その他の舞台

マグノリアホール10周年記念スペシャルに出演した愛華みれさんと匠ひびきさんのコンサートの舞台をみました。

マグノリアホール10周年記念スペシャルに出演した愛華みれさんと匠ひびきさんのコンサートの舞台をみました。

こンサートと言っても、ほとんどトークショーの様でしたが、お二人が宝塚と出会った経緯や、寮生活をされて居た頃の事・初舞台の時の事等~詳細に語って下さり、当時花組に夢中だった頃の私にとっては、興味深い事だらけで~あれ?チャーリーってこんなに良く喋る人だったっけ?と思いながら聞きましたが、客席は常に笑いの渦で~それはそれは楽しいトークでした。


ラインダンスに付いて、チャーリーが私は一度も笑わなかったと言えば、タモさんは「私は逆に技術が無いから、笑いで取ってやれと思って
始終ニコニコしていたそうで~ある時大地真央さんからあの端から4番目の子は誰?と聞かれたとか~自慢そうに話したり~


途中からみどりちゃんが登場されて~ご本人たちはもちろん客席もびっくりされて居ましたが~みどりちゃんとちゃーりーが出演した正塚先生の「カナリア」の事で盛り上がったり~


又「タンゴアルゼンチーノ」ではダンスを教える役だった愛華さんが教える相手は皆さんがダンサーだったとか~客席の笑いを誘って居ましたが、あの時代に既にガウチョを着ていた話から小池先生ってすごい!の言葉とか、


愛華さんの最後の舞台だった「夜明けの序曲」の事等~懐かしい話のオンパレードで面白かったです。

トークだけじゃなく「琥珀色の~」から♪愛のアラベスク~や、♪琥珀色の雨にぬれて~♪夜明けの序曲~等も唄われて~最後に♪フォーエバー・タカラヅカを唄われていましたが、ずっと離れて居た割にはそれほど聞きにくくは無かったように思いました。


トークは懐かしさと面白さでまるで掛け合い漫才の様に思えたり~のトークショーでした。愛華さんも、匠さんもご病気をされて居たそうで、こういう舞台に出演するのは20年ぶりと仰っていましたが、宝塚ファンの皆さんが兎に角暖かくて~と幸せいっぱいのご様子でした!

 

お二人は当時よりかなりふくよかに成られていて驚きましたが、お二人ともまるで20年間を埋めるように~当時を振り返り~おしゃべりに火が付いたように楽しませてくれました。

匠さんの最後の「琥珀色の~」の舞台は、ショーで大階段を降りられるとき、両側に付き添う人が居られたことを記憶していますが、一時は回復され、又具合が悪くなられたのだとか~お二人が回復されて本当に良かった!

今はスカイステージもある事なので、又いつか出演し、楽しい事をいっぱい聞かせてほしいです!

愛華さん・匠さんお疲れ様でした!

番組詳細

 

「マグノリアホール10周年記念スペシャル」安蘭けい×遠野あすかを観ました。

2019年5月12日に開催された「マグノリアホール10周年記念スペシャル」安蘭けい×遠野あすかを観ました。

司会は今まで何度か拝見しています朝峰ひかりさん、そしてお忙しいのにピアノ演奏を引き受けて下さった作曲家の吉田優子先生。

オープニングからこの10年を振り返り漢字一文字で表すとしたら~?に

安蘭さんは…挑む~で、宝塚を卒業し、女優として再出発し、新しい作品に出合い、色んな方と出会い~いつも自分から挑んで居て、落ち着きのない10年だったそうです。宝塚が外とは違い暖かい場所で、時が経つとその場所が宝物の様に思えて~と仰っていました。

 


あすかちゃんは…初舞台の初で、初体験の事が10年間でとても多かったとか~辞めて直ぐの時、ICカードのスイカ・パスモの存在さえ知らなかった話をされてて、今宝塚を受験する方を教えているそうですが、人にに教える事も・結婚も初めて~初めて自分の小さい会社を持ったりと~一歩づつの初めてが多い10年だったそうです。


優子先生は、歌劇団としては100周年があったので、祝うと言う事だそうですが~


朝峰さんは…波(ウェーブ)だそうで、薔薇の花に例えていましたが、何も分からない事でも時の流れに任せる~だったとか、
その中でおぼれそうになったり~だったとか、


★もし宝塚に出会って居なかったら~

瞳子さんは、歌ったり踊ったりが好きで劇団四季を目指していたんじゃないかと~キャッツの話など面白かったです!

