で~天寿さんが位置としては少し後退したかな~の印象でしたが、別の場面で活躍していたり~ひろ香祐さんも溌剌と頑張る姿が観れ~皆さんの活躍が観れました。

娘役さんはトップの綺咲愛里さんは別として、万里さん・音波さん・夢妃杏瑠さんあたりが別格かな~






結構若手で活躍されていたのは、紫りらさん・有紗さん・小桜さん、そしてあの美人の星蘭ひとみさんが居たりでやっぱりな~と思いました。

私が好きな場面は、スパニッシュのシーンや、最後の大階段の♪情熱の嵐は、琴ちゃんが唄いながら踊る最高のシーンで、エネルギッシュなダンスはもちろん、身軽さや色気など全てを兼ね備えていて~常に期待以上の実力を魅せてくれて~今さらですが、それはそれは頼もしさを感じましたわ!

帰りには舞台のCDも買ってきましたが、家へ帰ってからも予約で購入したDVDを観たり~何度もCDの情熱の嵐を聞いたり~頭の中はとにかく琴ちゃんの曲でいっぱいでした!



もうプロマイドなどは、一切買うのをやめようと思っていましたが、ここへ来て少しでも応援になれば~と思い、また買ってしまいました。(*^_^*)

個人個人についてはこちら 

Cimg4325  Cimg4330  Cimg4333  Cimg4334

Cimg4329   Cimg4332_2  Cimg4335  Cimg4326

花組 『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』ギャラリー公開!

公式より

花組 『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』ギャラリー公開!

花組公演 『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』ムービー更新

公式より

花組公演 『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』ムービー更新

「メモリーズ・オブ・宝塚」は

公式より

「メモリーズ・オブ・宝塚」

NHK BS プレミアム

●7月28日(土) 24:45~
花組『愛のプレリュード』
花組『EXCITER!!』(2009年)   

テレビ放送・NHK・BSプレミアム

公式より

NHK BS プレミアム

●8月17日(金) 24:45~
宙組『神々の土地』『クラシカル ビジュー』   

※お問い合わせ先
NHK大阪放送局内 視聴者ふれあいセンター
TEL:06-6949-5500(月~金 9:00~21:00/土・日・祝日 9:00~20:00)

元宝塚・北翔海莉の舞台に演技力の峯岸みなみ出演

日刊スポーツより

元宝塚・北翔海莉の舞台に演技力の峯岸みなみ出演

今日の星組『ANOTHER WORLD』は大爆笑の舞台で最高でした!

今日、星組『ANOTHER WORLD』と「Killer Rouge」2度目の舞台を観てきました。

先ずお芝居ですが、本当に面白い舞台で、2度目なのにこんなに楽しめるとは想定外でした!


大体こう言うお笑いの舞台は、一度見ると2度目はそれほど笑えないというのが普通ですが、今日の舞台は違いました!

ショーも琴ちゃんふあぁんとしては、こっちゃんの活躍がうれしくて~好きな人が居るとこんなにも楽しい舞台になるのかと~幸せの極みでした\(^o^)/

お芝居は慣れてきているし~間の取り方も上手くて~紅さんなどはもう全身に魂を込めて演じられていて~プロ根性漲る演じっぷりで、だからこそ面白かったのだと思いましたが、それにしても宝塚歌劇団が出てきたり、植田先生までネタにして~石田先生の脚本の面白さはもちろんですが、よくここまで生徒さんを指導されたな~と、先生のご苦労も同時に感じた舞台でした。

とにかく紅さんのお客さんに笑って頂こうという気持ちが伝わってきて、今日の舞台は文句なしに上手かったですね~!

役としては、紅さんが上方の色男とすると、琴ちゃんは江戸の色男らしくて~セリフは早口でもしっかり言葉は伝わってくるし~その上、江戸の色男らしく~立ち姿も仕草もすっかり2枚目でかっこよくて~歌も日本舞踊も上手いし~文句なしに2枚目になりきっていて~色男っぷりを魅せていてほれぼれの舞台でした!

大まかなストーリーとしては、恋煩いであの世へ行ってしまった紅さんの康次郎と、綺咲愛里さん扮するお澄さんがあの世で会い、貧乏神の華形さん扮する貧ちゃんを何とか極楽浄土へやるにはだれか一人が地獄へ行かなければ~と言われ~地獄へは行きたくないし、お澄さんが妾にされそうになって~、

最後は鬼たちと戦うのですが、来年の話をしたとかで、鬼全員が笑い出して~鬼をやっつけるには来年の話をすればいいということで、戦いにはならず、その上あの世へ行ってしまったはずの康次郎(紅ゆずる)と、お澄さん(綺咲愛里)の二人が現世に戻り~めでたしめでたしという落ちまでついていました。

お芝居は

お芝居はちょんぱで幕が開き、桜の若衆や、桜の美女たちの総踊りで、これぞ宝塚のシーンで始まり~

琴ちゃんファンとしてはどうしてもこっちゃんに目が行ってしまって~もう琴ちゃんの物腰やわらかい日本舞踊に感心しながら見入りながら~ダンスが上手い人は日本の舞踊も上手くて~さすがだな~と思いました。

この後日本舞踊での紅さんと綺咲さんのデュェットは優雅で~突然美しい場面は、幽明境の花園で紫のドレスで舞う美しいシーンへと続いていました。

紅さんが蓮の花に乗りお芝居が始まりますが、紅さんは、立板に水を流したように、それはそれは滑らかなセリフの数々に笑わされ~その根性にさすが宝塚きってのお笑いスターの思いを強くしました。

やがて康次郎は喜六と出会い、フグ門一家を率いる徳三郎と出会い~冥途カフェとのやり取りも楽しく~三途の川の渡し船では琴ちゃんを中心に♪ありがたや、なんまいだ~の曲に乗って手拍子も楽しかったです\(^o^)/

貧ちゃん(華形ひかる)に案内されブロードウェイの繁華街に行ったり、そこには冥途歌劇団があり、休演している静午前の代役で踊っていたのはなんとお澄で、康次郎とお澄が出会える場面ですが、このシーンを浄瑠璃で~人形らしく踊られていて素敵でした!

これによって邪魔されたと~お金を要求されたり~しかし冥途の人々には大人気で~
閻魔さまに呼び出され~二人はさばきによって引き離されるが、お澄が木に縛られているところに康次郎が現れ、逃げようとするが、




もう少しで閻魔さまの妾にされそうになりながらも艶治(音波みのり)の計らいで逃がしてもらい~三途の川の渡し船へ逃げようとするところを鬼たちに阻まれ大戦さとなるが、突然鬼たちが笑い出したおかげで助かる。

よかった場面は、美人座で康次郎とお澄が出会った場面を浄瑠璃で表現していましたが、人形らしい動きで、よかったですよ!特に私は琴ちゃんの浄瑠璃?を聞いて~この人何でもできるんだな~の印象を強くしました!声も綺麗で~二人の動きとマッチして素敵な世界でした!

楽しかったシーンは冥途歌劇団によるスペシャルイベントで、ロケットを見せてくれたり~

今日の舞台は、一人一人の一生懸命さが伝わってきて素晴らしい舞台でした。




その上、すごく面白いハプニングがあったんですよ!

後半、お澄を閻魔大王の妾にするかどうかの場面で、閻魔大王様が転んだようで、かぶっていた鬘がすっ飛んでいた。みんなで被せてやったが、また鬘が取れて~その上閻魔さまが転んだままで起き上がれずにいるので紅さんは心配して聞いていたり、みんなに手を引っ張ってもらってようやく立ち上げっていましたが、紅さんはもう一度やり直す?とか言いながらやり直していましたが、こんなすごいハプニングにお客さんは大喜びで、大爆笑の舞台でした!

