« 美弥るりかさんの退団に思う事。 | トップページ | 瀬奈じゅん主演の「パリの空よりも高く」の記事色々です。 »

2019年1月30日 (水)

花組「ポーの一族」を観直しました。

今日、お昼寝の時間を返上して改めて花組「ポーの一族」を観直しました。

 

 

 

原作/萩尾
望都・脚本・演出は小池 修一郎による「ポーの一族」を今回初めて映像で最後まで観ましたが、

 

 

 

永遠に年を取らず生き永らえていくバンパネラ“ポーの一族”は、人々に恐れられながらも、その正体を男爵と名乗り~一見華やかで~美しい家族と称えられながらも、しかし最後まで観れば、エドガーを除いては何と儚くも悲しい生涯だったのかと~

 

 

 

結局、男爵夫妻は、愛し合い~硬い絆で結ばれながらも、娘のメリーベルを治療してもらった医者のジャン・クリフォード(鳳月杏)と知り合い、その医者が自分に好意を持って居る事を知ったシーラは、彼を仲間に誘うが、シーラが鏡に映らなかった事や、脈がない事からジャン(鳳月杏)にバンパネラであることに気付かれて~躊躇うことなく撃たれるシーラ。

 

 

シーラは傷を負いながらもホテルまでたどり着き、驚いた男爵は、バンパネラと気付かれないうちに急いでホテルを出ようとしたが、ホテル内で皆に気づかれて~撃たれた奥さんを庇っているうちにポーツネル男爵(瀬戸かずや)までも撃たれて~何と呆気ない最後だったのかと~バンパネラであるが故に背負った悲哀は大きく~バンパネラ側から見れば切ないシーンの連続でした!

 

 

 

 

エドガーは、最初はバンパネラになる事を拒みながらも男爵に逆らえず強引に一族に加えられて~可愛い妹とは結局妹の方が離れ離れになる事に耐えられなかったため、愛する妹までも一族にしてしまって~男爵に反抗しながらも生きて行く為には誰かを味方にしなければならず~

 

 

 

 

アランに近づき~アランは妹メリーベルを知り、深く愛するようになって~彼女なしでは生きられないほどでしたが、

 

 

 

 

そのメリーベルは、雷が怖いとジェインにしがみ付いている所を医者のジャン(鳳月杏)に見つかり、十字架が拾えないことからバンパネラと発覚!ジャンは美しい娘でも躊躇せず撃ち~メリーベルも呆気なく死んでしまって~うなだれ悲しむエドガーとアランでした。

 

  

 

愛するメリーベルを失い消沈するアランは、親が決めた許嫁など相手にもせず~又純粋故に母親の交際は許せず~母親といちゃついていた男と争いとなって階段から落としてしまって~

 

 

 

結局最後はたった一人残されたエドガーがタイミング良くアランを誘いに来て~バンパネラの一員として二人は、宛ても無く~暗闇へと消えて行くのでした。

 

 

 

母親を誘惑していた天真 みちるは、命はとりとめた様でしたが、時すでに遅しだったようです。

 

 

 

シーンは昔の学校のシーンとなり、エドガーとアランは学校にまた姿を見せていましたが~何くわん顔でみんなの質問に答えて~うまくかわす二人…これからの人生を仲間を増やしながら生きるのでしょうか?

 

 

 

観劇の時は、バンパネラと聞いただけで白けていた自分ですが、今日はバンパネラの立場になって観ると、何のために存在するのか?と問われたり~自分がバンパネラと言う存在を隠し乍らずっと生き続けなければならなかった人生は、どんなにか辛い人生だったんだろうと逆に哀れに思えてなりませんでした。

 

 

 

歌からもその気持ちが伝わってきて~切ない気持ちが募りました。

 

 

 

エドガーのみりおちゃんもアランの柚香さんも苦しみや、辛さを感じさせながらも生きながらえる役を生き~上手かったですね~!

 

 

 

特に明日海さんは髪型もかっこ良くお似合いで、ブルーのアイコンタクトを入れての瞳もお顔に合って熱演されてて~誰にも愛されそうな美しいお顔は正に右に出るものは居ないのではと思わせてくれて~みりおちゃんのエドガーが目的で小池先生は何十年も待ったのかと改めて理解した舞台でした\(^o^)

 

 

 

 

以前劇場で観て来た時の感想はこちら(個人個人の事等)

 

 

主な配役


番組詳細は

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら、夕方で時間切れで~これからフィナーレと言う所までしか観れなかったですが、夜これからの楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 美弥るりかさんの退団に思う事。 | トップページ | 瀬奈じゅん主演の「パリの空よりも高く」の記事色々です。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花組「ポーの一族」を観直しました。:

« 美弥るりかさんの退団に思う事。 | トップページ | 瀬奈じゅん主演の「パリの空よりも高く」の記事色々です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