韓国ドラマ

「イサン」61話 王の告白を観て

久しぶりの「イサン」でしたが、ソンヨンも弟も無罪放免となり、最後に、ソンヨンはサンに告白されて素敵な回でした。

何を聞かれても口を開かないソンヨンでしたが、テスにだけは弟を助けた事を打ち明けて、何とか弟を助けて~と。

テスは着ている着物を交換してまで傷ついた弟を逃がして~その為自分は捕まり、しかし今度はホングギョンがテスを守り~前回の横暴なホングギョンの姿は何処へやら~部下を想う優しさを感じました。

王様も調べた結果天主学徒達が反逆者ではないと分かってホングギョンに説明したりホングギョンも自分の間違いだと気付き、学徒達は釈放され、ソンヨンも弟ソンウクも無罪放免となる。

王様は銃がありながら抵抗せず、捕えられた学徒達を不審に思い、ずっと調べて居たとか~自分の財産を投げ打ってまでも貧しい人々を助けている現実を知り、天主学徒が犯人では無いと信じ、ホングギョンに告げ、ホングギョンは自分が間違って居た事に気づくのでした。

しかし王様はホングギョンを責める事も無く、それどころかホングギョンでさえすっかり忘れていた養子の件をホングギョンの希望通り、あっさり受け入れてしまって…何処までも忠誠を尽くして居ると信じているサンに人の良さを感じましたが…

しかしヒョイ王妃だけはしっかりとホングギョンの野心を見抜いて居ましたね~!グギョンに対しては王妃としての立場でしっかり対処されて、さすが~!

王様は天主学徒達の隠れ家から見つかった銃の出どころを調べる様に言われ、テスやソジャンボ・カンソッキ等は海賊船の密売人と接触したり~危ない目に遭いながらもスギソの役人に助けられ、やっと銃撃犯の真犯人が通訳官である事を追い詰めるが、薬を飲まれてしまう。

一方学徒達が釈放された事を知ったテビ様は不安顔でしたが…。

王宮内では亡くなったウォンビンに代わる側室選びが行われようとして居て、テスは王様と酒を酌み交わしながら、ソンヨンを選ぶよう願い出て…実は前回の側室選びでサンの申し入れを断ったのは~ヘギョングン様に反対されたから~と告げ、びっくりするサン!
自分の気持ちをさておいてどこまでもソンヨンの為にお人良しなテス!

今回の事件の後、弟とゆっくり過ごしたいと図画署を離れて居たソンヨン~でも王様への想いはずっと続いて居て~王様の帯に想いを馳せるソンヨン。

ソンヨンが忘れた帯を取りに来た時に、いつの間にかソンヨンの傍に王様が来て居てびっくりでした~!

最後の王様の告白シーン…やっと告白してくれましたね~!

今回テスに一緒に酒を飲みたいと言われて嬉しそうなサン!幼馴染の心を許す者に見せる笑顔が素的でした!

ヘギョングン様は相変わらず怒って反対の様ですが、次回は良い場面が見れそうですねヽ(^o^)丿

2国間の現状を考えるとドラマを観ながらも、時々ふと思い出してしまい、余り熱い気持ちでは観れないというのが、今の素直な気持ちのような気がします。

「シークレット・ガーデン」最終回

「シークレット・ガーデン」最終回 幸せの庭を観て…最終回はライムとジュウォンだけでなく、全員の幸せな姿が見れてさすが最終回!…とても暖かいドラマで感動がいっぱいで素敵なドラマでした!

ジュウォンは母親に向かって毅然とした態度で報告して居ましたが男らしかった!

それにしても気性の激しい母親役も上手いですね~!

ジュウォン「花もキャンドルもワインも無い、指輪すらないけど妻になってくれるか?」だなんて!ジュウォンらしくないけどカッコいい!ライムに取ってはこう言う言葉の方が嬉しかったでしょう!

一応籍だけは入れるようで…婚姻届の証人は、もちろんオスカーとスル…でも結婚式はやっぱり母親の許可を得てからの様で、偉いじゃないか~ジュウォン!