あすかちゃんは、芸能とかはして居なく、毎日変化が無い普通にOLしていたように思うとか(瞳子さんは家でもじっとして居られない性分で(*^-^*))

★オフは?…宝塚時代は二人ともメンテナンスが大変だったとか~

瞳子さんは 、 今は、ショッピングやジム・温泉等仕事以外で楽しんでいるそうです。ジムで鍛えているそうです。

あすかちゃんは 、海外ドラマを一気観だそうです。(宝塚だと勉強目線だけど、今は何も考えずに観れるから良い)
下級生にダメ出し~なんてとんでもないようで、海外の先生は先ず良かったね!次にバット~になる。

 

 

★下級生時代の初ソロの事(エトワール)★バウで初主演イカロスの事など~
瞳子さんは …歌は好きだったけど寺田先生にカラオケに行くなと言われたとか、歌謡曲になるからと。
あすかちゃんは 、歌は特に緊張し~で本番弱かったそうです。

★よその組から観た星組はどんな組?…自分たちが思い描いていた組とは全く違っていて、暖かかった!仲間意識が強かった!
優子先生は、自分の事も人の事も自由に言う組だったそうです。

★コカパバーナで一緒にやる事になった時、瞳子さんが兎に角人気がありあすかちゃんは周囲に羨ましがられたとか。


あすかちゃんは、タップの時成績40番中36番で大変だった話

 

★トップに就任した時のとうこさんは、想像した通りの景色で、支えてくれている人たちが喜んでいてくれることが嬉しくて、自分が頑張ったね!はなくて、周りにすごく感謝したそうです。

お披露目の「シークレットハンター」より♪エルミアモール~を低い声で唄われ~あすかちゃんは、「エルアルコン鷹」より♪七つの海・七つの空~を高い声で丁寧に唄われていました。

瞳子さんの歌はキーが丁度良くて聞き心地が良いですね~!

★とうこさんは男役以外はやれないと思った思ったそうで、目力の話になり~小さいころから目ちからがすごく、それで瞳子というお名前だとか~
★研13でアィーダをやった時の話では、娘役の大変さを知ったとか。

★「宝塚おとめ」に書いた「赤と黒」のジュリアンソレル役が出来て夢がかなったそうですが、あすかちゃんは母性本能を感じたとか。
又傍にいるちえとあすかが輝いてくれないと自分は輝けないと思ったそうです。

★あすかちゃんの夢は、「ガイズ&ドールズ」のアデレイド(真琴ちゃんがやった役)をやる事だったそうですが、夢は叶わなかったそうです。

デュェットで「赤と黒」より♪恋こそ我が命~を雨能われていましたが、感情豊かに唄われて良い雰囲気委が感じられて素敵でした!
瞳子さんは、自分は外部でずっと唄ってきているがあすかちゃんは良くここまで声をキープ出来て~と褒めて居られました。

「スカーレット・ピンパーネル」を今振り返ると、お稽古場では通しも出来ていなかったので、初日のお客様の反応にびっくりして、初めてすごい作品だったんだな~と気付いたみたいです。

 

マルグリットの話から瞳子さんが辞める時期についてのあすかちゃんの話も面白かった!

いていアビャントを演出した藤井先生からお手紙を頂て、朝峰さんが読んで下さっていましたが、先生は超実力派のトップコンビで安心して任せられたとか、瞳子さんに付いては、内面はとてもナィーブな人で~と聞けましたが、瞳子さんは聞きながら涙をを吹いて居られました。

 

最後に大階段を降りた時、人生の区切りで清々しい気持ちだったそうです。

瞳子さんは 、トップさんに当てるライトがすごくて~一歩押される感じだそうですが、それを押しのけてアピールしなければならず~でも外部ではそこまでしない方が良いとか~色々経験されたんですね!

