スカイステージ2018年以降

2019年5月25日 (土)

紫藤りゅう✕乙羽映見の「ゆるりふんわりふたり。」を観ました(写真を掲載)

紫藤りゅう✕乙羽映見の「ゆるりふんわりふたり。」を観ました。

 

とっておきの同期ペアが初めて交わすトークは、自然を感じる‶森のオト”を訪れ、癒しを感じる空間でゆるりふんわり~じっくり語り合う二人でした。


★先ずは音楽学校受験の時、高校の先生はどんな人でしたか?の質問を受けた事や、スクールとか行って無くお一人で受験された事・方言で戸惑った事等聞けましたが最初からゆるーい紫藤君!

運ばれてきたプレートに「可愛い!!」を連発!幸せそうな二人です!

★オフの日の過ごし方

えみちゃんは温泉が好きで、るりこちゃん(紫藤さん)は、ぼーっとしているのが好きとか、でもぼーっとしすぎて次の日に響くという事が分かってからは、ちょっとドライブしたりしているそうです。

 

★最近嵌っているものある?

お二人とも温泉が好きとか~海外旅行した時の事等で盛り上がっていました。

 

★心理ゲーム

書いた絵によって心理状態が分かると言うゲームで猫の絵を描いたりしていました。

 

★お互いに印象に残っている役は?

初舞台の「スカーレットピンパーネル」の事や、「こうもり」の新人公演の事など大感動した話や、映見ちゃんのマリア公爵夫人の事等沢山聞けましたが、お互いに褒め合ったり~掴みきれなかった事等も聞けました。

紫藤さんは掴みきれなかった後、少し視界が開けたと思ったのが「New Wave~」と、瀬央さんが主演の「デビュタント」だったとか~その時から意識が変わり、男役が楽しくなってきたと話す紫藤さん。(私もどちらも見て居ましたが、確かにこの時の紫藤さんは積極的で素的でした!)




★演じてみたい役
紫藤さんは出来れば王族の役や、軍服の役等もやって見たいそうです…映見ちゃんからは品格があるから大丈夫と太鼓判を押されていました。

映見ちゃんは、「メランコリックジゴロ」でアドリブでお客さんが喜んでくれるのが嬉しくて~又またお客さんが笑ってくれる役がやって見たいそうです。


私たちの事をよく知るお互いの組の方からアンケートをいただいたそうで、乙羽映見さんについては、花組の高翔みず希さん・城妃美伶さん・聖乃あすかさん、紫藤りゅうさんについては、大輝真琴さん・桜庭舞さん・光莉あんさんから答えて貰って居ましたが、

Q…普段はどんな方ですか?

乙羽映見さんについて印象に残ったのは高翔さんと聖乃あすかさんの言葉で、「ふわーんとしていておっとりさん」とか「頼れる優しいおねえちゃんで、すごく大人っぽい見た目とは裏腹にのんびりしていてマイペース。でも芸事になるとパッと変わられます」でした。

紫藤さんについて印象に残ったのは、大輝さんの…すごい熱量を地下にため込んでいる人。その熱量の発し方が文系で、舞台の時代背景とか、風習とかすごいデータを集めていてちょっとつつくとブヮ~と出てくると言う答えでした。

Q…私だけが知って居るエピソード

お稽古の時、紫藤さんが踊って居て視界から消えたことなどが聞けました。


Q…イメージする動物について

良く見て居られるな~と思ったのが大輝真琴さんの答えで「ネコになりたかった柴犬…見た目はエレガントでノーブルでネコっぽいが中身がバカ正直なのでネコにはなれない。むしろ子猫に懐かれて面倒見て居る柴犬かな。」でした。

Q…素的長所と思う所

乙羽さんについては、組んで踊って居る時、心底「可愛い!!」と思ってしまう娘役さん」と仰る高翔さんの言葉や、紫藤さんの事では「ノーブルな笑顔が犯罪」と仰る大輝さんの言葉でした。


この後10年目になる話では初心を忘れず~辛いことがあっても頑張りましょうと励まし合う二人でした。

お互いにメッセージカードを交換されて居ましたが、この番組を見て、お二人ともほんとに優しい方で、お互いを褒め合ったり~心のままにお喋りをするお二人がほんとに幸せそうで癒されました!


それにしてもいつも星組の舞台を見て居る者としては、舞台ではめきめきイケメンぶりを発揮してきた紫藤君のゆるいふんわりの部分を観させて頂きびっくり!でしたが、舞台ではがらっと変わる紫藤君が好きです!

これからも礼真琴さんの下でイケメン紫藤さんの魅力をたくさん見せてください。

Cimg5732  Cimg5723  Cimg5726  Cimg5727

Cimg5733  Cimg5734  Cimg5735  Cimg5736

Cimg5737  Cimg5741  Cimg5742  Cimg5745

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月 7日 (火)

雪組・水夏希さん主演「星影の人」の感想色々です。

今晩夜中の0時に放送される'07年雪組・水夏希さん主演「星影の人」の感想色々です。

 

「星影の人」を観て

中日「星影の人」を観て

雪組中日「星影の人」ナウオンを観て(Joyful!!IIの事等も)

番組詳細

 

2019年5月 6日 (月)

星組・全国ツアー公演「ESTRELLAS~星たち~」ナウオンの続きです。


星組・全国ツアー公演「アルジェの男」のナウオンの続きで、ショー「ESTRELLAS~」のナウオンです。

今回のショーに付いて、内容や見どころ、出演場面などに付いて聞きました。

紅さんとあーちゃんを中心に何度も本公演で公演してきた舞台ですが、今回は違う物に出来上がったかな?感じるそうです。

そして愛ちゃんが参加して下さったことに付いて、礼さんが愛ちゃんが~と言った途端に皆さんが異口同音に歓迎する言葉で~わいわいがやがやでしたが、礼さんはほんとにありがとうございます~と仰って、愛ちゃんは星組に参加できることが嬉しいらしく~周囲からも違う風を吹かせて下さる~とか、愛ちゃん絶対星組合うと言う人が居て~それはそれは盛り上がっていました!