ジュウォンを押し倒しておいて自分からキスするなんてライムらしいね!(*^_^*)

雪の上を歩いて居る時の2人の幸せそうな事!楽しそうに何を話して居たんでしょう?気に成りました(*^_^*)

2人で布団に包まっていたり…如何にも新婚さんだね!それでもまだ「良くその顔で~!」とか、「泣くと余計に不細工になる」とか、悪たれついて…ライムに追いかけられていて結構楽しんでる。

おじい様に叱られて困っただろうね~ライム…母親を先に尋ねれば良かったと反省して居たが…

母親は戸籍謄本を見て入院してしまったらしいけど、「負けたわ」と言いながらも、「親を捨てた子に帰る場所は無いわ」とか結構言いますね~!
でも交渉だけはきちんとするようで…「私の息子だと言う理由で得た財産は全て返しなさい」とか~「借地料を払いなさい」とか結構厳しいね~!
でも経営だけはジュウォン以外に考えられないと認められ、任されたのだから良いじゃないか~!

パク常務は就職の履歴書まで用意して居た時に、社長から「私に力を貸して下さい」なんて言われてびっくりしただろうね~(@_@)

オスカーとスルも完全に仲直り、コンサートを開いたり完全復活…スルへの想いを篭めて唄うオスカー…スルは嬉しさで目を赤くしてました。

雪を投げつけて遊ぶジュウォンとライムは楽しそうで、新婚時代もいっぱい楽しんだようだが、それにしてもいきなり3人の子持ち?とはびっくりしましたわ!

子供たちとの会話が面白いね~!「おばあちゃんにチクッテやるとか~」(*^_^*)
すごいね~あの母親挨拶もしないのね!
時が経って、子供が生まれても2人の結婚を認めなかったんですね。

ライムも監督に成って居たり、最終回は環境が随分変化して居て…皆幸せに向かってる。

求愛もオスカーらしく、遊び心がいっぱいで、求愛の言葉も良かったね!15年~今でもガキだけど~(*^_^*)豪華な指輪でさすが一流歌手!スルも涙を見せ嬉しそうだった!
アヨンとキム秘書もそして最後はイム監督も幸せに向かって…最終回は一体何を?と思ったけれど、皆の幸せそうな姿が見れて最高の最終回でしたヽ(^o^)丿

最後が面白かったですね!子守りをして寝かしつけようとしても起きだしてしまって…(*^_^*)
毎日が幸せで魔法の様な日々を送ってる…最後は雪が舞う中でジュウォンとライムが本当に愛し合っているようで~素敵なドラマでした!

韓国ドラマでこんなラブストーリーを観たのは初めてでしたが、初めは何これ~のドラマだったが、とても暖かいドラマで感動が沢山あって観て良かった!と思いました。

今の2国間の状況を考え、記事をアップするのは躊躇いましたが、観続けて居たドラマなので、掲載しました…このドラマ、もう終わってしまって、何だか寂しい気持ちです(-.-)

島一つでいがみ合っている状態はいつまで続くのか?心配です。

「シークレット・ガーデン」19回

「シークレット・ガーデン」19回 父との約束

今回はジュウォンが記憶を取り戻してからは一気に感動の連続で、消防士の父親に助けられるシーンも涙・涙で観入りましたが、母親に対しても厳しい言葉で~でも今度は彼女の夫として生きて行きます!なんてカッコいい言葉も聞けて、まるで今回が物語の最後かと思うほど感動の連続でいっぱい泣けました!

ジュウォンはライムとのやり取りの中で一つ一つ記憶を取り戻して行きましたが、どうして自分がライムと交際して居るのかが信じられなかったようで~一時は携帯の登録を消せとか~冷たい態度で、ライムに取っては悲しい言葉だったでしょう。

それにしてもジュウォンに対して母親の「彼女は父親の死を口実に貴方に近づいたの…」の言葉には驚きましたね~!