ショーに付いてはこちらに書きましたので、見てね!(写真も少し載せています。)

個人個人についてはこちらに書きました。

わぁ~アクセスカウントが4百万回達成しました。

今見たら、早くも4000021カウントになっていました。

みなさん有難うございました<m(__)m>

もうすぐ4百万アクセス達成です。

いつも見ていただきありがとうございますm(__)m

2005年から始めたブログが皆様のお蔭で、やっと4000000アクセスが達成されようとしています。

今後も頑張りますのでどうぞ見て下さいね!

いの

今日は星組「アナザーワールド」他を観に行ってきます。

今日は星組『ANOTHER WORLD』と「Killer Rouge」2度目の観劇です。


お席は久しぶりにSSの3列、贔屓の琴ちゃんのカッコいいダンスが観れると今からわくわくしています(*^-^*)


早霧さん主演 「殉情」を観ての感想です。

今日のスカイステージより観ている番組です。



「殉情」を観て思う事(’08年宙組・バウ・千秋楽 主演:早霧せいな)

1983年、順みつきさん主演「霧深きエルベのほとり」を観ました。

1983年、順みつきさん主演「霧深きエルベのほとり」の舞台映像が録ってあり、

今回、星組でもこの「霧深き~」を公演されると言う事で、観てみたのですが、

さすが菊田一夫作・柴田先生脚本だけあり、音楽も良いし~良かったです!


主演の順みつきさんのカールは、海の男らしくて~マルグリットを強く愛する気持ちが伝わって来て上手かったですよ!

 

又マルグリットを演じた若葉ひろみさんもお嬢様と言う素振りを見せず~二人が愛し合っていく様子がリアルで~カールに対しては優しい反面、父親に対しては、自分の考えをはっきり言う娘で、筋の通った所を見せて居ました。

 

今回、紅さんのカール・綺咲さんのマルグリット・礼さんのフローリアンと3人が役が決まっているので、当てはめながら観てみましたが、

 

 

紅さん演じるカールは、カサブランカのカールと呼ばれ、海の男としてはちょっとした有名人で、海の男らしく言葉遣いなどは粗野で~荒っぽいがマルグリットに対しては自分で言うほど悪では無く、後半ジェロニカを相手に言うセリフからは、いかにマルグリットを心から愛していたのかが分かります。でも手切れ金を貰ったのは、悪い奴だったと見せかける為で、そうでもしなければ彼女が納得しないだろうと思ったからだそうです。

でも本当の悪い奴には思われたくないから、受け取った手切れ金を返すようジェロニカに頼んでいて、自分を偽り悪い男を装っていたことが分かります。

紅さんは品の良い役も、悪い役もどちらも出来そうだから、霧深き~のカールもきっと似合うと思って居ます。

 

 

 

綺咲 愛里さん演じるマルグリットは、お嬢様役は自然に演じられると思いますが、シュラック家のお嬢様として既にフローリアンと言う婚約者がいたのに、父親との確執から家を飛び出し、ビール祭りで知り合ったカールシュナイダーを愛し、無断で結婚すると言う結構近代的な考えの娘でしたね。

 

でも周囲からは納得が得られず~フローリアンだけでなく、カールにも恥をかかせることに成って…

 

 

一方、礼さん扮するフローリアンは、気持ちの上ではマルグリットを愛しながらも、マルグリットとカールが結婚し、仲良くする事で自分の幸せと置き換え~優しさを崩さず~心を偽っていたようで、内面の心情表現が難しそう!

 

 

余計な事ですが、私自身は内重のぼるさんのカール・シュナイダーを生で観ています。

当時は、マル・サチ・オソノの時代で、それぞれ個性があり人気のスターさんでしたが、私はダンスの上手いサッチャンの大ファンでした。さっちゃんのカールは素的でしたが、相手役は誰だったのか?八汐路まりさんだったかな~?(*^-^*)

配役は

カールシュナイダー…順みつき

マルグリット…………若葉ひろみ

ヒルダ…………………銀あけみ

ホルガー………………立ともみ

コウフマン……………央いおり

ヨゼク・シュラック…小柳日鶴

フロリアン……………平みち

シュザンヌ……………ひびき美都

ボルク…………………瀬川佳英

ポール…………………宝純子

ハンス…………………朝香じゅん

フックス………………新城まゆみ

ベティ…………………峰丘奈知

ロンバルト……………貴条ともか

アンジェリカ…………美野真奈

マックス………………磯野千尋

ヴェロニカ……………北小路みほ

(お名前が違って居たらごめんなさい)

結構お名前を知っている人が居ました。

 

 

 

望海風斗さん情報です。

かんぽ生命より

花組『MESSIAH −異聞・天草四郎−』『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』 ムービー更新

公式より

宙組 『白鷺(しらさぎ)の城(しろ)』『異人たちのルネサンス』ムービー

公式より



轟悠さん主演の「For the people ~」星組「THE ENTERTAINER!」

今日のスカイステージより観ている番組です。


THE ENTERTAINER!はアップしたばかりですが、良かったらこちらをご覧ください。


美しき生涯-石田三成 永遠の愛と義-」の新人公演は観て居ませんが、本公演は観ています。良かったらこちらをご覧ください。

月組「明日への指針」花組「Red Hot Sea」雪組「星逢一夜」他・花組「カリスタの」星組「大海賊」等です。

今日のスカイステージで観ている番組です。



「明日への指針」はこちらに沢山リンクしています。

 

花組全ツ「哀しみのコルドバ」は熱かったですよ~!(全ツです)
Red Hot SeaⅡです

 

花組「哀しみのコルドバ」ナウオンを観て

 

星合一夜は7月にアップしたばかりですが、こちらに沢山リンクでアップしています。

ショー「La Esmeralda」を含みます。

 

花組「カリスタの海に抱かれて」を観てきました。

 

花組「カリスタの海に抱かれて」の映像を観て(写真を追加)

 

2015年星組「大海賊」を観ました。(№2をリンク)

 

星組「大海賊」他ナウオンを聞きました。

 

星組「大海賊」前ツ・千秋楽の様子より

 

WOWOWで星組の「Amourそれは…」が放送され

星組 『霧深きエルベのほとり』主な配役

公式より


星組公演 『霧深きエルベのほとり』主な配役はこちら
琴ちゃんのフローリアンってどんな役だったかしら?


DVD録ってあるかな~?

この舞台すごい楽しみ!

真風さん主演「宝塚巴里祭2017」・柚希さんゲストの「ときめきの原点」・花組「邪馬台国の風」と「Sante!!」等を載せました。

今日のスカイステージより観ている番組です。



 
(アップしたばかりですがアップしました。)


星組「THE SCARLET PIMPERNEL」はアップしたばかりですが、
こちらに沢山リンクしましたので、良かったら見て下さい。

花組、初日レビューレポート掲載

公式より


宝塚大劇場花組公演 初日レビューレポート掲載はこちら

友の会イベントページ更新

公式より


星組「宝塚巴里祭2016 」宙組「白夜の誓い」 月組「1789~」の感想です。

今日のスカイステージで観ている番組です。



 
昨夜も宙組「白夜の誓い」にどっぷりでした。2017年4月26日 (沢山リンクしてます)


明日海さん主演「べるばら~」ちぎちゃん主演「ニジンスキー」等です。

今日のスカイステージより花組は2014年中日の舞台が放送される様ですが、台湾公演の記事がありましたのでアップしました。ですが配役は明日海さん以外は変わって居ます。

良かったら見て下さい。



花組べるばらのナウオンを観て。


千秋楽を映画館で観た時の感想はこちら


初日の様子はこちら

キャストはこちら

フォトギャラリーはこちら

ナウオンを観て…こちら

瀬奈さん主演の「Apasionado!!」&凪七さん主演「Je Chante」等

今日のスカイステージより瀬奈さん主演の「Apasionado!!」の感想です。

月組「Apasionado!!」初日ですね~!