あすかちゃんは 、二人が向き合うと違うスィッチが入るのだとか~良いでエスね~いつまでも仲良くして又いつかこんな舞台を見せてほしいと願っています。

 

★この後瞳子さんは は10周年のディナーショーを宝塚10/31・東京11/1に開催され、3月には「サンセット大通り」の予定があるそうです。

最後に2人は「スカーレット・ピンパーネル」より♪あなたこそ我が家~♪あなたをみつめると~そしてとうこさんはお一人で客席を周りながら♪ひとかけらの勇気~を唄われ~客席と一緒に♪すみれの花咲くころ~を唄われて幕となりました。


本当に10年間の想いを一気に吐き出したように現役時代を振り返り、楽しいトークが聞けましたが、歌もさすがに実力派のお二人で素晴らしかったです\(^o^)/特に瞳子さんの歌は本当に聞き心地が良くて癒されました。

ご挨拶で、瞳子さんは余り過去は振り返りたくないとお謝りながらも、この場所に来るとお客様の暖かい雰囲気を感じることが出来て~と
偶には振り返る事も必要かなと思ったとか~リラックスした瞳子さんの歌が素的でした\(^o^)/

 

睡眠前の一時を素敵な番組が観れて癒されました!

 

宙組・バウ・「New Wave! -宙-」の映像を観ました。

今晩日付を超えて、夜中の0時半より放送の'15年宙組・バウ・「New Wave! -宙-」の映像を観ました。

宙組「New Wave-宙-」を観ました。2017年2月11日

番組詳細

澄輝さやと・凛城きら・蒼羽りく・桜木みなと

女役では美風舞良・玲美うらら等

「逸翁コンサート 瀬戸内美八~帰ってきたタカラジェンヌ~」を観ました。

'19年・マグノリアホールにて開催されました「逸翁コンサート 瀬戸内美八~帰ってきたタカラジェンヌ~」を観ました。

突然、客席から現れ♪ブギウギ巴里をノリノリで唄う瀬戸内さんは、♪ボンビャンパリ~♪パレード宝塚~と立て続けに唄って居ましたが、どの曲もノリノリで~陽気で~とても55年前に予科に入った方とは思えないほどお元気で~トークは滑舌も滑らかで楽しくて~最後まで興味をそそられ観入ったコンサートでした。



お喋りは、暮れの紅白歌合戦から始まりお正月の過ごし方など、宝塚時代は甲にしきさんや古城都さん・上月昇さんの事等、
丁度自分がファンだったころの話だったので興味深く~聞かせて頂きましたが、
歌はシャンソンメドレーなどたっぷり唄われて~後半は5年間出演されてたと言う、
ミュージカル「レ・ミゼラブル」について、物語を説明しながら感情篭めて何曲も唄われて~役を演じられている様でした。

 