いくらライムとの仲を引き離そうと言っても、何と言う卑劣な言葉でしょう!電話を聞きながらどんどんジュウォンの目が赤くなって…。
ジュウォンは母の言葉を信じたのか…何故俺がこんな暮らしの君と?~そもそも出会うはずがないし~恋人ならこんな所に置かない…説明しようとするライムに対してジュウォンは、君が嘘をついて居ると分かっても信じるフリをしそうだから~と聞かずに冷たく帰ってしまって…。

母親の言葉が気に成るジュウォンはあの「不思議な国のアリス」の本に挟んであった紙を見て彼女の言葉を思い出し~一気に記憶を取り戻すジュウォン…お~ついに思いだしたか~!ここからはもう感動の連続で、涙・涙・涙でしたが…

ライムの家に掛けつける間中、過去の出来事が一気に頭の中を駆け巡り、素的な曲が一層気持ちを高めてくれて、あの時の子がライムだったのかと~。

エレベーターに閉じ込められ消防士のお父さんに助けられた事も鮮明に蘇って~父親はジュウォンを助ける為に手を離したのかと~本当に感動の場面でした!

聞きながら泣きじゃくるライム…ここはもう観ている方も涙涙の場面で~ハ・ジウォンのリアルな演技に一緒に成って泣いてしまいましたが、そして父親からの最後の言葉を伝えるジュウォン「こんなに遅くなってごめん!と、どんなに父親に愛されていたのかを知るライム…

改めて父親のお墓の前で、2人で生きて行く事を誓ったり、母に宣言した言葉も「貴方の息子はやめて彼女の夫として生きます」なんて~カッコ良い言葉でしたね~!

一方今回のオスカーとスルは、オスカーが上手い事スルを連れだし、公演もアルバムも再会するから手伝ってとか~、スルも素直に従って居て~歩きながら交際宣言したり、禁煙大使に選ばれて完全復帰の兆しで、良かったですね~!
オスカーが子供達と唄う場面でオスカーの素的な笑顔が観れましたねヽ(^o^)丿


もう最後まで泣けてしまって、まだ一話残っているのに~これがラスト?と思えるほどの素的な後半でした!

次回はもっと幸せなシーンになるのか?

でもあの良く当たると言うアヨンの夢が気になりますね~!

アヨンの見た夢は…大きな黒い門の前で白い服の子供が3人泣いてて、その横で社長も口を押さえて泣いてて、ライムは怒鳴ってた!と言うあの夢は何だろう?

今回ハジウォンの縄跳びのシーンを観て、韓国には美しい女優さんが大勢いる様ですが、この人は立ち回りも出来るし笑顔も可愛くて、異色の女優さんで、何となく惹かれます(*^_^*)

「シークレット・ガーデン」18回

「シークレット・ガーデン」18回 魔法の花びら

今回は親戚の思いも寄らない人の訃報を受け驚きと悲しみの後で、まだ平常心では無い中で観入ってしまったので…

その所為か、余り感情的にはならず又又入れ替わってしまったのか~と、思いながら観いりましたが、ジュウォンが自分に変えてまでライムを生かしたかった気持を考えると…何と言う優しい心なんだろう!と驚きながらも 涙は出ず、覚めた目で観入って居たように思います。

前回はあんなに悲しかったのに!今回は、何度入れ替わるの~とか余りにもあり得ない現状を見ながら気持ちとしては白けてしまって~あ~ドラマだな~と。

でも胸騒ぎをして掛けつけてからのオスカーを見ていたら、あり得ない現状が何だか現実のように感じて~何とリアルな演技なんだろうと思いました。

気持ちとしてはちぐはぐだけれど、オスカーを見ているだけで悲しい気持ちになったり不思議な気持で観入る自分が居ました。

魔法の花びらのシーンは美しい幻想シーンで…魔法の終わりのお酒を飲んで、これで魔法が解けるのか思いましたが、亡くなった父が2人をこんな風にしたいと言う願望のシーンを見ているかのようで、もしかして父親だけでなくこのドラマを観て居る我々の願望でもあった様に思えたりしました。

姿には見えないけれど、父親の亡霊が彷徨い、2人を良い方向に導いてくれそうな気配を感じたが、こう言う事は現世に生きる者は判らなくてもありえない事では無いかもしれない。

それにしても今回はジュウォンとライムが意識のない状態で眠り続ける様子は、長時間まつ毛一つ動かす事もなく、本当に死んでしまわれたかのようで、良くあるシーンのようだが改めて二人の成りきり度に感心しました。 魔法は解けたけど、今度は現在の記憶がなく、何故自分がライムを愛しているのか、一つ一つ確認していっていましたが、振り返る事が大変でしたね!