月組「Apasionado!」

月組「夢の浮橋」を観てきました。 Apasionado!!」の感想も)

月組「夢の浮橋」「Apasionado!!」のナウオンを観て。

バウ「Je Chante」良かったです 2010年8月24日

今日のスカイステージより色々です。

今日のスカイステージより観ている番組です。



暁千星さん主演・バウ「アルカディア」を観ました2018620

 

北翔さん主演の「宝塚巴里祭2012」を観ました

 

「宝塚巴里祭2012」を観るのは2度目です


「宝塚巴里祭2012」を観て

 

雪組「MY Dream TAKARAZUKA」の観劇の感想です。(お一人お一人に付いて)

 

 

↓どちらも「Etoile de TAKARAZUKA」の感想です。


星組・台湾公演のDVDを観て

 

NHK・BSの放送「宝塚ジャポニズム」他

 

龍真咲さん主演の「NOBUNAGA」と「Forever LOVE」はこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

月組 『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』新人公演主な配役決定

月組 退団者のお知らせ

公式より
下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。   
月組
●憧花 ゆりの
●愛希 れいか -すでに発表済-
2018年11月18日(月組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団   

月組 組長・副組長の就任について

公式より
月組 組長・副組長の就任について
このたび、下記の通り、組長・副組長の就任を決定いたしましたのでお知らせ申し上げます。   
月組組長就任
●光月 るう・・・2018年11月19日付で月組組長に就任   

月組副組長就任
●夏月 都・・・2018年11月19日付で月組副組長に就任
※尚、現・月組組長 憧花ゆりのは、2018年11月18日付で退団いたします。   

花組 『MESSIAH −異聞・天草四郎−』演出家 原田諒が語る

公式より


花組 『MESSIAH −異聞・天草四郎−』『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』演出家 原田諒が語る

北翔海莉さん主演の星組「THE ENTERTAINER!」を観ての感想です。

今日のスカイステージより、北翔海莉さん主演の星組「THE ENTERTAINER!」を観ての感想です。

 

星組「THE ENTERTAINER!」を観てきました。

星組「THE ENTERTAINER!」は魅力がいっぱい!


星組『こうもり』『THE ENTERTAINER!』千秋楽の映像を観ました


星組『こうもり』『THE ENTERTAINER!』のフォトギャラリーを公開…こちら

 

 

「ときめきの原点」は礼真琴とひろ香祐、ゲストに柚希さん。

「ときめきの原点」に礼真琴さんとひろ香祐さんが出演、今回のテーマは「Dear DIAMONDO 柚希礼音!!」です。

 

お二人が柚希さんのどんなところに憧れ~入団したのか?等~「流星」や、「宝塚ジャポニズム」「ブイノスアイレス」でねねちゃんと踊った時の事とか、「パッショネイト宝塚」のプロローグで、カズミボーイ先生と踊られた時の事等~「REON!!」の時の1幕ラストの黒いのと2幕ラストの白い衣装でのダンスの事等

それはそれはマニアックな話で盛り上がり~お二人の柚希さん崇拝者としての熱い話を沢山聞かせて頂きましたが、ちえさんもお二人については沢山褒められていましたよ~!

 

 

手紙とかくれてたあの本名のあの子が…まず真琴ちゃんが研十と聞いて、その成長ぶりに驚かれて居ましたね!

柚希さんは、辞めて舞台を観に行く度に二人は真摯に舞台に立ってるのが一番感動すると仰っていました。

どのように稽古に苦しんでここに至ったか?が分かるそうで~簡単な気持ちで立って居ないと言うのが伝わって来る~と言われて琴ちゃん嬉し泣きしそうな表情でしたよ!


 

礼真琴さんのこと好きな人がいっぱいいて~と言う話から、舞台は真ん中に立つ人がどのような思いで、

挑んでいるかと言うのも伝染するんだろうな~とすごく感じているとか、ものすごくいい空気が流れていますよね~!と褒められていましたが、多分「阿弖流為」の舞台かな。


 

真琴ちゃんって下級生の頃から全部できる人に見られていたようですが、そんなことも無く、実際に稽古場では苦しんで泣いてる時もあったとか~。

 

ひろ香さんは礼真琴の事は私が~と言って居たそうで、自分の事を研究しつつ同期を支えると言うのが~と褒められていましたね!

 

又途中若央先生からのちえさんに対する言葉が聞けましたが、先生はあの生い立ちから宝塚に入った頃までをちえちゃん自身が作詞した曲を聞いて、涙があふれて仕舞われたそうで、家族の一員にも思えるくらいの人と仰っていました。

 

 

礼真琴さんとひろ香祐さんについては二人共すごい熱いモノを持っていて、それが舞台に出ているとか。

男役として極めて行くエネルギーとか、ほんとに宝塚が好きなんだろうなーと感じられる生徒さんなので、

これからもすごく楽しみと仰っていました。



 

ちえさんは卒業されてから4年になるそうですが、卒業されるとその時だけの出演者で、毎回初めまして~だから、新しく出会えてすごく勉強になるけど、みんなで研究した結果が見えるのも良いと思うので、何処かで辞めなければ~のそこまでに、かなりの事を思いっきりやり~もう本当に大大大満足と思う日まで暴れ回って~清く正しく美しく~代々の方が作って来られたあの良さを下級生に伝え~昔のビデオとかを観て研究することもやるべきことかなと、お客様を大事に~を毎日感じながら、思いっきりやってくれたらいいな~と思いますと、先輩として大事なことを伝えて居らっしゃいました。

 

 

ひろ香さんは、お会いして元気を頂くそうで、その暖かさはパワースポットの様な存在で、改めて今言って頂いた色んな言葉も噛みしめつつ、しっかり頑張りたいそうです。

 

琴ちゃん努力に努力を重ねて尚上を目指す姿・人から愛されるオーラを出されて居るちえさんに改めて尊敬しつつ、恥をかくことを恐れるなと言う言葉が、こっちゃんの胸に響いたそうです。星組の伝統を絶やしてはいけないと、自信をもって星男これからも下に伝えて、これからもさゆみさん率いる星組を盛りあげていきたいと仰っていました。二人で異口同音に「頑張ります!」の言葉が聞けました!



 

ひろかさんのときめきの原点は…毎日大好きな舞台に立たせて頂いてると言う事と、宝塚に居るからこそ、ちえさん初め素晴らしい方々や、大事な仲間に出会えて刺激を貰えている毎日というのと、4歳から大好きで、今も大好きでいられる宝塚そのものがひろ香さんのときめきの原点だそうです。




真琴ちゃんのときめきの原点は、今日一緒に番組に出たヒーローを初め、同期の存在はすごく大きく~叱ってくれたり泣いてくれたり笑ってくれたり家族以上に一緒に居ただけの事はある同期の存在は特別だな~と、同期が居るだけで、頑張れるところと、お客様の笑い声と拍手!銀橋でのお客様の暖かい目とか、どれだけパワーを頂いているか改めて感じているそうで、ちえさんが、お客様に対する暖かい心も私も学んで、もっともっとお客様と振り合えるような、元気を頂きそれを勇気とパワーに返せるようにと思って居ますので、それがときめきの原点かな~と。

 

真琴ちゃんはお客様と同期でした。

 

 

真琴さんは、柚希さんに憧れて宝塚に入団し、男役としての基礎を作って下さった柚希さん!

