« 宙組 大空祐飛主演「NICE GUY!!-」の感想です。 | トップページ | 「タカラヅカスペシャル2010~FOREVER TAKARAZUKA~」の感想です。 »

2019年12月17日 (火)

ニュースで『ロックオペラ モーツァルト』千秋楽の映像を観ました。

ニュースで、星組・東京建物 Brillia HALL『ロックオペラ モーツァルト』千秋楽の映像を観ました。

初っ端、琴ちゃんの唄う♪その男モーツァルト・そして母との別れのシーン・雨の中再会したアロイジアに失恋・一幕ラストの悲しみが爆発のシーンがすごかったですね!

貴方も笑うことが有るのですかと言って琴ちゃんがするパフォーマンスに紫藤ちゃんが答える「何でだろう?何でだろう?」で答えて客席はどっと笑い!拍手喝采されて居ましたが、琴ちゃんは笑いを堪えるのに後ろを向いて~(*^-^*)千秋楽らしいアドリブだったようです!

 

さらにカチャさんに「あなたは何もしない方が面白い!」と言われて客席は大笑いされていました。

アロイジアを騙した罰としてコンスタンツェと結婚しなければならないと恐喝されていて~誓約書にサインさせられていましたが、元々ヴォルフガングを愛して居たコンスタンツェは誓約書を破り捨て、嬉しそうにモーツァルト抱きついて~モーツァルトも僕の妻になってくれませんか?と求婚!


二人は結婚!  琴ちゃんキスも上手くなりましたね~!


サリエリ役のカチャさんに、国家転覆をはかる者などと噂をばらまくよう言われるローゼンベルグ(ウィーン国立劇場支配人)の紫藤さん。(紫藤さんとしては嫌な役ですね~!)

 

サリエリカチャさんが、ナイフをもって熱唱する♪殺しのシンフォニー~

 

フィガロの結婚」の公演を取りやめた理由として、ヨーゼフ2世のひろ香祐に「そなたが隣国の間者だと言う根も葉もない噂を信じてはおらぬ」と言われるモーツァルトだったが、悲観し父の死も重なり~うつ病の様になって~あの元気なモーツァルトはどこへ?可哀想!(-.-)

コンスタンツェは、「僕にとって丁度良かった!」この言葉はナウオンでも説明していましたが、二人が似たり寄ったりの性格で~の意味とか。

そして互いを称えあうモーツァルトとサリエリ。

礼真琴さんと舞空瞳さんの二人のデュェットが幸せそうで暖かいですね~!

万理組長さんのご挨拶では、礼真琴と舞空瞳のプレお披露目公演である事や作品の紹介・
そして専科の悠真倫さんと凪七瑠海さんより特出頂いた事・宙組へ組替えの紫藤りゅうと、専科へ異動の星蘭ひとみに付いては、この舞台が星組最後の舞台となる事等が報告されて~お二人からご挨拶がありました。

 

星蘭ひとみさん…星組配属になり5年、星組で沢山の経験をさせて頂いた事に感謝の気持ちでいっぱいな事や、新しい環境でも星のようにきらっと輝ける様頑張って参ります。と言う意欲的な言葉が聞けました。


紫藤りゅうさん…星組の上級生に最初に教えて頂いた事は、「大切なのはやるかやらないかだ!」という精神だったとか~それから10年、成長し続ける星組の仲間達と切磋琢磨し合えた日々は、人生の大きな糧となった事。又、今回「ロックオペラ モーツァルト」に参加できた事が本当に幸せだった!と言うご挨拶が聞けましたが、星組ファンとして嬉しい言葉でした。


万理組長さんは、宝塚はワンチームです。お二人が何処に居ましてもキラキラ輝いて下さるよう期待して居ますと結んで居られました。


そして礼真琴さんのご挨拶は、

この公演が、新生星組のスタート・そして新しい劇場での貴重な機会を頂けましたことに感謝の気持ちでいっぱいな事・
モーツァルトは本当に破天荒でこの公演でも色んな人に色んな悪口を言われていますが、その陰にある彼の真直ぐな気持ちに心を惹かれ背中を押され~毎日幸せに公演をさせて頂きました。40人誰一人として欠けてはならない貴重な存在が、皆がすごいパワーで背中を押してくれたおかげで今こうしてここに立っております。暖冬とはいえ、毎日朝晩冷え込む中で、沢山のお客様に足をお運び頂きました。
初めて宝塚をご覧になる方も沢山いらっしゃいました。皆様の暖かいご声援!暖かい拍手!暖かい笑い声~にどれだけ支えて頂いたか分かりません!

この頂いた宝物を胸に、次はいよいお披露目公演、宝塚大劇場公演に向けて精一杯努めて参りますので、今後もどうぞ鎧くお願いいたします。
本日は~etc」で音楽となりました。

 

幕が開き~凪七瑠海さん・悠真倫さん、このお二人が居なければモーツァルトは成り立ちませんでした!有難うございました。

 

次に、星蘭ひとみ・紫藤りゅうは~と言いながら胸にグッと来ているらしく目を待ち繰りしながらちょっと一回~と言いながら後ろへ下がり~

星蘭は入った時から何て可憐な娘役なんだろうと思って一緒に過ごしてまいりましたが、この星組に花を添えてくれた娘役の一人として失うのは~と言いながら私のモノじゃないのよ~!と言って星組からいなくなるのは寂しいですが、ホントにプロフェッショナルの専科の組に入って
全力で頑張るのだぞ!と皆さまどうぞよろしくと別れのご挨拶が聞けました。

 

紫藤は、学年も1個下なのでずっと一緒に過ごしていたんですけど、私の「ロミオとジュリエット」の初めての新人公演の主演の時に、マーキューシオをやってくれて、先生に怒られてばっかりだったとか~廊下でずっと泣いてて~帰り際に礼さんの初主演を絶対に成功させたいんです!と(琴ちゃん声を詰まらせながら)涙ながらに言ってくれたことを今でもすごく覚えています。
涙っぽくなって~辞めるわけじゃないよね!と笑い

 

でも宙組には星組の魂を受け継ぐ先輩方が沢山いるので、成長し、新しい新境地を開いた紫藤りゅうは安心して送り出せます!と背中を押しての言葉が聞けました。お二人とも涙のラストでした!

 


杮落しに付いては誰もが経験出来る事では無いので~とかんしゃされ、令和での公演は星組といたしましては最後となりますので、皆さま良いお年を!で熱い熱い星組千秋楽が終わりました。


千秋楽の映像はもう無いかと思って居ましたが、見れて良かった!本当にあのエネルギッシュな場面の連続の舞台を休むことなく公演出来ただけでファンとして

嬉しかったし~あのスタミナはどこから~?と思いました!本当に何事も無く千秋楽を迎えられて良かったです\(^o^)/

お疲れ様でした!

 

今度は大劇場お披露目を楽しみにしています。

« 宙組 大空祐飛主演「NICE GUY!!-」の感想です。 | トップページ | 「タカラヅカスペシャル2010~FOREVER TAKARAZUKA~」の感想です。 »

宝塚お知らせ」カテゴリの記事

スカイステージ2018年以降」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宙組 大空祐飛主演「NICE GUY!!-」の感想です。 | トップページ | 「タカラヅカスペシャル2010~FOREVER TAKARAZUKA~」の感想です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