ライムが答えるとき、ジュウォンの言い方に似ているようで、可笑しかった!

あの母親の慌てぶりにも驚いたが、ジュウォンが昔の記憶を取り戻しても、まだ完全には記憶が戻って居ない時のオスカーも監督も優しくて、いつも口げんかして居るけれどあれが本来の姿なんだろうと思えたりしました。

次回はどんな展開に成るのかそれが楽しみですね~!

今回の感想は自分自身が平常心では無いまま観て居た所為か、こんな感想になってしまいましたが読んで下さってm(_ _)m アリガトォ~★

「シークレット・ガーデン」17回

「シークレット・ガーデン」17回 人魚姫の選択…ま~何と切なくて哀しい回なんでしょう!

母親から真相を聞かされ驚くライムがどんどん泣き顔に成って行く様子…いや~泣かせるな~!(>_<)
あの母親が土下座したのにもびっくりだが、何でもあげるから~にも驚きでしたね~!
でも「頭まで下げられてまだ別れない気?」の後がひどかった!あれじゃ謝って貰っても何の意味もない!

息子は私の分身だとか~すごい溺愛!

ジュウォンはライムの行動が変だと思ったようだが、母親に会い真相を知ってしまった事もまだ知らないんだね!

自分の襟巻を外してライムに巻いてくれる優しさには感心するが、高級品だってこと忘れるなだって!(>_<)…いつもこの一言が多い!

ライムはオーデションも受けて居ないのにジーン役に決まったと言われ…ジュウォンがチャーター機で監督を運んだりした事を知るライム。

ジュウォンに電話しながら泣いて居たライムはこのまま別れる気だったのか!

母親は大株主の名簿なんか出して~この母親のやりそうな事。ライムは別れない事を告げるが、結局はジュウォンが全てを失うと知ったら、そりゃ~ライムだって別れなければ~と言う気にもなるでしょう!とうとう言ってしまいましたね~彼の前から消えますって~この時の泣きじゃくる姿には感動しましたわ~!

それにしてもジュウォンが注文したブローチを付けてやって、その優しさと観察力には驚きます!

は…惨めに成るだけだから~暫く距離を置きましょう!なんて…訳分からず又も離れて行くライムに…ジュウォンはブランデー一気飲み!

この二人いくら愛し合っているとは言え障害が多すぎる!お先真っ暗じゃないの!

ライムはジュウォンに全く記憶のない事故の事を言ってしまいましたが…別れる気になれば何でも言えるわ!「貴方の所為で13年間一人で生きて来たの~」とか父親の墓に向かって愛してしまってごめんね!なんて!可哀そうに…ライム。

やっと涙の後も乾いたのに…女だてらにカーアクションとは!…そして予想外の事故!
病室の前で狂ったように泣いているアヨンを見てまさか~!と思ったが脳死状態とは!

俺が行くまで待つ気なんだ~と言うからジュウォン死ぬ気?なんですね~!

オスカーからライムが来た事を知らされ、ライムが読んで居そうな本を見つけて…男泣きするシーン…ジュウォンの泣く姿は初めてだったが、ほんとに切なそうで泣けてしまった。

こんな時のオスカーは何となく優しい!

そして母親に花束を~そしてあの言葉は?オスカーにプレゼントしたり、写真を撮ろうと言ったり…やっぱり死を考えてると思った。

寝言でオスカーの事を「知ってたよ~」って言ってたけど、オスカーの優しさで自分が社長に成れたことも気付いて居たんですね。

ライムに手紙を書いている内に自然と泣けてくるジュウォン。

手紙を書いて居るジュウォン…一体あとどれだけ遠くから独り貴方を見つめればいい~風の様に揺れる愛~報われぬ愛~…結構詩人だ!

そして驚いた事にライムを抱きかかえて~車は雷の鳴る方向へ向かって走り出す…予告を見ればやっぱり死を決意していたのかと(-.-)

ここまで切ないドラマだとは(=_=)

さて次回はどうなるのか早く観たい!

