スカイステージ2018年以降

2019年7月23日 (火)

星組『GOD OF STARS-食聖-』『Éclair Brillant』終演直後の突撃レポートを観ました

ニュースより

星組『GOD OF STARS-食聖-』『Éclair Brillant』終演直後の突撃レポートを観ました…聞き手は星組スカイレポーターズの漣レイラさん・音咲いつきさん。


「この公演、さゆみさんとあーちゃんがご卒業される公演となりましたが、初日から1週間開けて舞台いかがでしょうか?

「お客様の熱気がほんとにすごくて、ほんとに連日沢山のお客様に足をお運び頂きまして、雨も多い中、
立見券を求めて並んで下さっているとお聞きしております。本当にありがとうございますm(__)m

綺咲「最後だなと思いながら一日一日噛みしめながら舞台に立ちたいと思います。

音咲「ホン・シンシンと言うお役に付いていかがでしょうか?

「苦労を何も知らない、人の気持ちが分からない人が、どんどん人に触れ合う事によって人間らしくなっていくと言うか
人間の心を取り戻していくと言うか…もともと人間じゃないんだけど~ポイントは~コメディだけじゃなくてハートフル何で皆さんどうぞいらしてください。

「あーちゃんは何と健康サンダルで戦われたり~でも可愛らしい一面も沢山ある、アイリーンと言う名前のお役をされて居ますけれど~


綺咲
「ほんとにこんなに強い女性は初めて出会ったんですけど(*^-^*)、でも毎日公演して居て、やはり色んな方と関わらせて頂くんですけど毎回違って皆が色んな事をやろうとして~私もですが、とっても今楽しくて~なので気が強くて真直ぐすぎて、どうしようも無いアイリーンなんですけど、私も真直ぐに演じて行きたいと思います。


音咲 「礼さんは、リーロンロンからリー・ドラゴンに変わりますが~」


「中々初めてのジャンルの役をさせて頂くので、最初はどうなる事かと思ったんですけど、お客様が暖かく笑って下さるんですよね!
こんな私にまで~有難うございます。本当に舞台に来てから水を得た魚の様に楽しく公演させて頂いておりますが、ホンさんとの掛け合いもお客様と一体になって、毎日楽しくさせて頂いています。

「次はショーですが~紅さん、最初はオケピットから~

 
「ショーのオケピ上りは初めてで~芝居はエルベであるんですけど、後ろに星がキラキラとなってうっすら私が見える時があるんですけど、その時歓声がうぉ~!と上がるの。そういう歓声も嬉しいですし、ライトを頂いた時もウォー!と歓迎して下さるので、こちらとしても大変やり易く、お客様と一体となって空間を作って居ると言うプロローグだなと思っておりまして、銀橋から本舞台に戻る時に皆が薔薇を描いてもーダッシュして居て一介からだと見えないけど2階から見たら綺麗だと思うわ!あれ薔薇なんですよ!

音咲 「今回礼さんは風の精という事で、「ブーケド・宝塚」では私が人間で、花の精の子に恋をすると言う場面だったんですけど、
今回は、私が風の精で、人間の女の子に恋をすると言う場面でアヤコ先生の振り付けでとっても素敵な場面になっているので、
如何に人間味を隠し、風の様に舞うか?と言う所ですけど、実際の所は必死です。


「そりゃそうだよ~!でも軽やかなダンシン!グダンシング!ダンシング!で~」


「いやいや止めて下さい。と手で~」


「中詰めでは3人で踊っていらっしゃいますけども~


「ヘビーシルクと言うシルクの生地を使っておりまして~ヘビーつまり重い!でもあの重さが美しくなるという事で~やってるこっちはめちゃめちゃ必死なんですけど、すごい綺麗だとお声を頂くので、物語性と言うかお芝居色が強いので、3人で話し合って、天寿も話し合って、あーしようこしようと話し合ってやっている場面でございますので~酒井先生ショーなんだけど芝居力をとても求められるので、私はとても大好きです。

「黒燕尾の場面、三味線で日本のショーとしていかがでしょう?

