« 月組トップ娘役・美園さくら 退団会見のお知らせ | トップページ | 花組・芹香斗亜主演「オーシャンズ11」東京・新人公演の感想です。 »

2020年3月23日 (月)

雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA」東京千秋楽ライブを観ました。

雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA」東京千秋楽ライブを観ました。

 


現在公演中の千秋楽をライブで放送するという事は、余程の事が無い限りありえない事で、新型コロナ・ウィルスの影響を受けた結果とは言え、さぞかし劇団側も苦渋の千秋楽公演であり、スカイステージでの生放送だったと思います。



公演再開に向けては、劇団の総力を挙げての舞台再開だったと思いますが、公演の為に一心にお稽古に励んでこられた生徒さんに取ってもどれだけ嬉しく有り難い事だった事でしょう!

 


又観劇に当たって協力しながら観劇されたお客様にもお喋りもせず待ち時間を過ごされ拍手のみで盛り上げて下さったお客様にも感謝の気持ちでいっぱいだったと思います!

 

 

日頃からスカイステージにて舞台を満喫させて頂いている私にとっても、今回の特別な生放送を理由は何であれ、有り難く観させて頂きました。

 

 

唯、観終わって何となく後味の悪さを感じたのは私だけだろうか?

 


何故小池先生は宝塚のモットーである清く正しく美しく~を全く無視して、男役を魅力的に表現する事や、格好良さに拘るのだろう?

 

主演の望海さんに置いては、悪役をやらせたら今の宝塚では右へ出るものが居ないと言う実力の持ち主である事も分かって居るのに…。

 


舞台は、ギャングが主体の舞台でしたが、少年時代からの深い絆も感じられたし~激しい大恋愛!そして失恋~などそれぞれが生きる為に安易な方向へと進んだ結果の人生だから、それが惨めな最後であっても納得がいきますが~

 

 

銀行を襲撃した者としなかった者の人生が思わぬ所で道を違えて~マックスを純粋に愛したキャロルにまで影響したり~ヌードルス に強く愛されたデボラがまさかマックスの影響を受けて生きて居たとは(@_@) びっくり仰天のラストで、又自分が好きな彩凪翔さんがトラック業界の労働組合の委員長と言う立場を利用して、誰にもばれずにあそこまで悪を演じるとは~良い感じがしなかった!

 

 

その中で唯一ヌードルス の今後が足を洗えそうな未来を感じて、救われた気がしました。

 


フィナーレは豪華で~特にギャングの舞台が終わってのフィナーレは、爽やかで~華やかで~見応えがありましたね!

 

 

望海さんは男役陣のダンスや真彩さんとのデュェット等次々とお衣装を変えて出て来られて魅力が満載でした!


千秋楽のご挨拶では、新型コロナウィルスで大変な中、再開に向けて尽力を尽くして下さった劇団関係者の皆様や、協力して下さったお客様等すべての方達へ向けて感謝の気持ちや、再開出来た喜びなどを語られ~何度もアンコールで幕が開く中では3名の卒業者への言葉など聞けましたが、全てにおいてそつなく立派なご挨拶で、さすがでした。望さんお一人が涙を流されていたようですが、あの涙は千秋楽の舞台が再開できた喜びの涙だったのでは~と思えてなりませんでした。

 


本当にトップとして安堵されたのではと思いました。本当に本当にお疲れ様でした!

 

個人個人に付いて


ヌードルス役の望海風斗さん…歌は兎に角上手い!歌詞をはっきり唄い自分の未来や今の現状、その中で相手をどれだけ愛して居るかなど~心情が痛いほど伝わって来る。薔薇の部屋で失恋した時の望海さんからは激しい悔しさ辛さが伝わってきてこちらも泣きたい気持ちでした。

又銀行強盗を誘われた時、悩みながらマックスに内緒で警察に電話する時等、ハラハラドキドキで観ましたが、細かい演技も素晴らしかった!がその後もずっと自分を責め続けるヌードルが哀れでした。

 

 

デボラ役の真彩希帆さん…娘役さんとしての歌唱力は抜群だし~ヌードルが好きだったけれど、ギャングのヌードルは嫌だった!
それ以上に自分の夢だったハリウッド女優への道を成功させたかったんですね!でも監督には振られてしまった!
女優としての気位の高さ・気品などが感じられて上手かった!

 

 


マックスの彩風 咲奈さん…今までの彩風さんには観られなかった性格の激しさをリアルに演じていて、その変わり様に驚きました!
ギャングとして生きてることに違和感なく上手かったですね~!
後半は全てをジミー(彩凪翔)に任せ~名前を変えての人生だった様で、訪ねてきたヌードルにピストルを渡そうとしましたが、ヌードルは受け取らず~マックスはそのピストルで自ら死を選び波乱の人生に幕を閉じますが~ギャングの哀れなラストでした。ヌードルはまさかあのピストルでマックスが自殺するとは思わなかったのではないだろうか?



 

ジミー役の彩凪翔さん…トラック組合の労働委員長として切れ者らしく振舞いながら、マフィアと手を組み悪事を働いて居たなんて…ギャング仲間より悪で~それが凪様で役とはいえがっかりでした。でもお芝居は上手くかっこ良かったですよ!

 

キャロル役の朝美絢さん…今回の女役はマックスを一途に愛する気持ちは伝わってきました。女性としての色気よりも結構強い女性で、理知的な女性に見えましたが、結構真面目な女性だから離れられなかったのかしらね!
フィナーレでは男役として踊って居ましたが、やっぱり男役の方がかっこ良くて素敵です(*^-^*)

 

ざっくりっですが感想を書きました。

 

 

« 月組トップ娘役・美園さくら 退団会見のお知らせ | トップページ | 花組・芹香斗亜主演「オーシャンズ11」東京・新人公演の感想です。 »

宝塚お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 月組トップ娘役・美園さくら 退団会見のお知らせ | トップページ | 花組・芹香斗亜主演「オーシャンズ11」東京・新人公演の感想です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