スカイステージ2018年以降

花組 『CASANOVA』新人公演の映像を観て。

花組公演 『CASANOVA』の新人公演の映像を観て…主演の帆純まひろさんと華優希さんのお二人が、すごい美男美女で~お芝居も違和感なかったし~舞台終了後のご挨拶も、自分なりに上手かったですね~!

大劇が終わったばかりなのに、早く東京公演に向けてお稽古がしたくてうずうずしてる~ってすごいですね~!

今後の舞台は、少し気を付けて観ようかな~と思いました。

宙組「黒い瞳」千秋楽の映像より~色々と

スカイステージで、宙組「黒い瞳」千秋楽の映像を観ました。


ダイジェストでしたが、ニコライ役の真風さんの優しさが、ご本人にリンクして愛月さんもナウオンで仰っていましたが、今までの役の中では一番お似合いだったように思います。

 

 

そしてマーシャの星風さんも、離れ離れからやっと再会できた時の場面で、涙声のセリフはニコライの為を想っての健気さが感じられました!

 

 

そして愛月さん演じるプガチョフの豪快さ!ニコライとの馬車の場面など~少しの映像でしたが、政府軍との戦い場面も観れて~かっこ良かったし~プガチョフが縄でグルグル巻きにされ「うるせ~!」のセリフ後に掃ける時、客席からは大きな拍手が起こっていましたね!

 

 

ストーリーは帝政ロシアを背景に壮大な物語で~コザックの娘と貴族の将校との身分を超えた純粋な恋に涙を誘われる物語ですが~反政府軍の将軍となって国を乗っ取ろうとするプガチョフとニコライとの友情等~ 音楽は良いし~本当に見応えのある作品だと思います。

まだまだ先の話ですが、都合でライブも行けなかったので、是非DVDを買って観たいと楽しみにしています。

 

寿組長さんのご挨拶の中でも仰っていましたが、愛月さんが226日付で専科へ行かれることなど聞けました。

 

 

そして真風さんは「最初にご挨拶した時から今日まであっ!と言う間だった事や、お芝居ショー共に濃くお客様の熱を肌で感じることが出来る2作品に出会えた事に感謝されていました。

 

何度もアンコールがあり~そのたびに丁寧にお客様への感謝のお気をちを伝えられて~

 

又この公演で頂いた熱い思い・大切な心を自分自身でも大切にし~次の舞台へ繋げて行きたいと。

 

 

さらにアンコールでメンバー揃って全員で迎えられたことが幸せで~と感謝のお気持ちを伝えられていました。最後に、折角ですので、愛ちゃんに一言」と仰って~

 

 

愛月さんは「本当にこの博多座公演毎日が充実しておりました。幸せすぎて~皆様とのお別れを寂しいとばかり考えてしまう毎日でもあったんですけど、



私はこの「黒い瞳」でプガチョフと言う役を演じさせて頂いて、何があっても前へ進んで行く勇気を貰いました。

勇気をもらって次のステージでも輝きたいと思っております。皆さま今まで宙組の愛月ひかるを暖かく見守って下さり本当にありがとうございましたm(__)m



そしてあのプガチョフのセリフから~「今度は、いつどんな形で会えるかな~!じゃーなー!宙組!」と力強い言葉でご挨拶されていました。

 

 

これに対して

真風さんは「俺の胸をえぐるつもりか~!」と返し、プガチョフの言葉で返していました。

「愛ちゃんは、星組の全ツにて出演しますので、そちらの方も、皆さまご声援よろしく!」、とトップとしての応援の言葉が聞けました。

 

 

私は礼真琴さんと一緒の舞台に出られる愛月さんが楽しみでなりません!

 

ジュリアンを執拗に追いかけるジャック役ではあるけれど、上手いんだろうな~と、楽しみにしています。星組への特出期待しています\(^o^)

 

 

「翔け!すみれんず~」で礼真琴✕柚香光のトーク。

一昨日、スカイステージで番組を予約しようとして、テレビを点けるといきなりまこっちゃんが出ていてびっくりしましたが、「翔け!すみれんず again!~私のふるさとガイド~東京 part1」と言う番組でした。


東京都江戸川区出身の礼真琴さんと、杉並区出身の柚香光さんのトークでしたが…



礼真琴さんは、今は江戸川区だそうですが、小学校高学年まで名古屋だったそうで、名古屋生まれで名古屋育ちとか~昔から音楽番組が好きだったそうで今流行ってる音楽や歌手の人の話をしても通じなかったとか~でも東京に来たらみんなが知ってて~