「吾妻さんと言う三味線の方が、、宝塚バージョンで今回録音して下さっているんですけど、羽山喜代美先生振り付けで、絶対この曲でやりたいと羽山先生から仰って頂いて、ほんとに嬉しい!ほんとに嬉しい!絶対にいいと思うのよ!と羽山線背英の思いがいっぱい詰まった、そこに私たちが羽山先生の大きな愛に乗っかった私たちが、娘役さんが桜の花びらとして待っていて、そこに男役が下りてくると言う…私全部観れるんですよ!2階から観たらむちゃくちゃ綺麗で、~綺咲さんは後ろから出てくる


「宝塚は愛が沢山籠って~大切にさせて頂いています。


音咲
「最後は芝居からのデュェットという事で~


「さゆみさんが着替えられてる間に、我々男どもがあーちゃんに行くんですけど、まんまとポイポイと振られて~そのあーちゃんがさゆみさんと出会った瞬間に、雰囲気が一気に変わる感じ!こっちはあーちゃんにしてやられたり~と先生に言われたんですけど、内面、無茶苦茶嬉しいので、ちょっと悔しいと言う気持ちよりも、満面の笑みになって仕舞う所がございます。


「じゃ~私も心して出て行くわ!心して出て行ってよ!と先生に言われているので~。」

「あーちゃん最後のデュェットダンスですね!」


綺咲
「デゥュェットダンスと言うモノにあこがれを抱いて数年、これが最後だと思って、振り付けの前はどんな振付かとわくわくしていたんですけど、すごく楽しくて笑い声が聞こえてきそうな振付をいただきまして、さゆみさんともずっと笑い合いながら踊れてる今がとても幸せです。

「あんなこともあったこんな事もあったとと思い返している感泣…すごく素晴らしい府立kが付いているんで、皆さんそちらもお楽しみください。


「公演に掛ける意気込みを~礼さんから~


「初日が開けて、お客さにお見せして、お客様の空気を感じながら公演させて頂いて、毎日がすごく楽しくて~これが当たり前の様で当たり前ではないこの特別の公演を最後までしっかり盛り上げて行けるように頑張ります!


綺咲
「精一杯の愛と心を篭めましてお芝居もショーも全力で舞台を努めて参りたいと思います。


「最後の突撃レポートでございます。何かに付けて最後、最後と言う事ですけど、お客様が客席で泣いて下さる姿をみると、あっ!退団公演なんだなと思うんですよ。なので今は自分たちのやるべきことを、そしてお客様に見て頂きたいこと感じて頂きたい事を沢山伝えるという事を今必死ですので、最後はお客様と一緒に笑いながら終えられたらいいな~とそういう理想を持ちながら毎日各場面大切に演じて参りますので、皆様もその気持ちを共有して頂けたらと思います。

 

皆さんお疲れ様でしたm(__)m


沢山の要所要所について、それぞれのお気持ちが分かって興味深く聞けました。
観劇を楽しみにしています。

 

 

 

2019年7月22日 (月)

「Brilliant Dreams~stage~」和希そらを観ました。

「Brilliant Dreams~stage~」和希そらを観ました。


視聴者アンケートによる和希そらをあらわす漢字一文字や色、そして芝居や歌・ダンス、和希そら自身が選ぶ思い出の舞台シーン等をキーワードに和希そらの魅力を紹介する番組でした。

 

皆が思う感じは…踊る…舞台は「ハッスルメイツ!」宙組の20年を振り返っての舞台だったそうですが、主演で勤められていましたが、そのダンスは肩の使い方・腰の使い方が上手く魅力的で、素的でした!

和希さんは毎日がすごく楽しかったと振り返って居ましたが、中々無い機会で、宝物だったそうです。

色は、多く寄せられたのは赤で、舞台は「ウェストサイドストーリー」…女役に挑戦してみたいと言う気持ちはずっとあったそうですが、初の女役で苦労されたようです。

私が観た和希そらさんのアニータの感想は、
シャークスのリーダーベルナルドの恋人のアニータを演じた和希そらさん…正直このアニータのダンスを楽しみに観に行きましたが…
そらさんらしいキレのあるダンスで良かったのですが、ちょっと優等生すぎる~と言うか、正直もう少しプエルトリコらしい激しさ!
はみ出した踊りっぷりが観たかった!その楽しさを表情に出して踊って欲しかった!
少し欲張って期待し過ぎたのかな~?でも一人でドラッグストアに乗り込んで、ジェッツの男連中に遊ばれるシーンは上手かったですね!
歌も上手いしこれからもすごく期待しています。…と書いています。

