« 月組・珠城りょうさんと美園さくらさんのウィーン満喫二人旅の様子です。 | トップページ | 雪組・望海風斗主演「「琥珀色の雨にぬれて」の全ツの感想色々です。 »

2019年10月14日 (月)

星組『GOD OF STARS-食聖-』「エクレール ブリアン」千秋楽の映像を観て。

ニュースで星組『GOD OF STARS-食聖-』「エクレール ブリアン」千秋楽の映像を観ました。


紅さんと綺咲さんの大千秋楽おめでとうございます。そしてご卒業おめでとうございますm(__)m

 

前日は台風で公演がお流れになって仕舞いましたが最後が公演出来、本当に良かったです!

 

お二人の最後の舞台だから余りネガティブな記事は書きたくは無かったのですが~ここ近年ずっと星組を追いかけ記事にしてきたサイトなので書くことにしましたが~正直言ってこのお芝居は個人的には余り好きでは無かったです。

 

最初ライブを観に行った時は、すごいドタバタ劇のように感じてしまいましたが、その後解説を観て分かってくると、なるほど~と思えたりはしましたが、それでも作者の小柳 奈穂子先生が仰る最も紅さんらしい舞台を見せたいと言う事にはどうも納得がいかなかったですね~!

 

個性を生かした“役者ありきのあて書き”を取ったと書かれていますが、今回の紅さんのオーバーなアクションで笑わせようとする意図が感じられ~それが鼻に付いて余りいい感じはしなかった!紅さんのオーバーなパフォーマンスは紅子でも感じますが、紅子が面白いのは、即興で言いたい放題で返ってくる面白さであって、今回の様なオーバーなアクションで笑わせようとする芝居ではない。



そしてもう一つはやはり天界とシンガポールの屋台街の出来事を合体させ、息子が居なくなったと大騒ぎするプロローグは、返ってこのお芝居をドタバタ劇にさせてしまったように思う。


真琴ちゃんも紅さんに右へ倣いでオーバーに驚いたり~もっとリアルで良いのに~と思ったのは私だけだろうか?


私自身、礼真琴さん大好き人間としては、真琴ちゃんに対してこんなネガティブな感想を書くのは後にも先にも今回が初めてです。


そんな中、自然に演じて居られた華形さんを見て~これで良いのよ!と思えたりしました。

 

今回の様に最初は敵同士で仲が悪い二人が次第に理解しあって、最後は仲良くなり結婚に至る~と言うストーリーは良くある話であるが、それにしても最初から喧嘩の場面ではお芝居全体が品が無く~これが紅さんのラスト公演かと思うとちょっと残念でした!


でもショーはラスト公演らしい内容で全員が紅さんとあーちゃんを盛り上げ星組の一体感が感じられ見応えがあり~特にボレロや、フィナーレの男役黒燕尾のダンスは素晴らしかった!お蔭でお芝居の嫌な印象を引きずらず良かったと思いました。

 


紅さんのさよならショーではアデレイドちゃん(礼真琴)も登場し、懐かしく感じたり~


紅子さんは銀橋で「紅子、ちょっと気になる生徒が居るの!真琴よ!」と言ってましたが、紅さんのその言葉を聞いて真琴ちゃんファンとしては余計に気になって仕舞いました。


紅さんと綺咲さんは最後に真っ白な豪華なお衣装で、手をつなぎ~♪あなたこそ我が家~を唄うお二人が本当に幸せそうで~


又紅さんと真琴ちゃんの男役同士が抱き合い~千秋楽らしさを感じたり、素的なさよならショーでした!


この後卒業される蓮月りらんさん・麻央侑希さん・如月蓮さん・綺咲愛里さんとご挨拶が続いて居ましたが、本当に皆さん宝塚への熱い思いを語られて~幸せな宝塚人生だった事が伺えました。


そして最後は紅ゆずるさんへの同期生からのお花渡しは、元宙組トップ朝夏まなとさんでした。


紅さんは大きな薔薇?の花束を抱えながら「とうとう宝塚を旅立つときがやって参りました。宝塚人生のゴールで見えるものがこんなにも綺麗なものだとは想像が出来ませんでした。今まで過ごしてきた時間はこの瞬間の為なのかも知れないと今感じています。
出演者・スタッフ・お客様、宝塚を心から愛する人々が集うこの場所が、私は大好きです。一度きりしかない人生の中で、心が震えるほど、愛する場所で過ごす事が出来た私は、本当に幸せ者です!この場所が大好きだから、この場所で起こる奇跡を信じているから、一人きりでは乗り切れない壁も乗り越えることが出来ました。この美しい宝塚がいつまでもいつまでも永遠でありますように!今まで本当に有難うございました!」と今にも泣きだしそうなお気持ちを堪え乍らのご挨拶だったように感じました!


♪フォーエバータカラヅカ~を唄って幕となりました。


お一人お一人の最後の言葉も皆さんが楽しかったとか~最高に幸せだったとかの言葉が聞けました。


紅さんはこのような空間は他にないと思いますのでこの光景を今目に焼き付けて~と仰っていました。


さゆみさんは、この場を借りてとおっしゃって「小林一三先生!宝塚歌劇団を創って下さり本当に有難うございました~!」と叫んでいました。


又紅さんは「タカラジェンヌ」と言われるのが寂しくて~寂しくて~といいながらも、これからも宝塚を愛し続ける一人で居たいと思って居るそうです。


宝塚を創って下さった小林一三先生への思いが強いようで、小林先生~!叫んでいましたがその後も「好きです!」とか、客席は笑いの渦でしたが…後ろにいる生徒さんは皆さん悲しそうなお顔で~


ずっと喋り続けちゃいそうなので~と言って最後のご挨拶をされて居ました~さゆみさんらしい!


幕前にお二人が並んで~さゆみさんは、「こんなに可愛いな~!って思わせてくれる相手役って~私には綺咲愛里しかいません!

最高の最大の愛を込めまして投げキッスさせて頂きますと言いながらお二人で客席に向かって投げキッスされていました。


本当にさゆみさんの熱い思いが伝わって来る千秋楽の様子でした。

さ~いよいよ礼真琴さんトップの時代ですよ~!頑張れ~!

 

 

« 月組・珠城りょうさんと美園さくらさんのウィーン満喫二人旅の様子です。 | トップページ | 雪組・望海風斗主演「「琥珀色の雨にぬれて」の全ツの感想色々です。 »

宝塚お知らせ」カテゴリの記事

スカイステージ2018年以降」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 月組・珠城りょうさんと美園さくらさんのウィーン満喫二人旅の様子です。 | トップページ | 雪組・望海風斗主演「「琥珀色の雨にぬれて」の全ツの感想色々です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

  • Cimg0556
無料ブログはココログ