« 月組公演 『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』人物相関図 | トップページ | 月組・珠城りょう主演「雨に唄えば」赤坂ACTシアター公演の感想です。 »

2019年10月 3日 (木)

七海ひろきさんが企画した第一回目の番組は、内容も良かったし、宝塚愛に溢れていて、ゲストに対しても聞き上手で好感度100%でしたよ!

「ときめきタカラヅカSTYLEは」七海ひろきさんが宝塚の魅力を様々な角度から紹介する番組ですが、第一回目のテーマは「まずはタカラヅカと出会おう」でした。


今回の素的ゲストは花組の華優希さん。2人は「お久しぶり~!と言って嬉しそうでしたが、先ずは華ちゃんが宝塚に嵌ったきっかけを聞いていましたが、

 

最初に観た舞台が雪組・音月桂さん主演の「ロミオトジュリエット」で最初のヴェローナの群舞がすごくて~もう一度見てみたいと思って~その後どの組も観てみたいと思って~と、どんどんエスカレートして行ったそうです。


最初は雪組さんばかり見て居たそうですが、それから入る為にバレェをされ、2回目で受かったことなどが聞けました。
七海さんとの出会いは、七海さんのパーソナルブックで、是非ビルとサリーをやりたいと華優希さんを指名したそうで、七海さんのお気に入りの娘役さんだったんですね!


七海さんは、華ちゃんの話にゆっくりと耳を傾けながら~ご自分の話に持って行かれて~優しくて、とても聞き上手で、好感度100%でしたよ!そして今は花組トップ娘役となられた華ちゃんを嬉しそうに称えていらっしゃいました!

 

七海さんはこれまで大劇場の正面口から入った事が無いそうで、右や左を見乍ら「お土産ショップ」や「カフェテリア・フルール」を紹介していましたが、お上りさんの様な気分と仰っていました。

大劇場からハガキが出せる赤いポストもしっかり紹介…何と七海さんは貰ったことが有るそうです。



星組の紫藤りゅうさんからビデオレターが届いて…紫藤さんが宝塚と出会ったのは、15歳の時、瀬奈じゅんさん主演の「パリの空よりも高く」と「ファンシー・ダンス」だったとか、オープニングのシーンで月組の男役さんが皆さん黒燕尾を着られてずらーと並んでいて、何とかっこいい何と美しい世界なんだろうと思い衝撃を受けたそうで、男役さんと言う素晴らしい存在に私もなりたい!と思ったそうです。

 

紫藤さんは、今回七海さんの「ときめきSTYLE」と言う素晴らしい番組がスタートするという事で、七海さんの手腕が思う存分発揮されるんじゃないかととてもわくわく楽しみにしています。そして私事ではありますが、この度、星組から宙組への組替えが発表されまして、七海さんは宙組から星組へいらっしゃったという事で、何か近しいものを感じるとか~発表がありました時にも七海さんからもご連絡を頂いて、とても心強かったですし~私自身も自分の中にある、まだ観た事の無い引き出しを、プロデュースしてどんどん引き出して行けるように日々精進していきたいと思いますので、頑張ります!」と力強いコメントが頂けました。

 

 

瀬奈じゅん主演「パリの空よりも高く」の感想が懐かしい!

七海さんも「パリの空よりも高く」ではプロローグがザ・タカラヅカと言う感じだったので良く覚えているそうです。

組替えの決まった紫藤ちゃんですが、今までの自分と違う自分に出会い、色んな仲間と出会う素晴らしい事だと思いますので、宙組へ行っても紫藤ちゃんのこれからを見守って居ますので、頑張ってください!」とエールを送られていました。


七海ひろきが語る「七海少女のタカラヅカとの出会い」は、ある日、七海さんが学校から帰るとお母さまがテレビで、月組の天海祐希さんが主演の「風と共に去りぬ」を観て居たそうで、七海さんは立ち止まって観て一目ぼれしたそうです。


天海祐希さんがスカーレットを愛しているがゆえに報われない気持ちを銀橋で唄う時、前を向かずずっと背中で唄って泣いていたそうで、その時の様子が七海さんにとって衝撃で~ときめきだったそうです!