かれいちゃんに突っ込まれると、いやだからと言って名古屋を否定しているわけじゃなくて~江戸川区なんて一歩行ったら千葉だから~橋を渡ったら千葉…だからと言って千葉を否定しているわけじゃないが~と(*^-^*)。


かれいちゃんにディズニーランド近いじゃないですかと言われると、車で10分位だからとドヤ顔していたらしいが…。

マンションの上の方に住んでいたから夏になるとディズニーランドの花火が見えたと言う…でも番組的に東京が一番落ち着くらしい。

何でもあるし、遅くまで開いてるし~、東京は元気だと言う。スカイツリーも見えると言う。東京公演の時に行くところは“根岸”と言う牛タン屋さんだと言う。あれは関東にしか無くて美味しいとか~かれいちゃんも知って居て、話が弾んでいましたが…




一方、柚香光さんが住んでた杉並区は古き良き住宅街があって、3軒位駄菓子屋さんがあったとか~東京なんだけど~のどかな風景も残りつつ~渋谷・新宿には電車で10分と言う便利さで~こっちゃんにめっちゃいいね~と言われてました。


離れてみると結構いいところに住んでたんだな~と思うらしい。

のどかで良い所で~ここでもどや顔していたらしいが、宝塚も良い所があってどっちも良いと。

東京公演の時に絶対ここは行きますと言う所は?と聞かれると、かれいちゃんは、代々木公園と答えていましたが…


買い物へ行くときはどこへ行く?の話では、二人とも新宿は迷って分かり難いらしい。

かれいちゃんは思い出したらしく、好きな所は代々木公園が好きらしい…みんなが自由な事をしているらしい…サックス吹いて居るお父様が居たり~走り回る人が居たり~劇団の方がお芝居の練習をしてたり~ほんとに自由で~同じところにずっと座っている人が居たり~(こっちゃんはそれやりたい)毎回と言うほどは行けて無いけど結構好きなスポットだそうです。


こっちゃんに賑やかな東京のど真ん中で~


しかも代々木と言う超都会のど真ん中にある、でも不思議な穏やかな空気が流れている代々木公園で、自然に触れる~芝生の上でボケーとしている(そういう雰囲気有るよねと言われる。)


柚香光に習ってみなさんも自然に触れてみて下さいと結んでいました。




まぁ~二人とも同期だけあって、遠慮なく良く喋るわ!喋るわ!二人はちょっとの時間でしたが、立て板に水の如くにお互いの住んでるところを紹介し~ふるさと自慢をされていました!


「翔け!すみれんず」と言う番組の中のほんの一部でしたが、興味深く聞くことが出来ました\(^o^)/

星組「霧深き~」「ESTRELLAS~星たち~」の初日の映像&インタビューより

星組「霧深き~」「ESTRELLAS~星たち~」の初日の映像を観ました。

お芝居はぴっくあっぷしたシーンでしたが、本当に名作と言われるだけの事はある良い作品ですね~! 私も観て来たばかりなので鮮明に思い出します。



ショーはプロローグから♪エストレージャスの曲が何度も流れて~ノリノリで覚えやすい曲で~星たちが次々と歌い継ぎ~素的ですね!


こっちゃん中心の♪記憶の奥にしまい込まないで~!は何度見ても唯々すごい!の言葉しかない!


紅ゆずるさんは「霧深きエルベのほとり」は何度か再演された作品でございます。菊田一男先生による宝塚歌劇の為に書かれたと言う作品です。 今私たち星組がさせて頂くと言う意味・そして大きな挑戦・とても光栄なことと思っております。
そしてショーは「ESTRELLAS~星たち~」は、ここにおります星たちがきらきら輝いて~皆様に笑顔をお届けいたします。そして専科より一樹千尋さん英真なおきさんにご出演頂きまして千秋楽まで頑張りますので、皆さま応援のほどよろしくお願いいたします。」と言う初日のご挨拶でした。


終演後のインタビューを受けていましたが、

「霧深きエルベのほとり」について…

紅さんは「今と全く価値観が違う作品ですので、幸せと言う言葉がいっぱい出てくるんですけどその幸せと言うのも私たちが今感じている幸せと、その当時の水夫が幸せをどう感じていたか?とか、そこが全然違いますので、今の時代に古き良きを知り~新しきを生み出すと言う気持ちでやっています。



