« ニュースで星組バウ「New Wave!-星-」千秋楽の映像を観ました。 | トップページ | 花組『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』を観て(写真を追加) »

2018年9月13日 (木)

花組「メサイヤ」東京公演観てきました(写真を追加)

花組『MESSIAH−異聞・天草四郎−』観てきました。

 

 

作品としては内容が重厚で~生きるのに必死な中にも四郎と流雨の愛があり~親子愛など感動場面があり、見応えがある舞台でした!

 

 

 

最初は生き残った祐庵(南蛮絵師)=柚香光と家綱の「島原の乱の真実を教えてほしい!と言う会話から始まっていましたが、

 

 

 

 

日本の国の過去にこんなことがあったのかと~それはそれはひどいお話でしたが、四郎のセリフにもありましたが、なぜそこまでキリシタンを信じるのか?命あるものを救えてこそ神なのではないのか?死んではらいそに行けて何になる?という言葉はよくぞ言ってくれた!と思いましたね!

 

キリシタンの人々はこの言葉に諭されて、命を懸けてはらいそに行けるよう戦おうという気持ちになるんですね。

 

 

 

 

 

最初は夜叉王丸と名乗っていた四郎(明日海りお)でしたが、何を聞かれても喋らず~でも船が難破して流れ着いた者として益田甚兵衛の4男として迎え入れられて。

 

 

 

 

最初はみんなから受け入れられなかった四郎だったが、岩壁の洞窟の中で連れて行かれそうになった流雨(仙名彩世)を助けたことから次第に信用されるようになり、

 

 

 

 

島原藩主による強引な年貢の取り立てに島原の人たちは食うや食わずの生活を強いられていて~

 

 

 

なぜ島原だけ2倍の石高であるのか、疑問を抱いた鈴木重成(綺城ひか理)と言う正義感の強い男が居て、そういう島原藩主・松倉勝家(鳳月杏)のあくどいやり方が徳川家光に感づかれながらも、いずれ分かるとそのままとなり、

 

 

 

その後も城を作るには稲作を女たちにやらせて、男たちは城つくりの為に~などとこれ以上ない重責を負わせた事で我慢が限界となった島原の人たちは四郎を中心に一揆を起こすのでした。

 

 

 

その原因は勝家にあるのではないかと睨み、信綱は真意を確かめるため絵師のリノを呼び、民に幕府が定めたキリシタンを止めさせ、天草四郎の首を取って来れば総攻撃はしないと告げ3日の猶予を与えるのでしたが~

 

 

 

最後まで四郎に心許さず~の、リノだったが、どちらもできる筈がなく~四郎に斬って掛かる。

 

 

 

多分、自分が死ねばのつもりだったのでしょうね!

 

 

 

 

それを矢文で知った四郎は抜け道を教え牢からリノを逃がす。

 

 

 

四郎は総攻撃には到底叶わぬかもしれないが、キリシタンとして道を選んだ四郎としては最後まで戦うと言い~

 

 

 

 

しかしあの鉄砲隊には叶うはずもなく~流雨も四郎も折り重なるように哀れな姿に~。そして最後は金の衣装に身を包んだ美しく幸せそうな二人の姿でした。

 

 

 

明日海りおさん…海の男だった夜叉王丸が、キリシタンが受ける様々な事件を知ったことで、流雨を助け島原の人のために戦うという~島の人たちとの交流が彼を正義感の強い優しい気持ちに導き~ある意味神のような存在になったのだろうと思いました。

 

お芝居は申し分なくオフのおっとりみりおちゃんが良くあの男らしさが出せるな~と感心したり~ストーリーも素晴らしく、涙を誘われる場面もあり~本当に見応えのある舞台でした。

 

 

 

 

 

仙名彩世さん…絵師リノからも慕われる島の娘を演じていましたが、いつしか強くて優しい四郎に心奪われ~「最後まであなたについて行きます」という言葉に愛が込められていました。

 

この人もお芝居もいう事なしで上手かったですよ!

 

 

 

 

柚香光さん…セリフは少なく暗いイメージでしたが、常に絵師としての悩みを抱えているように見えました。

 

最後に家綱に将軍命令として「過去を改ざんする事無く歴史として残せ。そしてあの天女の絵を完成させよと!」と言われていましたが、常に複雑な表情で苦悩されているように感じました。

 

 

 

 

一樹千尋さん…益田甚平役をされていましたが、一言一言のセリフに重みがあり~ただそこにいるだけで貫録でさすがでしたね~!

 

今回は特に四郎を引き取り、4男として本当の息子のように扱う所が優しさにあふれていてすごい!

 

 

 

 

瀬戸かずやさん…渡辺小左衛門役でしたが、常にお芝居の中心にいてキリシタンである島原の人たちを誘導する立場で優しい面がこの人にぴったりでした。

 

 

 

鳳月杏さん…悪役とは知って居たが、それにしても血も涙もない役でセリフがここまでひどい役とはびっくりでしたが、お化粧もそのように見せ、これ以上の悪役は無いのではと思えた役でしたが、上手かったです!

 

 

 

 

水美舞斗さん…信綱役でしたが、鬘もよく似合って~お顔も美しく貫録も出てきて良かったですよ~!

 

 

 

 

ショーはこちらに書きました。

 

 

Cimg4665 Cimg4666 Cimg4667

 

 

 

Cimg4671 Cimg4672 Cimg4673

 

Cimg4674 Cimg4675 Cimg4678

 

Cimg4679 Cimg4681_2 Cimg4682_2




















 

 

« ニュースで星組バウ「New Wave!-星-」千秋楽の映像を観ました。 | トップページ | 花組『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』を観て(写真を追加) »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花組「メサイヤ」東京公演観てきました(写真を追加):

« ニュースで星組バウ「New Wave!-星-」千秋楽の映像を観ました。 | トップページ | 花組『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』を観て(写真を追加) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