印象に残っている役は…「エリザベート」新人公演のルイジルキーニと、「ウェストサイドストーリー」のアニータでした。
ルキーニと言う役は以前より憧れて居た役で、ルキーニが裁判官に説明して行ってるので、ルキーニ像を一本通すという事を大切に演じたそうです。

アニータ役も大好きだったとか、本場の振り付けの先生に振りつけて頂いたそうで貴重な経験をさせて頂いたそうで、機会が有ればもう一度やりたい役だそうです。

その他「黒い瞳」トリオの愛役や、「ベルサイユのばらーオスカル編」の新人公演のオスカルなどが挙げられていました。

映像も観れましたが、「黒い瞳」の愛役は予想外にこの役が好きと仰って下さる方が多かったとか~踊りは3人で細かく決めて居なくても、お互いに息を感じながら合わせて行って自然と揃い~気持ち良かったそうです。3人とも上手かったですね~!

オスカルをさせて頂くと言うので驚いたそうですが、プロローグで大階段から始まり、銀橋を通ってせり下がって行くと言うトップさん
の舞台機構をすべて使わせて頂き、夢のようなプロローグだったそうです。


自分が主演と言うより、オスカル役をさせて頂く事について、自分は中性的な役が似合わないと決めつけていて、振り返って自分で決めつけるのはもったいないと思ったそうです。衛兵隊と居る時は勇ましく~アンドレやお母様と一緒の時は女性らしい素の部分も出して~と考えるのが楽しかったそうで、本役の凰稀かなめさんに沢山教えて頂いて~良い経験をさせて頂いたそうです。

和希そらの舞台で印象に残って居る歌やダンス視聴者から多く寄せられたのは「ハッスル・メイツ」と「バウ・シンギング・ワークショップ」映像が観れましたが歌も伸び伸びとうまいし~

舞台上で一人で踊らせて頂くという事も中々経験できないし、ワンハートの場面で裸足で踊らせて頂いたそうで、これはほんとに素的でしたが、観て下さった方の感じ方によって違うので正解がない。


他にボヘミアンラプソディで、踊りの場面が多かったり、最後の方へ来て体力的にも大変な時にこころの叫びが出せたり~すごく刺激的だったそうです。

「シンギング~」では♪僕こそミュージックが大好きだったので唄えることが嬉しかった。

「VIVA FESTA!」in HAKATAでは2年前は愛月さんが演じて居た所をさせて頂けて嬉しくて~K-popがかっこ良くて~と。

映像が観れましたが、愛月さんが出ていて素敵だったので、このシーン、もう一度DVDを観よう!と思いました。

「HOT EYES!!」ではロケットボーイをさせて頂き~オレンジ色のロケットガールたちを引き連れて踊るのが楽しかった!

 

 

そしてそら君自身が思い出に残っている舞台は「白夜の誓い」の新人公演で桜木さんとお互いに国を想って意見が食い違って~芝居が楽しいと感じたそうです。

「ヴァンパイヤサクセション」では、自分で演じていても客観視したら何て良い奴なんだ!いつかどこかで報われて~と思ったとか。

「双頭の鷲」ではストーリーテーラーの役で一度もはけない役でこんな経験した事が無く印象に残っているそうで、、
轟さんと実咲さんと毎日違う迫真の演技を真近で見て、毎回刺激的だったそうです。


未来…今後やって欲しい役、視聴者からは、ロミオ・モーツァルト・1789のロナン。そら君は驚きですが嬉しいそうです。

和希そらが今後演じたい役は…良い人だったのにどんどん闇に落ちて行く、屈折した役だそうです。

今年男役10年目になり、過去を振り返って、みても色んな役をさせていたいていますが、
次はどんな役を見せてくれるんだろうか?どんな色で私たちの前に現われてくれるんだろう~
と言うわくわく感をもって頂けるような舞台人でありたいと思うと仰っていました。

最後に‶こころ”とサインされていました。

 

映像を観れば歌も上手いし~ダンスは生まれ持ったセンスですね!兎に角男役ダンスはかっこ良く惹かれます!

そら君も仰っていましたが、次はどんな役を見せてくれるのか楽しみですね~!