最後はお友達にお坊さんがいらっしゃるとかで言葉の遊びと称して高齢者をネタにしたお笑いネタを披露して下さって、客席は笑いの渦に包まれていました。

★高速道路、暴走するのは若者で、迷走するのは高齢者

★恋に溺れるのが若者で、お風呂に溺れるのが高齢者

★まだな~んも知らんのが若者で、もうな~んも覚えていないのが高齢者

★自分探しの旅に出るのが若者で、皆が自分を探しているのが高齢者

こんな風に~でも皆さん思い当たる方が多いから笑って笑って~になるらしいとか。


唄われた主な曲は

♪白いライラックの咲くころ~ ♪小さな花が開いた~ ♪もう涙とはおさらばさ~

♪ハーレムのばら~ ♪喜びあげて~

シャンソンメドレーでは、♪サ・セパリ~ ♪じらさないで~♪パレモアダムール~ 

♪パダムパダム~~♪ろくでなし~ ♪オレロ ♪一月の終わりに~ ♪夢やぶれて~

♪民衆の歌~♪愛はルフラン~

題名が帰ってきたタカラジェンヌ~にぴったりの陽気で元気溌剌の舞台で楽しかったです\(^o^)/

花組・仙名彩世さんのミュージック・サロン「Sen-se」を観ました。

昨夜放送された花組・仙名彩世さんのミュージック・サロン「Sen-se」を観ました。

仙名さんは、トークで私が観たかった二人~と仰っていましたが、仰る通り花男としても人気の瀬戸かずやさんと鳳月杏さん立った二人のゲストで、花組では大好きなお二人だけに見る側としても嬉しかったです!

 


舞台が始まると、曲は知って居るのに曲名が分からないの等ありましたが、分かる範囲で書きます。
♪レッドホットシー♪カノン~♪メロディア~♪エキサイター~等をメドレーで聞けましたが、自分が早送りしてしまったかと思うほど展開が早くて乗りについて行けなくて女っぽいゆきちゃんではなく、ちょっと男っぽいゆきちゃんでした。

 


そしてゆきちゃんがどうしても観たかったと言う内容は、ドイツで第二次世界大戦中、祖国の為、命果てるまで~をコンセプトに作られた小芝居でしたが、瀬戸さんは傷痍軍人らしく杖を突いて~ちなつちゃんは軍服を着た兵士で~一人の女性を愛する~最初は出兵の前の鳳月さんとの愛の場面~一輪のバラの花を渡され~次に瀬戸さんとの愛の場面~そこへ客席から鳳月さんが現れ~出兵から帰国した鳳月さん~2人が愛し合う姿を見て、そっとバラの花を置いて去る。帰国したことに気づく女性~でも諦め瀬戸さんを愛し続ける…こんな感じでした。

 

ちなつちゃんが歌った歌は、良く聞いてる曲だったけど~やっぱり上手い!

 

その後の歌も題名は分からなかったが、「メランコリック・ジゴロ」や「カナリア」・ヘアーフォードの図書室・「風の次郎吉」・「オーシャンズ11」より♪運命の神様~病院訪問等々~広く唄われていましたが、瀬戸さんがフェリシアで、女役に扮したり(客席から笑いが起こっていました)ゆきちゃんが三味線を弾かれたり~

 

ゆきちゃんの「ファントム」より~の曲は高音が綺麗で上手かったですね~!

 

そして最後は ♪宝塚、我が心の故郷~の曲で、真っ白いドレスで、裸足で踊りたかったとか~しかもヤンさんの振り付けで~椅子を宝塚に見立てて仙名さんの生まれてから今までをバレェダンスで表現~全身に神経の行き届いたバレェダンスが美しく素的でした!

皆さんで♪宝塚、我が心の故郷~を唄われて~客席のヤンさんのお声をかけていました。

 

歌もダンスもお芝居も上手い仙名さんの集大成としてのミュージックサロンでしたが、ゆきちゃんは、カッコいい花組の男役さんを観て頂きたかった!と仰っていました。

 

瀬戸さんもちなつちゃんも歌もダンスも上手い人ですが、今回ちなつちゃんは少し鼻声で、ちょっと苦しそうでしたね。

たった3人と言う人数ではあったが強力な助っ人で、ゆきちゃんの舞台の軌跡を辿って~トークあり~歌も沢山唄われて~たっぷり楽しませて頂き楽しい一時でした\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

'18年・逸翁美術館マグノリアホールで行われた「逸翁コンサート 初風諄~」を観ました。

昨夜、スカイステージで放送の'181118日にマグノリアホールで開催された「逸翁コンサート 初風諄~帰ってきたタカラジェンヌ~Vol.62」を観ました。


 

一時間ちょっとの番組でしたが、さすが当時のマリーアントワネットでその名を轟かせた高音の美声は、正に帰ってきたタカラジェンヌ~の題名にぴったりのコンサートでしたが、

 