綺咲さんは、「今の時代の人間として、こうして携わらせて頂けたことが、とても光栄ですし~いい意味で今の時代のお客様にも共感して頂けるような舞台創りをしていきたいなと思います」



大切にしたことは

紅さん「一場面一場面で、毎回同じことは出来ないので、それが生の醍醐味なので~その時に生み出される新鮮なものを、どこまでリアルに自分の体を通してカールシュナイダーと言う役をするかという事と、前の出演者をどう感じて(その子たちも毎回やることは違うので)始めてやっている様に~そういうことを大切にしてやっている公演です。

綺咲さん「マルギットとしてカールと出会ってから大きく変わっていく部分がありますので、前場面もちろん大切に新たな気持ちでするんですけど、特に初めて出会う所を、いかに毎回ほんとに初めて出会ったように演じることが出来るかが、毎回気を付けながらやっております。

「ESTRELLAS~星たち~」のお勧めシーンは?

紅さん「お芝居要素が強いので、私が燕尾で~が中々無くて~私自身も新鮮ですし~お芝居要素が強いことによって、お芝居の延長と言う感じを受けるので、毎日新鮮に楽しくやっています。



綺咲さん「デュエットが好きです!階段の上から徐々に近づいて行くんですが、ほんとに幸せです!



退団を発表した今の気持ちは?

紅さん「それはさておき、「霧深き~」「「ESTRELLAS~」は、毎回新鮮な気持ちで挑んでいますので、もちろんファンの方のいろんな思いもございますが一回一回の公演を私たちも命がけでやっていますので、その一瞬一瞬を楽しんで頂きたいと思って居ます」と答えられ~退団を発表した後の今の気持ちは聞けませんでした。




初日の様子とインタビューの様子でした。

雪組「ファントム」千秋楽の映像を観て。

少しカメになって仕舞いましたが「ファントム」千秋楽の映像を観ました。

主要シーンが流れて、劇場で観た時のリアル感が蘇ってきますが、本当にこの舞台はどのメディアも絶賛されてた通り、トップお二人の歌が素晴らしくソロで聴いても、デュェットで聴いても圧倒され~喜びや悲しみが感じられ心を持っていかれました!

そしてあの銀橋の親子の対面のシーンは、映像で観ても感動し涙を誘われます!


又、フィナーレの真っ赤なお衣装に身を包んだトップお二人のデュェットにも熱い愛を感じました!

今回の舞台で唄われたファントム望海さんと、クリスティーヌ真彩希帆さんの数々の歌声は、きっと多くの人の心に残った事でしょう!



その他、主要メンバーであるキャリエールの彩風さん・シャンドン伯爵の彩凪さん、新支配人のアラン朝美絢さん・カルロッタの舞咲りんさん・若かりし頃のキャリエール永久輝さん・幼いエリックを演じた彩海せらさん等、雪組全員が一丸となり役になりきり~素晴らしいファントムの世界を魅せてくれました。

退団者は、優美えりなさんと陽向春輝さん。

望海さんはご挨拶で、夢は果てしなくあり~次から次と望んでしまいますが、今こうして素敵な舞台に立たせて頂けて居る事が何よりの夢なんだと改めて感じることが出来た毎日でした!

この雪組メンバーでお届けする「ファントム」は今日で終わってしまいますが、この作品が皆様の心の中に、オペラ座の地下に咲く白い花の様に、美しく咲き続けられることを願っています」とご挨拶されていました。

最後に望海さんは、手が痛くなるほどに沢山拍手をしてくださった皆様や、ライブ中継を見て下さってるお客様にまでも感謝され幸せそうな笑顔で手を振って居られました。


私は一度しか観に行けませんでしたが、お友達と一緒にSS席で観た時の感動が蘇ってきました。



この舞台は是非DVDを購入し、細かい表情等も観てみたいと思って居ます。

素的な千秋楽の様子でした!