 

 

 

2019年7月16日 (火)

「素敵☆夢のひととき「蒼羽りく」」を観ました。

今夕6時半より放送の「素敵☆夢のひととき「蒼羽りく」」を観ました。

素的★夢のひとときで、蒼羽りく✕真風涼帆の対談を聞きました。2017年5月11日

番組詳細

蒼羽りく/ゲスト:真風涼帆


2019年7月15日 (月)

星組、宝塚大劇場「GOD OF STARS-食聖-」「Eclail Brilliant」初日の映像を観ました。

星組、宝塚大劇場「GOD OF STARS-食聖-」「Eclail Brilliant」初日の映像を観ました。

天上の世界は紅さんも真琴ちゃんも鎧っぽいお衣装で~始まりましたが~天上から落ちたところが上海?

最初からトップコンビの戦いの様ですね。

真琴ちゃん大きな包丁でびっくりされてて~すっかり3枚目ですね~!

真琴ちゃん自らしゃしゃり出てドラゴンです(*^-^*)

羽根で姿を隠されて~すぐに現れる所はカッコいいですね~!

せおっちと有紗さん。

真琴ちゃんを囲むチームと舞空さんを囲むチームは、どちらも真っ赤な半纏を着てダンスで戦い?

紅さんと綺咲さんのシーン「何時か屋台じゃなくて~店をもって~ミシェランになったら~」と夢を語るシーン、紅さんも一緒に唄って~♪愛する誰かと~(だんだん惹かれて行く様子ですね!)

ドラゴンとの対決は、‶満漢全席”と聞いて、ミッキー・チョウの天寿光希に料理を教えて~と懇願していましたね。


ショーの「Eclail Brilliant」は、トップコンビのキラキラシルバーのお衣装で~

次は中詰めか?  ちょっと変わったゴワゴワ銀色のお衣装で、真琴ちゃん・瀬央さん・華形さんが登場し、
歌とダンスで最後に紅さんと綺咲愛里さんが登場し、客席降りをして盛り上がって居ましたね。

何と真琴ちゃんが上下白いお衣装で金髪の鬘で~真琴ちゃんとしては珍しくゆったりの曲調で舞空瞳さんに手を差し伸べていましたが、ほんのちょっとしか観れず~残念!


紅さんと若手男役による♪クンバンチェロ~綺咲さんも出て居ましたが、あ~ちゃんのセクシーな事!

有紗さんをセンターに天華さん・極美慎さん?

コロコロ変わって階段上で天寿さんが唄って、紅さん・綺咲さん・礼さんの姿!綺咲さんと礼さんが組んで踊られています。

瀬央さん中心の場面から、紅さんと星蘭 ひとみさんがモスグリーンのお衣装でデュェット。

階段上では紅さんを囲んで女役さん達が踊り~続いて真琴ちゃんなど5人の男役達がピンクや水色・紫・グリーン・黄色のカラフルな
お衣装で~真琴ちゃんの表情が堪らない!

そしてフィナーレ?の大階段は紅さんを中心に男役さん達が黒燕尾で踊ります。

そして紅さんと綺咲さんのデュェットへと続きパレードです。


組長の万里柚美さんのご挨拶では、お芝居はアジアンクッキングコメディである事や、
ショーは、クラシカルなレビューに現代的な要素を取り入れた美しくゴージャスな所と紹介され~
この公演が星組トップコンビのさよなら公演である事・専科より汝鳥玲さん・
華形ひかるさんの応援を得ての舞台であること・花組から組替えとなりました舞空瞳さんが
星組生として大劇場デビューされた事・105期生8名もほしぐみせいとしてデビューした事等が説明されました。


紅ゆずるさんの挨拶は…クッキングコメディと言う新たな分野に挑戦させて頂きました。
本日お客様の新たな星が加わり~すべての星が揃ったそうで~
ショーでは沢山の星の輝きが、宝塚ならではの愛と夢を沢山織り込んだショーになっていると説明されていました。

トップコンビにとっては最後の大劇場公演となっており、汝鳥さん華形さんのお力添えを頂きまして
出演者一同一丸となって頑張って参りますので~応援よろしく~とご挨拶されていました。

紅さんとあ~ちゃんのラストの舞台とあって、真琴ちゃんの出番が今までより一段と多い気がしました…楽しみです!