卒業されても私の永遠の目標です!私も柚希さんのような魅力的な男役に成れるようにこれからも努力を忘れず~精進していきたいと改めて思いました。



お二人共直接柚希さんにお会いして、お褒めを頂いたり~色々卒業されてからの事を聞いたり、

これからの事を伺って本当に勉強になったんじゃないかな~と思いました。

 

私はこの番組を見て改めてひろ香さんが同期として色々琴ちゃんの相談に乗って下さって居る事を知り嬉しかったです!そう言う同期が傍にいてくれるって~柚希さんも仰っていましたが、本当に有りがたいですよね!

 

 

随分いろいろな事が聞けて皆さんの事が少しでも分かったような気がします。楽しい番組でしたヽ(^o^)丿

 

お二人のこれからを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

花組公演一部の配役決定!

公式より

星組「スカーレットピンパーネル」千秋楽の映像を観て。

昨夜リアルタイムで星組の「スカーレット・ピンパーネル」の千秋楽の映像を観ましたが、千秋楽の舞台と言う事もあり、夜も遅くまでの放送でしたが、結局最後まで観てしまいました。



 

劇場で観た時には気づかなかったことが、今回名前が出る事によって、この人こんな所に出演していたのか~と言う事が分かって、面白かった事と、

 

劇場で観た時と比べ、みんなのお芝居が少しづつ違って来ていて、演出が変わったような気がしたり~で驚きでした!



小池先生の人気の舞台なので、ストーリー等は、皆さんお分かりと思うので書きませんが、紅さん演じるパーシー対琴ちゃんショーブランのやり取りを見て、いくらアドリブでもお芝居を中断して、ここまでやるか~!と思うシーンがあり、ちょっとやり過ぎじゃないかと思ったりしました。



紅さんは千秋楽と言う事で面白おかしく~と思ったのでしょうけど、リズムに乗せ身体を動かしたり~♪オームシャンテォオーム~と唄うようショーブランに強要したり、でも琴ちゃんは、節をつけずに低い声で歌詞を呟いていましたが~挙句の果てにお客様にまで強要して、さらに声が低いと再度唄わせるなど~基本に忠実に対応して居るショーブランにとっては良い迷惑だったのでは?と思いました。

 

 

以前は紅さんは歌ももう少し上手かったのに、昨日の歌はちょっと雑に唄っていたように感じました。

 

綺咲愛里さんは歌もお芝居も気持ちが籠って居て見直しました。

 

真琴ちゃんは歌は丁寧に唄い気持ちが伝わってきました。

 

 

フィナーレの男役ダンスでは、真琴ちゃんが中心となって踊る場面の迫力がすごくて~若さはち切れそうなエネルギーにさすが~の気持ちで見入り~惚れ惚れする場面でした!

 

 

ご挨拶をされた紅さんは何度も噛んでしまって~急に笑いだしたり~どうされたのでしょうか?


なぜかお客様を馬鹿にしたようにも感じてしまったのは私だけでしょうか、こんな紅さんは初めて観たので、ちょっと気分が悪かったです!

 

雪組「凱旋門」前夜祭の映像を観て。

今日のスカイステージより観ている番組です。



雪組「凱旋門」前夜祭の映像を観ました。(最後に後半をリンクしています。)

望海風斗さん情報です。

日刊スポーツ新聞社・村上久美子さん記事より

柚希さん主演「宝塚巴里祭2007」&星組「スカーレット・ピンパーネル」等です。

今日のスカイステージより観ている番組は↓です。

真矢みきさん主演の「ブルースワン」をお掃除しながら少し観て居たら、コムちゃんが皮ジャン着て踊って居て、若いこむちゃんでしたが、カッコ良かったですね~!


「宝塚巴里祭2007」にちえちゃん!

星組「THE SCARLET PIMPERNEL」東宝・初日を観て(写真を追加)20175 6

星組「THE SCARLET PIMPERNEL」個人個人の感想です20175 6

星組「スカーレット・ピンパーネル」2度目観てきました20176 6

星組「スカーレット ピンパーネル」ナウオンを観て2017319

「スカーレットピンパーネル」ナウオンの続きです
017320

星組「THE SCARLET PIMPERNEL」フォトギャラリー

 

MXテレビ「TAKARAZUKA CAFE BREAK」礼真琴を観ました。

MXテレビ「TAKARAZUKA CAFE BREAK」礼真琴を観ました。

 

 

先ずは礼さんに8の質問から

 

Q:最近のプチブームは?

A:ワールドカップです。

 

Q:もう一つの世界が有ったら何をしたいですか?

A:宝塚に入って居ないところで宝塚ファンをしたい。

 

Q:これだけは譲れない事は?

A:柔軟剤

 

Q:一度だけでも話して観たい人は?

A:阿弖流為

 

Q:自由に使える時間が有ったらやって見たい事は?

A:只管寝る。

 

Q:今一番使いたい魔法は?

A:時を止める。

 

Q:我らがトップスターを自慢してください。

A:紅さん、お客様を笑わせる・楽しませる~そのエンターティナーぶりは、紅さんの右に出る者は居ません!

 

Q:今回の舞台でこだわって居る事は?

A:編み込んだ髪型です。

 

 

ヘアースタイルを編み込みにしたのは、今回の礼真琴を一個上に魅せたいから編み込んで観る事にしようかと何と斎藤先生に言われて編み込みにされたんだそうです。

全部では無く右サイドだけと言うのが又良いですね!と中井さんから嬉しいお言葉でした。



ANOTHER WORLD」の舞台より徳三郎さんの二枚目ぶりが流れて~こぶしの利いた歌が上手いですね~!

 

礼真琴さんは、男役10年目、何か気持ちに来るものは?…気が付いたら10年も経っていたと言う感覚で~毎日生きる事に必死なんだなと感じていますが…私が星組に研一で入った時に、研10の人だった方が、凰稀かなめさんなんですけど、あの時は手の届かないスターさんだったので、自分が今10年目で、あの時のかなめさんの様に成れているんだろうか?と、もっと大人だなと言うイメージだったんですけど~



今回の作品も新しい事の挑戦だったので、まだまだ引き出しも足りないし~10年と言う節目に居るからこそ、まだまだ頑張らなくては~と言う思いが強いです。

 

今回の「ANOTHER WORLD」は間が難しいお芝居だそうで、思わずお客様がプッ!と笑ってしまうその間が、やっぱり星組のトップスターの紅ゆずるさんが上手いんですよ~!今回さゆみさんを見て、学びましたm(__)m

 

 

上方落語と江戸落語と両方入っているので、両方楽しめると言うのもあるけど、逆にテンポとか間と言う意味では、難しいのかも知れないですね!と中井さん。



谷先生は、今回の役どころを江戸と大坂と逆にされたそうで、本来なら江戸の若旦那は、ちょっとはんなりの2枚目と言うイメージを真琴ちゃんは、粋でいなせな男前を作ることになったとか~難しいそうですが、出身も江戸川区ですし~江戸っ子なんですけど~標準語とはまた違う江戸弁で、語尾の言い回しとかイントネーションから違うので江戸弁と言うものを一から勉強したそうです。