「霧深きエルベのほとり」「ESTRELLAS」の稽古場風景を観て。

ニュースで星組東京宝塚公演「霧深きエルベのほとり」「ESTRELLAS」の稽古場風景を観ました。


最初はビール祭りで楽しそうなカールとマルグリット、船乗り仲間の様子など、次第に深刻な場面になって~最後はお金をもらって別れを告げたカール~等、主要シーンが流されて~きっと全部通して観たら、どんなにか切ない物語だろうな~と思いながら観て居ました。


そしてショー「ESTRELLAS~星たち~」は、紅さんの歌から始まり、あ~ちゃん・そして3組のデュェット・琴ちゃん中心の場面・カイチャン中心の場面と流れ、紅さん・あ~ちゃんの場面となり、琴ちゃんのシーンとなり、又紅さん中心となったり~せおっちが唄い~フィナーレの黒燕尾になり、その後は紅さんとあ~ちゃんのデュェットで終わりましたが、トップコンビの活躍はもちろんですが、真琴ちゃん・七海さんの活躍も結構あってすごいな~と感じました!



いよいよ東京だな~とわくわくしていますが、私は来週早々に観に行く日を楽しみに首を長くして待っています。

「スカイステージ・トークリクェストDX愛月ひかる✕怜美うらら」を観ました。

「スカイステージ・トークリクェストDX愛月ひかる✕怜美うらら」を観ました。

愛月さんが怜美さんをリクェストした理由は、丁度卒業して1年経っているそうで、連絡は取っていても中々お話する機会が無いので~と仰っていました。

下級生の頃の思い出の舞台について色々と話していましたが、怜美さんがカサブランカで男役やってた話や、新人公演では、花道の端で髭を着けて立っていた話をされててびっくりしましたが、面長で男役も似合っただろうし、あの美しい男役さんは誰だろう?と思われたでしょうね!

お二人がご一緒した舞台は、北翔さんも出演されてた「記者と皇帝」で、怜美さんはまだ下級生の頃で芝居のしの字にもなって無い時だったそうで、でもお芝居は日常生活の一部と言う事が分かって~それでもナレーションの様になって仕舞って~

愛月さんとの初絡みは「華やかなりし日々」だったそうですが、その時はまだ怜美さんの進化はそれほど進んでなく、愛月さんは、一度セリフについてアドバイスしたことがあったとか~

新人公演は本役さんが居らっしゃるので、参考にさせて頂いたそうでうが、自分一人で創り上げるとなると、特に役の人生を生きるとなると、理解しにくくて~

でも愛月さんは祐飛さんの役をさせて貰うことが多かったし、ゆりちゃんは、すみ香さんの役をされることが多かったから、二人とも芝居が素晴らしかったから、あの時代に入れた事が貴重な時代だったな~と振り返って、愛月さんは、「当然として観ていたことがどれだけ勉強になっていたか!」呟いていました。

お二人のPROFILEを紹介した後、



共演した思いでの舞台について
~沢山聞けました…「SANCTUARY」の最後に二人でデュェットでワルツを踊ることが出来~「仮面ロマネスク」の最後の様で、愛月さんは憧れてた最後のデュェットを真っ赤なスカートのゆりちゃんと踊ることが出来て最後抱きしめながら暗転で~幸せだったと懐かしそうに振り返っていました。
お互いロン毛で素的だったと褒め合い~「SANCTUARY」の話で盛り上がっていました。

「メランコリックジゴロ」の話でも関西弁で楽しかったとか、面白かったとか~自分に一番合っていた~とか正塚先生がお手本がお上手だから~とか話し合って楽しそうでした!

宙組時代に4人でフランスへ旅行言った時の楽しかった事を話しながら思い出に浸っていました。


愛月ひかるの魅力
…愛月さんは、宝塚がすごくお好きなので、それが舞台前面に表れると怜美さん。


怜美うららの魅力
…男役さんへの寄り添い方が絶妙だそうです。気を使わせすぎないそうです。後アクセサリーのセンスとか髪型のこだわりとかを絶賛されていました。
アクセサリーや髪型は妥協する事無く拘りたいと言ううららちゃんと、アクセサリーには結構興味があると言う愛月さんは、アクセサリーの話で盛り上がっていました。

うららちゃんが、退団して初めて観た宝塚が「不滅の棘」だったそうで、「あの白いコートを着てあれほど似合う人は居ないんじゃないか?」と言われていました。

愛月さんはいつも奇抜な役で力を出し切っちゃうそうですが、不滅は頑張らないのがカッコいいみたいな役だったので~出しすぎないでどれだけ引き算していくかの役だそうで、あの役をやってから力まず出来るようになったそうです。