 

観ていて私もほんとに愛ちゃんがこのまま星へ来てくれないかと言う気持ちでいっぱいでした。

愛ちゃんは、初舞台が星組さんなので、専科生としてのデビューも星組さんに参加させて頂けてご縁を感じるそうで、嬉しそうでした!

礼さん又「ほんとに助けられています」と座りながら一礼されていました。

全体的には大まかな流れは、今までの本公演通りだそうですが、人数ががっ!と少なくなったそうで、特にプロローグと中詰めとフィナーレは、稽古初日に「このブロックこれだけしか居ないんだ!」と感じたそうで、一人が一人以上のパワーを出さないと~と仰っていましたが、
皆さんがパワフルなエネルギーで~と仰っていましたが、逆にこっちゃんのパワフルでエネルギッシュさに皆さんがほんとにすごい!と驚かれて~「どこからこんな体力がわいてくるんだろう?」と言われていましたが、ほんとに観て居て私も同じ気持ちで聞いていました。

 

愛ちゃんは3分の一しか仕事してないとか~謙遜していましたが、皆さんががんばってついていかなきゃ~と言う言葉が聞けました。

プロローグはスパニッシュの部分があるので~エストレージャスを前面に出していくとか~

はるこさんは、幕開けに付いて、さゆみさんとあーちゃんから始まった神聖な空気の場面を担当させて頂くので、
礼君と如何にシンクロしていくかが難しいそうで集中力がすごくいるとか、
プロローグでも男役さんが出たり女役さんが出たりカップルに成ったりがあるので~と。

こっちゃんが一人でやってた場面を今回は4人で受け持つそうで、悟先生からは4人で一人前じゃなくて4人で4人前に成れるように~と言われたそうです。

少しづつ変わったところもあって

愛ちゃんのデュエットは杏瑠さんと同期で踊るそうですが、愛ちゃんは夢の様だそうで、最初は恥ずかしすぎてダメだったそうですが、最近はなりきってやっているそうです。若手の皆さんと爽やかに頑張りたいそうです。

結構アダルトな場面が多いそうで、紫藤ちゃんもセクシーな感じだし~若々しい部分はロケットかあそこしかないとか。

礼さんは愛ちゃんと杏瑠さんのデュェットを初めて観た時、胸がキュンとなったそうですよ!


あの日出会った奇跡~と唄う場面で、紫藤さんもキュン!だったそうですが、夢妃さんは歌稽古で泣いちゃったそうです。

紫藤ちゃんも桜庭 舞ちゃんとのデュェットを「決めてるじゃん!」と褒められていました!

2人で大苦戦して居たら愛様がリフトとかを教えて下さって~色々教えて頂いて、学ぶことが多すぎて~と。

愛ちゃんは皆さんから沢山学んでます~と紫藤ちゃんはエネルギーだけで突っ切る癖があるからと。

ほのかちゃんも愛さんと一緒にね!と礼さんに言われ、「愛月さんと舞台からスカイステージの中から本物の愛月さんに出会えて~幸せなんですけど、ついて行けるよう頑張ります」と。

愛ちゃんの「本物です」にみんな大笑いしていました。

はるこさんとはプロローグとデュェットをさせて頂いていますが、改めてさゆみさんとあーちゃんの偉大さを感じているそうで、同じ曲、同じ振りでもはるこさんと私で違った者の雰囲気が出せたら良いなと感じているそうです。


はるこさんの「夢見させて頂いています」にこっちゃんもこちらこそ」と返していました。(2人がいい感じで嬉しい!)

黒燕尾に付いて、こっちゃんは、やっぱり黒燕尾と言うものはやってて幸せを感じるそうで、愛ちゃんは掛け声からゾクゾクするとか~。

前はさゆみさんとひろきさんと3人だったのが一人ぼっちになって仕舞って~、お二人の面影を感じつつ、出せたら良いなと。

全国ツアーと言えば、ロケットで盛り上がりますが、ビシバシマックスで足上げろ~と言ってた~とか。

全国ツアは、今まで宝塚に振れたことのない方々がたくさん来て下さるので、全国ツアーを観て宝塚に入ろうと思ったタカラジェンヌも沢山いると思うので、新しいものをお届けできるように、星組代表として責任をもって全国を周りたいと思っております!と力強い言葉が聞けました!

今回礼さんは全国ツアー公演初主演となる事に付いて…今回の全国ツアーで5回目だそうで、最下級生でも行ってるし、ヒロインと言う立場でも~に皆さんどっと笑い声!
もちろんスカーレットですが、毎回自分の気持ちが、全然違った状態で行かせて頂いてて、でも全国ツアーが大好きで、毎回新しい会場で舞台に立てるのでその大好きな気持ちを大切に頑張りたいと仰っていました。皆さまが本当に素晴らしいので安心して舞台へ立ちたいです!