一番勉強になったのが歌舞伎役者の中村勘三郎さんと萬屋錦之助さんで、映像を観てほんとにカッコ良くて聞きながら、でも所作とか、着物の着方だったり~表情だったりは宝塚の先輩方で、「長崎しぐれ坂」の轟さん・湖月さん安蘭さんに寄るそうですが、そのイシサンの仕草がカッコ良くて~
(今のような仕草も江戸っ子ぽいですよね!と言われて居ましたが、)



威勢が良くて細かい事は気にしないと言う様な、研究に研究を重ね江戸に参ると言う事で緊張してきたそうですが、初日をご覧になった皆様が笑って下さったので~安心してお江戸に居るそうです。



 

ここからは、キラールージュのお話です。

 

中井さんに大活躍!と言われて~「今回は、気が付いたら終っていますね!」と琴ちゃん。

全体的にテンポが早く、気が付かない内に色んな場面に行くので、自分で噛みしめながらやらないと~一瞬に終わってしまうので~




映像を観ながら解説してくださいました。

 

プロローグは、メラメラとして、プロローグから飛ばしていると言う感じだそうです。

最近はロマンティックレビューが続いたので、紅さんが上から降りて来るのではなく下から上がって来るのが好きとか~




そしてオオカミの場面は、後ろのセットが本の表紙みたいになって居て、おとぎ話のキャラクターが繁華街に居たら?見たいな場面だそうで、女の子に声かけちゃうようなオオカミは赤頭巾ちゃんを狙って~と思ったら、マッチ売りの少女に火を点けられ~最終的には二人に振られちゃうおちだそうです。




そして中詰めは、すごくスタイリッシュでカッコいい振り付けを燕尾で踊る斬新さがとても好きで~紅さんとそもそも男役同士で踊ると言うのが初めてなので~ものすごく嬉しいです!ちょっと緊張感もありちょっと大人の雰囲気が出せたらな~と思って居ます。

 




そしてタンゴルージュは音波さんと、踊らせて頂くんです。久しぶりで、柚希さんのご卒業のBDダイアモンドで、タンゴで組ませて頂いて以来だったので、すごく気持ちよく踊らせて頂いております。

 

ガウチョの衣装と言うのも、宝塚の男役のある種のシンボリックなスタイルですね!と中井さん。

 

色んな方々や星組の皆さんに、この衣装ほんとにカッコいいと言って頂く事が多いそうです。

 

そしてペガサス・ルージュは唯一心から本気で笑える場面で、それまでは格好つけて居たり演じてたり~色々あるんですけど、ここはもう唯の礼真琴で~自分が心から笑っている場面で楽しいです!

 

そして、燕尾(ワインレッドの)で大階段の西城秀樹さんの♪情熱の嵐は、踊らせて頂けてほんとに光栄です!

これでもかと~最後の力をふり絞ってフィナーレをやっております。フォメーションもカッコいいですね~と中井さん。

 

この後、琴ちゃんは色紙に徳三郎からイメージする言葉を書いていました。

 

ゴールデンボンバーの歌広場 淳さんからの言葉は…一言で言って歌がシャレにならないくらい上手い!と言われて居ました。

近年だとオンとオフの違いは舞台上であんだけお歌が上手で、踊りも上手で芝居も上手でオフになった時、こっちゃんはすごく可愛いと思うそうです。2番手として奇跡愛里さんをすごく立ててるな~引き出してるな~と思うそうです。、




礼真琴さんに質問…ゴーレデンボンバーで「女々しくて~」以外、好きな曲は?と聞いて観たいとか。

 

答えは、一度開演前にお会いしたそうですが、いきなり突然現れたので、すごくテンションが上がってしまいまして、ギャー!となったと思うんですけど、♪女々しくて~は盛り上がります!カラオケでも何時も踊り付きで唄わせて頂きますが、太鼓の達人でも女々しくてをさせて頂きました。良い曲だそうです!

 

他に何を知ってる?だったけど~(*^-^*)



この後、ジェンヌがジェンヌをプロデュースでは、鷹翔千空さんと天彩峰里さんから、礼さんに様々なウィンクを見せて下さいと言われ~



不用意だったらしく、あまり得意じゃないですが~と言いながらも照れずに3種類くらい見せて下さいました。さすが江戸っ子!

 

色紙に書いた言葉はフグ屋じゃないよ!米屋だよ!でした。良く間違われるそうで~緑の着物を着た時に頭に米がぶら下がっているそうですので~。



最後に何とあの♪情熱の嵐の場面が流れて~もう食い入るように見つめてしまいました!ほんとにカッコいい場面で~欲を言えば、もう少し長かったらな~と思いました。



台湾で開催された制作発表に出られた礼さんに印象を聞いていました…台湾のファンの皆様は熱いですね!離れた控室からも観客席の熱気を感じるそうで、建物が揺れるぐらいの歓声だったそうです。

一回目行った時も台湾の皆様の熱に感動したので、今回も行けると思うととても楽しみですし~前回よりちょっとでも成長した姿をお見せしたいそうで、頑張るそうです。

 

中井さんからは熱いエールの言葉が送られて居ました。



この「カフェブレイク」は既にツィッターでも沢山の映像が出回って居たので、ブログをアップしようかどうしようかと迷いましたが、ツィッターはすぐに消えてしまうけど、ブログは何時までも残るのでアップすることにしました。

 

 

 

長い記事を、最後まで観て頂き有難うございました。m(__)m

 

 

 

星組「オーム・シャンティ・オーム」の真琴ちゃんの役創りがすごいですね~!

昨夜放送された「オーム・シャンティ・オーム」の一幕の終わりごろから観ました。

 

生まれ変わってからのオームは、人気絶頂で~シャンティにそっくりなサンディに芝居を教えていて~

オームはサンディと組んでムケ―シュの過去を暴いてやろうと芝居を打つのですが、そのサンディもムケ―シュの仲間に掴まって~


途中から現れたのはシャンティで、死体が見つからなければどうやって証明する?と言われて

「私はこのシャンデリアの下に眠って居る~」と本人にしか分からない言葉でムケ―シュを驚かせますが~

 

そんなすごい悪役なのにムケ―シュ礼真琴のカッコイイ事!

 

夏美ようさんの番組を観てから観てみると、なるほど~真琴ちゃんは30年前のムケ―シュとは違って、

髪は長く白髪交じりで~オームに「輪廻転生」である事を証明できるのか?と言って高笑いするところ等、

本当に芝居が上手くて~又唄いながら踊る時は、年相応に動きを抑えて踊って居たり~本当に細かい役創りをされてて驚きました!

 

 

そして歌が終わると本格的に踊りだしますが、ソロで踊る時の真琴ちゃんのカッコイイ事!