普通に立ったり座ったりして男役に見えるのが男役の魅力じゃないかと仰って~力が抜けたかっこ良さになるんじゃないかと。

うららちゃんは、不滅の役は、愛月さんにぴったりでした!と絶賛されていました。

「白鷺の城」の日本物も良かったとお褒めを頂いていましたが松本悠里さんとさせて頂いて勉強になったそうです。



愛月さんが出演した番組で印象に残っているものは?…
朝夏まなとさんのBrillianto DreamsーNEXTに出演した時の「明日へのエナジー」が思い出に残っているそうです。

 


今までに出演した番組で一番楽しかったのは?…
ご自身のBrillianto Dreams」で下級生二人にファッションを選んで頂く番組で楽しかったそうです。


今後愛月さんが出演してみたい番組は?…
組を超えてお芝居が出来るとか~だそうです。


怜美うららさんと共演するとしたらどんな番組に出演したい?…
芝居がかったポートレートを二人で撮影する番組もいいかなと。

キーワードトークでは“温泉”は行ったよね!楽しかったらしくまた行こうね!と約束していました。

“美”については、鉄分の話になり~お二人とも結構勉強されているようです!うららちゃんは栄養管理とかに興味があるので資格を取ったら?と言われていました。

愛月さんは今、ヤムナ?(骨の調整)に嵌っているとかの話をされていましたよ!

今度はうららちゃんからの質問…役を頂いて一番初めにすることは何?



再演することになったら、愛月さんは過去の作品を観るそうです。カッコいいと思った事は真似すればいいと思うから資料は観ちゃう派だそうです。



うららちゃんも真似しても同じには出来ないから、目標にしたり、イメージしたりするのに観るそうです。、

又愛月さんは、台本読んで最初に感じたイメージを大切にするそうです。

うららちゃんは、その役のイメージをざっくりと想像して~お二人とも大まかな事しか考えないそうです。



愛月さんのファッションのこだわりは?…
雑誌などは良く見るそうですが、海外のモデルさんなどをよく見るそうですが、宝塚の男役としての品格は落とさないようにする。

うららちゃんは卒業して一年経って…毎日が刺激的だそうです。お会いする方がその公演ごとに違うので、辞めてからの方が刺激的だとか。

愛月さんも専科へ移動するので、きっと刺激的な事ばかりになるんだろうな~と仰っていましたが、宙組は特に暖かく~皆さんお優しいから、今思うといっぱい護られてきたんだな~と思うそうですが、これからは出会った事が無い人たちと沢山出会って行くと思うから、人としても舞台人としても成長出来たらなと思うのでお互い違った世界ではあるけれど楽しみにしています!と、これからが感じられる言葉を交わして終わりとなりました。




お二人の過去の舞台の事から、これからの事・またオフの健康面での事等、沢山聞かせて頂き~お互いのお気持ちや、お二人の仲良しぶりが感じられて~素敵なトークでした\(^o^)/


お二人とも頑張ってください!

星組「霧深きエルベのほとり」の「ぽっぷあっぷTime」を観て。

東京公演をより楽しんで頂くための「ぽっぷあっぷTime」…芝居は「霧深くエルベのほとり」・ショーは「ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~」のとっておきトークをたっぷりお送りする番組を観ました。

トークメンバーは、音波みのり・麻央侑希・紫藤りゅう・有沙瞳・天華えまの5名でした。

菊田一男先生の作品に惚れ込んだ上田久美子先生の潤色・脚本の舞台です。

先ず役に付いて~

麻央さんは、今まで何度も公演されてきた中では無かったキャラクターなので植田先生がそのキャラクターについてどれぐらい知ったうえで書かれたか?は分からないけれど、だんだんだんだん自分自身に近くなってきているとか~でも自分に近いからこそ難しいそうで、テンポ感とかを気にしながら~絡む人たちがみんな愉快な人たちなので、笑顔になれるのが幸せな空間だそうです。

同じく船乗り仲間の紫藤 りゅうさんは、リコちゃん(天華えま)の弟役(エンリコ)をやっているそうで、天華さんは自由奔放だそうですが、「最近似て来たね!」とトビアスの兄貴(七海ひろき)に 言われるとか~「やったー!」と自分たちで拍手されていました。