楽しみにしていることに付いて…車内でこんなゲームしようとか愛ちゃん。ここ時間があるから遊べるとかこっちゃんと愛ちゃん気が合いそう!

全国ツアー初めての方は居ないそうで、安心された様子でした。

客席降りもあるし、お客様の反応を気にされて居ました。

トークを聞いてて愛ちゃんがすごくもう皆さんと溶け込んで楽しそうに話されているのを見て、本当に良かった~の気持ちです!

最後に抱負など一言づつの言葉が聞けましたが、

ほとんどの人が、こっちゃんを中心に一丸となって全国の皆さんに喜んで貰える様にパワフルにエネルギッシュに頑張りたいと仰っていました。

愛月ひかるさん…こっちゃんを中心に星組の皆さんとご一緒できるこの機会が本当に幸せなので、この幸せを舞台で皆様にお返しして、
全国の皆様に喜んで頂ける舞台を精一杯作って行きたいと。


礼真琴さん…お芝居では幕開けから‶ザ・星組”と言うようなプロローグになっているそうで、星組でやってよかった~と思って頂けるような持ち前の勢いとエネルギーで、アルジェの世界に惹きづり込みたいそうです。

ジュリアンと言う男は、根本的なものは有りますが、上に向かってのし上がっていくと言う所は希望に満ち溢れている人生だと思いますので、
その部分で皆さんに刺激を与えられたら~と思って居ます。

ショーはずっとさゆみさんと一緒に立ってきたエストレージャスを、私がそれをしっかり受け継いで恥ずかしくない舞台を~よりパワフルな舞台を~お届けできるように、全場面自分のカラーを変えつつ楽しんで頂けたらと思いますので、全国の皆さん待っていてください!と力強い言葉が聞けました!

 

ほんとに楽しみにお待ちしています。

星組・全国ツアー公演「アルジェの男」「ESTRELLAS~星たち~」の初日の映像を観ました。

今朝のニュースの中で、星組・全国ツアー公演「アルジェの男」「ESTRELLAS~星たち~」の初日の映像を観ました。

初っ端のこっちゃん、不良時代のジュリアンもカッコ良いし~♪俺の青春~と唄う歌も上手いし~最初から痺れますわ~!

「弱いもんを痛めるのは悪党でも下の下だぜ!」とジュリアンに言われて「そっちこそ古い!古い!」と言い返すジャックの愛月さん。
二人のパチパチ口喧嘩が始まって~

総督から財布を抜き取ろうとして腕を掴まれるジュリアン礼真琴…この場面、相当練習したんだろうな~と思いました。

髪型のリーゼントも悪っぽいですね~!ナイフで立ち向かうが振り払われて~総督の家に連れて行かれて~

「スリさんどうぞ!」にも笑っちゃいますが、奥さん(白妙なつ)が馬鹿丁寧で可笑しい(*^-^*)


「お前の中で燃えている炎が好きたから俺のところで働いてみろ!」と言われて~

「2か月もの間車を転がしているっていうぜ!」と早くもジュリアンの情報を知って居るジャックの愛月さん。

愛月さんも両手をポケットに手を入れて如何にも悪そう!

ジュリアンに「どんなに偉くなっても心のどこかに愛の住む場所は開けといてね!」とサビーヌ(音波みのり)でしたが~

映像は随分飛び飛びで~出世して、総督のお嬢様のエリザベート(桜庭舞)とダンスを踊る礼さんは、紫のスーツで~これも又素敵ですね~!

そのエリザベートに「パリ最高のシャルドンヌ夫人(万里柚美)のサロンで注目を集めて、ご満足でしょう!」と嫌味を言われるジュリアン。
 
そしてアナ・ベル(小桜ほのか)に「悲しい事でも~?」と言って近づき、目が見えないと告白される。

出世したジュリアンは、パリでの仲間たちと~(紫藤君を中心に)

パリのナイトクラブに連れて行かれ、そこで目にしたものは?何とサビーヌの踊り子姿!(きんきらですだれ衣装、これがはるこさんとは(@_@))

そしてサビーヌの楽屋にジャック(愛月ひかる)もいて「お前がアルジェで何をしていたか?を知ったら、紳士・淑女方は大層驚くだろうな~!と過去を暴かんばかりのジャック。

ミッシェル(紫藤りゅう)とジュリアンの場面は、「私には無い炎の様なものを持っている君と、いつまでも友達でいたいと~」言われる。
 
あなたを愛している」とエリザベートに告白するが、「嘘つき!」と軽く見破られるジュリアン。♪この手で~と力強く唄うこっちゃん!

アナ・ベルとアンドレ(極美慎)のシーン、この時はまだ幸せそうな二人でしたね! 

しかしジュリアンに「あなたは美しい!」と囁かれ首にキスされて~その気になるアナベル。

礼さんも上手いが、しつこく追いかける愛月さんもジャックになりきってて生で観たら入り込むだろうね~!


星組の若手一人一人が頑張ってて~頼もしいです!

 


そしてショー「ESTRELLAS~星たち~」は、プロローグから礼さんが真ん中でキラキラ輝いてて~歌もダンスもエネルギッシュで~パワーに溢れていて~嬉しくドキドキしてしまいましたが、

極美さん等若手が中心になったり~愛ちゃんと杏瑠さんの紫のお衣装で同期デュェットが観れたり~専科からの愛ちゃんが活躍する場が沢山有り、星組とすっかり馴染んでいられて~こっちゃんは有り難たそうで、感謝されてるし~愛ちゃんも星の皆と一緒に舞台に立つのが嬉しそうで~こんなに嬉しい事は無いです\(^o^)/


愛月さんの♪ホッとスタッフ~もノリノリでカッコいいし~紫藤君の♪サニー~は声もよくてかっこ良くなってきましたね!