もうこのオームと悪役ムケ―シュとのやり取りに、すっかり嵌ってしまって、今日も又観てしまいましたが、

この若さでこの芝居!にさすが真琴ちゃん!と脱帽でしたヽ(^o^)丿

 

 

今日のスカイステージより観ている番組を沢山アップしました。

今日のスカイステージより観ている番組を沢山アップしましたので、良かったら選んで見て下さい。

 

2006年宙組の遼河はるひさん中心の「パリ祭」を観た。

 

花組「マラケシュ~」「エンター・ザ・レビュー」を観て 2005629

 

今日、花組「雪華抄」と「金色の砂漠」を観てきました。

 

花組「雪華抄」のナウオンを観て20161123

 

花組「金色の砂漠」ナウオンを聞いて

 

公式、花組『雪華抄』『金色の砂漠』ギャラリーです。

 

花組「雪華抄」「金色の砂漠」それぞれのお役に付いて

 

雪組「星逢一夜」観てきました20159 6

 

雪組「星逢一夜」2度目を観てきました201510 2

 

雪組「星逢一夜」を再度観て(写真を追加)2016419

雪組「星逢一夜」東京・千秋楽の様子を観て20151014

 

雪組「ラ・エスメラルダ」ナウオンより

 

 

明日海りおさん情報です。

YAHOOニュース ちけっとぴあ

望海風斗さん情報です。

YAHOOニュース 日刊スポーツより



花組『MESSIAH−異聞・天草四郎−」稽古場 キャストボイス更新

公式より

大浦みずきさん主演の「アンダーライン」を観ました。

今は亡き大浦みずきさん主演の「アンダーライン」を観ました。

 

作品は1983年のバウ作品だったようで、どんな内容なのか?作者が誰なのかも知らないままに観始めたのですが…

 

 

私立探偵のレナード(大浦みずき)が、家出娘の捜索を頼まれ~調査していくうちに、娘は街の名士ブライアンがナチの戦犯だった事を知っただけで殺されていた。


娘の日記には所々にアンダーラインが引いてあった。

 

ある時、探偵事務所に美しいご婦人が大金を送って欲しいと依頼に来るが、対応したレナードは追ってきた男たちに乱暴され~関わらない様言われる。



その依頼主のナタリー(秋篠美帆)は、ブライアンの内妻だったようで、夫の前身を知ったため、組織に追われる身となって居た。



調査を進める内にナタリーと恋に落ちたレナード(大浦みずき)は、危険な目に遭いながらも恋人を護るため命を懸けて戦う物語でしたが、



何も分からずに観た作品でしたが、ハラハラドキドキ感や、とちょっと可笑しい台詞で、最後まで気を抜かずに観れ面白かった!

 

最後お互いに告白できずに~強がり言って一人生きようとするナタリーを追って~ラストは言葉を交わさずとも、相思相愛だった様で~素的なラストでしたヽ(^o^)丿

 

 

レナードを演じた大浦みずきさんは、トレンチコートを肩にかけ~警察とも対等にやり合う等~正義感強く~何者をも恐れず~精悍な顔付で立ち向かう姿がカッコ良くて~今さらですが研究科10年とは思えない大浦さんの実力に驚きをもって観入りました!

歌もダンスも噂通りの人で、現役時代が観たかったな~の気持ちでした!



ナタリーを演じた秋篠美帆さんは美しく気品があり~ブライアンの内妻としてはぴったりの人に思えました。

 

レナードの子分の様な存在のジェフ(翼悠貴)は、時々可笑しくて笑わせてくれた。

 

ブライアンを演じたなかいおりさんは、冷たい表情・何者をも恐れない自信が感じられて、恐ろしさを感じた。

 

スリルとミステリー!そこにちょっと可笑しい台詞!これだけ揃えばもう正塚先生の作品と分かりますよね(*^-^*)

 

先生の脚本の面白さと、レナードをしっかり生きた大浦さんの演技が素晴らしく~甘く切ない恋模様と~最後まで入り込んで観れて~面白かったですヽ(^o^)丿

 

 

 

 

 

2005年「宝塚パリ祭」&宙組「Amour de 99!!」&星組「オーム・シャンティ・オーム」等です。

今日のスカイステージで観ている番組です。




2005年の「宝塚パリ祭」は樹里咲穂さん
 2008725 

宙組全ツ「Amour de 99!!」が懐かしかったです!20151014

宙組「Amour de 99!!~」を観ました20161124

3日に放送された「オーム・シャンティ・オーム」を観ました20181 5

 


「宝塚巴里祭2004」&花組「ザレビュー99」&暁千星主演「アルカディア」&星組「オーシャンズ11」等アップしました。

今日のスカイステージで観ている番組です。

 

未来悠希さん主演のパリ祭を観て20077 8

 

花組「レビュー99」を観て 2007715

 

暁千星さん主演・バウ「アルカディア」を観ました2018620 (

 

組「オーシャンズ11」千秋楽の様子より 2013710

 

NHK BSプレミアム「メモリーズ・オブ・宝塚」のお知らせです。

公式より

「メモリーズ・オブ・宝塚」
NHK BSプレミアム:7月29日(日)0時45分~
●花組『愛のプレリュード』
●花組『EXCITER!!』(’09年)   
お問い合わせTEL.06-6949-5500(NHK大阪放送局内 視聴者ふれあいセンター、月~金 9時~21時/土・日・祝日 9時~20時)

WOWOW「宝塚への招待」のお知らせです。

公式より
「宝塚への招待」
2018/07/05
 
WOWOW
○7月27日(金)15時30分~17時30分
『タカラヅカスペシャル2016~Music Succession to Next~』(再放送)
○7月28日(土)18時~19時45分
宙組『バレンシアの熱い花』   

WOWOW「宝塚プルミエール」のお知らせです

公式より
WOWOW
○7月28日(土)17時30分~18時(初回放送)
♯4「花組『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』」
※6月30日(土)初回放送の♯3「雪組『凱旋門』」もリピート放送あり。   

MXテレビ「TAKARAZUKA CAFE BREAK」放送予定

公式より
MXテレビ
毎週金曜11時~11時30分
〈出演〉
○7月6日(星組)礼真琴
○7月13日(星組)七海ひろき
○7月20日(星組)瀬央ゆりあ
○7月27日(星組)天華えま&星蘭ひとみ
○8月3日 特別編   
来週は礼真琴さんですよ~!嬉しいな~!

2003年「宝塚巴里祭」&星組「ノバ・ボサ・ノバ」&月組「1789~」等です。

今日のスカイステージより観ている番組です。

6月にアップしたばかりのもありますが、良かったら見て下さい。

2003年「宝塚巴里祭」を観て 2009710

星組「ノバボサノバ」を観て (紅さんのメール夫人)


星組「ノバ・ボサ・ノバ」を観てきました
。(手を怪我した時でネガティブです)


午後放送の2011年星組「ノバ・ボサ・ノバ」を観て
2017324


「ノバ・ボサ・ノバ」前夜祭
(真風涼帆さんのメール夫人)


月組「1789~」を観ました。
2016年7月14日


轟悠さん主演『神家の七人』を観ました
。2018年6月17日

星組の礼君・紅君・かいちゃんの〇と×!!を観ました。

WOWOWで、星組の礼君・紅君・かいちゃんの〇と×!!を観ました。

 

●手放せない宝物がある(全員◯)

●私服にこだわりがある。(かいちゃんだけ◯)

●抱腹絶倒の失敗談がある。(礼君と紅君が◯)

●寝起きが良い。(紅君だけ◯)礼君堪えられないくらい一人笑って居ました。

 

●元気になれる定番の曲がある。(全員が◯)

●地元に自慢のグルメがある。(礼さんじっくり考えながら◯で全員が◯)

●インテリアにはこだわって居る。(3人とも即座に◯)

星組あるある”がある。(全員が◯)

 

抱腹絶倒の失敗談を詳しく

紅さんは、「REON」の時にラッキースターで初舞台やってるけど、初舞台の曲を唄うと言うのが有って、ある日歌詞が急に分からなくなって~♪元気に~仲良く~光放ち~と唄ったそうです。そのシーンを観ましたが、

忘れた感じは全く感じさせずに~自身を持って唄っていてさすが良い度胸ですごい!と思いました!