2019年7月11日 (木)

「ゆるりふんわりふたり。紫藤りゅう&乙羽映見」を観ました。

今日午前、9時半より放送の「ゆるりふんわりふたり。紫藤りゅう&乙羽映見」を観ました。

紫藤りゅう✕乙羽映見の「ゆるりふんわりふたり。」を観ました(写真を掲載)

番組詳細

紫藤りゅう&乙羽映見

 

2019年7月10日 (水)

星組『GOD OF STARS-食聖-』の稽古場風景を観ました。

ニュースで 星組『GOD OF STARS-食聖-』の稽古場風景を観ました。

小柳奈穂子先生の作品の展開に付いてみますと、シンガポールのホーカーズ(屋台街)をみんなで地上げ屋から守ろう!という状況での物語だそうですが、出演者の個性を生かした“役者ありきのあて書き”をする形をとっているそうで、
少しの映像でしたが、すごいコメディなのかな~と言う印象でした。

紅さんも面白いけど真琴ちゃんがすごい熱血3枚目で~びっくりだわ~!

稽古場情報でも書きましたが、汝鳥伶さんと華形ひかるさんが特出されていますね。

真琴ちゃん舞空さんにモーションかけている様でしたが~?(*^-^*)どうなるのでしょう!

瀬央さんは意外と普通な感じでしたね。

満漢全席(満族と漢族の全ての料理の意で、中国清朝の宮廷料理)(山海の珍味を集めた贅沢な物で、きわめて多くの料理品目からなる)
で戦う様で、料理を習いに行く紅さん。


ショーは、

ゆっくりな曲でボレロを踊る様子や、紅さんと綺咲愛里さんのデュェットはもちろんですが、早くも礼真琴さんと舞空 瞳さんのデュェットの様子も観れました。

 

作曲のヒァダイン氏は、初めて至近距離で観させて頂いたそうで感想が聞けましたが、面白コメディなのに最後が泣きそうになって仕舞ったとか。頭から最後までずっと笑いの連続だったそうで、自分が関わっているとか関係なく最高に面白いと評価していました。

又ストーリーの中に悪人が居ないとか、全員良い人だけどもバトルとかあって~と小柳先生を褒めて居られました。

紅さんに付いては、かっこ良くて面白いと評価して居て、表情がコロコロ変わるから面白かったそうです。

この言葉を聞いて紅さんは曲は素晴らしいし、よし!これで行こう!と勇気をもらったそうです。

この公演のチケットはまだ取れて居ませんが、何とか観に行きたいと思います。


星組「GOD OF STARS-食聖-」稽古場情報Part1を観ました。

ニュースで『GOD OF STARS-食聖-』稽古場情報を観ました。

スカイレポーターズは、漣レイラさんと音咲いつきさん・キティ・ラウ役の 夢妃杏瑠さんと、クリスティーナ・チャン役の舞空瞳さんのトークです。

 

2019年7月 8日 (月)

スカイ・ステージ・トーク リクエストDX「大空祐飛・蒼羽りく・愛月ひかる」を観ました。

スカイ・ステージ・トーク リクエストDX#3「大空祐飛・蒼羽りく・愛月ひかる」を観ました…ゆうひちゃんがトップ時代のトークなので、今から丁度10年前~さすがに皆さん若いですね~!

蒼羽さんと愛月さんは尊敬するゆうひちゃんを前に緊張した様子で畏まって居ましたが、ゆうひちゃんから貰える言葉を嬉しそうに真剣に聞き入っている様子でした。

ゆうひちゃんは、リクェストした理由について…二人は「トラファルガー」や「誰が為に鐘が鳴る」の新人公演で、自分の役をやってくれた事と、今宙組でめきめきと頭角を現している期待の新人二人だから、公の場で話して色々引き出してみようとおもったから~と話していました。


出会いは…袖に居る時等~話しかけてきてくれて、舞台の対する考え方や男役に対する意識とかが見えて来るから、同期だけどそれぞれに個性があると思って~と過去の舞台で感じた事を話しつつ二人の印象など聞かせてくれましたが、2人共ゆうひちゃんから言葉を頂けることが嬉しいらしく一言一言真剣な様子で聞き入って居ました。

 

ゆううひちゃんによればりくちゃんの印象は、もうちょっと大人しいと思って居たけど、意外と明るく軽やかで、でも意外とこいつ分かって居るじゃん!と印象のギャップが面白いそうです。