「イサン」60回 

「イサン」60回 姉と弟
今回のホングギョンの横暴ぶりにはびっくりしましたわ~折角良いイメージで居たのに(>_<)

大怪我を負ったソンウクを助けようと連れて帰り傷の手当てをするソンヨン…この時点ではまだ弟と気づいて居ないのに放って置けないのね。

サンは王様を襲撃する様な輩が何の抵抗もせずに捕まるだろうか?と不信に感じて居て、ホングギョンに確かめるが、

スギソでは「男達が抵抗しなかった~」と王様に答えただけなのに…ホングギョンはそれだけで追放しろ!と言い渡したり、今までとは全く人が変わった様な横暴さ!で驚き!

テスヤカンソッキ等が講義するが逆に相手にされなくなり、ソジャンボだけが信頼され特別扱いされて…テすもカンソッキも驚きの様子だった!が確かに何かを隠そうとする意図が感じられるホングギョン。

その上ホングギョンは良い気に成って居るのか、ウォンビンの最後の願いを聞いてやりたい~等と要するにウノングン(恩彦君)様に養子になって頂きたいなんて!サンも驚いていたが…それは、もし将来王様にお子が出来なければその子が世継ぎとなると言う事だそうだ。

やっぱりね~!何かあった時は自分が権力を振るえる様に~と言う事なのか…
ホングギョンの権力の行使が、今までとは違う方向に向かって居る様ですね(>_<)

そしてホングギョンが将来権力を牛耳って行くとき、裏で、欲しい物を手に入れれば良いのだ~と言うテビ様…そこまで考えて~さすがだわ!

チャンテウもこれでホングギョンは益々付け上がると言って居たが、その通りの様です!

サンは清国の使節団に選ばれた武官たちと団らんする中で…王様は新しい学問と学徒を逆族とみなし弾圧して居るのに、文官達には新しい事を取り入れ学べと仰って居られる。
一体どこに真意があるのかと問われてびっくりする王様…不思議に思った王様が調べると天主学(カトリック教)の書が出て来て、ここで初めてホングギョンが逮捕した集団が天主学徒である事を知るのでした。

王様はテスとカンソッキにホングギョンの事を調べて欲しいとか、過ちを犯しそうで、捕えた者たちも不可解な点があると。捕えられた時武器を持って居ながら何故使わなかったのか?調べて欲しいと…さすが王様!

一方ソンヨンの看病で回復したソンウクは仲間の所に帰ろうとする…今か今かと自分をまって居ると聞いたソンヨンはソンウクが帰ろうとするのを止め、自らソンウクの言葉を仲間に伝えると申し出る。

ソンヨンは青年が怪我をして居て来れない事を告げるが…仲間と会ったとき初めて自分が助けた青年が、死んだと思って居た弟である事を知って驚く。自分に迷惑が及ばぬよう名乗らなかったのですね~!

それにしても育てて居た養父母がソンウクを奴婢として売り飛ばしてしまった~なんてひどい話です!

ボロボロ泣きし帰るとホングギョンと兵士たちが待っていてウイグムブへ連れて行かれたようだ。

サンは隠密に町の視察に出掛け、人参を売る農家の者からの言葉で、市場は未だ専売商人達が独占している事を知る。
さらにそこで貧しい人達に粥を配る集団が居てヤンの仲間の集団だとわかる。
サンはそこで初めてヤンが謀反を企てるはずがないと気が付き、ホングギョンの行動に不審を抱くのでした。

まだ視察を続けていたサンだったが、ソンヨンが捕えられたと聞き驚く!

さ~王様はどう対処するするのでしょう?

又また長くなってしまいましたが、ご容赦を…o(_ _)o

次から3回程オリンピックで番組が観れない様で、残念ですね~!

