« 月組「舞音~」新人公演& 全ツ・花組「仮面のロマネスク」 &「ときめきの原点等です。 | トップページ | 龍真咲さん主演「舞音~」の感想色々です。 »

2018年9月21日 (金)

今日星組「サンダーボルト~」青年館を観てきました。

今日星組「サンダーボルト~」青年館を観てきました。 

 

お芝居の「サンダーボルト~ファンタジー」は、台湾では「知らない者はいない」と言われるほど有名な布袋劇だそうですが、普段アニメゲームなどに全く縁のない私にとっては全くの初めての世界…それを星組がやるとなれば又違う。

 

あの人はどういうキャラクターなのか?また行く末はどうなるのだろう?とか、強いのか?等々気になることも沢山あり~

 

 

前から2列目センターで観てきましたが、オペラは全く使わずはっきりと見えて~こんなお席で観れただけでも幸せでした!

とは言いながらも難しい言葉等、耳に入らなかったセリフは沢山あると思うので、感想は分かる範囲で書いていますが、間違って居たらごめんなさい<m(__)m>

物語は傀儡子らによって語られていましたが~

 

 

舞台は最強に強いと言われる天刑剣を巡って、その天刑剣を守る護印師のタンヒ(綺咲愛里)と行動を共にするキャラクターたちが、だましたりだまされたり~先んじたり~又人物同士もお互いを確認しながら~最後は悪のベツテンガイ(天寿光希)や、ケイガイ(夢妃杏瑠 )の呪術の達人と戦いながら魔脊山を目指す舞台でしたが~それぞれのキャラクターたちのお衣装も豪華で~迫力のある立ち回りは~ハラハラドキドキ感で~また愛あり友情あり~アニメやゲームに縁のない者にも楽しめました!

 

 

リンセツア(紅ゆずる)は大して戦いもせず悠々として正に王者の風格~でも謎多き人物でしたが~

 

最初にショウフカン(七海ひろき)は、お地蔵さんにさしてあった傘を無断で持って行こうとしたことでリンセツア(紅ゆずる)に咎められ~借りを作ってしまって~最初に出会った人を助ければ~の言葉から最初に出会ったタンヒを助け、借りを返すことになる。…この事は、ショウフカン(七海ひろき)がタンヒと行動を共にするよう誘導したのか?戦うのを上から見て居たのはショウフカンがどれほど強いか確かめたのか?

現在、天刑剣は刀身のみの状態で、鍛剣祠に封じ込まれている柄と鍔を取り付け~本来の形になった時に初めて台座から引き抜くことが出来るという。

 

でも兄が持って居た柄をベツテンガイ(天寿光希)に奪われたので、今は鍔を守り、絵を取り返すことが自分の使命だと言うタンヒ(綺咲愛里)に鬼鳥(紅ゆずる)は、協力を約束する。

でもリンセツアの強さはどれほどのものなのかはこの時点では分からず~謎多きキャラクターでした。

 

 

タンヒ(綺咲愛里)は、護印しの一族の娘を演じていたが、最初は兄と一緒に戦っていたが、殺され~ショウフカン(七海ひろき)に助けられ行動を共にするようになる。

 

タンヒは、最初ケンサンウン(礼真琴)をあまり信用していなかったようだが、助けられてから悪い人ではないと思うようになる。 綺咲さん可愛かったですね~!

 

 

 

ケンサンウン(礼真琴)は、初っ端から良い声を聞かせてくれて、さすが琴ちゃんを感じる。

尊敬する槍の名人を追って自分も兄貴を超えたいと張り切っていたが、その兄貴を戦いで亡くしてからは、単独で頑張る。

琴ちゃんの槍の振り回し方がすごい迫力で、いかにも名声を手に入れようと血気盛んな若者を演じて、それが有り余る元気な琴ちゃんにぴったりで、素晴らしかった\(^o^)/

周りが怪我をしないか心配なくらいでした。

ケンサンウン(礼真琴)は、タンヒ(綺咲愛里)が好きで、彼女のために先駆けて剣を取りに行ったり~助けたりしていて~最後にタンヒと行動を共にするようになる。「子供の前でも~言うの?」のセリフにケンサンウン自身がびっくりしていたが、観ている方もびっくりだった!いつの間に結婚して子供がいたの?(@_@)

 

 

 

ショウフカン(七海ひろき)一番立ち回りが多く~すごく強くて~それを自慢にもせず、カッコいい役でしたね!しかしその強さをケンサンウン(礼真琴)は信用していなかったが、最後に地震なのか?大地が割れるようなことが起こり、足元がぐらぐらしてみんながもうだめかと思った時に剣を差し込んだの?そして何事もないかのように収まった!単独で海を渡って唐の国へ来たというだけある人で、みんなが彼の実力を感じたようだった。

 

 

 

最後にベツテンガイ(天寿光希)ケイガイ(夢妃杏瑠)はともに戦い、悪同士共倒れとなる。

 

 

 

 お芝居は最後の方が良く分からなかったが、最後にリンセツア(紅ゆずる)もショウフカン(七海ひろき)もタンヒの為になる事をして、

 

タンヒとケンサンウンは、行動を共にして、タンヒは護印師として剣を守って行けるようで、明るい未来で幕となりました。

 

ショー「キラールージュ」は内容は以前と大体同じようでしたが、目の前でオペラなしで観るショーは最高でした!

星組ショー「キラールージュ」の感想はこちら

ナウオンはこちら

 

« 月組「舞音~」新人公演& 全ツ・花組「仮面のロマネスク」 &「ときめきの原点等です。 | トップページ | 龍真咲さん主演「舞音~」の感想色々です。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日星組「サンダーボルト~」青年館を観てきました。:

« 月組「舞音~」新人公演& 全ツ・花組「仮面のロマネスク」 &「ときめきの原点等です。 | トップページ | 龍真咲さん主演「舞音~」の感想色々です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