裏話で麻央さんは、エルベ川で魚に餌をやっていると裏に人影が見えて、エサをパクパク食べてくれるとか。

ストーリー上、どんどんシリアスになっていく中で、 船乗り仲間の人たちがほっこり気持ちを和らげて 次のシーンへ行ける様、演じているそうです。

船乗りって大変なはずなのに、丘にいる間は、皆がリラックスして~麻央さんはじゅんこさんに遊ばれているそうで、上流階級の方に申し訳ない位と仰っていました。

有沙さんは…お姉さまとシュザンヌ(有沙瞳)の 違いを出せたらいいねと言われているので、 フロリアン(礼真琴)を一途に思って居るシュザンヌなんですけど、11場のパーティで  お母さまや、お父様や、お姉さまを思って身を引くわけですが、心の籠った演技が出来たらいいな~と毎日思って居るそうです。

音波 みのりさんは…シュラック家のパーティは、重い重い空気を ひろさんがぐっ!と締上げて、あのお父様だからこその重みと言うか、抱えているものが重すぎて、あそこまで懐の深さを表現できるのはひろ様の~(皆さんがすごいね~と異口同音でしたが)

そのパーティの場に居る音波さんは、銀橋のところまでは繋げてお芝居を作って居たそうですが、先生からは、シュラック家で起きてる惨劇もちょっと分かった上で、悲惨な状態になっているカールの所に、駆けつけると言う思いを引きずってほしいと指示があったとか~、一度落としすぎた時があって、出た時から爆泣きしてしまったけど~それは違っていて、その次に繋がっていく架け橋だなと思って毎日やっているそうで、毎日全然違うカールさんと向き合って~でも昔の恋人としてのお芝居も踏まえつつ、東京も頑張って進化していきたいと仰った居ました。

新人公演のお話しは、

有沙さんは…ほんとにこの素晴らしい作品で、終えられることを感謝と共に、新人公演はまた違った角度から公演の事を勉強出来て、すごく視野が広がったと思うそうで、東京も頑張りたいと仰っていました。

天華さんは…真逆の役(フロリアン)を頂いて、正統派で男役と言うお役を最後にいただけた事は、本当に幸せだなと思うそうで、毎日11場・12場を毎日見学させて頂いて、真ん中に立たれる3人の方達が、毎日違うお芝居をされるのを見て、自分もどういう風に進化して行けばいいのかとか~を体感しているので、こんな貴重な経験が出来るのが最後になって仕舞うので、東京に向けてもっと反映させて頑張りたいと仰っていました。

良い経験をさせて頂いて~と東京の本公演・新人公演も吸収して頑張りたいと意欲を燃やしていました。

この後テーマトークでは

お気に入りのセリフ…「あばよ!」「泣きたいだけお泣き!」
紫藤さんは、シュザンヌがフロリアンに言われる台詞(大勢で言うのではっきり聞こえませんでした。)を挙げていましたが、有紗さんも言おうと思って居たけど自分が言われるセリフなのでと躊躇していたようですが、頬が赤くなってると言われて恥ずかしそうでした、

またショーの「ESTRELLAS」のお気に入りのシーンについて、白鷺のシーンや、黒燕尾・礼さんがセンターのKポップのシーンについて等が挙げられていましたが、カッコいいとか、振りが付いてからの過程の事等も熱く語られていました。



有紗さんは、デュェットダンスが好きだとか~プロローグのデュェットダンスや、フィナーレの3組のダンスなど、熱く語られていました。

退団される七海さんとのエピソードでは、どうやったら娘役さんを虜にできるのかをずっと見て居て~(*^-^*)

紫藤さんは、お兄様との時間を独り占めする時間があるそうで、そこで七海さんが言うセリフに心をかき乱されるそうです。

音波さんはタカラヅカ・スペシャルでご一緒した時に髪飾りのパーツを拾って頂いたとか~
お礼に行ったときにポヤポヤとした感じで「そんな来なくて良かったのに~」と仰って頂いたそうで、星組に来て下さり前からイケメン且、優しい方だなと重々承知していたそうですが、うちの組へ来てくださっていろんな面を見せて下さる素敵な男役さんだったので、笑顔で送り出せるようにしたいなと仰っていました。


又ジャズが好きだと言う紫藤さんは、リズムを取って今にも踊りだしそうでしたよ!