「ホジュン」を観終わって

「ホジュン」を観終わって感じた事は

ホジュンがユ御師の遺志を引継ぎ、心医と成る為の努力を惜しまず、死の寸前まで病に苦しむ人に寄り添い、生涯を病人の為に尽くした姿こそ医師として見習うべき姿で今の時代にも通ずる事ではないかと思いました。

ホジュンの民を想う優しさ、医者とはこうあるべきという基本・誠実さ・正義感・責任感・忍耐力・それらの思考や行動は、まるで人生の教科書の様に思え、すごいドラマだな~と唯々感心しました。

最初の頃は我慢我慢の連続で、辛い面ばかりしか観れませんでしたが、少しづつ王宮医官へと登りつめるサクセスストーリーが面白くて…こんな壮大なドラマが家に居ながら観れた事に幸せを感じました。

私はこの「ホジュン」と言うドラマを大勢の人に見て頂きたくて、ブログの記事にしました。

お勧めできるドラマですので、興味のある方は是非ご覧になって下さい。

以前私がアマゾンに寄せて書いたレビューです。良かったらご覧ください↓

「ホジュン」にのめり込みました。, 2012/3/14

「イ・サン」「トンイ」と観て、さらにイ・ビョンフン監督の「ホジュン」と言うドラマがある事を知りDVDを購入しました。
観終わった後、こんなにもすごいドラマがあっただろうかと満足感でいっぱいでした!

韓国の昔の針や灸・薬草を組み合わせての治療法は大変興味深く目が離せずでしたが、ホジュンが身分を乗り越えダヒと結ばれ、辛く切ない生活に耐えながら、その家族の優しい気持ちに支えられ、心優しいイェジンに助けられながら、ユ・ウィテ御師の教えを胸に、屈辱を跳ね除けて王宮医官へ上り詰めて行く姿に幾つもの感動があり、のめり込みました。

ユ内院においても宮廷医官となられてからも常にホジュンとドジを対比させながらのストーリーが面白く、又イェジンとの秘めたる愛!が切なくやるせなく心を打たれました!

ストーリーが他国の昔の事とは言え現実味があり、さらにそれが実話と言う事で興味深く観れたと思いますが、ホジュンが様々な人から教育を受けるセリフも、医術の見せ方も、俳優さん達の演技もどれ一つ取ってもリアルで、まるで自分があのドラマに居る様な感覚でした。
イ・ビョンフン監督のドラマ創作過程の素晴らしさ!人間として努力を重ね、困難を耐え抜いたホジュンの人柄の素晴らしさ!ドラマとしての全てに見応えがあり、高く評価します。

 

「ホジュン」最終回

最終回では内容が詰まりすぎた感がありました。

医書編集を任されたドジだったが、思うように進まず、秘かにホジュンにすがり、ホジュンは島流しの場で未完成の東医宝鑑を完成させたのでした。
内医院と密通している事を知った王様はホジュンを王宮に呼び戻し功績をたたえ何でも願いを聞いてやると言いますが、何とホジュンは故郷へ帰り、余生を送りたいと願い出るのでした。

仕方なく王様はホジュンの言葉を受け入れ、家族と共にサヌムの元の医院へと戻ります。そこではホジュンが来る事を知ったオグン達が、部屋を片付け、再び医院が開ける様に準備をして居たり、さすが御医ともなれば違うんですね。

医院内では大勢の患者が噂を聞き集まってきますが、その多くは払うお金が無いと言う…ホジュンは往診がてら村の様子を見に行くと、民達が不作で食べるお米もなく飢えで多くの人が亡くなって行く状況の中で、疫病が発生して居たり、苦しんでいる事を知り、役所へ行きコメを配給するよう頼みますが、聞き入れられず、仕方なく王宮へ手紙を書き…ドジが王様に伝え医官を増やしたりコメを配給させたりしてくれる中、ホジュンは倒れそうになりながらも村人の応急に当たります。
村の疫病が収まり皆が祭りで楽しんでいる時に、ホジュンはまるで病人に針を打つような姿で亡くなられて居たのです。

正に死の直前まで病人の傍に寄り添い一生を終えたホジュンでした。

「シークレット・ガーデン」16回

「シークレット・ガーデン」16回 のエレベーターの記憶

ドラマオープニングでのキルライムの切羽詰まった様子が余りにも現実っぽくて、TV見ながら自分も早く早くと急かされた気持ちで(>_<)…本当にエレベーターの中に閉じ込められたキム・ジュウォンが、どうなのか、この先どうなるのかも心配でしたが、何だか予想外にあっけなく回復して…気が抜けた感じでした。

ライムがオーディションを受けて居なかった事を知ったジュウォンが何としても監督に会いたくて…夢だったんだろう?なんてこれほど一生懸命に実現させてやろうとする気持がすごい!