礼君は「阿弖流為」の時に最後の大感動の場面で、皆が田村丸に土下座してると言う場面で、髪の毛が鼻の辺りにずっとあり、それがほんとに邪魔で~毛を掴んで動かしたら鬘がど~んと挙がって、客席もすすり泣きが起きているのに笑いが起きちゃったとか、傍で観ていた瀬央さんもきょとんとしてたそうです。

礼君は何事も無かったかのように直したそうで、あれは本当に駄目でしたね!と振り返って居ましたが、紅さんは鬘問題は結構辛いよね!(ナレーションのちぎちゃんもやっちゃったことがあるそうです。)

 

 

元気になれる曲があるについて。

紅さんはXジャパンのよしきさんのピアノに嵌っているそうです!

真琴ちゃんは、西川さんのTMレヴォリューション(好きな割には噛んでると言われて言い直していました)

真似して唄うそうですが、どうもかいちゃんと好みが一緒みたいで、今度一緒に~と言ってました。

最近は、台湾公演の主題歌のサンダーボルト フアンタジーが滅茶苦茶カッコ良い曲でテンション上がるそうです。カイチャンも一緒だそうで~嬉しいと。今度是非一緒に~と意気投合して居ました!

 

 

カイチャンは高校生の時から西川さんが好きでよくライブにも行ってたそうです。

ホワイトボレーション?ももちろん好きなんですが、マダム?(良く聞き取れなくて~)と言う曲があるそうで、それを熱唱すると元気になるそうです。

紅さんは包帯撒いてるとか言って笑わせて居ました。



Cimg4311  Cimg4312  Cimg4313

Cimg4314  Cimg4316

「宝塚プルミェール」雪組特集は望海さんと彩風さんのトークより(写真を追加)

WOWOW「宝塚プルミェール」今日の特集は、雪組「凱旋門」

ナレーションは元雪組トップの早霧せいなさん

 

公演は名作ミュージカルとラテンショーの2作品

トークは望海風斗さんと彩風咲奈さんのお二人。

 

お二人とちぎさんはお互いに手を振り~呼び合って居ました。

彩風さんはちぎさんの舞台を観に行かれたそうで、とても素的な女性に成られて~と仰っていました。

 

だいもん君は、妄想が膨らむばかりです。早くお会いしたいです。

 

 

2次世界大戦のパリを舞台に亡命者たちの悲哀を描いた物語「凱旋門」ドイツからの亡命者ラヴィックが街を彷徨う女性ジョアンと出会った事から物語が始まります。

そんな二人を静かに見守るラヴィックの親友ボリス(望海風斗)

そしてジョアンに思いを寄せるパリジャン・アンリ(彩風咲奈)過酷な運命を背負う彼らを待つ明日とは?

 

 

 

ここからは、望海風斗さんと、彩風咲奈さんのお二人によるトークです。

 

ボリスやくについて

望海風斗さん…やればやるほど分からなくなっていくと言うか…これって言うものが無いから~戦争が始まるかな~?の不穏な中でどうやって人が生きていくかと言う所を表現しないといけないので~恐怖だったり~でもそこでそれでも生きていく強さだったりとか~そう言うものは今の私達には無いものだったりするからそう言う日常を自分たちが表現すると言うのは、非常に難しいなと思って~アンリとか楽しそうに唄い踊って居る姿を観ていいな~と(二人が笑って)

 

 

 

アンリ役に付いて

彩風さんは…私の悩みはほとんどジョアンの事です(笑い)それが羨ましいとだいもんくん。

恋に命燃やしているので~でも私も亡命者の場面とか見て、自分は生活は豊かであるけれども、今のパリの日常で、こう言う世界の中で自分は職を持って生きていると言う~そこをすごく考えさせられます。

 

(轟悠は初演以来18年ぶりに主役ラヴィックを演じています。)

 

 

ラヴィック役の轟悠について

望海風斗さんは、「蘇って来る~観ていてラヴィックがそこにいる~感じがものすごくあって、何てエネルギーを発される方なんだろうと一場面一場面汗を掻きながら、その時その時の感情をすべて吐き出している姿を間近で観る事が出来て、勉強になる事がいっぱいあるなと思いながら~

 

彩風咲奈さん…どんな芝居も受け止めて下さる大きさといいますか、ほんとに轟さんて大きくて暖かい方なんだなと~背中の張りのそう言う所まで素的で~すべてが男役であり、ラヴィックでありがほんとに素晴らしいな~と。

 

(偶然の出会い以来、傷つき~傷つき合いながらも愛し合う二人、しかし次第に狂い始める歯車。)

 

ジョアン役を演じるのは、トップ娘役の真彩希帆




ジョアン役の真彩希帆について

望海風斗さんは…今回は客観的に観れるので~最初は所作事とかが心配すぎて、横から色々観てたんですけど、だんだん真彩ちゃんのジョアンになっていく過程を見れて面白いなと思って~

 

 

今回は恋焦がれるジョアン~と咲ちゃんに

 

 

彩風咲奈さん…そう私愛する愛するジョアンで何でもいいよジョアンて感じ~

ジョアンの何処が良いのか聞かれて~咲ちゃん、そこにいるだけでいいんです!護ってあげたくなるんですかねジョアンみたいな人は~ラヴィックもほっとけない感じですけど~

 

望海風斗さん「客観的に見て振り回されるなよ~って。」ボリスは恋には振りまわされないそうです。

 

 

映像が流れて~

(色あせる事のない「凱旋門」涙のラストは必見です!)

 

Gato Bonito!!」意味は、ポルトガル語で美しい猫…猫をテーマにした華やかでゴージャスなラテンショーです。

 

ショー「Gato Bonito!!」について

 

二人共、すごい事になって居て一つのショーなのかこれは?と言う感じだとか~

 

望海風斗さん…先ず黒塗りでラテンショーに、ネコみたいなのがちょっと加わり~いろんな色があって、自分が出て居ない場面とか観てみてこれ一つのショーになるんだ~(*^-^*)

 

彩風さん無条件に楽しいです!

どの場面も面白いそうです

 

 

だいもん一押しのお勧めシーン…咲ちゃんを含め4人の男役が中性的になり~一人づつと絡んでいく場面だそうです。

 

 

サブタイトルにちなんでお互いを◯◯の様に例えて下さい。(二人共難しい!とちぎさんに駄々こね)

 

咲ちゃん…百獣の王ライオンの様なフェレット

だいもん…チーターの様なバネを持った~でも中味はソフトでスィッチが入るとすごい熱血になる。

ソフトだし~やわらかい様なチーターだそうです。ちぎちゃんに難しい質問は止めて下さい!と注文付けるだいもん君

 

 

初日舞台挨拶は「お芝居では心を震わせ~ショーでは体を震わせ~新しい自分を見つける、そんなワクワク感を大切に千秋楽まで皆さんと共に走って参りたいと思います。このじめじめとした梅雨の時期では御座いますが最後までよろしく~とご挨拶されて居ました。

 

最後の一言と言われて~全員で「にゃ~!」でした。

ほんとに色々な場面の映像が流れて居ましたが~お芝居は名作だし~ショーは盛りだくさんの様で観に行くのが楽しみです!