そしてこっちゃんのタンゴは~激しいですね!

紅さんの時のラップとは違いましたが~♪思う存分吐き出して行こう!とこっちゃん!

そして‶星サギの夜”もあるんですね…ここでのこっちゃんは本公演と同じ役で、愛ちゃんがさゆみさんの役の様です。


そして黒燕尾もこっちゃん一人の掛け声で~う~ん!カッコいいな~!

こっちゃんとはるこさんのデュェットは、こっちゃんがはるこさんを見つめる目が優しくて~はるこさんもピンクのお衣装がよく似合って~素的でした!はるこさんと組めてこっちゃんの幸せ感が伝わってきます。

そしてパレードはこっちゃんは大羽背負って~こんなにわくわくドキドキの舞台がもうすぐ観れるかと思うと~それだけで幸せです\(^o^)/

舞台が終わって万里 柚美 さんのご挨拶では、令和になって初めての全国ツアーである事や、専科からご出演された愛月さんは、月の光も加わり~と紹介されていました。

全ツ恒例のご当地出身者は、梅田劇場という事で、大阪府出身の生徒さんが紹介されて~東大阪市出身の万里柚美さんも自己紹介されていました。

全国ツアー公演初主演で、先日時期トップスターへの就任が発表されました礼真琴さんのご挨拶が聞けました。

「星組に取りまして久しぶりの全国ツアーで、令和初の全国ツアーという事で、不安と緊張の中本日の初日を迎えましたが、日ごろからお世話になり~馴染みのあるこの梅田で、初日を迎えられたことはとても心強いですし、何より今日初めてお客様とこの空間を過ごして、皆様の暖かさにとても救われました。お芝居ではこれまで素晴らしい先輩方が、大切に作って来られた素晴らしい作品を挑戦させて頂きます事、幸せに思っております。

そしてショーは紅さん率いる星組で元旦から公演させて頂いておりましたが、今回はこのメンバーで、そして愛月さんの大きな大きなお力添えを頂き、このメンバーにしかできない新しい「ESTRELLAS~」を全国の皆様にお届けしたいと思っております。

北海道の千秋楽まで誰一人欠ける事無く、元気に最後を迎えられますように全力で精進して参りたいと思いますので~etc」と力強いご挨拶が聞けました


幕が上がって…今回の「アルジェの男」の作品の方では、2代目ジュリアンの峰さを里先生が、この作品に携わって下さいました。先生からは男役とは何ぞや?という事を沢山沢山教えて頂きました。
全国ツアーは今まで観た事も無い方が沢山観に来て下さると信じております…なので、これを機に宝塚の素晴らしさを全国に広めて行きたいと責任をもって毎日公演して参ります~」とご挨拶。

ドキドキしながら聞いて居ましたが、全ツ初主演としてはまずまずのご挨拶でした。

兎に角こっちゃん率いる星組の舞台で愛月さんも一緒に観られて本当に幸せの極みでした\(^o^)/

もうすぐ観れるので、首を長くして待っています。

長くなりましたが初日の様子でした。

 

 

 

2019年5月 5日 (日)

星組『アルジェの男』『ESTRELLAS~」全ツ公演の「ナウオン・ステージ」を観て。

星組『アルジェの男』『ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~』全国ツアー公演の「ナウオンステージ」を観て…司会は青柳万美さん

キャストはこちら



自己紹介から
ジュリアン・クレール 礼 真琴 
サビーヌ 音波 みのり  (ジュリアンの恋人)
ジャック 愛月 ひかる  (ジュリアンのアルジェ時代の仲間)
ルイーズ・ボランジュ 白妙 なつ (天然なお母さん)
ミッシェル 紫藤 りゅう  (ジュリアンの秘書仲間)
アナ・ベル 小桜 ほのか(盲目の少女)
エリザベート桜庭 舞(高飛車なお嬢様)


公式より
『アルジェの男』作/柴田 侑 ・ 演出/大野 拓史

1974年に鳳蘭主演、1983年には峰さを理主演、2011年には霧矢大夢主演で上演された作品の再演。
第二次世界大戦前、フランス占領下にあったアルジェリアとパリを舞台に、孤児として育ちながら、
大いなる野望を抱いて成功への道を駆け上がろうとする青年ジュリアンの生き様をドラマティックに描いた物語。
彼を愛する三人の女性達とのドラマを絡め、一人の青年の光と影を鮮やかに紡ぎ出す名作ミュージカルの再演です。

 


再演の話を聞いたときは?

礼さん…まさかアルジェの男をさせて頂くとは全然思って居なかったので、一番最近だと月組さんのイメージがあったんですけど、やはり初演が鳳さんでそして再演が峰さを里さんと言う、星組の大先輩が演じて来られた作品なので、それを又この星組で出来ると聞いた時は嬉しかったですし~その分大大先輩方が大切にされてきた役なので、それをどうやるかという事に関しては、ほんとに挑戦だなと思いました。

アルジェファンの方も多いし~不朽の名作と言う感じがする~と周囲も~。

音楽学校の時にやったそうで、タカラジェンヌなら一度はやったことがある作品なんだとか~びっくりです(@_@)