その他流れ星を観たら何を願うか?等を聞かれていましたが、ほんとに人それぞれに色々聞けました。

私も来週には観に行けるので、この番組見ておいてよかったです!
カールとマルグリットもですが、礼真琴さんが、真面目な役をどう演じるのか?が楽しみです!
そしてショーのKポップもテレビでは見て居ますが生で観るのを楽しみにしています。!

ニュースで花組「CASANOVA」稽古場情報より、トークは桜咲彩花さんと和海しょうさん。

ニュースより花組「CASANOVA」稽古場情報を観ました…トークゲストはダニエラ役を演じる桜咲彩花さんと、マヌッチ役を演じる和海しょうさんでした。

 

桜咲彩花さんは、仙名さん演じるベアトリーチェの侍女役を演じるそうで、ゆきちゃんとずっと一緒だとか~常に二人でわいわいキャッ!キャッ!言ってる対照的な役だそうです。

 

 

発散的なキャラクターを演じるのは初めてと言う桜咲彩花さんは毎日がすごく楽しいそうです。

 

 

和海さんは、コンデュルメル伯爵(柚香光)の部下で、優波慧さんとずっと二人でカサノヴァを追いかけているいるそうですが、 振り回されているそうで、最初はバシッと決めてかっこ良く登場している割にはどんどんへっぽこな感じになっていくそうです。



司会の航琉ひびきさんが演じる役が、明日海さん演じる カサノヴァの育ての親の様な存在で、明日海さんがやるインチキ占いに嵌って居て、神様がいると言うパラリス神役に声だけで和海しょうさんが出演されているそうです。

 

 

明日海さんに降臨して居る時のみ声のみやってるそうですが、唄った直後にマヌッチ役としてすぐ捕まってしまうので、別人に見られるようにやっていきたいとか。

 

 

 

プロローグは綺麗で華やかだそうで、盆が回って豪華だそうです。セットもベネチアらしいとか。

 

 

 

お気に入りのシーンは、あすうみさんが宮殿に忍び込むそうですが、最初は侍女とか~だんだん皆がきゃ~!となって、今回明日海さんが現れると途端に娘役さんが取り囲む状況が良くあるとか~ほとんど舞台上が娘役さんになるそうです。

 

 

 

明日海さんが問いかけると娘役さんが一斉にはい!となるそうで、追いかけている側としてはいつも娘役さんに邪魔されてカサノヴァを捕えられないと言う状況が続いているとか。

 

 

和海さん達も娘役さんたちに囲まれて、連れて行かれたり~追い払われたりするそうで、舞台上が華やかだそうです。

 

 

 

そして今回はべいちゃんが卒業公演ですが、桜咲さんは笑いながらまだまだ実感はないそうですが、お稽古の一瞬一瞬を大切にして~皆と過ごせる時を楽しんで、そしてお客様に楽しんで頂けるように頑張りたいそうです!

 

 

 

司会の航琉ひびきさんは~お稽古場など、これがもう見れないのかと思うと~涙が溢れたようで「泣かないで~!」と言われていました。

 

 

和海さんは、予科生・本科生の時から思い出すといろんな思い出があるそうで、可愛い人いなくなっちゃうのが寂しい!と。

 

 

初日までにお客様に楽しんで頂けるように創ってお送り出来たら~と仰っていました。

 

生田先生の大劇場一本物のデビュー作品だそうで、思いがいっぱい詰まった作品に明日海さんと仙名さん率いるを花組のメンバー全員でお客様に心から楽しんで頂けるように、精一杯頑張りたいと仰っていました。

 

 

 

(桜咲さん実力派だったから本当に惜しいですけど~最後まで頑張ってください。)

星組大劇場「霧深きエルベのほとり」「ESTRELLAS」千秋楽の映像を観ました。

星組大劇場「霧深きエルベのほとり」「ESTRELLAS」千秋楽の映像を観ました。

 

カールとマルグリットが出会ってからカールの自惚れの強いセリフが続き~

 

船乗り仲間のやり取りも色々ありそうで面白いですね~!紫藤さん結構オフとのギャップを感じますね!

 

マルグリットの父親に「君はマルグリットを愛してなんぞいない!だからマルグリットがあんな男と結婚することを平気で見て居られるのだ!」と言われたフローリアンが、マルグリットを想い、♪今も忘れられぬ夢よ~と切なそうに唄う真琴ちゃんに真面目さが感じられる。

 

 

 

「俺と一緒にこの家を出て行くんだろうな~!」とカールに問われたマルグリットが「え~っ!と答えると満足げのカール。

 

 

 

直ぐにショーの映像となって~え~っ?お芝居はこれだけ?


