« 2005年「宝塚パリ祭」&宙組「Amour de 99!!」&星組「オーム・シャンティ・オーム」等です。 | トップページ | 今日のスカイステージより観ている番組を沢山アップしました。 »

2018年7月 6日 (金)

大浦みずきさん主演の「アンダーライン」を観ました。

今は亡き大浦みずきさん主演の「アンダーライン」を観ました。

 

作品は1983年のバウ作品だったようで、どんな内容なのか?作者が誰なのかも知らないままに観始めたのですが…

 

 

私立探偵のレナード(大浦みずき)が、家出娘の捜索を頼まれ~調査していくうちに、娘は街の名士ブライアンがナチの戦犯だった事を知っただけで殺されていた。


娘の日記には所々にアンダーラインが引いてあった。

 

ある時、探偵事務所に美しいご婦人が大金を送って欲しいと依頼に来るが、対応したレナードは追ってきた男たちに乱暴され~関わらない様言われる。



その依頼主のナタリー(秋篠美帆)は、ブライアンの内妻だったようで、夫の前身を知ったため、組織に追われる身となって居た。



調査を進める内にナタリーと恋に落ちたレナード(大浦みずき)は、危険な目に遭いながらも恋人を護るため命を懸けて戦う物語でしたが、



何も分からずに観た作品でしたが、ハラハラドキドキ感や、とちょっと可笑しい台詞で、最後まで気を抜かずに観れ面白かった!

 

最後お互いに告白できずに~強がり言って一人生きようとするナタリーを追って~ラストは言葉を交わさずとも、相思相愛だった様で~素的なラストでしたヽ(^o^)丿

 

 

レナードを演じた大浦みずきさんは、トレンチコートを肩にかけ~警察とも対等にやり合う等~正義感強く~何者をも恐れず~精悍な顔付で立ち向かう姿がカッコ良くて~今さらですが研究科10年とは思えない大浦さんの実力に驚きをもって観入りました!

歌もダンスも噂通りの人で、現役時代が観たかったな~の気持ちでした!



ナタリーを演じた秋篠美帆さんは美しく気品があり~ブライアンの内妻としてはぴったりの人に思えました。

 

レナードの子分の様な存在のジェフ(翼悠貴)は、時々可笑しくて笑わせてくれた。

 

ブライアンを演じたなかいおりさんは、冷たい表情・何者をも恐れない自信が感じられて、恐ろしさを感じた。

 

スリルとミステリー!そこにちょっと可笑しい台詞!これだけ揃えばもう正塚先生の作品と分かりますよね(*^-^*)

 

先生の脚本の面白さと、レナードをしっかり生きた大浦さんの演技が素晴らしく~甘く切ない恋模様と~最後まで入り込んで観れて~面白かったですヽ(^o^)丿

 

 

 

 

 

« 2005年「宝塚パリ祭」&宙組「Amour de 99!!」&星組「オーム・シャンティ・オーム」等です。 | トップページ | 今日のスカイステージより観ている番組を沢山アップしました。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大浦みずきさん主演の「アンダーライン」を観ました。:

« 2005年「宝塚パリ祭」&宙組「Amour de 99!!」&星組「オーム・シャンティ・オーム」等です。 | トップページ | 今日のスカイステージより観ている番組を沢山アップしました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