それぞれの役に付いて、役創りの苦労や抱負等。

礼さん …主役ではあるんですけど、思った以上に最低のやつ!主役となるとヒーロー・正義と言うイメージがある中で、自分ではそれが正義と思って居るのか分からないですけど、そもそもがちょっと悪い所に手を染めている。
そこから始まって、どんどん地位を上げて行くんですけど、それを女性を利用してのし上がっていこうと言う根本的な考え方が変わって居ませんので、ちょっと悪い心も上手い事だしていけたらいいなと思うんですけど、中々難しくて~お客様が見て居てどの感情に共感して下さるんだろうと言う所が~でもやっぱり最後は、結末がこうなって当然だって思わせなきゃいけないのかな?と言う風に、これだけ悪いことをして、人を使って蹴り飛ばして~来てしまって、ほんとの愛に気づいた時には、もう遅かった!(周囲から同情しちゃうとか悲しくなるとか・これからって時に~の声)やっと気づいた所ではもう遅かったんでしょうね!


サビーヌの音波さん…サビーヌを演じていてアルジェリアに居る時から5年後パリに行く時までの途中経過があっての一人の女性としての成長過程の中で、やっぱりジュリアンに対する愛がすごく大きくて~離れていたとしても女性の愛情の部分がどんどん大きくなっていくと言うのをお客様に伝えて行かなきぃけないのかな~と、ジュリアンが悪をしたりするけれどもそれが当たり前の場所にいるし、それを経てみんなが大人になっていく地域にいるので、それが普通の生活で、その点では、自分たちが悪いことをしていると言う事が無く、当たり前のことをしているので、ちょっと汚いことをしているこういうことをして~を目指しているのではなく~ジュリアンが黄金の道を目指して行ってるので、サビーヌとしてその後押しをして、背中を押して、5年後のパリとかはほんとにひっそり自分の身を削ってでも、その人が黄金の道を上っていく事を自分の夢としても描きながら見守っていきたいと言う、すごく愛情に溢れ優しい女性なんだなという事をすごく感じながら演じているそうです。


礼さん …劇中でも言っているんですけど、愛ってやつが分からないって言ってて、その前の場面でも2人の歌で~愛して死んでも良いっていう歌詞があるくらいと言ってはいるけどほんとの愛と言う意味が~分かっていないそうで、それをサビーヌはずっと分からせようとしてくれて~離れてもそれを忘れないでと言ってくれてるんですけど、分からないで行っちゃう。最後に気づかせる~ここまで思ってくれる人は居ないですよね!と力強く。


愛月さんは…ほんとに最低な~ほんとに救いようがない(皆笑い)今までいろんな悪役をしてきたんですけど、タイプが違う何も良い所が無いな~と言う(又また大笑い)どんなに役と共感しようとか、ちょっと役の同情できる部分を探そうと思っても探しようがないくらい(皆が笑ってます)小ずるいやつなんですよね。

多分もうジュリアンの手にしているもの全て手に入れたいみたいなそういう感じで、多分サビーヌの事も愛しているからではなく、ジュリアンの女だからモノにしたいとか~人の物を全部欲しがってしまう、悲しい人だな~と言う感じなんですけど、最初は中々嫌な感じと言う仕方が分からなかったけど、自分が最悪だな~と思うのをやればいいんだなと(皆笑い)自分がこれされたらほんとにイラッとするなと言うので、こっちゃんに絡んでいます(皆大笑い)

ジュリアンとジャックが仲良かったときはあるのかな?と言う話では、いつもヒリヒリしているとか~ヒリヒリの中にも友情は有ったんじゃないかと言う愛ちゃん。


白妙 なつさん…ジュリアン(礼真琴)が一番最初に出会う総督の奥さんの役ですが、ほっこりした部分をそういうヒリヒリした状況の中でも皆さんがクスッ!って思って頂けるような場面になったら良いなと。
天然とか~そういう部分が何も引き出しにないので~(雰囲気はすごく出ているとはるこさん)どの引き出しを開けたら良いか~?と白妙さん(皆大笑い)そこからこういう娘が生まれると言う~でエリザベートの桜庭 舞さんにバトンタッチ。

 


桜庭 舞さん…何処か変わってるところは受け継いでいる~(笑い)
すごい家族なんですよ!調子狂わされっぱなしで~とこっちゃん。

こんなかわいい天然なお母様と、可愛いけどエリザベートには甘々なお父様に~(皆が甘いよね~と異口同音で)
先生に、ちょっとお父さん(朝水さん)そんなにニヤニヤ娘を見ないように、微笑ましく見過ぎだと注意されたとか~(皆さんが笑い)

挫折とか何も味わった事が無い何不自由なく育て来たと言われて~いました。
誰からも愛されて当然と思って居たので、ジュリアンと出会った時に自分に全く興味が無いと言うのがほんとに驚きで~驚きと悔しさと
何か気になる~と言うのもあるけど、それを悟られたくないと言うのもあって、心の葛藤だったそうです。

5年経って、そこでジュリアンもどんどん変化されて、私も素的な女性に成長したと言う所も見せられたらいいなと仰っていました。


5年経ったという事は紫藤ちゃんが一言だけ言うそうですので、お聞き逃しの無いようにと!