 

先ずはリズムに乗って♪ESTRELLAS~客席降りで賑やかに~そしてこっちゃん・かいちゃんと有沙瞳ちゃんのカップル・紅さんを中心に♪ツーナイト・そしてこっちゃん中心のあの振りの早いシーン♪今でも~僕は君だけを追いかけている~と唄い、

紅さん中心のシーンとなり、綺咲愛里さん中心に女役さんが大勢で踊り~

 

男役の全員が真っ白いお衣装で頭に羽根を着けて~綺咲さんは紫のお衣装がきれいですね!

 

続いてせおっちが紫のスーツで銀橋で唄い踊り~・綺咲さんの色っぽいシーンへと続き~



大階段に紅さん・礼さん・七海さんの3人がポーズ、男役の黒燕尾、そして紅さんと綺咲さんのデュェットへと続きます。

 

 

 

デュェットでは最後綺咲さんに抱きつかれた紅さん、嬉しそう!汗びっしょりの紅さんでした。

 

 

万里柚美組長のご挨拶は、菊田一夫先生の書き下ろした作品を上田久美子先生に潤色演出して頂き、星組で公演させてもらった事や、専科から一樹千尋さん・英真なおきさんにご出演いただいた事等が報告され、その後退団者4名を紹介されていました。

 

 

 

退団者は天翔さくらさん・華鳥礼良さん・瀬稀ゆりとさん・七海ひろきさんの4名でしたが

皆さんが、決して平たんな道ではでは無かったけれど、家族や星組の皆さん・ファンの皆さんに支えられて~とお礼の言葉が聞けました。

 

 

 

七海さんは明日海さんと紅さんからカラーの花束を受け~ご挨拶され、

 

「初めて宝塚と出会った時、心が震えました!私は、宝塚に恋をしたんです。その時からずっと宝塚に夢中でした。たった一度の人生の中で宝塚と出会い、素的な上級生の方々・愛する同期・頼もしい下級生・そして何よりお客様・いつも応援して下さるファンの皆様と出会えた事・沢山の出会いの中から生まれた大きな愛に包まれて~今の私が居ます。

 

 

一人では決してみる事の出来なかった景色を皆さんが見せて下さいました。ここから見える景色は本当に美しいです!私の一生の宝物です!この宝物を胸に七海ひろきは、宝塚を卒業します。16年間、私と出会って下さり支えて下さったすべての皆様に心から本当にありがとうございましたm(__)m」と落ち着いてご挨拶されていました。

 

 

 

そして紅ゆずるさんのご挨拶は「元日から始まりましたこの公演も一樹千尋さん・英真なおきさんのお力添えを頂き本日無事千秋楽を迎えることが出来ました。

宝塚105周年の幕開け公演としてお客様に本当に暖かく見守って頂き、私たちは本当に勇気を頂きました。

 

ただいま挨拶をいたしました退団者4名は、宝塚大劇場は卒業でございますが、東京公演は出演しております。皆さまぜひぜひ東京にも星組一丸となって頑張って参りますので、応援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

♪フォーエバータカラヅカ~の曲に乗り~幕が閉まってもすぐまたアンコールで、退団者4名に暖かい拍手をされたり~一言筒の言葉が聞けたり~

 

カイチャンは星組と出会えて本当に幸せでした\(^o^)/~星組最高!さゆみさん最高!と大きな声で叫んでいましたが、さゆみさんも泣きそうでした!

 

 

今年の恵方は東北東!つまり東京方面です。是非是非東京公演にも~とお誘いされていました。

 

最後にさゆみさんはまた一言…多くのお客様に足をお運び頂きました事へのお礼の言葉が聞けました。

 

 

東京公演も頑張りますので~と言って七海さんや、瀬稀さんの肩に手をかけながら幕が下がりました。

 

 

こっちゃんは、まだ東京公演があるからでしょうか泣き顔も見せずパレードでは穏やかなお顔をされていました(*^-^*)

 

 

すごく穏やかで暖かい雰囲気の千秋楽風景でした

 

 

 

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

いの Twitter↓フォローよろしく!

マイYouTube


マイサイト

無料ブログはココログ