 

りくちゃんは、自分ではいつも落ち着きが無く同期とかに支えて貰って~とか話していましたが~ゆうひちゃんもクールと思って居たけど全然違ったとか~。(*^-^*)


愛ちゃんの印象は、へなへな言うんだけど、一番しっかりしているとか心が強いとか~言われていましたが、愛ちゃんは、良く言われるそうです。又、普段の印象は、「銀ちゃんの恋」のジミーで、袖なのか舞台なのか分からないほどだったそうです。それくらいは待った役だったんだよね~と話していました。そして愛ちゃんが補正も全然要らないと話した事から、恵まれたビジュアルもあるが、補正が要らないと言う事は相当強いと言われていました。

 


お二人ともゆうひちゃんの役をやらせてもらえて嬉しかったそうですが、ゆうひさんは、りくちゃんが聞いてくることが的を得ていたそうです。さらに二人が良きライバルで居るのはお互いにとってすごい良い事と先輩としての言葉が聞けました。

ゆうひさんはご自分の新人公演を振り返りながら~自分はテンパって終わってしまったけれど~と引き合いに出しながら2人を褒めていて感心しました。

 

愛ちゃんはお芝居が好きになった事や、お芝居だけじゃなく最近は歌も少し頑張りたいとか~前向きな言葉が聞けました。



又キーワードトークでは、ファッションの事・映画の事・夢などが聞けましたが、夢では、やって見たい役に付いて、ゆうひちゃんは佐藤孝一さんが好きで、佐藤さんの役をやって見たい事や、愛ちゃんは「うたかたの恋」のルドルフや、「わが愛は山の彼方に」のチャムガがやって見たいとか、休日には昔のビデオを4本くらい見るそうです。


2人はゆうひちゃんのターニングポイントを聞いていましたが、

ゆうひちゃんは、「ジャワの踊り子」のハジ・タムロンで黙って耐える役をやって、その時は分からなかったけど、後になって、あの後、変わったのかな~と思うそうです。


又自分に合って居た役は、「THA RAST PARTY」のスコッツ・フィッツ・ジェラルドと「銀ちゃんの恋」が一番近いと思うそうです。


ゆうひちゃんのプライベートについて、ストレス解消法は兎に角お茶する事だそうで、身体のメンテナンスについてや、ペットの事では、愛ちゃんもゆうひちゃんもわんちゃんをオジサン呼ばわりして居て面白かったです!

又二人のここが足りないを教えて?では、充分やったとは言えないが、研4にしてはものすごくしっかりしている事・それぞれの自分を良く知ってそれぞれのオンリーワンを目指して~こだわりのある人で居て欲しい等~アドバイスされていました。

 

2人は情熱を持って居るし~競い合いながらめきめき成長していくのを楽しみにしていると上級生らしい言葉が聞けました。

 


ゆうひちゃんはさすがに新人公演でご自分の役をやってくれた二人の事をよく知った上でそれぞれに合った言葉を飾らずに声掛けられていて素的な上級生だな~と思いました。


りくちゃん・愛ちゃんの事だけじゃなく、ゆうひちゃんのプライベートの事まで聞かせて貰えて興味深く~楽しく見ることが出来ました。

 

番組詳細

大空祐飛・蒼羽りく・愛月ひかる

2019年7月 4日 (木)

「ゆるりふんわりふたり。」は96期の優波慧さんと音咲いつきさんでした。

「ゆるりふんわりふたり。」今回の出演は、96期の優波慧さんと音咲いつきさんのお二人でした。

 

音咲さんに付いては星組なので琴ちゃんとのDSや「阿弖流為」等で良く見て知って居ましたが、優波さんに付いてはほとんど存じ上げず~だったのですが、ニュースで「花より男子」のテレビを観ていて、ちょっと興味を感じたので観てみようかなと言う気もtになりました。

癒しのカフェでランチを注文し語り合う二人は、音咲さんが娘役に転向した時の事や、仲良くなったきっかけ・プロの方による写真撮影の様子・オフの日の二人など、内容たっぷりの話しで面白かった!