 

紫藤りゅうさん…作品の流れと全然違う空気の所に居ると言うと言う光と影の光の人たちなので、そういう部分をより出したいと思うそうで、
最初ジュリアンの事を気に掛け過ぎて、ジュリアン!ジュリアン!君が好きだ!と言う(ここからがわいわいがやがや良く聞こえなかったですが)その後皆に色々言って頂いたそうで、ジュリアンに仲間だよと、バシッとした安心感を唯一与えるような、ほっこりしたシーンになればな~と、いつも掃けた後に一人でギターで唄っている時に悲しすぎて~好きになっちゃうと(唄っているジュリアンがやるせなくてこっちゃん♥
ラブ)そう言う明るい部分をより出していきたいと紫藤君。

 


小桜 ほのかさん…目が不自由と言うのが難しくて~礼さんからもいろいろ教えて頂いたり、もっと体で理解したいと思って、純粋に生きてる所にジュリアンさんと出会って~今まで観た事も無い世界に連れて行ってくれるジュリアンさん好きだなと思うんですけど~

愛ちゃん「ちょっとも無いの?彼女が可愛いとか~」に礼さん 無いんです!の言葉に(皆可哀想と!悲鳴にも似た声!)

礼さん は 、先生に教えて頂いたそうですが、エリザベートとアナ・ベルに関しては、女としての魅力を感じるのではなく、でもこの3人の女性がジュリアンの違う所を刺激してくるから、ジュリアンにとっても又新しい刺激を持つ女が来たと言う事で、この女だったらここを利用してやろうとか~そういった事ばかり考えているんだそうです。

最低だな~と愛ちゃん!どっちが最低かな~と分かんないくらい最低だと。


稽古場風景の映像が流れていましたが、

 


こっちゃんの♪愛は愛は~は、ほんの一節だけれども感情籠ってましたね~!

紫藤君の♪それがパリ!それがパリ!のシーンは楽しそうだけど、

アナ・ベルが歌う♪確かなものは何もないわ~は切なくて~

高飛車なエリザベートのシーンなどが観れました。


アルジェの仲間や秘書官仲間など、ここにご出席でない皆さんのエピソードなど。


派閥があり、細かく決めているので、喧嘩は良くないと思って居る中立派と、どっちつかずの人たちと、ジャック派・ジュリアン派はピェール。
一人一人がジュリアンと、ジャックに対する気持ちを深く考えて下さっていて、アルジェの時代は前半で終わってしまうので、楽しかった時代と別れが来てしまって別れて行くと言うのを前半で凝縮して出さなきゃいけないので~難しいと、試行錯誤考えてやってるとか。

 

アルジェの仲間とは真逆なパリの秘書官仲間は、はるこさんが歌い上げたら、突然シーンが変わるそうで、彼らは上流階級で育ちが良くて~紳士的で~5人のキャラクターも濃いそうです。

 


アンドレの極美さんが、ずっとアナベルの傍にいてくれて~アナ・ベルが落として壊れたオルゴールを直してくれてるとか~傍にいてくれる信頼と、もし目が見えて居たら、アンドレの優しさに気づけたのかな~とおもったり~と最後は余りに切なくて~と。


アナ・ベルとアンドレの身分の差も邪魔してるし、素直に自分の気持ちを言えない所が~切なく~この二人の所は泣けますね!とこっちゃん。

ジュリアンが部屋に入ってきた時のアンドレの顔はとんでもない顔をしてると愛ちゃん。(笑い)いやっと言うのが全面に出ているそうです。

この二人のシーンがあるから最後に繋がって~すごいドラマティックな場面になるそうです。

映像が流れて~運転手に成れ~の場面で、嫌だ~!やるんだ~!の二人の掛け合いが上手いですね~!

こっちゃんと愛ちゃんはお互いに最低な男と言いながらも、こっちゃんはそれでも未来に向かっての姿があるので~と仰っていました。

主演のこっちゃんも愛ちゃんもご自分の役を「最低のやつと!」と仰っていましたが、それでも役になりきる二人だからパチパチ火花を散らす関係が愉しみですね~!

大いなる野望を抱き~女性たちを踏み台にしてのし上がろうとするジュリアンの愛と健気にもジュリアンの為にすべてを捧げひっそりと生活しようとするサビーヌ、やっとサビーヌの愛に報いようとするジュリアンの前に思いがけない出来事が~

こっちゃんはトークの中で、これだけ悪いことをして結末がこうなって当然だって思わせなきゃいけないのかな?と仰ってましたが、これから~と言う時なので、あ~!ぁ~!と残念がる気持ちの人の方が多いんじゃないかと思いますね!

和気藹々の中で、それぞれの役への思いや、苦労した点・関係性など~が聞けて楽しかったし~観劇の参考になりました。

長い記事を最後まで観て頂きありがとうございますm(__)m

ショーの『ESTRELLAS ~星たち~』に付いてはこちら

 

2019年5月 4日 (土)

紅ゆずるの「LOCK ON!-スター徹底検証-」の感想です

今日の午前、11時より放送された紅ゆずるさんの「LOCK ON!-スター徹底検証-」の感想です。


星組・紅ゆずる「LOCK ON スター徹底検証」を観ました。2017年11月 8日

紅ゆずる「LOCK ON スター徹底検証」を観ました(続きです)2017年11月 9日

紅ゆずる「LOCK ON スター徹底検証」より、組子のアンケートは 2017年11月11日

番組詳細

 

2019年5月 3日 (金)

星組・全ツ「ESTRELLAS」の稽古場情報を見ました。

昨日のニュースで星組「ESTRELLAS」の稽古場情報を見ました。


聞き手は夢妃杏瑠さん・トークは前回と同じ朝水りょうさん・極美慎さん・奏碧タケルさんに聞きました。

本公演とは変わって、新しい場面も増えて又違ったショーの様で新鮮な気持ちで出来ると朝水さん。

‶Back”の場面にタケルさんが出る事になったそうで~皆さんに良かったねと言われていました。

極美さんは、‶ホット・スタッフ”と‶今夜はエンジェル”に出させて頂くそうですが、愛月さんが真ん中で~と嬉しそうでした!