そこから怒涛の様に嵌って行き、ビデオが擦り切れるまで観て~その後「ME&MY GIRL」のチケットを取ってもらい、2階の一番後ろで観てビデオと違う~と思ったとか。お父様から宝塚に入る為の学校があると聞き、茨城から東京まで往復5時間かけて受けたそうです。その時は1番手何?とかプリエって何?とか全然わからない所から始まったそうで、帰りに「初めてのバレェ」と言う本を買って受験まで何とかたどり着いたそうです。2回目に受験して受かったそうです。

 

宝塚の魅力を語りだしたら、ずっと喋って居られると言う七海さん。

七海さんは、まだ見て居らっしゃらない方は、兎に角一度是非観てほしい…夢の世界なんて他にも~と思うかもしれないけど、3時間夢を見させてくれるのは宝塚が世界で一番と仰っていました。


身振り手振りで一人熱演されててひろきさんの宝塚愛を改めて再確認しました。お隣で観ていらっしゃる旦那様に騙されたと思って観てほしいと仰っていましたよ!我が家では実現しませんでしたけどね。

 

その後ステージスタジオを観て着てみたいものを選んだり~フェリエの前でメニューを観たり~沢山の方から「宝塚との出会い」についてアンケートに答えて頂いたそうで、その中からいくつか紹介されていました。


明日海さんよりビデオレターが届いて~宝塚の存在は知って居たんですが、中学3年生の時に通っていたバレェ教室のお友達が、ビデオテープを貸してくれて、それを見て嵌って仕舞って~「ビバ タカラジェンヌ」と言うラジオ番組を聞き始めて公演チケットが当たりますと言うのに書いて送ったら当たっちゃって、宝塚大劇場に見に来たのが初めての観劇だそうです。独特の世界観で、装飾に負けないスターさんの魅力・笑顔とか~あっという間にパレードになっちゃって、そのすべてにときめきを感じたそうです。


男役の美学・娘役にも美学が沢山あるそうで、それだけじゃなく、長年観て下さっているファンの方との絆とか、宝塚を愛して作ってきたスタッフの皆さん、先生の方々の情熱とかそれが一つに集まって居る所が魅力だと思うと仰っていました。


みりおちゃんは「かいちゃんが番組を持つなんて同期として誇らしいです」「大好きな気持ちが同じだからより嬉しいです」と。

かいちゃんは、みりおちゃんは話すとすごく宝塚を愛していることを感じるそうで、ひろきさんのライブのグッズを両手に持って振っている姿にキュンキュンしたと仰っていました。


ひろきさんは改めて劇場の正面から入って居ましたが、赤いジュータンや、公演ごとに代わるお花(今回は蒼い薔薇でしたが)自動で奏でてくれるピアノや出演者のパネル・105周年限定のPHOTO SPOT等を見乍ら劇場内を紹介されていました。


七海ひろきが人生で役立つ劇中セリフを紹介していました。


武術や兵法も大事だが、良い部署になるには命と向き合う事を忘れてはならぬ。
命の使い道を誤るな。
命の使い道…生きているからこそ価値がある。星組「燃ゆる風ー軍師・竹中半兵衛ー」より

ひろきさんが大好きなセリフは
正しいが故に騙される奴は大勢いる。騙された事を悔やんでもいいが、正しくあろうとしたことは悔やむんじゃない。

「Thunderbolt Fantasy」東離剣游紀」より~劇中さらりと言ってのける七海さんが素的ですね~!


七海さんは「卒業してからも番組を支えて行けるという事をすごくすごく嬉しく思って居ます。
でもまだまだどういう風に番組を展開していくか、私自身も手探りの部分もありますので、皆様の声を聴きながらどんどんゝ素的な番組にしていきたいなと思って居ます。是非第一回目を観て宝塚の世界を楽しみましょう!」

 

今回の第一回目を観て、これでもかと言うほど熱い宝塚愛!言葉遣いも丁寧だが自然体で良い!そしてやっぱり優しいひろきさん!高ぶらず相手を尊重するお気持ちが伝わってきてとても良かったです\(^o^)/

次回も楽しみにしています(@^^)/~~~

 

 

 

 

« 月組公演 『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』人物相関図 | トップページ | 月組・珠城りょう主演「雨に唄えば」赤坂ACTシアター公演の感想です。 »

宝塚お知らせ」カテゴリの記事

スカイステージ2018年以降」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 月組公演 『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』人物相関図 | トップページ | 月組・珠城りょう主演「雨に唄えば」赤坂ACTシアター公演の感想です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