 

Cimg4291  Cimg4292  Cimg4293

Cimg4294  Cimg4295  Cimg4296

Cimg4297  Cimg4299  Cimg4301

Cimg4302  Cimg4303  Cimg4304

Cimg4305  Cimg4306  Cimg4307

Cimg4308_2  Cimg4309

 

 

2019年 公演ラインアップ花組

公式よりお知らせです。

雪組公演 「ファントム」出演者決定!

公式よりお知らせです。



2002年「宝塚巴里祭」&久世さん主演「Non Stop」等。

今日のスカイステージで観ている番組です。




スタコベを観ての雑感(Non Stopの事)

スカイステージ8月の番組ラインアップ

先日、8月の番組速報をアップしたばかりですが、今回は映像での紹介がアップされていますので、再度掲載します。




公式より

久しぶりに録画した月組「TAKARAZUKA花詩集100!!」を観ました。

昨夜、久しぶりに録画した月組「TAKARAZUKA花詩集100!!」を観ました。


始まって直ぐのすみれの花たちのロケットのお衣裳が可愛くて~足上げも良く揃っていて~風車のロケットの整然と~列が乱れず風車らしさを感じさせて~感心しながら見入って居ましたが、
100周年と言う事でお衣裳も豪華を極めていて~圧倒されましたが初舞台生のロケットも見せ場でしたね!



そのお稽古の状況を想像してみると~今さらですが、若い生徒さんの我慢強さに頭が下がる思いでした!

龍真咲さんは、貫録で~華やかなまさおくんでしたが~その中で陰ながらも燦然と輝いていた珠城さんに目を見張りました!


そして何と言っても特出された蘭寿さんのキラキラ度!存在の大きさ!貫録に圧倒されながら最後まで観る事が出来~幸せな一時でしたヽ(^o^)丿




以前に観た時の感想も書いています…こちら



匠ひびきさん主演「宝塚パリ祭」を観て。

今日のスカイステージより観ている番組です。



今日又’99年の宝塚パリ祭を観たのですが、麻子さんダンスはこの頃から上手かったですが、頬が少しふっくらとして可愛い麻子さんが観れました!

花組のダンスの上手い人が勢ぞろいしてパリの曲も良かったけどダンスも素的でしたヽ(^o^)丿



'99宝塚巴里祭を観て 2008年7月23日


「宝塚プルミェール」に紅さん・礼さん・七海さんの3人が出演

WOWOW 「宝塚プルミェール」を観ました。…カッコで括ったグリーンの文字はナレーションの早霧さんの言葉です。



今日の特集は、紅ゆずるさん率いる星組公演…ナレーションは元雪組トップの早霧せいなさん。

 

チョンパで始まる落語ミュージカル「アナザーワールド」について

映像が流れます…(恋煩いであの世に行った康次郎は、愛しい娘と出会う事が出来るのか?)

先ずは康次郎の印象から…

紅さん「上方の2枚目さんで、カッコいいけどすごいはんなりしてて~所作が難しい。早替わりは一分、それもマジックテープでは無いそうで、まじで~全部結んでいるんで~ほんとにお着物をお持ちの方は是非一分台で着て見て下さい!と~超早変わりが大変そうです!

 

綺咲愛里のお澄に一目ぼれするんですよ!食べられへん飲まれへん好き過ぎる~となって恋煩いで死ぬんですけど、死んでる人の死に方が面白くて~ここで腐ったサバを食べてあの世に来たかいちゃん・フグの肝を食べてあの世に来たまこっちゃんの3人の写真が出て居ました。

 

 

(礼真琴演じる徳三郎は、放蕩三昧の末、冥土に来た変わり者。康次郎に男惚れし~ともに冥土を旅することに。)



徳三郎役に付いて↓

礼真琴さんは「冥土で出会うものすべてが新鮮で面白くてそれを礼真琴としても新鮮に毎日その役を演じていけたら良いな~と。いなせな粋な若旦那を目指して~。



紅さんは「ティストが全全違うね!と仰って、「ザ・2枚目ぽく見えるのはまこっちゃんの方だと思う」

まこっちゃんは「パット見だけど」

紅さん「私は(なよなよと)は~へ~と言ってるもん。上方の方が丸くて、江戸の方が角ばってて、バシバシと言うのとぴょんぴょんと言う違い~をだしていけたらいいねと。」

まこっちゃん「頑張ります。」

 

(七海ひろきは関東出身、関西弁の台詞に挑戦です。)

 

 

喜六役に付いて

七海さん…関西弁の台詞に四苦八苦して居まして、多分、間が悪いんだと思うとか~

さゆみさんと最初にボケと突っ込み見たいな台詞があるけど、こう言う関係性だよと言う事が分かって頂けるように頑張りたいなと思う。

 

(やっとの思いで巡り合った二人に試練の数々~紅さんと綺咲さんが人形で踊る映像が流れて~こちらのシーンは見所の一つ。)(本来人形で行う文楽を紅と綺咲がえんじています)

 

 

文楽のシーンについて…紅さんは、人形劇で崇徳院と言う場面があり、本当に難しい!

まこっちゃん「すごいなと思います~人形に見えますもん!」

紅さん「ずっと瞬きしてないから~」にまこっちゃん「えっ~!」かいちゃんも「ずっと~」とびっくりして居ました。「なれそめを劇にしているんだそうで~」

 

 

(二人の最大の敵は、閻魔大王(汝鳥伶))

 

 

(お芝居に続いて、ショー「キラールージュ」は、トップスター紅ゆずるの紅色をテーマに華やかなシーンで紡がれた作品。)

 

おすすめシーンは、

七海さん「すべての場面が密度が濃くて目が離せない事請け合いですが、私が女ドロボーでドロボーを繰り返している所をさゆみさんが捕まえに来る~お芝居チックな場面でファンの皆様すみません!

ファンの人に怒られない内に最初にすみませんと謝っちゃったんですね!(*^-^*)

紅さん「峰不二子とルパン見たいな関係ね!」

かいちゃん「惹かれ合う様な場面があるので頑張りたいなと思います。」




真琴ちゃん「今回、お色直しをさせて頂いた後、さゆみさんと二人で、躍らせて頂くんですが、さゆみさんと男役同士で躍らせて頂くのは初めてだったので、緊張感もあり、すごく大好きな場面です。

見て頂けると嬉しいそうです。男役二人で踊る~と言う場面は普通は余りないので~嬉しかったでしょうね!

 

 

 

紅さんのお勧めシーンは、中詰めの皆が出てきて唄う曲が好きだそうで、ペガサスのシーンも好きだそうで、ぽこちゃんが退団なんですけど~はっきり言っていつも泣いてて~その後の自分の場面に備えられないそうです。

先生がこの場面は~とか言って注意されているのに、礼・瀬央・杏瑠の3人はおいおい泣いてたそうです。

 

可愛いロケットの様子も見れました。

 

そして紅さんの初日舞台挨拶は、「あの世とこの世は多分繋がってると思います。

閻魔帳には悪い事・良い事すべて書かれて居ると思います。もし悪い事でお心当たりのある方は、

星組公演をお友達を誘って是非是非何度も何度もご観劇いただきますと多分極楽に行けます。」で

した。

トークを聞いてて感じたのですが、やはり紅さんの話に対応していたのが真琴ちゃんで、七海さんは少し遠慮気味だったように感じました。


紅さんは、トークの時も真琴ちゃんを頼りにしている様子がうかがえるし~真琴ちゃんも2番手としてしっかり対応したいと言う気持ちを感じますね。お二人の関係が上手く行ってる様で嬉しい。

 

 

 

 

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

いの Twitter↓フォローよろしく!

マイYouTube

マイサイト

無料ブログはココログ