スターライトパレードを礼さんが前唄っていた場面に極美さんと、天飛君と、小桜さんと水乃さんと新しく構成し直して頂くそうで、礼さんが素晴らしかったので~兎に角頑張りたいと。


奏碧さんは、‶Back”も黒燕尾も出ることになったそうですが、黒燕尾自体が初めてで、男役群舞が初めてなので~ザ・男役を魅せられる様に
頑張りたいと。


ショーの中で、それぞれが好きな場面は?

皆さん‶Back”と答えていましたが、極美さんは、客観的に観させて頂くとこんなにもカッコいい場面があったんだな~と言うのが分かって~
礼さんも素晴らしいし、KPOPならでわの空気が違うのが分かるとか。

奏碧さんは、礼さんが歌も踊りもほんとに細かく見て下さって、歌も個人個人一人一人づつアドバイス下さったりとか、踊りもパーツ毎にここはこういう空気で~とか本当に細かく教えて頂いたのでそれを身体で表現できるように頑張りたいそうです。


朝水さんは、沢山有りすぎて~一つに絞れないと前置きしながらも、やはり一つは‟Back”で、あと中詰めの♪ほっとスタッフ~のそこからは
娘役さんが出てくるところも又クールな感じで娘役さんのフィナーレもカッコいいと、色っぽくてすごく好きだそうです。


こっちゃんとはるこさん(音波みのり)の二人に歌を乗せるので見てても新鮮で朝水さんは見て居てジーンと来るものがあるとか、歌とマッチして大好きな場面だそうです。

 

ショーの見所と意気込みは


奏碧さんは、大劇場公演と同じ場所に出させて頂いたり、又新しい場面にも出させて頂くので、大劇場よりもさらにパワーアップしたショーに成れる様、その力となれる様一回一回大切に頑張りますのでよろしく~といきごみが聞けました。

極美さんは、爽やかな歌と男役らしい大人っぽい歌を最初と最後に唄わせて頂くので、場面によって色が変えられるように頑張りたいと。


朝水さんは、大好きな‶Back”の場面も注目して頂きたいのと、新場面は爽やかな青年をさせて頂きますので、そこも是非見て頂きたいですし~全ツメンバーは少なくなるんですが星組の熱いパワーを全国の皆さんにお届けしますので、楽しみにしていてください~と上級生らしい纏めの言葉で語られていました。

 

杏瑠さんはショーの中で2回客席降りなどもありますので~と

爆発して頑張りますので~楽しみにしていてくださいと頼もしい言葉が聞けました。


奏碧さんの言葉を聞いて、こっちゃんはご自分が主演でお忙しいのに、お一人お一人アドバイスされているとか聞いて、わぁ~!大変だな~!若手を率いて良い舞台にしたいと言う気持ちの表れですよね!こっちゃんらしい意気込みが感じられて嬉しいです\(^o^)/

トップ就任の前の公演ですが、歌もダンスも完璧なこっちゃんの舞台が今から愉しみでなりません。愛ちゃんと一緒の舞台も楽しみです!

陰乍ら応援しています。


星組、全国ツアー公演「アルジェの男」の稽古場情報はこちら

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月 2日 (木)

「タカラヅカ・スカイ・ステージ」6月ラインアップのお知らせ

公式より

6月の番組ラインアップはこちら

 

星組・全国ツアー「アルジェの男」&「ESTRELLAS~星たち~」の稽古場の様子を見ました。

今日のニュースに星組・全国ツアー稽古場「アルジェの男」&「ESTRELLAS~星たち~」の様子が入っていました。

ほんとに待ってましたのお稽古場風景で~わくわくしながらのめりこんで観入りました。


大勢が踊る中、現れたこっちゃんが真ん中で唄いますが、今までのWSSの様な幕開けでは無く、変わったようですね!

それもそのはずです唄えるこっちゃんが居るんですものね! こっちゃんが歌う中、愛月さんが踊って居て二重のうれしさ!

礼さんと愛月さんは対峙する役ですが、お~!初っ端からぶつかり合っていますね~!

愛月さんが役になりきる人だからこっちゃんもやりがいがあるでしょうね!

周りが心配そうに止めに入って居る。

こっちゃんと音波さんとの絡みも嬉しい!

礼さんに「怒ったお前も素晴らしく魅力的だ!」と言われるサビーヌ(音波みのり)は、♪いつもの口先だけでしょうと唄いますが、この時の礼さんがすごい色っぽい目で~(*^-^*)上手いな~!

そしてボランジュ総督(朝水 りょう)の財布を抜き取ろうとして腕を掴まれ失敗するジュリアン(礼真琴)

お嬢様のエリザベート(桜庭 舞)に 「あなたお仕事は何ですか?」と聞かれ困るジュリアン。即座にボランジュ総督が運転手と答え~
運転手は嫌だと言うジュリアン(礼真琴)に「やるんだ~!と強引な言葉。スリに失敗し、仲間にぼこぼこにされる礼真琴。

仲間からの抜け代を要求されて~

「どんなに苦しくてもあの総督に食いついて行く決心をした」とサビーヌ(音波 みのり)に打ち明けるジュリアン。

そして目が見えないアナ・ベル(小桜ほのか)に近づき~

献身的に尽くすアンドレ(極美慎) 

出世していくジュリアン(礼真琴)にはミッシェル(紫藤りゅう)を中心に多くの信用出来る楽しい仲間が居た。

そして、パリの劇場のサビーヌの楽屋には、ジャック(愛月ひかる)が居た。

「ここで何をしている?」とジュリアン、 「俺は今こいつと一緒にいるんだ」とジャック。裏切られた青春と唄うこっちゃん。

礼真琴中心の稽古場の様子が見れただけでも嬉しい!\(^o^)/しかも愛月さんも一緒に見れて~さ~いよいよ始まるぞ~と言うわくわく感でいっぱいです!