沢山の宝塚曲と、タンゴやシャンソンを唄われるだけでなく~お手伝いして下さる朝峰ひかりさんとのお喋りは、カンちゃんご自身の失敗談や、当時の舞台のエピソードを交えてのお喋りからたっぷりのユーモアが感じられて~

 



又お馴染のお客様との会話も家族的で~心から癒され、幸せを感じながら就寝前の一時を楽しむことが出来ました。

 



番組中に唄われた曲は、♪君ありてこそ~(私もこの舞台は曲が素的で印象に残っていますが、この時のさっちゃんと鞠るいこさんのエピソードも懐かしかったです!)

 



♪サセ・ラムール~(楽しそうに唄っていましたね!)(おとみさんの事等~明日会うから落とし前を付けてやるわ~等面白おかしく話す初風さん)



♪ブギウギパリ~♪シャンソンドパリ♪パリゼット~♪モンパリ~♪白いライラックの花~等立て続けにシャンソンを唄われて~

 


♪エルベ恋しや~♪うたかたの恋~♪白い花が微笑む~を唄われたときはタイムリーに「霧深きエルベのほとり」の話をされ~38日は観に行くから空けときや~!と都さんに言われたとか~、

 



吉田優子先生のピアノ演奏で、♪愛の怯え~♪白薔薇の人~が演奏され素敵でした!

 


その後、♪旅愁~♪ポエマ~シャンぜりーぜコーナーでは、♪それぞれのテーブル~(カフェだと思って…)♪愛の幕切れ~等、

 



そして深緑先生が生前唄われていた♪生きる~について、歌いたい?と言われて、うんなんて言えなかったそうですが、この時になって歌ってみようかな~って思うようになり♪生きる~をゆったりと唄われていましたが、人生の最後に唄うこの歌の一言一言に深い意味が感じられて~本当に素的でした!

 



最後に草野旦先生が作詞された♪私の歌~を唄われて幕となりました。

 



この時点での初風さんはかなりのお歳と思いますが、お声は美しく当時のマリーアントワネットを彷彿させるに相応しいお声で、しばしその美声に酔いしれながらの至福の一時でした\(^o^)

 

 

 

番組詳細    

↑(初風さんの入団から退団までの経緯が記されています)

 

 

 

芹香斗亜さん主演の「宝塚巴里祭2018」を観て。

芹香斗亜さん主演の「宝塚巴里祭2018」を観ました。

 

宙組より純也ちとせさんを筆頭に、9名の応援を得ての巴里祭でしたが、シャンソンメドレーから始まり、ストーリー性のあるシーンや芹香さんが黒いドレスで女役に扮し、♪パダンパダンを唄うなどが観れ~素的でした!

 

トークではパリのおすすめスポットは?でシャンぜりーぜ通りや、エッフェル塔・凱旋門・ノートルダム寺院など、それぞれがパリのいいところをお勧めしたり、夜霧のモンマルトルは怖い所とか~

 

 

後半でも♪オーシャンゼリーゼ~や♪黒い鷲~など有名な曲を唄い、パリの世界へと誘ってくれて楽しい舞台でした\(^o^)

 

芹香さんは歌うまで常に癒されましたが、星吹彩翔さんのお声も素的で印象に残りました!

 

アンコールでは♪火の鳥~を唄われ幕となりましたが、

 

就寝前の一時をベットで横になりながら「巴里祭~」が観れるなんて、ほんとにいい時代になったもんだとスカイステージさんに感謝でした!

 

 

 

 

剣幸さんの「恋文コンサート」はほろっとしたり笑ったりで楽しめました!

