« 雪組・音月桂主演「Shining Rhythm!」の感想です。 | トップページ | 月組・珠城りょう主演「カルーセル輪舞曲」の感想です。 »

2020年8月 5日 (水)

中止から4か月、再開された東京宝塚劇場の星組『眩耀の谷』『Ray-星の光線-』の初日の映像を観て。

スカイステージのニュースの中で星組『眩耀の谷』『Ray -星の光線-』の初日の舞台映像が観れました。

 

映像はダイジェストでしたが、お芝居・ショー共に皆さんの中止期間の鬱憤を晴らすような熱いパワーと迫力が感じられ元気いっぱいの姿に一ファンとして観れて良かった!の気持ちでいっぱいでした!

 

下級生たちは、AチームBチームに分かれてという事でしたが、常に舞台全体を映しているわけではないので、少ない人数という事は、あまり感じずに観ることが出来ました。

 


この舞台は、星組トップ礼真琴さんと舞空瞳さんのお披露目公演であり、その舞台が中止となり4か月が過ぎた今、再開されると言う~未だかって聞いた事が無い歴史に残る舞台となったので、かなり亀になって仕舞いましたが、どうしてもこの一部始終を書きたい気持ちでブログをアップしました。

 

 

万里柚美さんのご挨拶から↓(所々要約して書きます。)


「宝塚歌劇は新型コロナウィルスの感染拡大防止の為3月末に全ての公演が中止となり、この公演も星組新トップコンビ礼真琴・舞空瞳のトップお披露目公演も新トップコンビとして3月27日に初日を迎える予定でござましたが、それも叶わず4か月が経ってしまいました。

 

この間、星組公演をそして宝塚の舞台を楽しみにして下さっていた皆様に深くお詫び申し上げますと共に公演中止の間は、皆様からの宝塚への熱い熱い想い・沢山のご声援を頂戴し、こうして星組公演が再開出来ました事、心から感謝の気持ちでいっぱいでございま~すm(__)m

 

 

そしてショーのフィナーレナンバー以降がスカイステージで生中継される事でご視聴の皆様へのお礼などが聞けました。(礼さんも手を振って居られました)

 


皆さまと劇場でお会いできます事を出演者一同心からお待ち申し上げております。
又、お越しの皆様には感染予防のため、多くのご協力を賜りました事へのお礼なども聞けました。

 

改めましてこの公演は、新生星組トップコンビ礼真琴・舞空瞳の東京宝塚劇場お披露目公演でございます。(礼さん礼・客席からは沢山の拍手あり)

 

又、この公演には専科より華形ひかるさんにご出演頂いている事・又すっかり星組っこになられた愛月ひかるさんの東京公演デビューとなる事・花組から参りました綺城 ひか理さんの紹介なども聞けました。

 

 

 

又この作品が大先輩の謝玉枝先生によるが宝塚歌劇で初めて脚本・演出・振付を手掛けた深いメッセージ性のあるオリジナルの舞台である事や、ショーは、18年ぶりに中村一則先生の作品であり、星組新トップスター礼真琴を中心に、舞台に立てなかった・皆様とお会いできなかったもどかしさを吹き飛ばす様なパワー全開のオリジナルショーを創って下さった事などが聞けました。

 





又この公演は舞台上、舞台袖での密を避ける為出演者を減員しての公演となっており、本日から8月9日まではAグループでの公演となり、8月11日からからはBグループへの公演となる事等が聞けました。

 


皆様に安心して舞台をお楽しみいただけますよう出演者はもちろんの事・スタッフ・劇場関係者一同体調管理に気を付け細心の注意を払いつつ公演して参ります。どうぞ皆様もお健やかにお過ごしいただき、千秋楽までご声援賜りますようよろしくお願い申し上げます。

~といつになく長く丁寧なご挨拶で組長さんの大変さが伺えました。

 

 

 

そして星組21代目の王、星組新トップスター礼真琴と紹介された礼さんは

 

礼真琴さんは『眩耀の谷』『Ray -星の光線-』をご観劇下さいまして本当に有難うございました。
星組の礼真琴でございます。

 

3月27日、我々はここで通し稽古をした後、初日の幕が上がる事も無く宝塚へ帰りました。
あれから4か月~もう4か月経ってしまったんだ~と言う驚きと、たった4か月でこんなにも世界が変わってしまう恐ろしさを目の当たりにしました。

 


我々は、この期間中一人一人自分を見つめ直し、すべき事を見つけ自分と闘ってまいりました。
そして新たな思いを胸に本日こうして強い想い、強い覚悟をもって戻って参りました。皆さまお待たせいたしました。(客席からは拍手)
この期間中もご自身の中でも厳しい状況の中、私達に向けて暖かいメッセージ・励ましの言葉をかけ続けて下さいましたファンの皆様・お客様
本当にどれだけ私たちが救われたか!本当に有難うございました。(しんみりでした。)

 

まだまだ不安な状況が続く日々ではござ会いますが、我々出演者を初め、バックステージ・この劇場内すべての関係者全員で細心の注意を払い、出来る事すべてを徹底し、何よりもお客様が安心して心から舞台を楽しんでいける舞台をお届けできますよう全員で力をあwセ手努めて参ります。

 


9月20日の千秋楽まで、よろしくお願い申しあげます。本日は本当に有難うございました。

アンコールで
この東京公演は星組生は2チームに分かれての公演となっております。星組全員で舞台に立たせて頂くのがかなわないのは、本当に悔しい気持ちでいっぱいですが、ここから見える景色(見渡して~)お客様が半数ですが、幕が開いた時、そんなことを感じさせない大きな拍手を頂いた時、我々は、もっと大きなパワーをお客様にお届けしなければならないと本当に強く思いました。

 

 

今日からは、Aチームでの公演となりますが、Bチームの公演も始まりますので、星組はもう一度初日が開きます。

なので皆さま何度でも観にいらして下さい。そして元気を貰いに来てください。本日は本当に~

星組といたしましては、ずっとお世話になり続けております華形ひかるさんとこうしてご一緒させて頂ける幸せを噛みしめながら大きな大きなお力添えをお借りし、そして思いっきり盛り上げて送り出せる様に、我々全力で盛り上げて行きたいと思います。
皆様もどうぞ一緒に盛り上がって行きましょう!そしてお帰りの際には是非皆さま手洗い・うがい・消毒を忘れずに身の回りのことを気を付けながら生活して下さい。

ではお気を付けておかえり下さいませ!」という丁寧なご挨拶でした

 

何時もとは違う挨拶で、ここまで言わなければならなかった現在の状況の中で何とか最後まで公演が無事続けられますように~と言う強い想いが感じられますね!今何か起こってもおかしくない現在、どうお宝塚の舞台が続けられますようにと祈って居ます!

 

礼さん舞空さん星組さん頑張れ~!

 

初日の様子でした。

 

 

 

 

« 雪組・音月桂主演「Shining Rhythm!」の感想です。 | トップページ | 月組・珠城りょう主演「カルーセル輪舞曲」の感想です。 »

宝塚お知らせ」カテゴリの記事

スカイステージ2018年以降」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪組・音月桂主演「Shining Rhythm!」の感想です。 | トップページ | 月組・珠城りょう主演「カルーセル輪舞曲」の感想です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