又組子の皆様からのメッセージは

音咲さんに付いては、星組の礼真琴さん・夕渚りょうさん・・碧海さりおさんの3人から

優波さんについては花組の鳳月杏さん・帆純まひろさん・舞空瞳さんの3人から

それぞれメッセージを貰っていてその内容がイメージする動物や、印象深いエピソードなどでしたが、琴ちゃんは音咲さんのディジーダックの物真似が全く似て居なかった!とか~すごく興味深く観れました。

又イメージする動物では、ハムスターだそうで、両手で食べ物をもってもぐもぐしている姿が小動物だなと思うと鳳月さんが書いていて、そうなのかと思いました。

御絵描きによる心理状態を表すコーナーでは猫を書いてご自身の性格や心理状態を表すとか~こちらも興味深かったです!

優波さんて舞台はすらっとした男役さんでカッコいいですが、オフはちょっとおっとりして居て優しそうで良いですね~!

これからは少し注意して見てみようかなと思いました。

もう少し詳しくかけると良かったのですが…。

 

 

2019年7月 3日 (水)

ニュースで『GOD OF STARS-食聖-』稽古場情報を観ました。

ニュースで『GOD OF STARS-食聖-』稽古場情報を観ました。

スカイレポーターズは、漣レイラさんと音咲いつきさん。

キティ・ラウ役の 夢妃杏瑠さんと、クリスティーナ・チャン役の舞空瞳さんに聞きました。

まこちゃん(舞空瞳)が組替えして下さいました。

舞空さんは、初舞台が星組だったとか、皆さんに「おかえり!」と笑顔で迎えられていました。

舞空さんは、皆さんが暖かく毎日声を掛けて下さるので、毎日楽しいそうです。

 

お二人の役に付いて

キティちゃんは中国の女優さん役で、さゆみさんの彼女だそうです。

クリスティーナ・チャン(舞空 瞳)は、世界のアーティストで  先生のイメージは、安室奈美恵さんのようなダンサー且歌姫で、琴ちゃんが演じるリー・ロンロンが彼女に一目ぼれするそうですが、最初クリスティーナはツンとしているとか。
杏瑠さんはすぐ好きになっちゃうんじゃないの?と言ってましたが、内緒だったのかな?はっきりは分かりませんでした。



キャラクターは地上の人だけじゃなく、天界の人々もいるとか日光菩薩の漣レイラさん・月光菩薩のひろ香 祐は、牛魔王の汝鳥 伶さんにお使いしている。 その奥様が鉄扇公主(万里柚美)だとか。地上も天界もてんやわんやだそうです。

お料理の話という事もあり、綺咲さんは紅さんにお稽古場にお料理を作ってきて下さったとか~日々サプライズが多発して居て、稽古場は暖かいそうです。

 

如月さんと麻央さんもレンとマオと言う役名で退団公演で濃いキャラクターだそうです。


世界を代表するアイドルのクリスティーナ舞空 瞳さんは、 先生の振り付が楽しいそうで、夢妃さんに聞かれて、宝塚的ではないので、かっこ良く、抜ける感じに踊るそうで唄いながら思いっきり踊りながら頑張りたいと。


立ち廻りもあるようです。(皆さんみたいところが多く目が足りないそうです)
コメディ要素がたっぷりあり、紅さんと礼さんのラップバトルもあり~その後ろで戦っているので見どころが沢山だとか。


お二人の一押し見どころに付いて

夢妃さんは、さゆみさんとあーちゃんのデュェットのシーン…すごく素的で曲も綺麗で、唄って居てお芝居に成ったりでキュンキュンするそうです。


舞空さんは、少林寺の場面でお稽古着の段階から少林寺と言う文字が入ったお稽古着を着て気合を入れているので、どんなシーンになるのか楽しみにしているそうです。

 

舞空さんは、アーティストと言う役柄が初めてなので、かっこ良くクールビューティに、でもちょっと乙女らしさもあるアーティストを演じられる様に、皆さんと素敵な舞台を創れる様に頑張りたいと仰っていました。

 

色々情報が聞けて早く舞台が観たい気持ちになりました。有難うございました。

 

 

 

2019年7月 1日 (月)

「タカラヅカ・スカイ・ステージ」8月ラインアップのお知らせです。

公式より

「タカラヅカ・スカイ・ステージ」8月ラインアップのお知らせ



より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

こども自然公演YouTube

無料ブログはココログ