 


そしてショー「ESTRELLAS~星たち~」の稽古の様子は、

こっちゃんの歌から始まりますが、一列に並んだ星組生の真ん中で唄い踊るこっちゃん!

愛ちゃんと夢妃さん・極美慎さんの姿も~

そして愛ちゃん中心の♪ホット・スタッフ~ 

紫藤さん中心の場面~

こっちゃんの掛け声で始まる男役ダンスもかっこ良くて~早く舞台が観たい!きっと熱い全ツになるだろうな~と、心が弾みます。

専科から愛月さんを迎え、トップお披露目を目前に繰り広がられる舞台はこっちゃんの前哨戦!

大勢の若手を率いて~果てしなく広がる夢がこれから始まります(*^-^*)

こっちゃん、お顔だけじゃなく全体的にほっそりした感じですが身体に気を付けて頑張って欲しい。

霧矢大夢主演の「アルジェの男」の感想記事色々です2019年1月31日


 

2019年4月 9日 (火)

仙名彩世さんの特別番組に礼真琴さんがスペシャルゲストでびっくり!

4月28日をもって卒業される仙名彩世さんの特別番組を見て。

先ずは千秋楽の映像から~沢山のファンの方に迎えられて千秋楽入りの様子からでしたが、舞台では余り緊張する事は無かったとか~カサノバのピックアップした場面が観れました。

サヨナラショーのエイトシャルマンの事や、大階段の下で明日海さんに迎えて頂いて、すごく祝福を感じたそうですが、ご挨拶では3月11日という事もあり、素直に祝福を受けて良いのか躊躇いを感じていたそうで、でも皆さんに背中を押して頂いて~ここまで来れた事に感謝のお気持ちを伝えられていました。

 

明日海さんのお隣に立たせてもらった事で、私の人生は180度、いいえ720度位変わったと思うと仰って~
明日海さんは、いつも目指すべき道を示して下さり~いつも私を大きな心で導いて下さり最高の方だったそうです。

 

最後には音頭を取らせて頂き、花組ポーズをさせて頂き一つの区切りになったそうです。

 


思い出の舞台を振り返って

「ME AND MY GIRL」で初舞台を踏んだ事や・メランコリック・ジゴロ」で蘭乃さんと二人芝居した事・「フォーエバー・ガシュイン」で初主演をさせて頂けた事・そして新人公演では、桜一花さんのお役を沢山させて頂いた事などが聞けました。
又オーシャンズ11」や「エリザベート」のゾフィの事・「TAKARAZUKA夢幻」で初めて明日海さんと組ませて頂いた事等。

 

「風の次郎吉」では、手妻の幸を演じ、北翔さんに沢山の事を教えて頂いて~千秋楽ではやりきった感に満たされた事等が聞けました。

2016年の「リンカーン」でメアリー役をした時、轟さんは方向性を示して下さり、皆の力を引き出してくださるので、背中を追っていたそうです。


ミーマイではマリア公爵夫人と言う大役を頂き、また役替わりではディス夫人をしたそうですが、新人公演では気付かなかったビルとの係わりとか、瀬戸さん演じるジョン卿との係わりなど、係わりの深い方々との積み重ねが大切で、日々変わっていく芝居を少しでも感じて頂けたらと言う思いだったそうです。

 


そして何とここからは星組の礼真琴さんをゲストに招いて~夢のデュェットが観れました!

仙名さんは、何時かこっちゃんと一緒に唄ってみたいと、ずっと思って居て~、今回好きな事をやっていいよと言われて実現したそうです!

2人が大好きだ言う♪HOME~私の夢が叶う場所~という曲でしたが、現れたこっちゃんは、白いタートルネックに黒のスーツと言うスタイルで
こっちゃんは、とても初々しく~如何にも一期下と言うイメージでした。

仙名さんは柔らかなソプラノで唄われとても素的でした!こっちゃんは低い声で二人で唄うハーモニーがとても素敵で~暫し呆然と聞き入りました!


一度グラフで対談させて頂いて以来だそうですが、こっちゃんの中では、娘役を超えた役者!舞台人!としての情熱だったり、心だったりがほんとに素晴らしくて~とお褒めの言葉が聞けましたが、


卒業されてもずっと尊敬していますし~今度観に来て頂いた時に、もっと自分がしっかりした姿をお見せできる様に頑張りたいと仰って~
ずっと応援しています、ご卒業されてからもどうか仲良くしてくださいと言う言葉を残されました。

ほんとにこっちゃんにとってみれば、こんな一度しかないご卒業の特別番組にスペシャルゲストとして招かれるなんて言葉には成らないほど嬉しかった事でしょう!

それだけこっちゃんの歌が素晴らしいと認めて頂いてるからだと思います。

見て居る側も本当に嬉しい番組でした\(^o^)/

この続きはこちらに書きましたので良かったら見てね!

 

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

こども自然公演YouTube

無料ブログはココログ