こんな時は兄貴のウヨンも「骨抜きにされやがって~」なんて言いながらも結構優しい…オスカー日本語上手いじゃんヽ(^o^)丿

それからが一般人の予想をはるかに超えた行動で驚きましたわ~!
50回もメッセージ入れたり、チャーター機で迎えに行ったり、やっぱり一流デパートCEOともなると違いますね!

でもライムは自分のスタントぶりを見られていたなんて知らない分けで…

一方オスカーとユンは熱愛報道されながらも、未だ仲直りできずに居て…オスカーあんなに一生懸命なのに~(-.-)

ジュウォンはライムの父親が亡くなった日と自分が事故にあった日が同じ日だった事に気付いて…母もオスカーもジュウォンの健康を管理して居る主治医までも車の事故だなんて嘘をついて居たんですね。

後半、ライムの父親の墓前で顔を合わせたライムとジュウォンの母親…真実を知らされたライムの心は、改めて驚きと怒りと深い悲しみが沸き上がってきたでしょうね~!

しかもあの母親の言葉にどう生きて行くのでしょうね~?

予告を見ると、「ダーク・ブラッド」に出演が決まるの?…オーディションも受けて居ないのに~とか、一時間後に臨時株主総会、しかも議案は社長解任?ライムボロボロに泣きながら「分かりました。別れます」だなんて!

しかもジュウォンは新聞で真実を知ってしまう様で、

次回ライムは車で事故に遭うのでしょうか?

又々次が早く観たくなってしまうじゃないの~!

「イサン」59話

「イサン」59話 悲しみの行方を観ました。

今回ウォンビン様が急に意識不明で、しかもサンもホングギョンも掛けつけられず、ホングギョンが駈けつけた時は、既に息絶える寸前で…守ってやれなくて、不出来の兄を許してくれと~嗚咽して居ましたね~いや~ホングギョンの悲しみ・辛さが痛いほど伝わって来ましたわ~!(ノ_-。)

ホングギョンは周囲が暖かい目を向けてくれなかったと言うけれど、それらはウォンビンの行動が引き起こしたものであって全ては身から出た錆…

それなのに、ウォンビンの部屋を直ぐに片付ける様命じたのがヒョイ王妃だと勘違いした様で、ウォンビンが亡くなったのはまるでヒョイ王妃の所為であるかのようでしたが…(-.-)ちょっと違うんじゃないかな~?と思いましたね~!

ホングギョンが妓楼に籠って酒を浴び王妃に恨みを抱くシーン…何かを起こしそうで怖い!

それにしてもヒョイ王妃は何処までも人が良いですね~!

サンは文官達に弓を教えて居ましたが、以前ソジャンボやカンソッキに600本とか射させていた事を思い出しますね~!こう言う事も怠らないサンで、いつかこの文官達も弓で戦えるようになるのかな~と思いましたが…。

それにしても連日夜明けまで仕事でナムサチョを困らせているとか…サンは政務に掛りっきりで暖かく観てやれなかった事を申し訳なく思った様で、ホングギョンの酒びたりの日々を心配し、休暇を出したりして居ましたが、それでも突然狙撃事件の検挙に乗り出すホングギョンは、まるで人が変わった様でしたね~!

ホングギョンは、ノロン派の仕業とばかり思って居たようだったが、テビ様から、王朝に反対し王を否定するヤカラが今夜集会をすると言う情報をもらって…あ~ついにテビ様に借りが出来てしまいましたね(>_<)

ホングギョンが兵士を従えて行きついた場所に何とその青年が居て、みんな捕まってしまったが、その青年は弓が当たっては居たが、ソンヨンに助けられる様で、

前回から登場したあの謎の青年が、ソンヨンの弟だったなんて!ソンヨンの家族はみんな死んだとばかり思っていたが、家族が生きていたとは~ちょっと嬉しい気持ちだったが、反政府ゲリラだったとは(>_<)

この先どうなるのでしょう(-.-)

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

  • Cimg0556

いの Twitter↓フォローよろしく!

マイYouTube

マイサイト

無料ブログはココログ