« 「真飛聖ディナーショー「For YOU」の感想です。 | トップページ | 宝塚巴里祭2019(追)のお知らせ。 »

2019年5月12日 (日)

星組・全ツ「ESTRELLAS」観て来ました(アルジェの男の続きです)

星組・全ツ「ESTRELLAS」観て来ました(アルジェの男の続きです)

この舞台は、礼真琴ファンとしては真琴ちゃんが唯真ん中に居るだけで嬉しく~わくわくしながら目を凝らして観入った舞台でしたが、歌もダンスもどれをとっても魅力に溢れていて~兎に角幸せな一時でした\(^o^)/

 

紅さん主演の舞台と大体同じでしたが、人数が減っているのと出演者が変わったのと、一人が4人に成ったりはしていました。下級生の活躍場面が沢山出来て良かったと思います。


プロローグのエストレージャスから真琴ちゃんと音波さんのデュェットがあり~白っぽいお衣装で(他大勢はブルーのお衣装でした)広い空間を振りが良く揃っていて美しく素的でした。


デュェットが終わると男女が次々とフォーメーションで♪エストレージャス~のリズムに乗って唄い踊り客席降りもあり、少ない人数を感じさせない賑やかさでした!

第2場のスターライトは、極美さんや小桜さんが中心で4人で、♪星達が降る眠れない夜に~と唄い踊っていましたが、本公演では真琴ちゃんが一人で唄い踊っていた場面の様でした。

そして第2場「あの日出会えた奇跡」は、愛月さんと夢妃杏瑠さんが初めて組んだデュェットとか~お二人が幸せそうに踊る姿が、印象に残りました。愛月さんは、まさかここで同期の夢妃さんと組んで踊るとは夢にも思わなかったそうで、同期で踊れる事が幸せと仰っていましたが、
この曲の歌詞がすごく素的で~夢妃さんはお稽古の段階で泣いたそうです。

 

 

第3場・A「スタム」は星空を背景に一夜の夢や打ちひしがれた希望を唄い踊る…とあり、礼真琴を中心に蓮レイラや、大勢の男女が激しく切なく唄い踊ります。

第3場Bは、「きっと君の夢になる」紫藤りゅうと桜庭舞



第4場「Back!」はK-popの人気曲を、♪今でも僕は君だけを追いかけている~Can You記憶の奥にしまい込まないで~と礼真琴を中心に6人の若て男役たちが激しく唄い踊っていますが、振りは、静から動へで、静かに唄い踊っていたかと思うと、急に目にもとまらぬ速さで踊り~それはもう身体がバラバラになるんじゃないかと思うほど激しいダンスで驚きです(@_@)しかし驚きはそれだけでなく何とこの振り付けが百花沙里さんだったとはもうびっくり仰天でした!
宝塚の生徒さんだったOGの方の中にも、素質のある方がおられるんですね!



第5場A「Hot Stuff」は赤っぽいお衣装で愛月ひかるを中心に大勢の男役たちが賑やかに唄い踊ります。

第5場B 「Turn the Beat around」続いて女役さんが大勢で踊って居ましたが、色っぽく踊っていたあ~ちゃんのダンスを思い出したりしていました。


第5場C「Sunny」は、以前は礼真琴さんが歌いながら出てきていましたが、今回は紫藤りゅうでしたが、上手かったですよ!サニーと唄う所が真琴ちゃんに声が似ていたように感じましたが…

 

第5場D「リベルタンゴ」は、礼真琴のソロダンスでしたが、きびきびと神経が行き届いて素晴らしかったです!

第5場E「チャンピオーネ」は礼真琴中心に全員でラップで盛り上がっていましたが、客席降りもあり兎に角全ツは拍手で盛り上がっていました!


第5場F「エストレージャス」はロケット、5場Eの出演者と同じ。

第6場「星サギの夜」は星サギたちが、星の世界に憧れるジョパンニとカンパネルラを星空に誘う
ジョパンニ・愛月ひかるとカンパネルラ小桜ほのかが出会い
サソリ達が二人を妨げるが、星サギ礼真琴が現れて再び星の世界へ誘う。大勢で白いお衣装で舞うシーンが綺麗ですね!

雷が鳴ると同時に礼真琴が現れてさらに踊ります。最後に見せ場を作って居ました。


フィナーレは、「ありえない奇跡」は紫藤りゅうと極美慎が♪ありえない奇跡~を唄う。
紫のお衣装で唄う紫藤りゅうが最近どんどん魅力を増してきているように感じます。

そして男役黒燕尾は、本来なら大階段ですが、全ツなので、7~8段で、礼真琴の掛け声から始まり~情熱大陸の曲に乗って~それぞれの贔屓のダンスに目を凝らしながら、大好きな男役黒燕尾の世界をたっぷりと堪能しました!


最後に礼真琴と音波みのりがデュェットで、MISIAの「逢いたくていま」の曲で二人が優雅に踊りますが、音波さんが真琴ちゃんの肩に首を埋めて~幸せそうに抱き合って~それはそれは素敵な場面でした\(^o^)/
もう観ているだけでほっこりしました(*^-^*)



最後のエトワールは白妙なつさん。高い声はお任せの様でした。


そしてパレードの最後に礼真琴が大きな雉羽根を背負って~降りて来られて~何と誇らしい姿でしょう!

お芝居でもショーでもその雉羽根に相応しい歌声で、劇場中を圧倒させて~時期トップの座を目の前に大きな夢が広がります

ね!

舞台が終わって、ご当地出身者を紹介していましたが、極美慎さん・音咲いつきさん・そして横浜出身が、音波さんでした。

 

パレードの後のご挨拶で、真琴ちゃんは、正直にすっかり忘れてしまいましたと仰って~でも今日は帰ったら紅茶と相模大野のお土産の鳩サブレーを食べますとか~。


歳を重ねてもこんなにもわくわくしながら観れる舞台があるなんて幸せな事です!


そして今後はどんな役が観れるのか~楽しみにしています。


土曜の夜公演でしたが、もし見間違いでなければ、前3列センター辺りに涼紫央さんがご観劇だったように思いました。

星組の皆さんお疲れ様でしたm(__)m


夜公演などはここ何年観た事が無く、帰り道が怖かったです。

これからは出来るだけ昼間のチケットを取りたいと思いました。

 

 

 

« 「真飛聖ディナーショー「For YOU」の感想です。 | トップページ | 宝塚巴里祭2019(追)のお知らせ。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「真飛聖ディナーショー「For YOU」の感想です。 | トップページ | 宝塚巴里祭2019(追)のお知らせ。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

こども自然公演YouTube

無料ブログはココログ