« 紅ゆずる、菊田一夫の名作で男役冥利に尽きるカール役 | トップページ | 凪七瑠海主演バウ「Je Chante」&凪七・美弥W主演「THE KINGDOM」の感想です。 »

2018年11月20日 (火)

どっぷりと浸かって「霧深きエルベのほとり」を観なおしました。

昨夜、どっぷりと浸かって「霧深きエルベのほとり」を観なおしました。

ビール祭りで出会ったカールとマルギットのセリフのやり取りがが面白い!

ビール祭りが終わってからはレストランでカールが恥をかく場面や、婚約発表と言う大事な場所でカールが馬鹿にされたり~結構シリアスな場面が続きますが~

最後にカールがヴェロニカに自分の気持ちを打ち明けるシーン~はマルギットを強く愛する気持ちが感じられて~胸が熱くなりました。


汽笛とともに姿を現したカールは、幸せに暮らせよ~!マルギット!の言葉を残して~


辛く切ないラストシーンが如何にも菊田先生の作品らしく見応えがありました。

観終わった時、これはもうカールを演じる紅さんの為に書かれた舞台だな~と思えて、イメージし易かったです!

そしてマルギットも物事をはっきり言う所や、優しい面ときつい面も上手くできそうなイメージの綺咲愛里さんがイメージし易く、今の星組トップお二人にぴったりの舞台に思いました。

唯、マルギットの許嫁のフローリアンの心がどうしても理解できず~マルギットを強く愛していたはずのフローリアンが、どうして婚約発表の時にあれほどカールを庇うんだろう?


自分はカールの出現により婚約を破棄され、迷惑を受けて辛い思いをしているのは紛れもなく自分なのに、皆にもそのことを言われていたのに、カールの為にマルギットの父親とまで口論して~どこまで人が良いんだろうと思えました。


兄の言葉として聞きなさいとか言う時もあって、フローリアンはほんとにマルギットを愛していたんだろうか?気持ちは実は兄の様だったのかだろうか?とか、フローリアンの気持ちが理解できなかった!

そのフローリアンを大好きな真琴ちゃんが演じるわけで、真琴ちゃんとしては柄では無い役で、難しい役をどう演じるのだろうと、心配の気持ちと、どんな役も上手く演じる真琴ちゃんに期待の気持ちとでいっぱいです。

マルギットが家出をした理由が、母が罪もないのにこの家から追い出されたと思って居たからで、婚約発表の時、実は母は生まれて一年の幼子を置いて、鉄工所の若い男と~を婚約発表の皆の居る前で聞かされたとき、マルギットはどう感じたのだろう? 後悔したのならなぜそこでカールをあきらめなかったんだろうとか思いました。

最後にカールが父親に手切れ金を貰ってシュラック家を出て行った後、本当は悪いやつではなかったとわかった時、みんなで波止場にカールを探しに来ていましたが、フローリアンはどんな気持ちで彼を追いかけて来たんだろうと思いました。

« 紅ゆずる、菊田一夫の名作で男役冥利に尽きるカール役 | トップページ | 凪七瑠海主演バウ「Je Chante」&凪七・美弥W主演「THE KINGDOM」の感想です。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 紅ゆずる、菊田一夫の名作で男役冥利に尽きるカール役 | トップページ | 凪七瑠海主演バウ「Je Chante」&凪七・美弥W主演「THE KINGDOM」の感想です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