'18年・代々木上原ムジカーザで行われた「剣幸kohibumi concert in MUSICASA」を観ました。

OGとなられても常に舞台に出られている剣幸さんだけあり、お喋りは滑らかだし~♪真っ赤な太陽を唄われていてびっくりしたが、歌もさらっと唄って上手いし~


NHKに寄せられたという被災の手紙を朗読されて、ちょっとほろっ!とした後には、子供の何気ない面白一言で笑わせて下さるし~


客席と一体となって楽しい舞台で~遅くに観始めたので最後までは観れなかったけれど、また続きを観たくなる楽しいコンサートで良かったです\(^o^)/

番組詳細はこちら

朝夏まなと主演コンサート「A Motion」を観ました。

朝夏まなと主演コンサート「A Motion」を観ました。

 

 

最初に放送されたときに一度見て居ましたが、ボーっとして観ていましたので、今回また改めて観直しました。

 

 

朝夏さんは、兎に角スタイル抜群で、何を着てもかっこ良くお似合いで~ダンスは手足の長さを生かして美しいし~歌は英語の歌まで難なく歌われて素晴らしい舞台でした!

 

 

一緒の舞台に立たれた下級生たちも皆さん一人一人がまぁ様の舞台を盛り上げようとハッスルし~唄い踊られていて楽しそうでしたね!

 

 

オープニングは白と黒のお衣装で、エース!エース!エース!ダッシュ!ダッシュ!ダッシュ!と、朝霞ボーイスと朝霞ガールズが唄い踊り賑やかなオープニングでした!

 

 

♪カレンダーガールズを英語で唄い、お着換えしてタンゴを踊り~時には愛月さんや澄輝さんが中心となり~忙しいまぁ様を助けた感じでしたが、何とキヨシの♪ズンドコ節まで唄われて、マ・ナ・ト~と掛け声まで入って~まぁ様ものりのりで楽しそうでした!

 

 

 

バックの映像には題名や歌詞が表示されて、いかにもライブらしかったです!

 

 

一幕のラストは愛月さんを中心にマイケル・ジャクソンのダンスのような振りで踊られて居ましたが、まぁ様も加わって盛り上がり揃っていて素敵でした!

 

 

ACTⅡは、まぁ様が黒いロイド眼鏡で登場し、ちょっととぼけた役の様でしたが、頭に輪を着けた大勢の神様が現れ~研15のせいこちゃんを冷やかしていたが、最初はモップを渡され冴えないまぁ様が次第にタップダンスを踏んでいく様子に拍手喝さいでいた\(^o^)

 

この後は宝塚の人気の舞台から選曲した♪ヒーロー・「ロミオとジュリエット」より♪世界の王~?♪僕は怖い~♪街の灯の下で~等、

 

 

また澄輝さんにより♪ランベス・ウォークなど~沢山の有名局が唄われていて感動しました。

 

 

さらに朝夏さんがエリックで、愛月さんが父親役でファントムの一部を唄われて~あのシーンを思い出し、素晴らしかった\(^o^)

 

 

そしてチームBによるシーンでは、愛月さんを中心に、ザ・レヴューよりからや、アジアンウィンズから♪アジアの風~♪エキサイターなどでしたが、まぁ様が初舞台を踏んでから出演した舞台よりピックアップしての選曲だったようで、どれもいい曲ばかりで、舞台を思い出しながら素敵な曲に酔いしれていました。

 

 

 

この後まぁ様の好きな所を一言筒話していましたが、私的には愛月さんのファントムのシーン良かったな~と思いました。

 

卒業前の円熟したまぁ様の歌とダンスをスカイステージで観れただけで幸せで~スカイステージさんに感謝の一時でした\(^o^)

 

北翔さんと七瀬りりこさんの「ジャズ・オン・タイム!」を観ました。

今日は、北翔さんと七瀬りりこさんの「ジャズ・オン・タイム!」を観ました。



みっちゃんはまずサキソフォン?を吹き~曲は♪スマイル~や♪With A Song In My Heat~や、♪サマータイム~など~


どの曲も耳馴染みで素敵な曲ばかり~みっちゃんは真っ赤なスーツで七瀬さんは黒っぽい地味なスタイルで髪はアップに結い~

みっちゃんは自然体の魅力的な声で~七瀬さんは高く美しい声で~二人のコラボが素敵でした!


スカイステージ番組詳細はこちら

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

  • Cimg0556
無料ブログはココログ